世界から見れば、私たちの住む日本はとても小さな島国で、日本を出てみるといろいろな発見がいっぱい!皆さん、テレビや本、インターネットを通して世界一周する旅人やバックパッカーに憧れたことはありませんか?

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.世界一周の魅力とは

世界一周とは地球上の国を一つ残らず回る、のではなく地球をグルリと一周して出発地に戻ってくるのが定義となっています。そのため、訪問する国の数は100か国以上なんかのイメージもありますが、実際は地球をひと回りさえすれば、5か国でも10か国でもOKということで、意外と難しくはありません。しかし、せっかくならできるだけ多くの国を訪れたいところ、世界一周の魅力や学べることなどを解説していきます。

サバイバル能力がつく

多少の犯罪は起こるものの、日本は海外に比べると、とても平和な国です。落とし物をしても戻ってくる可能性は高い方ですし、一般的に道路を歩いていて、知らない人に金を要求されることが日常的に起こることもありません。しかし、世界一周をしていると、迷子になる、危ない目にあうなどさまざまなトラブルに直面し、それを乗り越えていくことでサバイバル能力がアップすることができるでしょう。

自分に自信が持てる

トラブルを乗り越えたり、目的地まで自力で行けたりすると、だんだん自分に自信がついてきます。それは、英語によるコミュニケーションがうまくいくことにもありそうです。

視野が広くなる

日本にずっと暮らしていると、日本の常識が自分の世界の常識となってしまいます。しかし、海外に出てみると、日本の常識からは考えられないことの連続です。頭の中の固定観念みたいなものを破壊してくれるので、目の前に広がる景色だけではなく、頭の中の景色も広がるように感じられます。

コミュニケーション力がアップする

世界一周をしていると、世界中の旅人に出会うことがありますし、国ごとでも現地の人と仲良くなるケースもあります。そのため、コミュニケーション能力がアップすることが期待できます。一般的にはいろいろな人と英語を使ってコミュニケーションをとることになるでしょう。

世界一周を楽しむために、簡単なコミュニケーションを楽しめるくらいの英語はほしいところ、初心者はフィリピン留学で、英語の基礎力を高めることがおすすめです。また、国によっては、あいさつなどは最低限現地の言葉で話せた方がよいかと思いますので、国ごとに勉強しながら旅をしてみるとよいでしょう。

自由を満喫できる

日本で仕事や学校に通っていると、決まった時間に起きる必要がありますし、人間関係にも縛られます。しかし、世界一周中は、どこで何をしていようと電話でつかまるなんてこともないですし、次の目的地や住む場所、起きる時間、食べ物などすべて自分で選択できる自由があります。思いついたことがあれば、当初の目的地と変更してもよいですし、滞在期間も自由に変更することができます。

2.1か国目はフィリピンで語学留学がおすすめな理由

世界一周では、さまざまなモノを見て、体感して、いろいろな人と話せるチャンス!ところが、共通語である英語が話せないと、出会った人たちの会話についていけず愛想笑いをしてしまう、自分でなかなか発言できないなんていう事態になることもあります。

それでは、世界一周を楽しんでいる、とはなかなか自信を持って言えないかもしれません。世界一周の1か国目、フィリピンにて、世界一周を楽しむための英語を身につけましょう。フィリピン留学が英語の基礎力をつけるために、おすすめな理由を紹介します。

マンツーマンで英語の基礎を築ける

マレーシアやインドといったほかのアジアの国々でも、格安で英語留学を行っているところはありますが、マンツーマンレッスンを、1日の中で4コマ~8コマも体験できる国はなかなかありません。会話力をつけるには、とにかくで覚えたフレーズや単語を使うことが大切、マンツーマンレッスンは自分と先生のみなので、喋る機会がグループレッスンよりも多くなります。

英語で話す度胸がつく

最初の方は英語を話すことに自信が持てず、自分からは話せない、間違えるのが怖いと思っている人も1か月、2ヵ月と経過するうちに次第に話すことに慣れてきます。世界一周中は、物を購入する際に、交渉が必要になることもありますので、その際は自信を持って話せた方がよいでしょう。

いろんな人と出会えるので世界一周前の練習になる

フィリピンの語学学校では、日本以外からも韓国やベトナム、台湾などさまざまな国から留学生たちが訪れています。これから世界に行けばさらにいろいろな人に出会うことが予想されますが、文化の違い、宗教、国民性など学べます。フィリピン留学後は、世界一周がてら出会った留学生たちに会いにいくのもよいですね。

