留学生活を始めて約1ヶ月目ぐらいのときは、目新しいことに次々直面する、精神的にも最も忙しい時期だと思います。同時に留学前に思い描いていた理想と、現実との違いの大きさにも徐々に気づいてきて、悩みを抱えてしまう人もかなり多いようです。

実際に留学した人たちはこの時期、どんな悩みを抱えているものなのか、経験談を交えながらご紹介してみたいと思います。

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.留学開始から1ヶ月経過…。英語力が全く上がっていない?

語学留学生にまず一番多い悩みは、「会話が聞き取れない、授業がよく分からない、頑張っているのに英語が上達しない」ことのようです。

自分の周りはどんどん上達しているように見えます。だから余計に焦ります。特に、日本人以外の留学生が皆、授業中に積極的に話すことに圧倒されてしまう人は多いようです。同じレベルのクラスに振り分けられているにもかかわらず、なぜこの人達は既にこんなにスラスラ話せるようになっているのだろう?なぜ自分はできないのだろう?と。

私自身は、幸い会話が聞き取れないストレスはほとんどありませんでしたが、スラスラ言葉が出てこなくて話せないストレスは、ずっと抱えていました。

これはもう、しょうがないです。みんなそうなのです。

話せない理由には、性格も影響していると思いました。日本語でもなかなか話せないような内気な人が、突然外国で積極的に話せるようになるのは難しいでしょう。また、日本で多少積極的だった人も、周りの外国人留学生の押しの強さを目の当たりにすると、怖気づいてしまうようなこともあるようです。

なお、どんどん話しているように見える周りの外国人留学生は、実は文法も単語もめちゃくちゃだったりします。筆記試験を受けてみると高得点なのは、普段は無口な日本人生徒ばかりだったりもします。

私も、タームの最後にもらうスコアシートには、先生から「理解はしているのだから、もっと積極的に話すように頑張りましょう」とのコメントを何度ももらっていました。頑張っても話せないんですが…。

自分で上達は感じられないとしても、真摯に勉強している人なら、確実に上達しています。いつかそのことに自ら気づけると楽になれるのでしょうけれど、これはなかなか難しいです。ネイティブスピーカー以外、英語の勉強を続けている限りこの「上達を感じられない」というもやもやした感情は、一生持ち続けることになるかもしれないです。それほど大きなことなので、「そういうものだ」と割り切るしかないと思います。

2.いつまでたっても外国での生活になじめない?

日本とは何もかもが異なる環境で生活をするということは、思いのほか大変であるということに気づきはじめるのも、この時期でしょう。出発前に留学先での生活に憧れていた頃や、旅行で訪れていたときには全く見えなかった、悪い面の現実も次々と見えてきます。

違うことを楽しむ心の余裕がある人なら大丈夫ですが、ここで挙げている他の悩みも同時に抱える人が多いでしょうから、「なじめない」と一度思ってしまうと、違和感はどんどん増してしまうものだと思います。

環境を変えてみては?

なじめない理由がもし、ルームシェアやホームステイなど住環境に起因することなら、環境を変えてみることを考えるとよいかもしれません。具体的に言うと、引っ越しです。慣れれば解決することなのか、慣れることはないレベルなのか。

留学生活がこれから長いなら、よくない状態を我慢していても解決にはならないと思います。生活に楽しみを見いだせるような努力は、積極的にしてみるべきだと思います。

3.留学中の友達ができない?

周りに一切友人や知人がいない土地へ留学する人は多いと思います。言葉が不自由、右も左も分からない、頼れる人が一切いない状態は、かなりキツイものですよね。

できるだけ早い時期に友達ができれば孤独感も困りごとも緩和されますが、なかなか友達ができない悩みを抱える人も多いようですね。「積極的に話せない」問題もあるのかもしれませんが、友達を作ろうとするにあたって選り好みしていませんか?

特に外国で生活を始めたばかりの頃は、先に現地に住み始めて同じ困りごとを抱え、それを乗り越えてきた日本人からの情報は、とても頼りになるありがたいものです。「日本人とつるむと英語が上達しないから」などと切り捨てるのではなく、ぜひ仲良くなってみてください。「日本語を話してはいけない」と強く思うこともストレスを抱える原因になっています。もっと自然にしてもいいこと、早めに知っておきましょう。

以前にご紹介した以下の記事では、留学先での友達づくりのヒントもご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
» 参考: アメリカ留学は、絶対に楽しいのか?

4.ホームシック…。留学からもう帰りたくなってきた?

