英語が苦手な日本人、中でも苦手の代表とされるのは、圧倒的にスピーキングだと思われがちですが、スピーキングが苦手となってしまう理由には、発音の悪さも関係していると思われます。

フィリピン留学で発音矯正を学ぶことにより、スピーキングやリスニングに自信が持てるようになります。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.フィリピン留学で発音矯正は目指せるのか

フィリピン留学の目的として、発音の矯正を目指す人も多いと思いますが、フィリピン人は英語がネイティブじゃないから発音矯正が難しいのではないかと不安に思う方もいるのではないでしょうか。

フィリピン人の発音

フィリピン人たちは母国語でもない英語を幼いころに学び、仕事に活かしている人が多いです。学校でもネイティブの先生と、普通にコミュニケーションしていますし、学校外でもネイティブの人たちと仕事をしているフィリピン人は珍しくありません。

実際にフィリピン留学をした私の感想としては、フィリピン独特の訛りがある先生がいることも確かです。しかし、大学まで英語教育をしっかり受け、ネイティブ並みに発音がきれいな先生もいます。そのような先生のマンツーマンレッスンを受ければ発音を改善することは十分可能だと思います。

英語学習にはまず発音が大事な理由

フィリピン以外の国では、そもそもマンツーマンレッスンで英語を学ぶということは少ないです。そして、アメリカやオーストラリアなど、ネイティブの国に留学していた人の中では、発音を指摘されなかったので、自分は正しく言えていると思っていたけど、フィリピン留学で発音矯正のクラスをとってはじめて自分の発音が正しくなかったということを知る留学生も多いようです。

私自身、ネイティブの国の人達は、英語が上手くなってきたなど褒めてくれる人は多くても、欠点を指摘してくれる人はあまりいなかったです。でも日本だって外国人に「日本語の発音変だね」なんて、わざわざ言うことはありませんから、なかなか発音については気づきにくいということがあります。

発音の悪さはあとで気づけば気づくほど、恥ずかしく思えてきます。発音の悪さで誤解を与えていたことや、わからないまま聞き流されたこともあったのか…と。発音が悪いということは、相手に伝わらない、相手の言っていることがわからない、と英語のリスニングやスピーキングに大きな悪影響を与えてしまいます。

辞書に書いてあるような単語の発音記号を見ると、英語は日本語以上に音が豊富なことがわかります。日本語にない音は、日本人の舌では簡単には発音が難しい音もあります。

できることならば、フィリピン留学前に発音記号についての読みかたなど、学んでいくことがおすすめです。フィリピン留学では、早いうちから発音矯正のレッスンを受けることで、リスニングとスピーキング力の向上が早くなることが期待できます。

マンツーマンレッスンのよさ

フィリピン留学では学校によってはアメリカやカナダ、オーストラリアなどネイティブ講師を雇っている学校もたくさんありますので、その先生たちのマンツーマンレッスンを受けてもよいでしょう。ただ、じつは意外とネイティブ講師よりも、フィリピン講師の英語の方が聞き取りやすいということもあるので、初心者はフィリピン講師の英語から学ぶとよいかと思います。

マンツーマンレッスンといっても、ほとんどの学校では、文法やリーディング、リスニングなど科目にわかれているところが多いです。入学当初は学校所定のカリキュラムやテスト結果別にわけられて、発音矯正のクラスがないということもあります。

科目は変更できますので、発音矯正のクラスがあれば、自分に必要のない授業を変更することも可能です。変えるならば、文法や単語、リーディングなど独学でできそうなものがよいでしょう。また、科目の変更ができないときや発音矯正クラスがないときは発音のきれいな先生に発音矯正をリクエストしてみましょう!

私もスピーキングのクラスで、発音矯正を重視してほしいとお願いすると、やってもらえました。フィリピンの先生は優しいながらも、「あなたの発音はお子ちゃまみたい」とハッキリバッサリも言ってくれるので、改めて頑張ろうと思わせてくれます。

日本で学ぶこととの違い

日本の英会話教室でも、マンツーマンレッスンを行っている学校はありますが、価格が高いので比較的安めの、グループレッスンを受けている方も多いでしょう。たしかにグループレッスンも勉強にはなりますが、日本の英会話教室では恥ずかしい、生徒数が多いなどの理由から、なかなか発言できないという方もいるのではないでしょうか。

一方で、フィリピン留学ならばグループレッスンがなしのコースはあっても、マンツーマンレッスンがないコースはない、といってもいいほどマンツーマンレッスンに力を入れていますし、価格も日本の英会話教室に比べて同じレッスン時間を比べると安いです。

オンライン英会話なら日本にいても1対1のマンツーマンレッスンも可能ですが、オンラインレッスンの場合は、目の前といってもパソコンやスマートフォンを通していることもあり、舌の位置がよく見えなかったり、聞き取りづらかったりするという状況もあります。

