留学する場としてアメリカの治安ってどうなの?
日本が安全なだけに治安を不安に挙げる方は少なくありません。

治安が悪いから、ニュージーランドにする。
治安が悪いから、オーストラリアに変えよう!

アメリカ推しの自分には残念ですが、
そのような声も聞こえてきそうです…。

カジノストリート

確かにテレビのニュースではアメリカの事件が良く報道されます。
本当はアメリカよりも治安の悪い国は世界中にあるのですが、日本とも近しい国だけによく耳にしてしまうのです。

実際のところどうなんでしょうか?一体アメリカは治安は悪いのでしょうか?
悪いのであればどれぐらい悪いのでしょうか?

まずは銃でなくなる人の数をみてみましょう。
日本では1年間に銃で亡くなる人が50人程度。これに対し、アメリカでは1万人以上います。
人口の差もありますが、やはり日本にいるよりは犯罪に巻き込まれるリスクは大きくなりそうです(T_T)

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

毎年良くなるアメリカの治安

しかし、最近のアメリカは大分良くなって来たように思います。

FBIの調査によると、アメリカの2013の暴力犯罪の件数は1,163,146件。
なんと1年間で4.4%も減っているのです!(^^)

また、ここ10年単位で見ると14.5%近い減少を遂げてます。

2001年のテロ以降のアメリカの治安に対しての改善は目を見張るものがあり、とりわけニューヨークやロサンゼルスなどの大都市への警備は大分強化されたように思われます。

アメリカの犯罪数は低下

実際私も10年前はマンハッタンを夜中歩くのはかなり勇気が必要でしたが、今は平気で散歩でも出来ます。
地下鉄の落書きも消え、大分住みやすくなったように思います。

世界平和度指数からみるアメリカの治安

ここでは実際、世界的にみてアメリカの治安はどうなのかを分析してみましょう。

アメリカは世界的に見ると、治安は良いのでしょうか?
オーストラリアやカナダ、イギリスなどど比較するとどうなの?

世界平和度指数というのがあります。
国内紛争や治安悪化、軍事力強化など平和維持への不安要素を基準にした指数でいかにその国が平和かを表す指数として活用されています。

以下の表を見てみましょう。

<世界平和指数>
IEPの Global Peace Index…

順位 国名称 指数
1位 アイスランド 1.19
2位 デンマーク 1.19
3位 オーストリア 1.20
4位 ニュージーランド 1.24
5位 スイス 1.26
6位 フィンランド 1.30
7位 カナダ 1.31
8位 日本 1.32
47位 イギリス 1.80
101位 アメリカ 2.14
134位 フィリピン 2.46
162位 シリア 3.65

少し古いですが、世界平和度指数によるとアメリカは162カ国中101位。
日本は8位なので、その差は否めません。

戦争の絶えないアメリカが順位が低いのは当然のことかもしれませんが、
オーストラリアやカナダなどと比較すると決して良いとは言えない数値ですね。

アメリカは魅力的な留学地

以上を見てみるとアメリカは治安については完璧とは言えませんが、
それをおしてでも世界中から留学生が集まっています。

教育面や経済面で世界1の国。
またダンスや音楽でも、日本以上に進んでいる学問が豊富にあり、学ぶという観点では世界で最も人気の国。

リスクを取ってでも、学ぶ留学生は世界的にも増加し続けているのが現状です。

また、アメリカと言っても広い!

同じカルフォルニア州でもアメリカでもっとも犯罪数の少ないアーバインという街もあれば
車で1時間走らせれば、怖くて歩くのも躊躇われるようなコンプトンという街が隣接しています。

留学する前にどの街が治安が悪くて、どの街が良いのかをしっかりと調べるのことはもちろんのこと、出来るだけ治安の悪い場所には近づかない。
対処方を知って、出来るだけ安全な留学を実現しましょう!

▼アメリカ州別、都市別の治安情報はこちら
【参考】https://www.englishpedia.jp/posts_safecity

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)