フィリピン留学、安いと言われているけど具体的にはいくらで実現可能なのか、知りたい方もいるのではないでしょうか。わかりやすく3か月留学した場合の費用の概算をシュミレーションしてみましたので参考にしてみてくださいね。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

3ヶ月のフィリピン留学にかかるトータルの費用とは?

結論:598,263円

3か月間フィリピン留学に行った場合の費用をシュミレーションしてみると、なんと60万円くらいでもできちゃいます。ただし、人によってはさらに節約できる方もいれば、さらにお金がかかる方もいますので、あくまで参考としてご覧ください。

エージェント費用:無料

語学学校に自分で直接申し込む方が、エージェントを使うよりも手数料がかからないと思っている方もいるかもしれませんが、手数料無料のエージェントは意外と多いです。同じ費用を納めるならエージェントを通した方が、万が一のトラブルも安心です。
手数料無料:カウンセリング申込

語学学校費用:421,313円 

フィリピンの語学学校で一番格安の部屋やコースでシュミレーションすると37万円~45万円前後といったところです。下記がその実例(9校)となります。

航空券:38,280円

旅行サイト「トラベルコ」を参考に最安値の料金でシュミレーションしてみました。

保険:36,300円

「価格.com」を参考に最安値の料金でシュミレーションしてみました。

現地費用:102,370円 

ACR I-CARD:7,700円
外国人登録証のことです。60日以上の滞在で必要になります。

SSP:14,300円
特別就学許可証といい、語学学校に通う場合には誰もが作ることになります。

ビザ:18,810円
SSPや ACR I-CARDとは別に31日以上の滞在で、観光ビザの延長手続きが必要になってきます。(30日までは手続き不要)手続き自体は語学学校が代行してやってくれます。

学生ID発行費用:440円
顔写真付きの身分証です。Baysideでは200ペソでした。

テキスト代:1,000円~
授業で必要になるテキストです。学校内で購入する形になるので、テキスト代は学校、選択する授業、先生などによって異なります。だいたい1000円以上はかかるかと思われます。

空港送迎費:2200円~3500円
空港から学校までは、送迎があった方が安心です。

水道、電気代:7,920円
学校や部屋によって異なります。3~4人部屋で週300ペソで計算。

その他生活費5万円
手軽に参加できるアクティビティや近場への旅行、友人たちとの飲み会や外食費などのお小遣い、各種日用品などでだいたい5万前後あれば安心かと思います。できるだけ旅行やアクティビティに参加したい方は、10万円ほどは必要かもしれません。

3ヶ月のフィリピン留学にかかる費用の詳細+節約のコツ

さきほど紹介した費用の詳細と節約のコツについて、より詳しく解説していきます。ただし、安さ以上に大切なのは信頼できるエージェントや語学学校かどうかの見極めが大切ということも忘れないでくださいね。

学費(学校またはエージェントに支払う費用)

学校やエージェントに支払う学費ですが、フィリピン留学のよいところは、ほとんどの学校で寮の住居費が含まれていることです。ほかの国の留学では、住居費は別にかかるところが多いので、住居費込みなのにフィリピン留学の方が安いというところは魅力的です。

節約のコツは
1つのエージェントだけではなく、さまざまなエージェントで見積もりをとることです。同じ学校、同じ部屋条件でも手数料や学校との関係で、差が生じていることがあります。

部屋は1人部屋が一番高く、人数が多い部屋の方が安くなります。節約と同時に友達づくりのきっかけにもなりますので、2人部屋以上での申し込みがおすすめです。途中で生活に慣れてきてから、勉強に集中したくなれば空き室があれば、追加料金の支払いで部屋を変更することも可能です。

また、日当たりがよい部屋や、ホテル式の寮ではランクが上がると値段も上がります。また、コースについても8~10コマといったハードなコースよりも、4~6コマなどゆったりしたコースの方が学費も安いです。

社会人の方は勉強の環境に慣れるには時間もかかりそうなので、こちらも慣れてから追加料金で必要な授業を増やしてみてもいいのではないでしょうか。

渡航費(航空券代金)

フィリピンには入国時に帰国する日のチケットを提示する必要があるので、必ず往復航空券で購入しましょう。チケットの値段は時期などによっても変動しますが、だいたい行き先がセブでも、マニラでも38,000円~65,000円ほどで購入可能です。