ガッツリ勉強できる

フィリピンの学校では基本的に食事は3食提供されますし、部屋の掃除やランドリーサービスまでついていますので、家事にかける時間がほとんどなく、勉強に集中できます。学校によっては、平日外出禁止や母国語禁止といったルールの厳しい学校がありますので、周りに日本人がいても、英語漬けになることも可能です。

同じ目的の仲間に出会えるかも

語学学校では、ただ英語を学びたいという生徒以外にも、卒業後にワーキングホリデーや海外の大学へ留学をするという人もたくさんいます。そのため、自分と同じく、世界一周を目指している留学生に出会う可能性もあります。相性のいい人なら、そのまま一緒に世界一周を楽しむというルートもありますし、何か国かに合流しても楽しめそうです。

3.フィリピンを含む世界一周をはじめる時の注意

フィリピンは出国時の航空券が入国時に必要

世界一周の第一歩、フィリピンへ入国と思ったら、入国審査で拒否られるなんてこともあります。原因としては、フィリピンから出国用の航空券を持っていないことが考えらます(必須)。世界一周に行く人の中には、フィリピン留学のあとにどの国に行こうか決まっていない人もいると思います。

それでも、どこかの国への出国用航空券は必ず必要となるので、韓国行きでもマレーシア行きでも、どこでもよいので安い航空券を捨てチケットとして、購入しましょう。あとで正式に行く場所が決まれば、新しいチケットを予約して、学校のプリンターで印刷させてもらえばOkです。世界一周中は、フィリピン以外の国でも持ち込めるもの、ビザ、出国用航空券の提示など条件が国によって違うので、確認してから向かいましょう。

お金や貴重品の管理

フィリピン留学中は基本的に学校の寮内は警備員もいることろも多いため、安全度は高いです。外に出かけるときは貴重品や使わないお金に関しては携帯するよりも、寮のスーツケースなどに入れて鍵をかけておいた方が安心です。

世界一周中においては、宿によってはセキュリティ面が甘かったり、従業員の中に泥棒いるなんてケースもあるので、貴重品は自分の判断で携帯すべきか、部屋に置いてくるべきか選択する必要があります。ホテルによってはセーフティーボックスがありますが、中にはセーフティーボックスを活用していたのに、盗まれたなんてケースもあります。

お金については現金(日本円と現地通過)クレジットカード、国際キャッシュカード、プリペイドカードなどをバランスよく持つ必要があります。現金は現地で両替するのが一番安いかもしれませんが、到着時間によっては、両替所が開いていないことも想定され、国によってはカードより現金が主流のところもありますのでご注意ください。

財布やスマートフォンは、ジーパンのポケットなどに入れると簡単に盗まれるので、ファスナー付のカバンに入れる、ベルトとチェーンなどでつなげて前ポケットに入れるなど工夫しましょう。

情報収集をしっかりする

例えばイスラム教の国では、露出の高い服装だと観光地に入れないことがあります。また、インドでは左手は不浄とされ、食事は右手を使うのが一般的、また国によってはレストランでチップを払うなど、国それぞれでルールがあるものについては、知らないことで恥をかいてしまうこともありますのでネットやガイドブック、旅先で出会った人の話から常に情報収集を心がけましょう。

トイレ事情は国で違う

日本はトイレに行きたいと思えば、いろんなところにコンビニありますし、それ以外でも本屋、カフェ、どうしても間に合わないときは駅や公園の公衆トイレが無料で使えます。しかし、海外では24時間営業しているコンビニのようなお店は少ないですし、トイレが有料ということも珍しくないです。

また、フィリピンをはじめとした東南アジアの国々では、トイレの中にトイレットペーパーがないというところも珍しくないので、芯を抜いたトイレットペーパーを携帯した方がよいですし、中には水を流せないトイレもあります。

体調管理、病気に注意

安さにこだわるあまりに、食事の質を落としたり、いつも複数人部屋で寝泊りしていると疲れがなかなか取れずに、体調を崩してしまうこともあります。節約をしたい人も、たまには1人部屋で快適にすごしたり、レストランでしっかりとした食事をとるなどメリハリのある生活を送るとよいです。体調不良に備えて、海外旅行保険には期間分、しっかりと加入し、日本から常備薬も持参しましょう。

