留学にはさまざまなスタイルと内容があり、また期間設定もそれぞれ異なりますよね。仕事を持つ社会人の方なら留学にさける時間も短いでしょうし、一方、仕事を辞めて長期で留学する人もいるでしょう。

また、学生なら、夏休みや春休みを利用したり、単位互換制度を利用して長期で留学したりと、留学パターンは十人十色です。

とは言っても、「一体どれくらいの期間留学すれば、英語効果が得られるのか?」という点では誰もが共通して思うことではないでしょうか?効果を期待したいから留学をするという人も多いはずです。

ここでは留学期間と英語効果に注目したいと思います。留学の期間別に得られる英語効果を解説しながら、効果的な英語学習のコツをご紹介していますので、どうぞ参考にしてみてください。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.短期・長期ではどう違う?期間別に見る英語効果

留学とは未知の世界!現地での留学生活でどれくらいの英語効果が得られるのか、一般的な例を挙げてみたいと思います。

2週間~3ヵ月

仕事を持つ人や就職を控えた大学生の場合はなかなか長期の留学することは厳しいかもしれませんね。細菌では最短で1週間から留学ができるため、気軽に海外へ学習するこ姿が多くみられるようになりました。

1週間の超短期留学を含め、2週間~3ヵ月の留学で得られる英語効果はどれくらいなのか?たいていの人が「2週間~3ヵ月ではあまり効果が期待できないのでは?」と疑心暗鬼になることが多いと思いますが、想像以上にこの期間での留学効果は大きいものがあります。

英語力に関しては留学者のスタートラインによって大きく異なりますが、英語が好きな人は「英語環境で学ぶことの喜び」「英語でのコミュニケーションの楽しさ」を最も大きく感じる時期です。

簡単な日常会話ができるようになり、英語脳が鍛えられ始める時期です。

3ヵ月~6ヵ月

現地での3ヵ月~6ヵ月は思った以上にあっという間です。語学学校に通っている人は、帰国の日にちが迫っていることに驚くこともあるようですが、留学期間が3ヵ月~6ヵ月の間は、英語環境にちょうど慣れ始めた時期でもあり、スピーキングよりもリスニングへの効果が最も期待されます。

「ネイティブの英語が早すぎて聞き取れない!」そう感じている人でも、徐々にスピーキングのテンポに追い付いていけるようになるでしょう。

「言っていることがわかる」とそれに対して返事ができるので、少しずつ会話の幅も広がっていくるでしょう。

TOEICのスコアアップを目指している人は、1日3時間程度の勉強を目安に、3ヵ月で100点のスコアアップが期待できます。

6ヵ月~1年

6ヵ月が過ぎるころには、現地での生活にだいぶ慣れてくる人も多いようです。英語環境であることに違和感を感じることも少なくなり、英語が上達している時間が湧いてきます。

とくに6ヵ月を少し過ぎた留学8ヵ月、9ヵ月頃から英語を話すことに自信がしっかりついてくるため、積極的に会話をしようとする姿勢も生まれ、モチベーションがぐんと上がってきます。

シャイな人はこのあたりで「あれ?今までの自分とは違うかも?」そんな風に感じてくるでしょう。

ボキャブラリーの数も増え、英語でのコミュニケーションもスムーズになる時期です。ローカルとの気軽なおしゃべりをどんどん楽しん下さいね!

TOEICを勉強している人なら、200点~400点のスコアアップも期待できます。

1年以上

ワーキングホリデーや正規の留学をしている人は、1年以上の留学生活を送ることになりますね。1年と聞くととても長いように感じますが、過ぎれば「あっという間」という人もいます。

その気持ちと並行して英語力についても「かなり力がついたかも」と英語効果を大きく感じる人も多いようです。

1年以上になると、あらゆるシーンで英語での対応ができるようになります。たとえば、「病院で病状が説明できる」「車が故障したとき説明できる」などです。

日本語で考えてから英語に直していた自分におさらば!英語で直接考えることができるようになりますが、逆に日本語を忘れないようにする努力も必要になってくるでしょう。

期間別に効果をまとめましたが、あくまで指標の1つに過ぎません。

自分にあった留学プランや期間を留学エージェントに聞いてみるのも手ですね!人気の留学エージェントはこちらから。
▶留学エージェントランキングを10位まで発表【会社選びで失敗しないコツも公開】

2.英語効果を2倍にしよう!3つの賢い過ごし方とは?