留学に対する憧れが強すぎた人、年齢が若すぎる留学生、留学にあたっての目標が高すぎた人、留学前にするべきさまざまな準備をほどんどせずに留学してしまった人などは、挫折感が早く強く出るもののようです。初日から困り果てて、ずっと泣き通しという人も実際にいます。

「もう帰りたい」となってしまったとき、本当に帰るのがよい選択である人と、そうでない人がいるため一概には言えませんが、「自分を追い詰めないで。無理しすぎないで。」とだけはお伝えしておきたいです。

相談相手は、日本の身内よりは現地の経験者がいい

つらくなったときに、例えば日本の友達に弱音を吐いても「せっかく夢を実現したのに。頑張って。」としか言ってもらえないのではないでしょうか。出発前に周りから期待されすぎて、弱音を吐けない状況の人も多いと思います。

留学すること、外国で生活するということが、どれほど大変なことであるかは、実際に経験した人にしか分かりません。留学中に悩みを一切抱えなかった人は一人もいないと断言さえできます。もう帰りたいほどのストレスを抱えてしまったとき、気持ちを理解してくれるのは、現地のあなたの周りにいる留学生たちだと思います。

悩みを打ち明けることで、急に仲よくなれたりすることもありますね。すべてをあきらめて帰国する選択をする前に、現地の周りの誰かに話してみる努力、一度だけしてみることをおすすめします。なお「友達」がどうしても難しい場合は、学校のスチューデントアドバイザーが相談に乗ってくれることもありますよ。

5.楽しくて仕方がない、という留学生との違いは?

私の留学生活は、住環境だけは最初から最後まで苦労しましたが、1か月目ぐらいのときは「楽しくて仕方がない」状態でした。アパート探しがうまくいかず気が滅入ること続きだったせいもあり、学校にいて友人たちに囲まれながら勉強に集中している間は、ホッとできる楽しい時間であると感じていました。

「学校が楽しい」と感じることができたのは、初日から授業がしっかり聞き取れていることを実感できていたことも大きかったと思います。これは、留学前にリスニングの特訓をしていったおかげです。教材をただ聞き流すのではなく、内容をじっくり理解する努力もしたことがよかったと思っています。
» 参考: 社会人留学、留学前はどれぐらい勉強した?留学後の勉強は?

また私は、ニューヨークという街に憧れて留学先として決めたこともあり、ニューヨークの街を歩いている、住んでいる、という状況だけで幸せな気持ちになれていました。

留学先選びは重要ですが、私は自らの経験から「住んでみたい街」にすることは、とてもよいことだと思っています。留学先の街について事前によく知っておいて、住むことを楽しむための情報をたくさん持った状態で留学できると、多少の悩みは吹き飛ばせるほど、留学生活を楽しむことができるものでした。

6.悩む理由を突き詰めて、納得して気が済むこともある

「他の留学生たちはできていて楽しそう、なぜ自分はできなくて楽しくないのか?」ということについて、違う理由に自分が納得できれば、気持ちがおさまることもあります。

私の例では、出会いを期待しながら、出会いの機会ないという悩みがずっとありました。
» 参考: 留学したらきっと運命の出会いがある?!現実から対策まで大公開!

同年代の日本人女性で、毎晩ニューヨークのナイトライフを満喫しているらしいクラスメイトが一人いたのですが、「彼女と私の違いは何だろう?」と考えてみたことがあります。

私に彼女のようなチャンスが巡ってこない理由は、「ルームシェアすることを避けたから」でした。彼女は、地元の社会人の女性とルームシェアしていて、ルームメイトのつてで次々と夜のお誘いがかかるのだそうです。

違いが明確に分かった後も、私はルームシェアしたい気持ちにはなりませんでした。また、一度彼女と一緒に出かけてみたときにはアジ専の妙な男にナンパされて終了、という現実も経験したことで「この程度なら、うらやましく思う必要はない」と思えて、気が済みました。
» 参考: アメリカ留学中、私もパーティーに行ける?楽しめる?

7.たくさんの留学生が経験していること。ぜひ乗り越えよう

今回挙げてみた例は、留学生のほぼ全員が経験し、乗り越えている悩みであると思います。それを知ることができただけでも、少し心が軽くなるのではないでしょうか。

これらの悩みを実際に抱えてしまったとき、どうか現地のあなたの周りに、乗り越えられるきっかけが見つかることを願います。一日も早く、留学生活を楽しむことができるよう、お祈りしています。

記事が参考になれば幸いです。

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)