また、海外では蚊から感染する病気や、犬から感染する狂犬病などはいまだに被害が出ています。値段は高くても、事前に予防注射が可能なものはできるだけ、していきましょう。

犯罪やトラブルに注意

海外では、日本では考えられないトラブルに巻き込まれることがあります。日本人=金持ちだと先進国以外の国では思われがちですので、服装や装飾品は高価なものをつけないように気をつけましょう。その他のトラブルや犯罪についても紹介します。

テロ
近年ヨーロッパを中心としてテロ事件が多発していますが、避けるのは結構難しいものです。テロは人がいっぱい集まる場所が狙われやすいので、できるだけ駅や空港、イベント会場など人が集まりやすいところでは、長い時間いないようにするなどして気をつけます。

ぼったくり
日本ではタクシーのメーターを動かさないなんてことがあれば、運転手さんの方が困ってしまいそうですが、海外ではぼったくろうとする運転手さんに出会うことも珍しくありません。タクシーに乗った際は、メーターが動いているか、しっかり確認しましょう。

タクシー以外でも、国ごとによって国民によく使われている乗り物は異なります。使い方を知らないまま乗ると、それこそカモにされてしまうことがあるので、インターネットや同じく旅をしている人、現地の人などに事前に使い方を確認してみるとよいです。

詐欺
ギャンブルに誘われて、最初はビギナーズラックで勝ち続けていたら、最後の最後に大損して多額の金銭を要求されるというものです、もちろん最初に勝っていたのも、じつはすべて仕組まれたもの、海外でのギャンブルは日本以上にお金の動きがわかりにくく、トラブルにも巻き込まれやすいので注意しましょう。また、男性の場合は、美女や美少女に誘われてついていった結果、多額のお金を要求されるというものもあります。

スリや置き引き
フィリピン留学ではスリに注意が必要です。とくに多いのがジプニーと呼ばれる乗り合いバスに乗った時に財布やスマートフォンを盗まれたというケース、身体が隣の人とも密着しやすいですし、友人たちと話していたりすると油断もしやすいです。

また、日本ではレストランやカフェなどのお店で荷物を置きっぱなしにして席を離れても問題ないかもしれませんが、海外なら席を離れていなくても気づけば荷物が消えているなんてケースもあるので、常にカバンは身体から離さないように、スマートフォンや財布はテーブルの上に置きっぱなしにしないようにしましょう。

勝手なサービスへの金銭要求
海外では優しい親切心には裏があるかもしれないことを覚えておきましょう。空港や駅にいるとなぜか親切に荷物を運んでくれたり、切符の買い方などをきいてもいないのに説明してくれたりして、その後金銭を要求してくる人に出会うことがあります。道端でも勝手にガイドをはじめたりしてくる人や、写真をとってあげるなんて人、プレゼントと言ってミサンガを結びつけてくるなんて人には注意します。

怪しい人に話しかけられた際には、無視が一番ですが、例えば日本語で話しかけられた場合は中国人や韓国人のフリをする、逆に英語で話しかければ日本語でめちゃくちゃな言葉でまくしたてるなどの方法も1つの方法です。わからないことや助けてもらいたいことがあるときは、自分で信用できる人を探して聞く方がよっぽど安全です。

寄付請求
日本のホームレスは、自分から道行く人にお金を求めるなんてことはありませんが、海外ではいろいろなところで寄付という名の金銭を要求されます。子供から請求されるとついつい可哀想になりお金をあげてしまいそうになりますが、1人に与えると「自分にも」と次々と群がってくることが考えられます。集まったお金は食べ物などではなく、意外とドラッグの購入目的として使われることもありますので、一時の「かわいそう」というだけの感情では動かない方がよいです。

強盗
夜道に1人または少人数で歩いていると、ピストルをつきつけられお金を請求されたというケースがあります。また、安全な乗り物のイメージあるバスでも南米など国によっては深夜のバスに強盗が入るというケースもあります。夜の外出は控え、行動はできるだけ夜にするようにしましょう。

食事や水に注意

フィリピンをはじめとした先進国以外の国は、食事も屋台などで気軽に安く食べられるものも多いのですが、衛生面に注意が必要です。水は水道水が飲める国か、確認してから飲むようにしましょう。わからない場合や、あまり体調がよろしくない場合は、ミネラルウォーターを買うようにします。