その点フィリピン留学では、目の前でマンツーマンレッスンを行うので、舌の位置、唇の動きなども、よく見えるので生徒としても、先生としても発音矯正を行いやすいです。

学校の外でも学ぶ機会がある

フィリピンの外では、基本的に英語よりはタガログ語というフィリピン独特の言語で話されていることが多いです。では学校外は英語の発音を聞くことができないのかといえば、そのようなことはなくお店の中で英語で話しかければ、普通に英語で対応してくれます。

また。発音を鍛えるには、リスニングも大切となってきます。モールにある映画館などでは、英語で上映されているものも多く、日本の映画館で見るよりも安く見ることができるので、休みの日に出掛けてみるのもおすすめです。字幕なしでどれだけストーリーを理解できるか試してみましょう。

2.発音矯正ならサウスピーク


フィリピンにはたくさんの語学学校がありますが、その中でも発音矯正に力を入れている有名な学校として、サウスピークがあります。

学校の特徴

サウスピークは日本人経営なので、日本人留学生たちにとって居心地がよい学校として人気です。日本人が多い学校ではありながら、学習意欲が高い生徒が多く、オリジナル校と日本語禁止校、プレミアム校があります。

料金を抑えたい方は6人部屋を選ぶことで1か月13万円の金額からでも留学が可能です。日本人経営の学校では3食の食事がないところや別料金となっている学校も珍しくないですが、サウスピークの場合は、祝日以外は土日も3食提供してもらえるも魅力の1つです。

発音矯正クラス

質の高い講師の採用
サウスピークでは発音矯正専属講師として、フィリピンの大学で英語学を学んだ講師を採用しています。英語学を専攻していた講師ならば、発音記号などもしっかりと把握していますので、発音を矯正したい方にはピッタリです。

リスニング付き音源で学べる
フィリピン留学の発音矯正は、マンツーマンレッスンで話しながら、先生から発音を矯正してもらうというものが多く、リスニング付きの音源を、教材として使われることは少ないです。

しかし、もともと発音に癖がある先生から学んでしまうと、生徒の発音にも癖がついてします。その可能性も考慮してサウスピークの発音矯正クラスでは、リスニング付きの音源を教材として取り入れており、正しいネイティブ発音を学びながら会話をしていくことができますのでフィリピン訛りに抵抗がある方でも安心です。

3.カランメソッドのQQEinglish

QQイングリッシュでは快適な留学生活をご提供するためにセブ島語学学校ではトップレベルの留学環境をご用意しています。フィリピンのセブ島市内にはITパークという経済開発区があり、高層ビルが立ち並ぶこのエリアはセブ島随一の安全な場所として知られています。ここにQQイングリッシュこだわりのITパーク校があります。安心・安全・便利な留学生活をITパーク校で送ってみてはいかがでしょうか。

ホテルを思わせるようなキャンパスは誰にでも安心・快適で、今までのセブ島留学とは違う本物の南国留学。美しい海と自然に囲まれたシーフロント校では、短期からでもセブ島を十分に味わえる留学生活を実現。都会的なITパーク校とは対照的に毎日ゆったりリゾート気分で英語を身に付けられます。

セブに2校あるQQEinglishは授業の質がいい、日系にしてはコスパが良いと人気の学校です。この学校では、カランメソッドを通した授業で、発音矯正が期待できます。

学校の特徴

QQEinglishは経済特区と言われているITパーク校と、海が近くにあるシーフロント校があります。リゾート気分で勉強したいならシーフロント校、日本と同じような環境を求めるなら治安のいいITパーク校がおすすめです。

食事は1か月5000円のオプションとなりますので、必要な方はコースを選ぶ際に一緒に申し込みしましょう。日系なので、日本人留学生が多いこともあり、日本食が提供される日も多く、おいしいと評判です。

カランメソッドクラス

日本人は英語を話す際に、耳できいた英語→日本語に変換→日本語の答えを作る→英語に変換をする、という過程を頭の中でしてしまう人が多いので、どうしても英語の理解や会話に時間がかかってしまいがちになります。そのような日本人の苦手を頭の中から克服する方法として、QQEinglishで有名な授業の1つに「カランメソッド」があります。

カランメソッドとは
カランメソッドとは、イギリスで誕生した軍隊式英会話と呼ばれ、質問にすばやく回答するわざを身につけることで、英語→英語の英語脳を作ることを促し、日本語の会話のような、テンポがよい英会話が期待できます。

