留学が昔よりも注目されてきて、最近ネットでもよくあがるようなってきたのが「留学あるある」♫

私も留学経験者なのでとても共感するものもあったので、今回は私の意見も含めた「留学あるある」について紹介したいと思います☆

留学に行く人も興味がある人も楽しめる記事になっているので、是非読んでいってください♪

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。

1.【留学あるある】大学・学校編

まずは大学や語学学校など、学校でおこりがちなあるあるです♫

学校①:授業が始まるのは基本5〜15分後

私の通っていた語学学校も基本的に定刻スタートはありませんでした。先生が来て、ダラダラプリント配ったりして、ちょっと雑談があって10分くらいしてから始まる感じ。

生徒も遅刻をする人が多かったので、時々時間通りに来てる自分がばからしくなる事もありました・・・笑

学校②:先生もよく授業に遅刻する

先生は遅刻しちゃダメでしょー!と思っていましたが、私の学校では先生もよく遅刻していました。生徒はみんなそろっているのに、先生待ちってこともしばしば。途中から慣れてきましたが、日本だったらクレームの嵐だろうなぁ〜。

学校③:初めの頃はぼっち飯

これはしんどいけど、語学力があまりない形で留学を始めると、クラスメイトとコミュニケーションをとるのも大変!だから、友達も作れず、お昼ご飯は一人で食べるなんてことになることも・・・友達作りは積極的にいきましょう!

学校④:テストは終わった人から帰れる

時々行われるテストは、どうやらちょっと日本とやり方が違う。私の学校は、基本的にテストは終わった人から帰ってもいいという感じでした。

テストが終わって廊下に出ると、友達がぺちゃくちゃ話しているので、そこに混じるのがお決まりのスタイル♪

学校⑤:日本の文房具最強!

授業の為に文房具を買いにいくと、消えずらい消しゴムとか、書きづらいシャーペンとかが売ってます。本当に日本製の文房具って、使いやすくて素晴らしい!

学校⑥:休み時間がたっぷり

授業は遅く始まるけど、終わりはしっかり定時に終わる外国の学校。そんでもって、休み時間も異常に長い!!友達と学校の敷地外にご飯を食べにいって、余裕で帰ってこられるくらいの時間があるのでゆっくりできて最高です♪

学校⑦:先生に嫌われると成績が下がる

これは先生や学校によるとも思いますが、先生に嫌われると成績を下げられているような気がしました。主観的に成績付けちゃダメでしょ!って思ってホストファミリーに愚痴ったけど、「普通だよ」っとあっさり・・・

・・・えぇええええぇ・・・。未だに納得いきません!

学校⑧:留学してもネイティブの友達ができない

留学すると「語学上達の為に現地の友達たくさん作るぞ〜♪」と張り切って学校に通い始めるんですが、よくよく考えたら、語学学校って外国人ばっかりで現地の人がいない・・・。

大学とかだと違うかもしれませんが、現地の人と知り合うにはホストファミリーを通じてとか、友達からの紹介とかじゃないとなかなか知り合えません!もちろん、学校でできた外国人のお友達も大切なんだけどね♪

学校⑨:意外と授業中は発言する機会が多くて緊張

日本の学校と外国の学校の大きな違いって、発言する機会の多さだとおもいます。日本では机に向かって一生懸命ノートを取る時間の方が長いと思うけど、留学すると大学でも語学学校でも、プレゼンテーションや先生からの質問などなどなど、ともかく自分の意見を発言する事が多いです。

もちろん現地の言葉で。最初の頃は本当に毎回緊張しちゃいます!!

学校⑩:自己紹介は丸暗記

自己紹介は学校で誰もが一番最初に通る道。そのときは基本的に語学に自信が持てないから、出身地とか、年齢とか、趣味とか、とりあえず丸暗記ですよね。

2.【留学あるある】日常編

次は留学中の日常生活でおきるあるあるです♫

日常①:日本語を忘れてしまう

特に長いこと海外で生活していていると、ふとしたときに日本語が出てこなくなります。特に漢字なんて、もう、めちゃくちゃ忘れちゃいます。

私は「空」という漢字が出てこないことがあって、そのときは正直もうダメだと思いました・・・(笑)

日常②:いつの間にか太っている

外国の食事って、日本食比べると基本高カロリー!だから、気にしない普通に生活していると、簡単におデブちゃんになれます!!

