なぜ家族に相談しにくいと思ってしまうのか?

行きたい!と思ったものの、自分ひとりでは実現するのが難しいのが留学です。家族の力を借りたい、相談したいと思っても、ちょっと気が引ける…そのように感じたことのある人は多いはず。
なぜ、留学について家族に相談しにくいと感じてしまうのでしょうか?

費用

まず、経済的に家族の支援なしに留学を出来る人は、特に若い人だと少ないでしょう。つまり、「留学に行きたい」という相談をするためには「費用を出してほしい、協力してほしい」というお願いをしなくてはならないということになります。
日本で教育を受けるのとは別に高額な費用がかかるので、少なからず家計を圧迫することにはなるため、相談を躊躇してしまう…という気持ちになってしまうのは十分理解できます。

「反対されるかも」

心理的な要因として、「どうせ反対されるのに相談したくない」と感じる人もいるようです。
せっかく自分で自分の将来を考え留学を志したのに、頭ごなしに否定されるかもしれないと思うと、なかなか家族に言い出すことは難しいですね。普段から将来について家族と話すことがなかったり、相談ごとの出来る間柄でなかったりすると、不安になってしまうのも分かります。
反対を押し切ってまで留学をしたいのか、反対する家族を説得できるような留学したい理由があるのか、説明できるのかなど、考えることはたくさんありそうです。

実家から出ている

物理的な要因として、親元を離れて生活している場合、そもそも相談の場を設けることが難しくて相談しにくいという可能性もあります。
留学については自分ひとりの問題ではないため、きちんと会って時間をとり、何度か話し合いをすることになるかと思います。そうなった時、離れて暮らしているというのは相談しづらいことの要因になりえます。
会って話すのか、電話で伝えるのか、方法は限られるかと思いますが、そこまでしたいと思える熱量があるかどうか、考える必要があります。

自分の子供を留学にだす家族の一般的な不安

視点を変えて、家族が自分の留学についてどう思うか?を考えてみましょう。自分の子を留学に行かせるということは、応援する・しない以前に非常に不安なことでもあるのです。

安全かどうか

身の安全が一番の不安と言って過言ではないでしょう。海外には、日本ほど治安が良く済みやすい土地はありません。危険な目に遭う可能性も、もちろん日本で暮らしている時に比べると増えてしまいます。
その危険を冒してまで、治安のよくない国外で学ぶ理由や意味は本当にあるのか?というのが、正直な家族の気持ちになるかと思います。

高額な費用に見合う学習の目的があるのかどうか

留学には多額の費用がかかります。わが子の道を応援したいのが親心ですが、はたしてその金額や苦労に見合う目的を持って留学を志しているのか、あるいはただなんとなくの興味で言っているのか、そこが家族としては気になる部分かと思います。なんの目的意識もなく、海外で遊び暮らしたいという気持ちの人を支援しよう、協力しようとは家族も考えませんからね。ただわが子を遊びに行かせるために出すにはお高い金額なので、親を納得させるだけの理由を用意する必要があります。

英語力が十分かどうか

どんなに熱意と計画性があっても、留学するのに十分な英語力が実際にあるのかどうかも心配するポイントでしょう。現地の人と意思の疎通ができないと、その分危ない目に遭ってしまうリスクも高まります。英語力不足が全ての原因とは言い難いですが、ホームステイ中に他人の私有地に誤って侵入してしまい、銃で撃たれてしまったという事故も過去に起きています。
親としては、実際に実現可能なレベルで、自分の身は自分で守れるレベルで留学を希望しているのかどうか、気になる部分ではあるかと思います。

自分の留学に対する気持ちを整理してみよう

このように考えると、「家族への相談」というハードルは自分がどの程度、どのような目的で留学をしたいと考えているのか、振り返るきっかけになるかもしれません。
家族に相談するという労力を割いても留学に行きたいと考えているのか、たとえ反対されたとしても説得するほどの熱量をもって留学に行きたいと考えているのか、はたまた家族にわざわざ会って話をするほど留学を真剣には考えていないのか…。今一度、自分がどのような目的を持っていてなぜ留学したいのか、整理してみるとよいでしょう。

特に若い人の場合は、周囲の協力なしに留学を実現させることはできません。自分にとっても家族にとっても、あなたの留学は投資と考えられるわけです。大きな投資である留学に関する決断は、軽々しく行なうものではありません。その点をしっかり見つめ直し、「本当に留学じゃないとだめなのか?」という点をしっかり考えて、自分の言葉で語れるようにしておきましょう。

やっぱり留学がしたい!どうすれはばいい?(ダメ元で相談する?留学諦める?)

じっくり考えた結果、「やっぱり自分は留学がしたい!」と思ったあなた。それでも家族に相談はしづらい…。しかし、ここまで真剣に自分の留学と向き合ったならば、「家族に相談しづらいから留学は諦める」とはならないはずです。ダメ元でも、まずは話をしてみましょう。

関係性にもよるとは思いますが、基本的に周囲の人や家族は、あなたの決断に協力的である場合が多いです。自分の夢を叶えるためや、将来のためのことであればなおさらです。なので、もし留学に反対されたら反対の理由を聞きましょう。そこからどのように対策すれば説得できそうか、作戦を立てるのです。

実際に反対される理由として、「なぜ留学したいのかが家族に伝わっていない」というケースが非常に多いです。自分が留学を通して何を成し遂げたいのか、何を目指しているのか、留学でなければならない理由は何なのか、そのために今何を頑張っているのか…具体的なプラン説明して情熱を理解してもらうしか、それを相手に伝える術はないのです。最初は反対していた親が何度か話し合って説明していく中で賛成してくれることも多くあります。時間と労力はかかるのですが、家族から反対された時はひとまず「本気度を試されている試験だ」と考えて、どうやって認めてもらうかの戦略を立てた方がよさそうです。その困難にどうやって立ち向かっていくのかを、家族は見ています。

もしあなたが、家族に相談しづらい中でも頑張って話をしてたとえ反対されても留学に行きたいと思っているのなら、実行しない手はありません!

まとめ

家族に相談しづらいと思ってしまう理由、また家族が留学に対してどのような思いを持っているか、それぞれ理解して頂けたかと思います。

周囲、特に家族の協力なしに留学をすることはほぼ不可能です。もし家族の反対を押し切ってまで留学がしたいと考えているのであれば、以下の点をおさえましょう!

「何を学びたいのか、どんな経験をしたいのか、それを今後どう生かしたいのか」を整理して説明できるようにする

具体的に留学の費用、準備、手続き等手順を明確にしてまとめ、資料として渡せるものを用意する

上記をできればまとめて準備して、自分の希望を戦略的に伝えることが大事です。自分の将来のビジョンを明らかにしたうえで支援をもらえるようにする、つまりネゴシエーションを行なうという気持ちで臨みましょう。(留学経験者の話を聞くと、パワーポイントの資料を作成して家族に発表し、説得して費用を出してもらえたという人は多いです!)

安易な気持ちで、ただ留学したい、という希望を伝えても、賛成を得るのは難しいかもしれません。具体的に説明できるようにして、内容を明確に伝えることで初めて、家族としても判断ができるようになります。
家族を説得して留学がしたい!と本気で考えているなら、ぜひその気持ちを言葉で伝えて、まずは話をしてみることをおすすめいたします。