カナダ・トロントでバレエ留学をすることに興味はありますか?
今回はトロントにある「ビクトリア・インターナショナル・アカデミー」というバレエ学校に留学している方に、クラスの様子や学校施設などについてお話を聞いてきました。
これからカナダでバレエ留学を考えている方は是非参考にしてみてください。

バレエのクラスを毎日受けたい!舞台でたくさん踊りたい!そう思っている方はたくさんいると思います。しかし現状日本でそれらを叶えるのは少し難しい点があります。また日本のバレエ教室では、ワガノワメソッドやRADなどの流派をしっかりと確立して指導しているところは数少なく、どれがどのメソッドなのか分からないままレッスンを受けている方がほとんどだと思います。

コンクールに向けての練習やテクニックの練習をすることが、悪いことではありません。しかしあくまでも基礎をしっかり理解した上で、レベルアップのためにテクニックなどの練習をしていくことが重要だと私は考えます。
そこで皆さんが考えることは「留学」。なぜ誰もが海外のバレエ学校に「留学」をしたいのか。留学をして得るものは何か、それらを考えなければいけません。

バレエ留学といっても海外に行くためにはもちろん「英語」を話さなければ生活することが出来ません。また中学・高校教育を受けている途中で、留学を希望される方も少なくはないでしょう。その場合どのようにバレエと勉学の両立、そして言葉の壁を克服しなければいけないのか、それらについても紹介していきます。

1.バレエ学校に留学する理由

まずはじめに、なぜ海外のバレエ学校に留学するのかについて疑問に思われる方もいるかと思います。
基本的に海外のバレエ学校では毎日クラスを受けることが出来ます。
日本のバレエ教室で毎日クラスが行われている所はさほど多くなく、また逆をいえばレッスンの他に自主練習を行い1週間お休みなしでお稽古場に通っている方がほとんどかもしれませんね。
海外のバレエ学校では、レッスンをするときはする。お休みするときはしっかり休む。というメリハリがしっかりしているため怪我の予防になったり質のよい踊りを保つことが出来ています。ではここからは、カナダ・トロントにある「ビクトリア・インターナショナル・バレエアカデミー」について紹介します。

ビクトリア・インターナショナル・バレエアカデミーについて


カナダにはいくつかのバレエ学校があります。それぞれのバレエ学校で専攻している流派は異なります。ここ、ビクトリア・インターナショナル・バレエアカデミーでは、ロシアバレエの「ワガノワメゾット」を専攻しています。

やはりバレエといえば「ロシア」と思われる方も少なくないでしょう。
日本ではワガノワメゾットを学ぶ場所は多くなく、どれが正しいものなのか理解している人は多くいません。ここビクトリア・インターナショナル・バレエアカデミーではワガノワバレエアカデミーを卒業し、マリンスキーバレエ団で経験を積んだ教師が丁寧に基礎から指導してくれます。

少人数制のクラス


日本のバレエ教室だと、人数が多く1人1人にあまり注意が出来ないままレッスンが終了してしまうことも多々あると思います。
しかしここでは、1クラスが少人数制のためしっかりと教師の目が行き届くようになっています。クラス中の程よい緊張感、教師からの注意もあり充実した時間を過ごすことが出来ます。もちろん、バレエクラスの他にもキャラクター、コンテンポラリー、パートナリングクラスなどバレエダンサーになるために必要なことを学ぶことが出来ます。

2.勉強との両立について


バレエ留学を希望される方のほとんどが、中学生・高校生だと思います。
まだ学校を卒業していないため、留学が出来ない。単位が足りない。など様々な問題が出てきますね。ここ、ビクトリア・インターナショナル・バレエアカデミーでの勉学との両立についてご紹介します。

勉学との両立

ここでは同施設内で、午前中は中学・高校の授業を受けることができ、午後からはバレエクラスという流れになっています。同施設内で行うことによって負担も少なく、無理なくバレエと勉学の両立をすることが出来ます。
曜日によって教科も分かれており、また学年に合わせて授業を進めます。
現地の学生と一緒に授業を受けることができ、教師たちも優しく分からないことがあれば質問を出来る、そんな環境になっています。
また中学・高校教育修了後にはオンタリオ州教育省公認の卒業証書を授与します。これは、日本で学校を卒業したことと同じ意味を持ちます。

留学生向けの英語クラス

通常の授業といっても、もちろん英語で行われます。留学生にとって「英語」が不安要素になってきますね。その不安を少しでもなくすために、留学生だけの英語クラスが用意されています!堅苦しい授業ではなく、楽しみながら英語を学ぶことを目的としています。初めての方でも安心して受けられるクラスとなっています。

3.バレエ学校の学費

ビクトリア・インターナショナル・バレエアカデミーに入学にするにあたっての費用についてです。
基本的な1年間の学費は、19.000カナダドル。
ホームステイ費(1ヶ月)は、1.200カナダドルとなります。
3食の食事、アカデミー・滞在先の間の送迎付きです。
もちろん奨学金(スカラシップ)については、アカデミーの判断となります。
またホームステイではなく、シェアハウスなどを希望の場合は個人的にお探しいただくことになります。
※ビザ申請料、公演参加時の衣装代、海外保険、渡航費などは含まれていません。

4.公演について


アカデミー在籍中に公演として、ビクトリア・バレエカンパニーの公演に参加することが出来ます。
くるみ割り人形をはじめ、様々な公演に参加でき舞台経験を踏むことが出来ます。数日間の公演だったり、1日2公演だったりとその時によって異なりますが、ダンサーとしていい経験が出来ることは間違いないです。
また6月には1年の集大成としてクラッシックの踊りだけではなく、キャラクター、コンテンポラリーなどの作品を踊ります。

今までは中学生・高校生の留学を前提にお話をしてきましたが、もちろん高校卒業後に留学することも可能です。学校によっては高校生以上の生徒の受け入れが不可の場合もありますので、留学前にご確認ください。

▶学校情報をさらに詳しく知りたい方はこちら