イギリスで海外生活を送る留学生、そして永住者は万が一怪我や病気をしたら…と心配ですよね。

海外では日本の医療制度が異なりますので、イギリスの医療事情を押さえておくことが大切です。

イギリスで安心して新生活をスタートするためにも医療制度と医療費について知っておきましょう。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

イギリスの医療事情について

イギリス留学中の方、イギリスに住む方は健康で現地生活を送ることができれば一番です。

しかし、体調が悪くなったり、病気になったり、怪我をしてしまうリスクもゼロではありません。

イギリスの国民健康保険「NHS」

イギリスには「NHS (National Health Service) 」と呼ばれる公的医療機関があります。

「NHS」日本の国民健康保険のように、税収などの一般財源によってイギリス政府が運営しています。

イギリス国籍者は経済的な事情に関わらず「NHS」を原則無料で利用することが可能です。

※「NHS」は歯科、眼科検診、処方薬は別途料金がかかります。

世界の医療事情 英国 | 外務省
https://www.mofa.go.jp/

イギリス長期滞在者も加入できる

ビザを持っているイギリス滞在中の日本人、永住者もイギリスに6ヶ月以上合法的に滞在していれば、NHSに加入することが可能です。

ワーキングビザ(YMS)など合法的に滞在する者、結婚ビザなど永住や移住者も含まれます。

日本人を含む欧州経済領域(EEA)外出身者はビザ発行の際にヘルスケアサーチャージと呼ばれる保険料を支払う必要があります。

Health Surcharge Fee

  • UKに6ヶ月以上滞在すること
  • ビザ申請前に支払うよう義務付けられている
  • YMSの場合は£400/2年

例えば、学生ビザとYMSビザを取得する場合は1年あたり150ポンド、その他のビザは1年あたり200ポンドです。

万が一の怪我や病気はイギリスの公的医療機関NHSへ行くと外国人も診察してもらうことが可能です。

イギリスに長期留学、長期滞在する予定の方はNHSに加入しておくと安心ですね。

「NHS」の医療費について
https://www.gov.uk/

NHSサービスの対象外

イギリスで長期滞在する際には事前にNHSに加入しておけば、突然体調が悪くなった時も安心です。

病気での診察料、入院料、手術料など、イギリス滞在中のほとんどの医療費がカバーされます。

医薬品はおおよそ一律約£7(約920円)と決まっているので、莫大な医療費の心配はありません。

ただし、特殊な手術や持病の場合、また一部の歯科検診、眼科検診、事故においては例外となるので注意しましょう。

イギリス滞在中の盗難についてもカバー対象外となるので、別途に民間の海外旅行保険または留学傷害保険に加入することをおすすめします。

NHSで治療を受ける方法

イギリス滞在中に気分が悪くなったり、病気になった場合はNHSにて治療を受けましょう。

NHSで治療を受けるには、住所の最寄りの地域にてGP(General Practice)を登録する必要があります。

日本ではどの病院でも治療を受けることができますが、イギリスの場合は登録した診療所のみです。

最寄りのGPにて登録すると数週間後にNHS番号が記載されたMedical Card(医療カード)を郵便で受け取ります。

診察の予約はウェブサイトから日時(10分間隔)と担当医を選びます。

当日は予約時間の15分前までに待合室で待機して、順番が来ると電光掲示板に名前が表示されます。

指定された部屋に行くと医師と看護師による診察を受けることができます。

GPで処方された薬はPharmacy(薬局)に処方箋を持って行くと医薬品を購入できます。

NHSは診察料が原則無料であることが最大のメリットですが、予約が取りにくいこともあります。

緊急の病気や大怪我でなければ、かかりつけのGPに行くことが一般的です。

ただし、自分で内科・外科・皮膚科などを選んで受診することはできませんので注意しましょう。

イギリスで大病や大怪我をした場合は?

