日本に彼氏・彼女を残して留学・・・そういった状況の人も少ないないのではないでしょうか?

そんなときに心配なのが遠距離恋愛について!!長続きするには?寂しい時は?などなど様々な質問に答えてみたいと思います!

恥ずかしながら、私の国際遠距離体験談もまとめてみたので最後まで楽しんで読んでもらえたら嬉しいです♪

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.恋人を残して海外へ!留学中はどうしたらいい?


ここでは留学中の遠距離恋愛を長続きする方法をまとめたいと思います♪

①連絡はマメに!

留学中は、お互い会えない距離に住んでいることはかなり不安です!近くに住んでいた頃はそう感じないかもしれませんが、遠くに住んでいるからこそ「こまめな連絡」というのは本当に大切なのです!

今ではラインやスカイプなど海外に住んでいても気軽に連絡が取れるようになったので、相手が不安にならないようにする為にもマメに連絡を取り合いましょう。特に男性はこういった連絡が面倒くさくなるかもしれませんが、「おはよう」というメッセージだけでも、あるのとないのでは彼女も安心感が違うと思うので、普段やらない方でも遠距離恋愛中は意識してみてください♪

遠距離恋愛はデートができない分、こういったこまめな連絡でお互いの気持ちを確認するしかありません。だからこそ、普段以上に連絡する事を大切にしておいてください。

②時には顔を見て電話!

メッセージだけのやり取りだと、お互いの感情が伝わらない事もあります。そんなときには、スカイプやライン、フェイスタイムなどを使ってテレビ電話をしましょう♪

私がイタリアで遠距離恋愛をしていたときは、スカイプをほぼ毎日していました。時差もあるのでできないときもありましたが、できるだけ時間を見つけて、時には何時間も話す事もありました。顔が見えると、相手が疲れているとか、今日はなんだか嬉しそうとか、そういうことも互いに理解し合えるので、やっぱりメッセージだけのやりとりとは全然違います。

ただ、あまりにも毎日顔を見てしまうと、逆に会いたくてたまらなくなったりする事もあるので、お互いルールを決めた上でやるといいと思います。海外とのやり取りの場合は時差もあるので、なかなかテレビ電話は難しいというカップルもいるかもしれませんが、時には顔を見て話すのも遠距離恋愛中は大切ですよ♪

③会う為の貯金をする!

留学中の遠距離恋愛中は基本的に会う事は難しいですが、それでも「無理!」というわけではありません。ただ、どちらが行くにしても交通費はそれなりに必要になります!

私も年に1回会えるかどうかという感じで遠距離恋愛していましたが航空券だけでも往復10万とか掛かっていたので、とにかく金銭的に大変でした。贅沢はなるべく控えて、お金を貯めて、彼にあったときに交通費だけでなくホテル代や食事代として使っていました。

これは海外遠距離恋愛の宿命としか言いようがありませんが、とりあえず会う為にもお互いにしっかりお金を貯めておきましょう!

2.寂しさMAX!!気持ちを紛らわせるためにできること


遠距離恋愛はともかく寂しい!!特に留学ともなれば、そう簡単に会う事もできないのでなおさらですよね。ここでは、そんな寂しさをお互い紛らわす為の方法をいくつか紹介したいと思います!

①再会したとき何をしたいか考える!

遠距離恋愛中は、「今会えない状況が悲しい」と思ってしまうと、どうしても寂しい気持ちになってしまいますよね。そんなときは、今の状況ではなく、「将来会えたとき」の状況を考えられるように頭のスイッチを切り替えると良いと思います。

会ったら何をしよう?何処に一緒にいこう?どんな事をしよう?などなど・・・彼氏・彼女とできる楽しい妄想に浸ってください。それもできるだけ、本当に2人でできそうなことを考えてみるとよいとおもいます。(できない事を考えちゃうと、あまりに現実離れしていて虚しくなることがあるからです。)

その楽しいプラン立てて、次会うときにできると思えば寂しさも紛れて、留学生活を頑張れる原動力にもなります。2人で話しながら考えるのもとても楽しいと思うので、寂しいと思ったときは是非実践してみてください。

②次会うまでの目標を決める!

恋人に会えない寂しさが募ると、勉強にも身が入らないことがあります。そんなときは、次会うまでの目標を決めてみましょう!

「次会うときまでに、卒論を完成させる!」、「TOEIC+300点をとる!」など何でもいいと思います。また、その目標を恋人に公言するのも効果的です。公言した上で、目標を達成したときのご褒美なんかも決めるとより効果的だと思います。

「遠距離が辛くて、留学何もできなかった」なんてことになったら恥ずかしいですよね?そうならない為にも、彼氏・彼女と目標を決めて一緒に頑張ると、寂しさも紛れて一石二鳥ですよ♪

③将来の話をする!