また、現地の人の食事量に合わせて一緒に食べてると、胃袋も大きくなって日本食でも大量に食べちゃいます。

日常③:現地で日本人を見かけると気になる

やっぱり、日本人が恋しくなって、見かけると「近くに住んでる人かな〜。」と思いながら、話しかけたくなります。

他にも、観光客でも気になって見てしまう。私の場合、ヤンキー座りをしていたり、写真取るときにピースしている人を見ると、「あ、日本人なんだな♡」と思ってなんだかほっとします♪

日常④:友達と待ち合わせすると、いつも一番乗り

人にもよるかもしれませんが、日本人ってやっぱり時間にはきっちりしている人が多い!友達と待ち合わせしたり、時間通りにパーティ会場に到着すると、基本一番乗り。

特に大勢で集まったりすると、確実に遅刻する人が数名いる!

日常⑤:バスや電車は基本時間通りに来ない

人も時間通りにこなければ、バスや電車も時間通りに来る事はありません。また、2、3分の遅れならホームでアナウンスがかかることもないです。あんなにきっちりした時刻表で運行しているのはきっと日本だけでしょうね。

日常⑥:基本的に中国人に間違われる

初対面の人には基本的に、「中国人?」って聞かれる。他にも、お店の呼び込みの人に「ニーハオ!」って連発される。

確かに何処の国行っても中国人多いけどね。「日本人ですか?」って言われることほとんどないから、なんだか寂しい!

日常⑦:日本が好きな外国人のほとんどがアニメ好き

「私、日本大好きー!」って言う人のほとんどが、「ナルト!」とか「エヴァンゲリオン!」とか続けていってくれます。日本語の勉強をしている人も、ほとんどは日本のアニメから影響を受けて始めたという人が多いように思います。

日本のアニメ文化って本当にすごいなぁ。

日常⑧:変な漢字の入れ墨をみる

漢字は外国人からすると文字じゃなくて「絵」。漢字の中にはクール!と感じるようなものも多いようで、漢字Tシャツや入れ墨をしている人を良く見かけるけど、日本人からするとそのチョイスがよくわからない。

私が今まで見た中で一番不思議だったのは「台所」。(なぜ!)他にも「寒」とか「痛」なんかも目撃した事があります・・・本当によくわかりません。(笑)

日常⑨:友達のSNSを見てホームシック

日本にいる友達の楽しそうな報告をSNSで見ると、無性に帰国したくなる・・・!軽いホームシックになっちゃいます。

日常⑩:「極度乾燥しなさい」の商品が気になる

イギリス発祥の「Superdry 極度乾燥(しなさい)」という、世界各国に店舗を構える人気アパレルブランドがあります。ロゴにはとして、商品にはがっつり「極度乾燥しなさい」と日本語で書かれているので日本人には不思議でならないですが、あのベッカムのモデルを務めたことがあるほど世界では大人気!

毎回、来ている人を見かけるたびに「Superdry」の翻訳間違えてますよ!と言いたくなります。

最近は日本へ逆輸入(?)してきているそうですが、私はこの日本語ロゴがある限り一生買うことはないだろうなあ。笑

日常⑪:BBQに野菜がない

夏は特に、海外ではパーティといえば「BBQ」!みんなでお肉を持ち寄って、誰かの家のお庭を借りたり、公園に行ったりして楽しむのが一般的です。

けど、いつも気になっていましたが、野菜はいったいどこにあるの・・・?というか、いつも肉とパンだけ!?

日常⑫:友達に「寿司つくって」って言われる

「私、日本人だよ!」って話をすると、いっつも「Oh!寿司〜!」って言われます。やっぱり海外で人気の日本食と言えば、ダントツでお寿司です。

だけど、続けて言われるのが、「今度私の家で、お寿司つくってください!」。外国人って、ほとんどの人が日本人はみんな寿司が作れると思っている気がします。

それで「寿司って難しいからできない!」っていっても、「なんで?米の上にお魚があるだけじゃん。」と。

・・・確かに!!!!!

