フィリピン留学は英語初心者にぴったり!といわれていますが、成果を感じることができるのは、どれくらいの期間からなのでしょうか。

英語を話せるまで、全くの初心者は1か月?3か月?それとも半年以上は必要?フィリピン留学を考えているけれど、期間の設定に困っている方のために、目安の期間をまとめてみました。

1.英会話としては初心者は3か月~半年のフィリピン留学が良い

フィリピン留学では、1週間などの短期から期間としては可能となっていますが、英語が1週間で飛躍的にアップする人はほとんどいないのが現実、一生懸命勉強しても、英語を話せるようになるまでは、それなりに時間をかける必要があります。目的別にだいたいの目安をまとめてみました。

※日本人は英語レベルを聞かれると、「初心者です」と答える人が多いですが、実際には頭の単語や文法が中学レベルか、高校レベルか、大学レベルかによって、また、現地での努力次第でフィリピン留学の成長度合いは変わっていくことが予想されますので、掲載する期間はあくまで参考までにしてください。

お試しなら1~2週間もあり

冒頭で、短期留学はあまりおすすめしないと書きましたが、成果よりも、今後の勉強に対するモチベーションを高めたい方や日本を離れてバカンスを満喫したい方、一度でいいから留学の経験をしてみたいという方は、1週間や2週間の短期留学を選択するのもありだと思います。

一般的なコースでは、グループレッスンとマンツーマンレッスンが混合していますが、学校によっては短期留学の生徒用に全てがマンツーマンレッスンというところもあります。期間中、ずっと勉強し続けることもできますが、短期だからこそ勉強はのんびりとして、半分の時間はフィリピンの町へ繰り出したり、国内旅行に出掛けるなどして、異文化や旅行を楽しむのも良いでしょう。

2週間の休みがある方は、1週間は学校で勉強、その後卒業して残りの1週間は自分でコースを組んで旅行という方法も、勉強と休暇のメリハリがあってよいかもしれません。1週間では学びきれないことも多いですが、マンツーマンレッスンとはどのようなものか、自分の英語はどれくらい通じるのかなど試す、知るという場としてはよいかと思います。

実際に短期留学から体験して、毎年のように時間を作ってフィリピンに来るビジネスマンもいますし、フィリピンが気に入り仕事を辞めて本格的なフィリピン留学を始める方もいます。また、帰国後は再びフィリピンまでくる時間が取れない方でも、日本の英会話学校やオンラインレッスンなどに参加し、さらに英語への意欲が増したという方もいます。

オンラインレッスンならQQEnglishがおすすめ

QQEnglishフィリピンのセブに2校ある日系の語学学校で、軍隊式のカランメソッドという他ではあまり取り入れていない授業を受けることができます。カランメソッドは瞬時に英語を話すことが必要とされますので、頭の中で英語を日本語に変換、日本語を英語に変換する暇を与えずに、英語脳を育成することが期待できます。カランメソッドはオンラインレッスンでも、体験することができ、QQEnglishでは留学前や留学後にオンラインレッスンを受ける生徒も多数います。

海外旅行や英語を趣味としている方は1~2ヵ月

英語を仕事にしたいとか、別の国への留学を考えているわけではないけど、英語が好きでもっと話せるようになりたい、海外旅行でもっと英語が使えたらといいなと考えている人もいるでしょう。そのような方は1~2カ月の留学がちょうどいいかと思います。

海外旅行では、お店の中や、ホテル、観光地などだいたいシチュエーション別に使うフレーズなども決まってくるので、それを頭に覚えて自然に出てくるようになるまでは、1~2ヵ月あればと思います。

明確な目的はないももの、英語がもっと話せるようになりたいという方は、人それぞれで、英語が話せる自分の理想像が異なると思いますが、こちらも1~2か月を目安に見れば、英語を話す環境に多少慣れてきて、簡単な会話ならば可能になってくるかと思います。

1~2ヵ月のフィリピン留学では、日本でいままで自分が学んでいた英語をアウトプットして試すには最適の場です。マンツーマンレッスンや英語を日常的に話す環境によって、自分の弱点なども見えてきたり、必要な勉強法などもわかってきますので、帰国後も継続して英語に取り組むモチベーションアップが期待できます。ただ、1~2カ月はあっという間で、フィリピンの環境になかなか慣れないと、あまりいい思い出もないまま帰国することにもなるかもしれません。

