「留学に行くぞ!」そう心に決めたら、次に考えなければならないのは「留学費用をどうするか」ということではないでしょうか?

思いをカタチにするにはやっぱりお金が必要です。「すでに十分な貯金がある」「親に工面してもらう」など色々あると思いますが、そうでない人はバイトをしてお金を貯めていく必要があります。でも、金額のゴール設定があれば、頑張って貯金できそうではありませんか?

今回は留学費用を国別・期間別で挙げ、貯金額の目標を掲げるとともに、効果的に稼げるバイト情報をご紹介します。

1.留学費用をバイトで稼ぐ?いくら必要なのか?

留学にはある程度の費用が必要ですが、行く国、期間によって貯める金額が異なります。親に出してもらうケースもありますが、できるならバイトをして目標に近づきたいものです。ゴール設定となる目安の金額をご紹介しましょう。

一般的な語学学校に通った場合の留学費用の目安

  3ヵ月 6ヵ月 1年
アメリカ 100万円 180万円 350万円
イギリス 80万円 150万円 300万円
カナダ 70万円 140万円 280万円
オーストラリア 70万円 140万円 280万円
ニュージーランド 70万円 140万円 280万円
フィリピン 40万円 80万円 150万円

(期間6ヵ月~1年の場合はプラス・マイナス20万円~50万円くらいを目安にしてみてください。)

留学費用は語学学校の種類、滞在都市、滞在方法などによって異なります。大学・大学院への留学の場合は表示金額よりも高くなります。

しかしながら、ワーホリなら現地で就業することができるので、少ない貯金でも行くことができます。ここに、ワーホリの人気が隠れているのかもしれませんね。

2.留学費用を「ワーキングホリデー」での就業で稼ごう

ワーキングホリデー留学の場合は、渡航前にすべての費用を準備しておく必要はありません。現地でバイトをしながら、生活費や学費を稼ぐワーキングホリデーメーカーはたくさんいます。

ワーキングホリデー。時給75ドル(6600円)の仕事も!

ワーキングホリデーとはオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、香港、台湾、ドイツ、フランスなど、世界合計16か国で協定を結ぶものです。ワーキングホリデーでは就業をしながら学校に通うことができるというメリットがあり、生活費を稼ぎながら留学生活を満喫することができます。
例えば、物価の安い台湾などでは、探せば家賃2万5千円前後の物件もあります。初期費用として50万円程度あれば当面生活できます。もちろん治安や利便性を考えて選ぶ必要はありますが。

その他、オーストラリアで現地のお仕事に就くと、最低でも時給が17ドル(1500円くらい)、通常で20ドル(1800円)~25ドル(2200円)くらいはもらえます。また、休日や年末年始に出勤すると手当が大きく、50ドル(4400円)~75ドル(6600円)の時給のお仕事もあります。

その他の国でも生活費を考慮しながら上手にやりくりすれば、楽しく生活することはできるはずですが、必ず留学エージェントと現地の仕事情報を確認しながら、持参する最低費用を決めていくようにしましょう。

すぐ仕事が見つかるとは限らないが…。

ワーキングホリデービザは就業が認められたビザなので、仕事を見つける際に、不利になったりすることはありません。ただし、ローカルの人たちと上手に仕事をする上でのコミュニケーション能力や英語力は必須になります。
現地で稼いだお金を留学費用に充てることは可能ですが、「英語が話せない」「自身がない」という気持ちでは、海外の採用シーンを考えても、まず雇ってもらえません。
多少英語が不得意でも、笑顔を忘れず身振り手振りを使って仕事に打ち込もうとする姿があれば、オーナーはきっと雇ってくれるはずです。「好キャラクター」は仕事ゲットには欠かせない要素ですよ。忘れないでくださいね!

ただのワーホリ留学では終わりたくない!せっかくならしっかり英語力を付けて、現地ローカルのお仕事でしっかり稼ぎたい!というなら、現地でのジョブトレーニングがついたプログラムを利用するのも手です。

» オーストラリアに実質0円で留学~語学研修+4つ星以上のホテルで働く
» 実質0円でカナダに留学!~”日常会話レベル”で終わりたくないあなたへ~ 

3.留学費用を貯めるために効果的なバイト8選【キツイけど早くたまるかも?】

留学費用をバイトで稼ごう!おすすめのバイトを8つ選んでみました。

①リゾート地

夏休みや冬休みで期間限定でバイトを募集するリゾート地。北海道や長野のスキー場であったり、沖縄のビーチだったりと、イメージはとても華やかで楽しそうですよね。

リゾートでのバイトは何といっても体力勝負!派遣される場所(レストランのキッチン、ホテルのベッドメーキング等)によってもキツイかキツクないか、分かれるようです。

通勤することができないくらい遠い場合がほとんどなので住み込みになりますが、宿泊費や食費付きなら、稼いだお金をそのまま貯金できるので、かなり良いバイトだと思います。
»業界No.1の高時給!!リゾートバイト.com

⓶ホテル・旅館の住み込み

全国各地の温泉地や旅館、ホテルで住み込みで働くのもよいのではないでしょうか?温泉旅館の住み込みの場合は、遊ぶ暇もなく、とにかく朝の早くから夜まで仕事がびっちり働けるため、お金がどんどん溜まります。

