アメリカの大学、特に名門大学は留学費用が高い。そんなイメージは有りませんか?

統計上、日本の大学と比較してアメリカの大学は学費が高いのは事実です。しかし、アメリカは日本と違って、奨学金を使って進学するのは普通の事。

大学はあらかじめ定価設定を高めに設定し、成績が優れた学生や、求める人材像に合う学生さんには奨学金を支給し、大学に誘致する仕組みになっています。

そこで、今日は、奨学金を利用して、日本の大学とほぼ同じ費用で留学を実現した石川さんの留学体験談を紹介します。こういった例がたくさんある事を紹介して一人でも多くの方の参考になればと思います。

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。

Q:まず、アメリカに留学をしたいと思った動機を聞かせてください

アメリカに留学をしたいと思った動機

学生時代から「色んな国の人と国境・国籍を超えて理解しあいたい」と思っていました。でも異文化交流するためにはまず、コミュニケーションツールとして英語力が必要です。それならもういっそのこと、移民大国であるアメリカに行ってみようじゃないかって思ったのがきっかけです。とにかく、日本だけではなく、色んな国の文化や常識、価値観を知りたいと思ったんです。

加えて、日本の大学は入学は難しいが卒業するのは簡単と言われていますよね。私の勝手なイメージですが、日本の大学生は大学でそんなに勉強しないんだろうな、なんてお金が勿体ないんだろう、と高校生の時に思いました。それに比べて、アメリカの大学は勉強三昧!課題に追われる日々です。(笑)でもどうせお金を出して大学に行くんだから、とことん勉強したい。値段以上のものを得たい、と私は思ったのです。

Q:実際、留学してみてどうでしたか?

アメリカ、現地の大学

分かりやすく一言でいうと、肝が座りました。(笑)どんな困難な状況にもめげずに立ち向かえるようになったというか。サバイバル本能が開花したというか。精神的に自立し、そんな自分にとても自信を持てるようになりました。そして、忘れちゃいけないのが日本で応援してくれていた家族の存在。留学は1人ではできません。日本で生活するより何倍も親のありがたみを感じましたね。どれだけ自分が恵まれた環境にいたか気づけました。

よく留学をすると視野が広がると言いますが、本当その通りです。辛く、悔しい思いもしますが、その分得られる知識や経験も豊富です。簡単に言うと、海外の生活は無形資産の宝庫です!アメリカ大学進学は私にとって大変貴重な経験であり、日本の大学に行かなかった後悔というのは1ミリもありません。

Q:留学準備をする上で最も苦労したことは何ですか?

留学準備中に苦労した話し

やっぱり進学費用のことを一番心配しましたね。私の家族は特別裕福ってわけでもなく、私自身もそんなに高いお金は親に出させたくないって思っていたんです。海外大学進学って聞くとお金がかかるってイメージがどうしても浮かびませんか?今まで留学に行きたくても金銭的な問題から渡航を諦めた人もいるのではないでしょうか。私も予算が限られていたので、行ける大学の選択肢は少なかったですね。

Q:それをどうやって解決しましたか?

良くも悪くも、私は進学に対して絶対この州がいい!とかこの大学に入りたい!というこだわりが全くありませんでした。強いて言えば、留学生に人気のカリフォルニア州やフロリダ州は楽しそうな誘惑が多く、私の性格上絶対に勉強に集中できずに遊んでしまうと思ったから避けたかったぐらいですね。(笑)

値段重視でいろいろ調べる中で、アメリカは奨学金制度が充実していることを知り、なんとかこれを使えないかと模索しました。自分でも調べていたのですが、最終的には留学カウンセラーの方から情報を得て、奨学金プログラムに応募することで、なんと日本の私立大学に行くのと同じくらいの値段でアメリカの大学に通うことが出来たんです!

Q:大学を選んだポイントは?

大学を選んだポイント

奨学金プログラムに申し込んでから、私に3つの大学からオファーが届きました。ケンタッキー州と、アイオワ州と、ミズーリ州の大学からです。正直、どこが良いのかさっぱり分かりませんでした。(笑)大学のウェブサイトを見てみたり、画像検索してみたり。そんな中、ミズーリ州の大学に対して、直感的にここがいいかも!って思ったんです。綺麗でいかにもアメリカの大学って感じというか。大学の写真を見ながらワクワクしたのを今でも鮮明に覚えています。

しかも留学カウンセラーの方曰く、ミズーリ州は他の2つの州に比べて一番英語に訛りが無いとのこと。それに加えて、やはり大きかったのは一番高い奨学金が出ていたということですね。結果、自分の直感と運命を信じ、ミズーリ州の大学に進学を決めました!

Q:これから留学する人へのメッセ-ジをご自由にどうぞ

これから留学する人へのメッセ-ジをご自由にどうぞ

もともと異文化交流や海外に興味があった私ですが、最終的にアメリカ大学進学を決心できたのは奨学金の存在があったからでした。どうか留学という「誰にも奪うことのできない自分だけの経験」を金銭的な問題のせいで逃さないで欲しい。

「留学をする」という道は、先の見えない未知の世界に繋がっています。飛び込んでみないと見れない景色が広がっているのです。ただ、大切なのは進んだ先に自分が一体何を見ようとしているのか、ということ。留学は選択肢と可能性に溢れています。皆さんが知らないだけで、方法はいくつでもあるんです。

奨学金を利用する留学に興味がある人はこちら

留学情報館では、2005年より大学進学をサポートしています。

留学生にも奨学金を出す大学をネットワーク化し、日本人の経済的負担を軽減しながらアメリカ留学の夢を実現するお手伝いをしています。

例えば年間250万円する大学でも、奨学金が100万円でれば年間150万円で留学出来ます。その様な大学を積極的に紹介しているのです。
>> 1200万円!留学生でも返済不要の奨学金を出してくれる大学4選

限られた予算でも質の高い海外の大学で学ぶ機会を提供したい。そう言う思いで奨学金つきの大学出願サービスを提供しています。ご興味のある方がいらっしゃったらこちらのWEBからどうぞ
>> 留学情報館のWEBサイトへ

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。