同じ期間留学をするなら、現地でちょっとした努力をして英語効果を2倍に膨らませましょう!英語力が向上するコツを3つご紹介します。

英語のニュース、ラジオを視聴するようにする

語学学校に通っている以外の時間、すなわち、朝や帰宅後にできるだけ英語のニュースやラジオを視聴するにしてみてください。

「語学学校の授業で英語はたくさん!」そう思う人もいるかもしれませんが、そう感じている間は脳が英語に慣れ切れてないという信号なのかもしれません。

英語に拒否反応を起こさず、真剣に英語を自由自在に操りたいなら、ネイティブやニュースキャスターなどの会話のプロが話す英語をできるだけ多く耳にするようにしましょう。

語学学校で勉強したフレーズや熟語、頻繁に使用されるMetaphore=メタフォー(比喩表現)などがどんどん飛び込んできますよ。

「Yes(No), because …」のフレーズを身に着ける

「Becasue」から始まる会話のかたち。日本人はYes,Noでの返答はできても、なぜそうなのか?という部分で説明不足になってしまう傾向があるようです。

日本人として「だから、うんぬん…」とダラダラと説明することに対し「言い訳じみている」と、あまり好意的に受け取らない感覚があります。(これは私も日本人として大きくうなづけます!)

しかしながら、海外ではその概念は全く逆。なぜ、Yesなのか、どうしてNoだと思うのかという点で説明がないと、会話として「尻切れトンボ」のようになってしまうことがあります。

会話が続かないのは、この部分が欠けているからかもしれませんね。

ローカルとの会話をできるだけ長く、楽しく、理解をともにしながら続けていくには「Yes(No),because…」のフレーズを用いる努力をすることが大切!そうすれば、相手も「そうだよね、同感だよ」「なるほど、知らなかったよ」と会話のキャッチボールが続きます。

ローカル・コミュニティの集まりに積極的に参加する

留学生活を送っているホームステイ先やシェアハウスのある場所には、何かしらのローカルコミュニティーが存在しています。

それは趣味のクラブであったり、スポーツの集いだったり、またフリーマーケットの参加だったりと多種多様です。

留学生のみなさん!英語力の向上に欠かせないのがコミュニケーションの能力を上げることです。

会話の原点は「話す・聞く・答える・続ける」ですので、居住地や学校周辺のローカル・コミュニティにできるだけ多く参加して、ローカルとの接点を多く持つように努力してください!

ローカル・コミュニティは異文化交流が始まるチャンスがたくさん!新しいことが発見できる絶好の場所でもあります。

3.せっかくのチャンスを無駄にしない!3つのご法度とは?

英語習得のために留学したのに、これではイカン!せっかくの努力が水の泡にならないように、3つのご法度をご紹介します。

日本人同士でかたまる

はじめて留学する人は異国での生活や学習方法などで、どうしても不安になりがちですよね。とくに英語にまだまだ自身がない人は、どうしても日本語での会話に流れてしまいがち。

ご法度ごとの一番目は「日本人同士でかたまる」です。

海外で不安に感じることの一つとして挙げられるのが「意思の疎通ができない」ということです。

今までは何も考えずに日本語でペラペラ話ができていたのに、現地に到着した途端、会話は全て英語!これは想像以上に恐怖に感じることでもあるかもしれません。

しかしながら、これでは本来の留学の目的が果たせません。休みを取って、費用を払って留学をしているのですから、ぜひとも無題しないようにしたいものですよね。

日本人との会話も大切ですが、四六時中かたまっているようでは、何のための留学なのか見失ってしまいます。 

部屋にこもってばかりいる

「もともと部屋にいるのが好き」「外出しても英語ばかりで疲れる」と、プライベートの時間を取りすぎて、部屋にばかりこもっていませんか?これでは、英語を話す機会を自ら断ち切っているようなものです。せっかくの貴重な留学時間がもったいない!「部屋にこもってばかりいる」が2つ目のご法度です。

レポートを仕上げたり、や体調の優れない時は仕方がありませんが、元気ならぜひとも外へどんどん出るようにしてください!

外出でお金がかかることを心配しているなら、スナックと飲み物をバックパックに入れて、ウオーキングするのもよいでしょう。

ショッピングや外食だけが外出の目的ではありません。週末なら人の集まるシティやビーチなどでイベントやコンサートがあることも多いので、新しい発見をしに学校の友達と一緒に出かけてみましょう。

太陽の光からエネルギーをもらって、元気に一日を過ごしてください。

語学学校では発言も少なく、おとなしい

語学学校の授業では英語学習に対するポジティブな態度は必要不可欠です。コースにもよりますが、集中英語やスピーキングを強化するようなカリキュラムの場合は活気ある授業が展開されます。

英語で発言する場面がとても多いため、「英語に自信がない」「恥ずかしい」という気持ちを断ち切ることが求められます。

間違うことを恐れて発言できないという人は、「間違えて当たり前」と割り切ってしましょう。

そのための留学ではありませんか?そのための語学学校ではありませんか?コースを担当する教師は経験を積んだプロフェッショナルですので、わからないことがあったらどんどん質問をしてみましょう。

間違いから多くのことを学ぶことは本当に多いです。「語学学校で発言が少なく、おとなしく過ごすこと」が3つ目のご法度です。ぜひとも克服して、英語能力を鍛えていきましょう!

英語効果は留学生がどれくらいの英語力でスタートラインを切るかによっても異なります。短期留学の場合は期間が限られていますので、より効果的に英語が学べるように、自分にあった環境を作るようにしましょう。

▶英語が話せない?私は『英語力0で留学』したので経験をお話しますね

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)