近年は、プログラミングと英語を同時に学ぶプログラミング学習の人気が高まっています。

これからプログラミングを勉強する方は英語で学ぶと効率が良くなり、多くのメリットを得られます。そこで今回は、英語を使いながらプログラミングを学習する4つのメリットをご紹介しましょう。

海外でエンジニアとして仕事をしたい方もぜひ参考にしてみてください。

最大1年間英語レッスンが無料。英語を身につけたら世界で挑戦!

留学準備は「留学情報館」で!最安保証でサポートの限界に挑戦しています

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

プログラミングに英語って必要?

結論から言えば、プログラミングは英語でコードを構成するため、英語力は必須条件です。

ローマ字や簡単な英語が全く分からない状態からプログラミングを学ぶのは、遠回りになってしまいます。「英語力が必要」と言っても、プログラミングにおける英語力は中高生レベルがあれば十分です。

プログラミング学習には英語で書かれた説明を読む必要もあるので、英語で理解すると効率的です。
IT業界は日々新しく移り変わっており、プログラミングを一度勉強して覚えたからと言って、終わりではありません。

プログラミングは日々学習することが求められますので、英語のまま理解した方がスピーディーです。 

英語力があれば、英語で記載された最新情報をいち早く入手することができます。
プログラミング関連の最新情報のチェックは英語で発信され、その後に他の言語に訳されています。英語のまま理解できれば、翻訳された内容よりも、より本質を理解することができるでしょう。

また、英語が必要なのはHTMLのコード部分だけではなく、変数や関数も英語表記されています。プログラミング学習には分からないことを調べたり最新情報をチェックすることが多いです。英語で書かれた情報ソースを参照して情報収集できれば、翻訳された日本語の情報に頼る必要はありません。

プログラミングに必要な英語力ってどのくらい?

プログラミング学習にはどのくらいの英語力が必要なのでしょうか?

英語力は高校英語レベル、「書く」・「読む」・「聞く」のそれぞれの能力が求められます。

①英語を書くスキル

  • 英単語のスペルを正確に書ける
  • 自分の聞きたい質問をしっかりと書ける

②英語を読むスキル

  • 英語の文章を読み、理解できる
  • 質問への回答を英語で理解できる

③英語を聞くスキル

  • 動画で内容を理解して勉強する
  • 新しい情報収集を仕入れる

海外のIT企業に勤める場合は、IT用語の他にも日常英会話も求められます。

プログラミングを英語で学ぶメリットとは?

プログラミングは日本語で学習するよりも、英語で学んだほうがメリットが多いです。

ここからは、プログラミングを英語で学ぶ4つのメリットを見ていきましょう。

①英語が分かればスピーディーに理解できる

先程も述べたように、HTMLのコードやプログラミング言語の関数、制御構文は英単語が使用されています。
最低でも義務教育レベルの英単語を知っていれば、プログラミングが理解しやすいです。

例えば、コード、関数や制御構文、クラスがどのような処理を行うのかイメージしやすく、理解も速いです。英単語の意味が分からなければ、毎回訳す手間がかかり、スムーズな学習が難しくなります。プログラミングの専門用語が多く、はじめは覚える英単語の多さに苦労しますが、自然と慣れていきます。

②最新情報は英語ファースト

プログラミング関連の最新情報はいつもアメリカから英語で発信されることがほとんど。通常は、最新情報が発信されて一定時間が経つと日本語に翻訳されます。

しかし、そのタイムロスがライバルとの差を開く原因となるリスクがあるのです。

③プログラミング学習のサイトは英語が多い

近年は、オンライン上でプログラミングを学習できるサイトやスマホアプリも増えています。

常に最新技術が求められるプログラミングは、英語で学習するサイトが圧倒的に多いです。よく発生する例外コード、基本的な制御構文、関数の使い方、ライブラリやクラスの内容は日本語で記述された学習サイトもあります。

しかし、本格的にプログラミングをするには日本語の学習サイトのみでは不十分です。プログラミング学習中は、自力で解決できないエラーメッセージに悩まされることは多々あります。ネットで調べた検索結果も英語のコミュニティサイトに英語で書かれていることがほとんどです。