イギリス滞在中に体調が急変したり事故による大怪我をした場合はGPではなく、24時間体制の緊急治療室A&E (Accident and Emergency)を利用します。

緊急性の高い症状の患者はNHSの総合病院に併設されているA&E (Accident and Emergency)へ行くのが一般的です。

症状が深刻な人は予約なしですぐに診察してもらえますが、比較的症状が軽い患者の場合は待ち時間があることがあります。

イギリスの私的医療機関(私立病院)とは?

イギリスの病院は、公的医療機関(NHS病院)の他に私的医療機関(私立病院)があります。

NHSは無料ですが待ち時間が長く、医者・看護師の質にも個人差があります。

私立病院は基本的に自由検診となり、診察費、治療費はすべて患者の負担となりトータル医療費は高いです。

医療費は医療設備や治療内容によって変わりますが、精密検査や手術を受けた場合は数千〜数万ポンドにもなります。

体調が悪くなって診てもらった場合でも、60ポンドから100 ポンドはかかるので高額です。

万が一の時に全額負担は厳しいので海外留学生保険などに入っておくことをおすすめします。

ただし、質やサービスの高い医療をすぐに診察してもらえるのがメリットです。

ロンドンの都市部にある私立病気は日本人医師、看護師、スタッフのいる日本語対応の日系病院も多いです。

ヨーロッパの中でもロンドンは日本人コミュニティーが大きく、日系のプライベート病院が揃っています。

日本クラブメディカルクリニック
http://www.nipponclub.co.uk/

ジャパン・グリーン・メディカルセンター
http://www.japangreen.co.uk/

イギリスの医療費っていくら?

NHSの医療費は無料ですが、歯科治療や眼下検診、処方箋以外は保険適用外です。

イギリスの私立病院、日系病院は基本的に自費診療になり、1回の診察につき約数十ポンドから数百ポンドかかります。

風邪の診察は初診代含めて1万6,000円〜、盲腸で入院した場合は95万〜140万円です。

病院によって同じ治療でも料金が異なり、高額な治療費が請求されることもあるので注意しましょう。

海外旅行保険等に加入している方は、病院に行く前に保険会社に連絡をしてください。

病院には保険証書とパスポートを持っていくと医療費は保険でカバーされます。

その場ではキャッシュレス診察となり、お金を支払う必要はありません。

海外旅行保険で対象外となる歯科治療においても日本の健康保険(国民健康保険等)で還付金申請できるケースもあります。

イギリスで医療保険に入れるの?

イギリスNHS加入できる方は以下の条件を満たす必要があります。

有効期間が6ヶ月以上の査証(ビザ)を有するフルタイムの学生(週15時間以上)

永住査証を持つ者

英国で合法的に労働に従ずる者(駐在員を含む)

治療を受ける時点で英国に合法的に1年以上滞在している者

配偶者もしくはCivil Partner(査証等所有者と同期間滞在する場合)

子供(16歳以下、高等教育を受けている場合は19歳以下。査証等所有者と同期間滞在する場合)

必要なもの

  • パスポート
  • ビザ
  • 住所証明書(公共料金の支払い明細など)
  • 学生書や勤務先証明書(ビジネスカードなど)

私立病院にてキャッシュレス治療してもらうには海外留学生保険に加入しておくと安心です。

海外留学生保険・ワーキングホリデー保険はイギリス現地では加入できないため、日本で前持って加入しておきましょう。

保険には加入しておくべき理由

イギリスの政府が運営するNHSでは基本的には診療費が無料ですが、6か月以上イギリスに滞在するビザ保有者が対象です。

90日未満の短期滞在の場合はクレジットカード付帯保険の選択肢もありますが、補償額は医療費を全額カバーできません。

万が一の緊急手術が必要になると高額な医療費の請求は避けられません。

前もって保険会社の旅行保険や留学保険への加入がおすすめです。

まとめ

今回は、イギリス滞在者に向けて医療事情をご紹介しました。

イギリスで快適な現地生活を送るためにも、滞在期間に合わせて、適切な保険加入を済ませておきましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pediaでは「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供した留学のご相談を受け付けております。家族や友だちと一緒でもOK! まずは↓からご予約下さい、お待ちしております!

» 無料でプロに相談する