仕事の大部分を占める朝・昼・夜の配膳の仕事は、「動く、走る」の連続で、体力が勝負です。都会にいると何かとお金を使ってしまいますが、地方の住み込みならお金を使う場所すらないかもしれませんね。
»半年で100万円貯金可能!住み込みで働くならグッドマンサービス

③引っ越しサービス

体力がしっかり鍛えられる引っ越しサービスも高時給で稼げるバイトの一つです。コンスタントに需要があるため、継続的に働けるのが魅力。大学生に人気があり、荷物を無事運べばあとくされなく仕事が完了するので、責任が重くのしかかることもありません。

しかしながら、アパートにエレベーターがなかったり、マンションの狭い通路を通りながら、幅の広いタンスや冷蔵庫を運ぶには相当な体力が必要です。

引っ越しサービスのするなら継続的に仕事を続けるのがおすすめです。仕事に慣れてくると、コツがわかる上、必然的に体力や筋力が増してくるからです。留学前にジムで体を鍛えてから…なんて言ってないで、引っ越しサービスで稼ぎながら美しい筋肉をつけていく方がよっぽど経済的かもしれませんよ。
» マイナビバイト(引っ越し)

④携帯電話販売(契約)

携帯電話の契約を結ぶのが仕事ですが、競合が多いため苦戦する人も多いようです。とはいいながら、高時給で若い世代に人気があるのも事実のようです。

販売の仕事は慣れないとツライこともあるかもしれませんが、海外への留学を控えて「精神面を鍛える」には良いトレーニングになるのではないでしょうか。ワーキングホリデーでは仕事を自らの手にゲットしていかならなければならず(しかも英語で!)、簡単には折れない強い精神力も必要になってきます。

心が優しい人、プッシュできない人には不向きかもしれませんが、「これも留学のため」と割り切って仕事をすれば、効果的に留学費用を貯めることができるでしょう。ストレスを抱えないように、適度に息抜きをするのも大切ですよ。
» バイトル(携帯電話)

⑤深夜のカラオケ店、飲食店、コンビニ

昼間の仕事に比べて仕事の中身が異なるのが深夜のバイトです。昼間よりも高時給でありながら、仕事のリズムに慣れて眠気を克服することができれば、割の良いバイトだと言えます。

職種もカラオケ、飲食店、コンビニの他に、工事現場や清掃の仕事があり、接客が苦手な人にはおすすめです。短時間で稼げることができますが、昼夜の生活が逆になってしまうので体調管理は必須です。

コンビニの場合は、レジ打ちや接客が減り、在庫チェックや商品出しが多くなります。お酒に酔った人が入ってきたりするため、昼間とは客層が異なりますが、防犯的な面も考慮しながら緊張感を持って仕事をする必要があります。
»東京都飲食店アルバイト求人サイト【ペコリッチ】

⑥単発バイトのかけもち

こちらは「Tomorrow is another day」の世界になりますが、単発のバイトをかけもちする方法です。その日暮らしみたいで大変と感じるかもしれませんが、今日、明日で、即人材が必要な場合は雇い主も切羽詰まった状態なので、時給が良い場合も多いんですよ。

職種にもよりますが、主要駅までの送迎付きだったり(交通費の負担なし!)、日給9000円以上のところもあったりと、探せば高時給のところは結構あります。飽きっぽい性格だったり、好奇心の強い人にはおすすめのバイトスタイルだと思います。
» Shotworks

⑦期間工

自動車工場や電子部品製造工場などで期間限定で働くのが期間工の仕事です。かつては季節工や臨時工とも呼ばれていましたが、今では立派な職業の一つとして知られるようになりました。

車やバイクの製造過程でプレス、溶接、組み立て、機械加工など、それぞれ担当する役割があります。昼間勤務の他、夜間勤務があり、規制や規則が厳しいのが特徴ですが、大手企業の強みで寮や食堂がしっかりと完備されているのは嬉しいことです。

自分のセクションをしっかりこなせば問題ないので、余計な責任を感じることもなく、しっかり貯金ができます。立ち仕事なので体力的にキツイ部分もあります。体力のない人には向いているとは言えません。
»工場系の仕事

⑧塾講師・家庭教師

大学を卒業していれば、塾講師や家庭教師の仕事もできます。一流大学を卒業している場合で直接雇用の場合は時給3000円~が相場だそうで、教える子供の家庭によっては、お茶菓子や食事、お土産やプレゼントをもらうこともあるそうです。

医学部や東大・京大レベルになると時給7000円以上払うご家庭もあるとか。塾講師の場合は、バイトでも高時給が期待できるので、短期で一気に貯めるにはおすすめと言えるでしょう。
» Indeed

個人的にもそうですが、夢に対するゴールがあれば人間何とか頑張れるものです。そして、その夢が大きければ大きいほど、確実にゴールに近づくスピードは上がってくるでしょう。

もちろん無理は禁物ですが、留学希望国や期間と可能貯金額の兼ね合いを見てでどうするかを判断するのが一番です。留学は1回でも2回でも、また1ヵ月でも3ヵ月でも、自分の思い通りに行くことができますので、焦らずお金を貯めるようにしてくださいね。