日本でお腹を壊したことがないという人も、世界一周中は身体は日々環境の変化によるストレスを受けていますので、一口だけでもお腹を壊してしまうこともあります。また、タイやインドなどの国によっては、スパイスがたくさん入っていることもあり、胃に刺激を与えやすいこともあります。体調が悪い場合は、日本食や中華、韓国料理店などではお粥やスープといった胃に優しい料理を提供しているところもあります。

Wifi事情

たいていのフィリピンの語学学校ではWifiが使えますが、遅いです。遅いのに堪えられない方はレンタル式のポケットWifiを持ち歩きましょう。しかし、料金がかかるので、世界一周のことを考えたら遅いことに慣れた方がよいのではないかと思います。

便利な持ち物について

日本に帰ることは世界一周が終わるまでないので、日本でしか手に入らない便利なものや他国では高価なものはできるだけ日本から持参しましょう。とはいってもあまりに持ちすぎると行動しにくいので、できるだけコンパクトに収納できるものがよいです。

バッグパックとサブバック
背負いつづけるイメージですが、バッグパックにはコロコロがついているものの方が便利です。場所によってバッグパックを転がしながらサブバッグを背負うか、バッグパックとサブバッグ両方持ち歩くのか考えましょう。

街歩き用のバッグ
サブバッグを町を散策するときに背負うのは重いですし、動きにくいので、小型の斜め掛けバッグがあれば動きやすいです。

変換プラグ
日本製の電化製品でも海外で変圧器なしで使えるものが増えましたが、国によってはコンセントの形状が異なるので全世界共通の変換プラグはあった方がよいです。


風邪薬や鎮痛剤、目薬や酔い止めなど必要な分持って行きましょう。


スニーカーとビーチサンダルの組み合わせが一番荷物になりにくく、便利かと思います。


日本からはおしゃれ着ではなく、何回も着ているようなジーンズやTシャツなど、現地でその都度足りない分は購入しましょう。水着は日本製のものを1着持参するとよいです。

電子機器
電子辞書やスマートフォン、パソコンなど必要な分を持って行きましょう。フィリピン留学では電子辞書が活躍しました。スマートフォンは便利ですが、万が一なくしたときのことを考えるといくつかの電子機器を持ち歩いた方が安全です。充電のことを考えるとバッテリーもあると安心です。

寒さ対策
暑さは脱げばなんとかなりますが、問題は寒さ対策です。ユニクロのヒートテック製品や、コンパクトジャケットなどはかさばらずに機能性も抜群です。薄手のパーカーやブランケットも冷房がきいた場所では便利です。(フィリピンも外は暑いですが、室内はクーラーガンガンなところが多いです)


ナンバー式やチェーン式、ワイヤー式のものなど、ロッカーや乗り物の中で荷物から離れるときにも便利です。

日本食
日本食が恋しくなったときに、かさばらなくて長期で持つモノとして、ふりかけやみそ汁が便利です。

爪切り
意外と海外で手に入りにくいです。飛行機に持ち込むときはスーツケースに入れるようにした方がよいです。

化粧品
女性の方は日焼け止めなど化粧品関係は日本製のものが安心です。

4.世界一周前におすすめの語学留学5選

世界一周コースのある3D ACADEMY

世界一周コースのある3D ACADEMYは、フィリピン留学留学の中で格安の学校としても人気が高いです。

オールマンツーマンのあるFirstEnglish

日系のFirstEnglishでは、マンツーマンレッスンのみ9コマまで受講できるコースがあります。

スパルタ式の学校ならCG

自然に囲まれた環境で、勉強に集中しやすいです。平日は22時まで英語漬けの日々で、徹底的に英語を詰め込みたい方におすすめです。

カランメソッドのあるQQEnglish

日本人は頭の中で日本語と英語を変換するのに、時間がかかってしまい、会話の気キャッチボールが遅くなってしまいがちです。カランメソッドは瞬発的に英語を話すということが期待できます。

ネイティブとの会話を楽しむならGenius English

マンツーマンレッスンといえばフィリピン講師が主流ですが、Genius Englishではネイティブ講師とのマンツーマンレッスンやグループレッスンも体験できます。