日常⑬:知らない人の誕生日パーティに行く

とりあえず、海外ってパーティに行くことが本当に多い!ホームステイしている人は特に、ホストファミリーの知り合いやその家族がやるパーティにお呼ばれすることも多いですよね。

そうなると、「誰かしらないけど、誕生日パーティに行ってきた。」なんてことも。ただご飯食べて、一応歌だけ歌って、ケーキ食べて帰ることになります。

日常⑭:動画サイトで日本の動画をよく見る

海外のテレビって、日本のテレビ番組と全然違う!それに、あたり前ですが日本語が聞こえてくることはありません・・・。

そんなときはついつい、ネットで日本の動画あさり!異常にYouTuber事情に詳しくなったりします。

日常⑮:「LINE」より「WhatsApp」が活躍

海外に来ると、友達と連絡を交換するとき、「え?LINEって何?」って反応をされます。アメリカやヨーロッパなどでは基本的に使われているアプリは「LINE」より「WhatsApp」。

他にもFaceBookのほうがツィッターより一般的なような気がします。

3.【留学あるある】帰国後編

最後に、留学後、帰国または一時帰国してよく起きるあるあるも紹介したいと思います♫

帰国①:店員さんの対応に感動する

日本ほどお客様を丁寧に扱ってくれる国はありません!海外のお店とのギャップに感動してしまいます!

帰国②:トイレにも感動する

海外のトイレって、有料だったり、紙がなかったり、そもそも汚かったりと、日本人からすると本当に残念。だから、ウォシュレットがあって、ふたが開いてお迎えしてくれる清潔な日本のトイレは本当に神様みたい!(笑)

帰国③:日本食を爆食いする

日本の恋しいものといえば、なんと言っても日本食!とりあえず帰国したら、寿司、ラーメン、餃子、などなどとりあえず食べれるものは全部食べる!

留学先に戻る頃には、いつも一回り成長しています。

帰国④:ふとした時に英語を発してしまう

「Oops!」や「Sorry!」など、突発的に使う英語は日本に帰国してもなかなか押さえられません。これで、「外国人ぶって!」って思われちゃかもしれませんが、しかたないんです〜!

帰国⑤:日本の流行がわからなくなっている

家に帰って、日本のテレビを見ていると「誰これ?」っていう人がたくさん。好きだった番組も終了していたりすることも。

私は、始めての一時帰国のときに「エレキテル連合って何?」ってなりました。

帰国⑥:帰国したらとりあえず歯医者

一時帰国したら、絶対に最初に行っとかないといけないところがあります。それは歯医者!!

留学保険の場合、歯医者は保険対象外なことが多く、海外の歯医者って無保険だと結構お金取られる事が多い!!また知人に聞いた話ですが、日本の歯科技術ってかなり高いらしいので、それを聞いてからは海外の歯医者は行かないようにしています。

帰国⑦:写真でピースをしなくなる

海外で生活していると、写真を撮るときはピースをしなくなりました。誰もしている人がいないんで、ちょっと恥ずかしいです。そうなると、日本に帰ってもピースすることをすっかり忘れてる。

帰国⑧:「日本人は〜だよね」という会話が増える

海外の感覚を味わっちゃうと、どうしても日本と比べた話をしたくなる!友達や家族にも「あっちは〜だけど、日本だと〜だよね。」と。

悪気は全くないんですが、聞いている方はめんどくさいですよね!?許してください!!

帰国⑨:キャリーバックは日本食でパンパンにする

いざ、現地に戻ろうとするときは、とりあえず、持っていける分だけ日本のものでキャリーバックをいっぱいにします!それも、日本から持っていくもののほとんどは日本食品!

海外で買うと高いですしね。日本人としは海外にいても日本食は必須です!

帰国⑩:「英語しゃべってみて!」とよく聞かれる

「留学してた〜。」というと、みんなに「何か英語しゃべってみて!」と聞かれます。・・・突然言われると、何を言えばいいのかわからなくて意外と難しい。

また、留学先が英語圏ではない場合でも、「でも、英語しゃべれるんでしょ?」と・・・。私、イタリア語しかしゃべれません!ごめんなさい!!(笑)

4.まとめ

今回は主にツィッターの留学生の方の意見と、イタリア留学を経験し、現在イギリスに住んでいる筆者の意見を混ぜてとまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

国によって、また違う留学あるあるがきっとあると思うので、是非いろんな人の意見を聞いてみたいです♪

▶留学して自分を変えたい!成功例から学ぶ3つのこと

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。