④海外のプログラマーとの情報交換できる

英語が分かれば、世界中のプログラマーが参加しているコミュニティの中で海外のプログラマーと情報交換できます。

プログラマーの仕事は国内だけでなく、世界中で非常に需要の高い仕事ですから、海外移住のチャンスもあります。

プログラミングと英語は同時進行で学習しよう

プログラミング学習を始めるにおいて、「プログラミングと英語のどちらを先に学ぶべき?」と悩む方は多いかもしれません。

結論から言えば、プログラミングと英語は同時並行で学んでいくことが効率的です。

プログラミングの中で使われる英単語を覚えておくことで、実践的な英語力も同時に身に付きます。特に外資系企業のエンジニアとして働いている人は英語でのやり取りをするので同時進行がおすすめ。プログラミング学習中にわからない英語が出てきたら、その都度調べながら繰り返し学習します。
高校レベルの英語に不安がある方は、文法と英単語を復習しておくと良いでしょう。

プログラミングの理解と英語力を同時に身につけるコツは、人に教えてもらうよりも実践的に学んでいくことです。基本的な英語力がある方は、海外の動画学習サイトを見ながら学習しましょう。テキストだけでは理解できないことも、動画の方が英語のプログラミングもマスターしやすいです。

YouTube」でも英語のプログラミング関連動画が多く見つかるので、無料で学ぶことも可能です。日本語で説明を聞きながらコーディングするよりも最初から英語入力に慣れた方が効率的といえます。

必死にプログラミングを学習しながら英語力も同時に身につけられるのは嬉しいメリット。

最新のプログラミング情報を収集するには英語版の「stackoverflow」がおすすめです。プログラミング学習中に行き詰まった質問に高度なエンジニアが的確に答えてくれるので便利です。

プログラミング学習における注意点

最近は、小学生の習い事ランキングにもプログラミングと英語がランクインするほど注目度は高いです。

全国的に英語でプログラミングを学べるスクールが増えており、需要の高さが伺えます。

英語が苦手な社会人がイチからプログラミングを学ぶには、まずは動画サイトから始めてみましょう。

「YouTube」の他、プログラミングの動画サービスやスマホアプリでも無料サービスは充実しています。

やる気が途切れないように、自分の興味のある分野、映画や音楽、スポーツなどの動画も見ながら英語に触れると、学習理解度は深まるでしょう。

プログラミングを英語で学ぶなら「IT留学」がおすすめ

以上、プログラミングを英語で学ぶメリットをご紹介しましたが、効率的に学べる手段として「IT留学」がおすすめです。

IT留学では、海外でプログラミングと英語を学ぶことができ、卒業後は国内IT企業へエンジニア職としての就職、海外IT企業へのブリッジSEとして就職などを目標としています。

英語でプログラミングを学ぶなら「Kredo」

IT留学でも人気な学校として「Kredo」という学校があります。

2020年1月に、セブ島の経済特区ITパークの最新オフィスに移転し、現在非常に人気がある学校です。

また、Kredoの大きな特長として下記4点があげられます。

  • セブ島で唯一のフィリピン政府公認ITカリキュラム
  • 英語でプログラミングを学ぶことができる
  • 少人数グループクラスで個人のレベルに最適化できる
  • Web言語に強いコース&卒業後も海外IT企業でインターンできるプログラムなどコースが充実している

「Kredo」公式サイトはこちら

まとめ

プログラミングには英語力が必要なだけでなく、英語で学んだ方がより効率的で理解力が深まります

英語の専門用語を毎回日本語に訳すよりも、そのまま英語で理解した方が理解が速いということです。

プログラミング学習は常に最新情報をフォローする必要があるため、日本語に頼るのはタイムロス。

英語でプログラミング学習をすると、世界中のエンジニアと繋がることができ、世界が広がります。

プログラミング学習は問題にぶち当たることが多く終わりのない長旅ですが、価値のあるスキルです。

将来は海外で活躍したい方、最新技術を武器にスキルアップしたい方はぜひ参考にしてみてください。

▶【完全保存版】IT留学・プログラミング留学が熱い!人気4カ国の特徴

最大1年間英語レッスンが無料。英語を身につけたら世界で挑戦!

留学準備は「留学情報館」で!最安保証でサポートの限界に挑戦しています

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)