遠距離恋愛中は、彼氏・彼女との将来的なイメージがないとなかなか続くことは難しいと思います。私の考えですが、とりあえず付き合っているというくらいの関係ならば、遠距離恋愛をしたとしても寂しくて別れる可能性が高いように感じます。

また国を超えた遠距離恋愛ともなれば、ある程度相手との将来を感じた上で続けている人が多いのではないでしょうか?

そういう意味でも遠距離恋愛中に、相手が寂しそうにしていたら「将来は一緒にこんな家に住もう」、「こんな子供が欲しいね」などの話をすると、あなたとの将来が見えて安心すると思います。そんな明るい将来のために自分は今頑張っていると思えば、留学生活も一生懸命になれるはずです。(重いと思われたらすみません・・・笑)

寂しい相手を励ます意味でも、将来の話をする事は遠距離恋愛中も効果的なので実践してみてください。

3.【体験談】今の旦那との海外遠距離中の話〜♪


私は、社会人のときに今の旦那とイタリア〜日本間で約1年半遠距離恋愛をしていました。そんな私の遠距離体験談が、誰かのお役に立てればいいなと思いまとめてみました。参考になれば幸いです♪

基本は毎日スカイプ

私たちの場合は、メッセージの連絡もお互い毎日して、顔を見て話せるスカイプも時間が合えばほぼ毎日していました。メッセージの連絡は、片方が一方的に送るのではなく、お互い時間を見つけてはたくさん送っていました。話す事は最近の出来事や、家族のことなど他愛もない話ばかりでしたが、デートができない分、こんな時間が一番大切だったなというふうに思っています。

スカイプをしていた時間も、新しく買った服の感想を聞いたり、寝落ちしたときに変な寝顔をみて笑ったりすることも楽しかったです。イタリアと日本で時差は7、8時間会ったので、私が夜中遅くまで起きるようなこともあって大変でしたが、こういった頑張りがあったからこそ遠距離恋愛を続けられたのかなと今になっては感じています。

忙しくても、とにかく連絡!

遠距離恋愛中は、私は社会人、彼は大学院生だったのでお互い仕事や勉強に忙しい時期もありました。そうなると、どちらか一方からは全然連絡がこないなんてこともありました。しかしそんなときでも、とりあえず連絡、連絡、連絡!言葉でも、写真でもいいので、ともかくメッセージは毎日欠かさず送りました。

話せる時間は少ないかもしれませんが、忙しい時期だからこそ、相手からのメッセージは嬉しいものです。自分からは送れなくても、相手から励ましの言葉などもらえると頑張る気にもなりますよね!

また忙しい方も、どんなに時間がなくてもトイレに行くときなんかに「忙しい」という3文字だけでも送るようにしていました。この3文字だけでも、相手から何の返答がないよりよっぽどましです。また「忙しくて何も返事が返ってこないんだな」と相手に理解してもらえることにもなります。

忙しいときだからこそ大事な連絡!遠距離恋愛中の方は、忘れないようにしてみてください♪

時には将来の話をしました

第2項でも書きましたが、私が今の旦那と遠距離恋愛をやってこれた一番の要因としては「彼との将来を想像できたから」だと思います。正直、彼が、「あなたとの将来の事なんてまだわかんないよ。」なんて事を言われていたら、正直、国を跨いでまで恋愛を続けようとは思わなかったはずです。

とにかく彼は、「将来、一緒に日本で生活したいね。」とか、「こんな家に一緒に住みたい。」とか私たちが一緒にいる将来の話をしてくれました。今のところ、彼が遠距離中に話してくれた将来の話は叶っていませんが(笑)、叶う叶わないというよりも、私を彼の将来の中に登場させてくれているという感じはかなり私の中で大きかったです。

彼が私との将来の事を望むなら、今の遠距離恋愛も頑張ってみようと心から思えました。それは彼も同じだったと思います。

こうして今、彼と夫婦をやれているのも、こうやって遠距離恋愛を乗り越えたからであって、本当に遠距離恋愛中は寂しいし、辛い事も会ったけど、私のため、そして彼の為に頑張ってよかったなと思っています。

4.まとめ


日本国内でも遠距離恋愛は大変なのに、国を挟んでの遠距離って本当に大変です!だけど、恋人の為に、将来の為に思えば乗り越えられない壁ではありません。

遠距離恋愛は辛いのは自分だけでなく、相手の恋人一緒です!だからこそ一緒に支え合って頑張ってみましょう♪

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)