日本人は頭でわかっていても話すことについて消極的になりがちなので、テンポよい会話を導いてくれるカランメソッドは、日本人の英語に対する苦手意識を克服してくれるのに役立ちます。また、普通のフリートークのマンツーマンレッスンに比べると、カランメソッドは新しい単語や構文を覚えることも可能なので英語の文法や単語力をアップさせてくれる効果もあります。

授業内容
授業内容としては先生が話した英文を、そっくりそのまま変えずに繰り返し話していったり、先生の高速な質問にすばやく答えたりします。そのほかは、前回の授業の復習や先生の英文を書きとる、英文を読むといった方法で、普通のマンツーマンレッスンに比べて、とても集中力が必要になります。

そのため1コマ=50分だけでも相当疲れますが、頑張った分そのあとの授業などでは、カランメソッドで頭が刺激されたせいか理解が早くなりやすいです。カランメソッドでは、英文や単語を言い間違えて指摘されるだけでなく、発音もおかしいと指摘してもらえるので、文法、スピーキングとともに発音矯正も期待できます。

注意点
カランメソッドを受けたい方は、1日6時間以上のコースを受講する必要がありますので、コース選びの際には注意しましょう。(1日6時間未満のコースもあるため)

カランメソッドは初心者でも始められますが、早すぎて聞き取れないことが、プレッシャーに感じてしまい、逆に自信をなくしてしまうおそれがあるので、まったくの初心者にはちょっと厳しいかもしれません。最初は発音を重点した授業をしてもらい、少し英語に慣れてきたらカランメソッドを取り入れるとよいでしょう。

オンラインレッスン

フィリピン留学に行く時間がない、フィリピンにいきなり行くのは不安という方は、QQEinglishのオンラインレッスンでも日本やほかの国にいながら、現地と同じくカランメソッドや、発音のクラスを受講することもできます。

発音クラス
日本の中学校や小学校の英語教育では、発音を1から学ぶということがないので、日本人独特の癖がずっとついてしまいます。オンラインの発音クラスでは、テキストにある文章や単語を発音記号をもとに、1つ1つの音をくり返し話すというやり方になります。

テキストはあらかじめレッスン前にダウンロードできます。カランメソッドについては専用テキストとなり、こちらは有料です。直すべき発音を講師が1つ1つ丁寧に直してくれますが、会話はとくにないので、先生との会話を楽しみたいという生徒には、少しもの足りないかもしれません。ときどきフリートークの授業も混ぜることで楽しみながら発音も会話も上達できそうです。

4.プロナンシエーションクラスがあるIDEA CEBU

これまでIDEA CEBU、LIFE CEBUを長年運営してきたノウハウを元に、最高レベルの学び舎を完成させるべく誕生した「Academia」では、通常のESLに加え、Speaking+Listeningに集中したConversation ESL、さらにはビジネス、IELTS、教員向け英語プログラムなど、様々なニーズに対応しており、そのプログラムはIntensive~Non Intensiveまで、個別の希望に叶う内容となります。

滞在先は規則の厳しいドミトリー(Study Dorm)、アパートメントホテル(Hotel Dorm)、シェアハウス(Student House)など、欧米諸国の留学に準じた選択可能になってます。

こちらも先に紹介した2校と同じく日本人経営の学校で、発音矯正のクラスがあります。

学校の特徴

2017年1月に場所を移転したばかりのきれいな学校です。モールの向いにあり、近隣にはカフェやコンビニ、マッサージ店があり、立地がよいのが特徴です。授業の特徴としては、TOEICや発音といったもののほかに、ダンスやヨガと英語を一緒にしたユニークなクラスがあります。

日系の学校では厳しい学校は少ないですが、IDEACEBUは朝の単語テストに合格しないと、当日外出禁止というセミスパルタな環境ですから本気で英語を勉強したい、1人ではついついサボりがちになってしまうという方にもおすすめです。

PRONUNCIATION(プロナンシエーション)クラス

PRONUNCIATION(プロナンシエーション)は発音矯正を意味し、マンツーマンレッスンや、グループレッスンで選択することが可能です。先生のあとに続けて、発音をくり返したり、早口言葉を使ったりして、発音の矯正を図っていきます。

Callan Method(カランメソッド)クラス

IDEACEBU では、QQEinglishと同じく、カランメソッドの授業を受けることができます。IDEACEBUの場合では、マンツーマンレッスンではなく、グループレッスンではありますが、少人数制なので、すぐに自分の順番が回ってくるかんじでドキドキします。

先生は1人1人の生徒に同じ質問をしていき、周りから同じセンテンスの答えが何回も聞こえてくるので、リスニング強化にもなりますし、頭に残りやすいです。順番が2番目や3番目なら前の人の答えがすぐに思い出しやすいですが、自分が最初だと緊張感マックスになり、頭が真っ白になりかねそうですが、集中力も同じくマックスにできそうです。