節約のポイント
数十社の航空会社で行き先、出発日と帰国日を入力すると一覧で比較してくれるサイトが存在しますので使ってみましょう。予約は早ければ早いほど得になることが多いので、日程が決まり次第探してみるとよいです。

ただし安い航空券の場合、到着が深夜になっていることもありますので、空港まで深夜でも送迎してもらえるか確認しましょう。できれば寮の人たちの眠りを妨げないためにも、活動時間帯に到着することが望ましいです。また、少しでも節約したい方は直行便ではなく、経由便を買うという方法もあります。

海外旅行保険

海外旅行保険は3か月でだいたい36,000円~48,000円ほどが相場です。海外旅行保険の比較サイトもありますので、保険料だけでなく、条件や保険金額や比べてみましょう

クレジットカードにうれしい機能があるかも?
クレジットカードをお持ちの方は、海外旅行保険が付帯しているものもありますので、確認してみましょう。だいたい最長保険期間が3か月間のものも多いので、そちらで十分な保障がついているならば、保険代が丸丸節約できるかもしれません。

ケガのみの保障になっていたり、留学費用をカード払いにしていないと支払いされなかったりといったこともあるので、渡航前に内容までしっかりと確認する必要があります。

生活費(食費、その他娯楽費など)

毎日学校にいるだけが留学ではありません。外出してフィリピンを楽しむことも、異文化の勉強になります。しかし、こっちだってできれば節約したいものです。そのため、娯楽費などは1万円くらいの方もいれば、10万円以上かかったという方もいるでしょう。だいたい5万円あれば時々外食や手頃なアクティビティならば、何回か楽しめます。

食費
寮にいれば、ほとんどの学校で3食すますことができますので、外食を控えることがまず節約になります。ただし学校の食事が合わなかったり飽きてきたりすることもあります。

ローカルフードやファストフードならば、外食しても500円以内に納めることは可能です。しかし、レストランなどになると、日本と同じく1,000円以上になることもあります。

とくに日本食が恋しくなったときに行く日本食レストランは、高いところでは数千円の値段がすることもあります。1回くらいならと思うかもしれませんが、何回もつづけば食費だけでもあっという間に数万単位になってしまいます。

筆者自身、学校の水や食事が合わなくて、いろいろ現地で買ったり、外食をくり返したりするうちに、旅行は全然していないのに、生活費だけで12万~15万くらいはいっていました。(シミュレーションと語学学校への費用自体はかわらなかったのに、トータル70万円くらい。)

そのため、日本食が恋しいときのために、日本から軽いインスタントやレトルトをもっと持参すれば節約できたかなぁと思います。

その他娯楽費など
学校によってはアクティビティを定期的に開催しています。無料のものもありますが、やはりお金が少しかかるものも多いです。また、留学生同士で旅行を計画することもあるかもしれません。

各イベントによってかかる料金は異なります。事前に自分の財布と相談しながら、娯楽費にいくら使えるか考えておくとよいでしょう。せっかくなので勉強だけではなく、さまざまなフィリピンの景色を見て思い出を作りましょう。

そのほかマッサージ店やカジノやバーなども豊富にありますが、くれぐれも留学の目的は勉強で、遊びにお金を散在しすぎないように気をつけましょう。

3ヶ月のフィリピン留学はするべき?費用対効果を考える

アメリカやカナダ、オーストラリアといった先進国だと、3か月でも100万円近く、もしくはそれ以上の費用がかかると予想されます。しかもそういった国でマンツーマンの授業や少人数のグループレッスンを受けられる機会はもっと少ないと思われます。

英語がもともとできる人ならば、はじめからそのような環境でも問題ないかと思いますが、英語初心者がいくと授業についていけなくなり、夢見た留学が姿を変えてしまうこともあります。

そう考えるとマンツーマン授業が豊富で、グループレッスンでも少人数のことが多いフィリピン留学は英語初心者や、ほかの国への留学を夢みる人にもピッタリな環境で十分費用対効果があるといえます。

筆者自身はフィリピン留学の費用と期間、自分の英語力の向上や、勉強への意識、自身の成長などを帰国後にこそ感じることができました。また、元フィリピン留学生の体験談などをインターネットで見ているとすべてがポジティブな意見ばかりではありませんが、短期間でも自分の中でなにかが変わった、行って良かったという意見がよくみられます。

正直なところ、留学の価値を判断するのはあなた、そしてあなたの行動次第です。まずは、費用と照らし合わせて自分が、どのような留学を実現したいのかというところからはじめてみませんか。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)