留学を考えたとき、ふと頭に浮かぶのが「ホームステイ」という滞在方法ではないでしょうか?現地の家族、ホストファミリーと一緒に過ごす時間は今までしたことのないような体験と学びの連続です。家族みんなで食卓を囲んだり、週末に一緒に外出したりと、楽しいことがたくさん期待できます。

ことに短期留学の場合、ホームステイを選択する人が多いですが、得られるメリットを考えると納得するできる点もたくさんあります。

ここではホームステイの金額に焦点を当てて、国別にまとめた平均費用とホームステイを安くおさえるコツ、ちょっと変わったホームステイ方法などをご紹介しています。どうぞ、参考にしてみてください。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.ホームステイでかかる金額(費用)はどれくらい?

ホームステイは海外への短期留学を希望する人に人気の滞在方法です。ホームステイの期間は人それぞれですが、現地での生活費を準備をする上でもしっかり把握しておきましょう。

1ヵ月のホームステイ費用の目安

  • アメリカ:15万円~25万円
  • カナダ:10万円~18万円
  • イギリス:12万円~20万円
  • オーストラリア:12万円~20万円
  • ニュージーランド:12万円~20万円

上記の費用は一般的なホームステイの場合です。含まれるものは以下の通りです。

  • 1人部屋
  • 食事3食(週末は2食)
  • インターネット代
  • 水道代・電気代

留学で最も人気のあるアメリカはホームステイ費用をみてもやっぱり高めですね。一方、ニュージーランドやオーストラリアでは低価格からの提供も期待できそうです。

その他、別途料金がかかりますが、空港への送迎や学校への送り迎えなど、オプションとして追加できる場合があります。プログラム内容はフレキシブルに対応できる場合が多いので、エージェントに確認をしてみてくださいね。

2.ホームステイの費用を安くするには?

上記で一般的なホームステイの費用をご紹介しましたが、シェアハウスやバックパッカーに比べて割高感があるのが気になります。ホームステイでも安い金額で留学生に提供できる場合があります。その条件を挙げてみましょう。

市街地から遠い場所にある

ホームステイの場所を選択するときに「シティに近いほうがいい」という留学生は多いです。しかしながら、アクセスやショッピングなどの利便性がよいため、ホームステイ費用も合わせて高くなる傾向があります。

ホームステイの費用を安く抑えたいなら、シティからちょっと離れた郊外を選ぶべきです。電車や車で30分くらい離れた場所なら、さほど孤立感を感じずに留学生活を送ることができるのではないでしょうか?シティ独特の喧騒した雰囲気もなく、過ごしやすいと感じることも多いですよ。

ファームエリアや人口の少ない田舎町である

ファームエリアはシティからかなり離れた場所に位置しています。というのも、ファーマーは広大な牧場を経営したり、畑を所有しているため、どうしても田舎町になってしまうんですね。

ファームエリアはシティエリアに比べて土地も安く、人口が少ないのが特徴ですが、のんびりした自然あふれるホームステイ生活が満喫できるのが魅力です。ファーマー・ファミリーも気さくで温かく、牧場を経営している場合は牛、豚、羊、馬、その他の動物とも触れ合うことができます。費用が安く、生きた英語が学べる上、フレッシュな食事も期待でるかも?

部屋が狭く、家が古い

国によって事情は異なりますが、ホームステイを始める理由の一つに「子供たちが独立した」ということが挙げられます。部屋が空いているので、留学生に提供しようということですね。

ホームステイで滞在する家や部屋の状態もさまざまです。それは築50年以上のカントリーハウスであったり、モダンな作りのシティハウスだったりと、家の状態はもとより、部屋の大きさにも個人差があります。

一般的に家が古めで部屋が狭い場合は、ホームステイ費用は安くなります。どのホームステイ先も一定の審査を通過している家庭ばかりですが、レトロな雰囲気で小さな部屋の場合はリーゾナブルな金額で滞在ができるのが特徴です。「部屋の広さや家の状態はあまりきにしない」という人にはもってこいの選択ですね。

他の留学生も同居している

郊外に比較的多く見られるのが部屋数の多い「大きな家」です。もともと二世帯で暮らしていり、子供の数が多い家庭に多いパターンで、その分空き部屋も多くなります。このような家庭では空き部屋をそれぞれ留学生に提供していることがあるため、他の留学生と一緒に生活することもあるのです。

他の複数の留学生と同じ家にホームステイをする場合は、一般的に費用は安くなります。「国際交流を図りたい」「海外の友達が欲しい」という人には最適!楽しい会話が弾む、活気あるホームステイ生活が送れることでしょう。

3.無料でホームステイ?「オーペア」という選択

ホームステイの別のカタチ、「オーペア」という滞在方法をご紹介します。みなさんは、オーペアの存在をご存じでしたでしょうか?

そもそも「オーペア」とは?

オーペア=Au Pairは日本では聞きなれませんが、海外ではポピュラーなジョブスタイルです。一般的にオーペアとはホームステイをしながら子供の世話をしたり、家事をすることでお給料をもらうシステムです。他のサポートを受ける場合は無給の場合もありますので、まずはプログラムの内容を確認をするようにしましょう。

海外の家庭では子供が小さくても両親ともに働く家庭が多く、多くの子供を扱う、費用の高いチャイルドケアに預けるよりも、自宅で信用のおける人に子供の世話をお願いする家庭が多いのです。

もっとも、オーペアの最も魅力的なところは食費や宿泊費などの滞在費がかからないことでしょう。通常のホームステイでは費用がかかるのに対し、オーペアの場合は費用がかかりません。

主に若い人向けのプログラムのため年齢制限を設けている場合があり、国によってオーペアシステムは異なります。たとえば、アメリカではJ-1ビザを取得して、一年の間ホームステイしながらオーペアを体験することができ、オーストラリアではワーキングホリデー制度を利用してオーペアの仕事をすることもできます。

子供好きには最適な滞在方法

オーペアのもう一つの魅力は、子供好きには最適な仕事内容だということです。無邪気で明るい子供たちと歌を歌ったり、絵を描いたり、クッキングをしたり!大変なことも多いと思いますが、子供たちと過ごす時間は唯一無二の経験になるに違いありませんね!

子供が好きな人で、将来は保育園や幼稚園の先生になりたい、ベビーシッターとしての働きたい、、という人は保育分野でキャリアを積むことができます。

加えて、海外の子育て事情を勉強したり、子供とのコミュニケーション能力を高めることも期待できます。

ホームステイは人とのつながりを感じる滞在方法です。「一生に一度は体験したい!」と考えている人は、まずは短期留学でホームステイを選択するのもよいのではないでしょうか?

ホームステイについて不安のある人は留学エージェントやホームステイの斡旋会社に気軽に相談してみることをおすすめします。費用や内容をしっかり確認することが大切ですよ。

無料:カウンセリング申込
お手軽なLINE相談はこちら

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)