留学生に対して「遊んでばっかり」という様なイメージを持っている人はいないでしょうか?

確かに、留学すると勉強しないで遊んでいるような人も見かけますが、では、遊びにならないような留学をするにはどうしたらいいのか?

筆者の経験談をもとに、意見をまとめてみましたので興味のある方は是非目を通してみてください♩

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。

留学って遊び?筆者が知っている留学生の現状教えます!

遊んでいる留学生はいる

遊んでいる留学生というと私の中では「授業もあまり受けずに、やりたい事を友達とやっているだけ」という人という印象ですが、私が留学していたイタリアの語学学校には、日本人はいませんでしたが、確かに遊んでいる留学生はいました。

あまり授業に積極的でなく、基本的に休みがちで、友達と遊んでばかりいるという感じでした。また学校に友達と話しにきているだけで、授業に集中していない人もいました。

そういう人は、あまり語学力の向上も他の人に比べると少なかったように感じます。ただ、話す事に関しては社交的というのもあるのか達者でしたね。ただ文法は無視というところが引っかかりましたが。他にも自分の母国語を話せる人としか一緒にいない人もいましたが、(日本人なら日本人同士というかんじ)その人達も明らかに語学力は伸びていませんでした。

外国に住めば語学力はどうにかなるというのは正直迷信ですね。やはり目的に対して努力した人でなければ、成果は得られません!

真面目が一番?遊びも大事?

では、学校に通って、しっかり授業をうけて、家では勉強してというような真面目な生活を送る事が留学にとって一番いいのでしょうか?それは、それが一番自分にとって楽しい、良い事だと思うのならそのような生活もありだと思います♪

ですが、折角の留学生活、学校と勉強だけで終わってしまうのも勿体ない!!できることなら、毎日とは言わずとも、友達としゃべったり、時には遊びに出かけたりする時間も大切だと思います。そこに住まないと味わえない体験もありますから♪

自分の生活のオンとオフの切り替えができる事はとても大切です。オンにして勉強に力を発揮できるようにする為にも、時にはオフにして何も考えず楽しい時間を過ごすべきです。自分のエネルギーチャージができるような時間も、留学中はしっかりつくってみましょう♪

どんな留学になるかは自分次第!

留学は結局のところ自分次第でどんなものにも変えられてしまいます。学校を一番と考えて勉強をこれでもかとやるのもよしですし、1日の半分は勉強だけど、もう半分はホストファミリーや現地の友達と過ごす時間にするのもありです。

つまり、自分が満足する形ならどんな留学をしても「遊び留学」とは思わないはずです。それが自分で考えた自分の為の留学の形なのですから。

私もイタリアでの留学の目標は「語学力をつけながら海外生活を楽しむ。」でした。だから語学学校にもしっかり通いながらも、友達を作ったり、時には大きなイベントや大事な行事があれば語学学校ではなくそちらを優先することもありました。人よりも語学力の上達は遅かったかもしれませんが、それでも日本ではできない様々な体験ができた留学生活に後悔はしていないし、「遊び留学」だったとも思っていません。

自分の考え方、捉え方、行動で留学はどんな形にでもできます。「自分は何の為に留学するのか?」そこから自分の行動がぶれていなければ、充実した留学生活が送れるはずです。

「遊び」で終わらない為の留学とは?

では「留学が遊び」とならないような留学をする為にはどんな事をすれば良いのでしょか?筆者なりに考えをまとめてみました。

①留学の目標を立てる

やはり一番大事な事は留学の目標をしっかり立てることです。「日常会話をマスターする」や「大学をいい成績で卒業する」など、留学中に必ず成し遂げたい事をイメージしてみてください。また、その目標を周りの友達や家族に公言しておくのもいいでしょう!「恥をかきたくない!」という気持ちから、さらなるやる気も出てくるはずです☆

他にも「今日は10個単語を覚える」や「今週一週間は絶対日本語を口にしない」など、短期間で具体的な目標も日頃から立ててみると良いと思います。そうする事で、その目標を終えるために遊びは1日3時間までにしようというようなブレーキを自らかけやすいからです。

②やりたい事をまとめておく

留学中の「遊び」のためにも何かできることといったら「やりたいことリスト」を作ることです。例えば留学先がアメリカなら、

  • ニューヨークにいってみたい
  • カナダとメキシコにも行きたい
  • アメリカンフードをたくさん食べたい
  • グランドキャニオンを見たい

などなど、アメリカでしかできない「やりたいことリスト」を考えてみましょう。できるだけ、実行できそうな範囲で考えてみてください。そうすることで、「今度ニューヨークに行く為にも、今はしっかり勉強に集中しよう!」というメリハリがつけやすくなります。「今週は勉強かなり頑張ったから、○○しよう!」という自分へのご褒美として考えるのも良いと思います。

勉強の為にも、遊ぶ時間をしっかり確保すること。これもまたいい勉強をするために重要なことです♪

③オンとオフのメリハリはしっかり!

①と②、勉強と遊びのためにしっかり準備を整えたら、それを実行する為に生活にメリハリをつけることを忘れないようにしましょう!

遊びばかりに時間が偏り過ぎでしまうのも、「遊び留学」となってしまう原因ですし、かといって「勉強の時間」ばかりに偏りすぎてしまうのも精神的にもしんどくて、勉強の質自体が落ちやすくなります。

勉強するときは勉強!遊ぶときは遊ぶ!日本でもよく言われるような事ですが、やっぱり留学生活でも大切な事です。健康で充実した留学生活を送る為にも、オンとオフの切り替えはしっかりしておきましょう♪

まとめ

遊びほうけて勉強がおろそかになってしまうのも、留学としてどうかとおもいますが、逆にガチガチになって海外にいるときに勉強ばかりしてしまうのも勿体ない気持ちがします!

結局は勉強と遊びのバランスです。留学はお金も掛かる事なので、必死に勉強したくなる気持ちもわかりますが、時には遊んで気を抜くことも大切な事ですので忘れないようにしましょう♪

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。