2か国留学などでは3か月~4ヵ月がおすすめ

フィリピンの語学学校を卒業後にワーキングホリデーや別の国への留学、世界一周に出かけるなんて目的がある人、意外とフィリピン留学ではたくさんいますので同じ目的で出会う方も多いと思います(特にオーストラリアやカナダのワーホリが多い印象です)。その場合の留学期間の目安は3か月~4ヵ月といったところです。3か月あれば、先生や外国の留学生たちと英語も通じ合えることも楽しくなってきますし、勉強のやり方も自分なりに工夫も可能、お金に余裕があれば旅行で思い出作りまで楽しめます。

おそらくワーキングホリデーや大学に進学する国でも語学学校はあるのですが、フィリピンほど安い値段でマンツーマンレッスンを濃厚に受けられる国はほとんどありませんし、グループレッスンも少人数なので、授業で話す回数は増えるのでシャイな方でも発言をせざるを得ない環境になります。

語学学校といってもほかの国ではフィリピンよりも高い費用が予想されますし、時間も限られています。フィリピンで基礎力を磨いて、次の国でも語学学校に行くなら1か月などの短期間に設定して、英語の勉強よりも友達作り重視で行くとよいかと思います。

フィリピン留学では、とりあえず日本で2~3か月で申し込みをしておいて、自分の成長度合いや必要に応じて1,2か月後で延長手続きを取ればよいのかなぁと思います。

仕事で英語が必要ならば5か月以上は欲しい

ビジネス英語では、商談や面接、同僚とのやり取りなどで、海外の企業とのコミュニケーションの取り方などを学んでいきます。学校によっては、プレゼンテーションやスピーチなどを積極的に採用しているところもありますが、プレゼンテーションなどは準備も結構大変なので、英語初心者にはなかなか厳しい環境ではないかと思います。

全くの初心者がビジネス英語に取り組む場合は、最初はスタンダードな一般英語コースを受講してから、ビジネス英語コースへの切り替えがおすすめです。後で説明しますが、期間が長いならば、学校を2校渡り歩くのも良いでしょう。

2.フィリピン留学でTOEICで700点~800点目指したいなら半年

日本で英語レベルを図るのに人気のTOEIC、今も試験に向けて日本でコツコツ勉強している方もいるかもしれません。就職や転職を目指すなら、点数としては700点以上は欲しいところです。英語の知識が全くのゼロあるいは中学生レベルの初心者で、TOEICで高得点(700~800点)の高得点を目指したいならば、期間としては半年以上は欲しいところです。

できれば、「点数保証付き」といって、目標点数まで、授業料を免除で在籍できる制度がある学校がよいでしょう。人によっては、目標としていた期間以上に時間がかかる場合もあります。

TOEIC点数保証校

AELC センター1

ネイティブ講師から指導を受けることができる学校で、日本人生徒が少ないのが特徴です。TOEICテストの認定校になっています。

CIA

セミスパルタ式の学校で、さまざまなコースがあり、入学時だけではなく定期的なテストがありますので、サボりにくい環境です。

SMEAG キャピタルキャンパス

セブに3校ありますが、TOEICに関しては、キャピタルキャンパスが公式テスト会場にもなっているためおすすめです。

海外では意外とTOEICは重要視されていない?

じつはTOEICのテストは日本や韓国以外の国々では、留学や就職であまり重視されていません。どちらかといえば、TOEFLやIELTSの点数の方が重要視されていることもあり、たまたまかもしれませんが、フィリピン留学中にIELTSコースの方には何人か会ったことはあったのですが、TOEICコースの方には会ったことがありませんでした。

また、日本でもTOEICの高得点=就職で有利というわけでもないので(日本はあまり専門職ではない限り資格を重視しないので)、自分は何のためにTOEICでその点数を目指しているのか、そのあたりを考えてから申し込みをした方がいいかと思います。そうしないと期間もお金も無駄だったと後悔することになりかねません。

しかし、将来的に大学センター試験の英語がTOEICに変わる可能性があるので、本格的に決定すれば、高校生が夏休みにフィリピン留学でTOEICコースを受講する人も増えるかもしれません。

3.フィリピン留学なら、1つの学校につき3か月がベスト

フィリピン留学をする人の中では、3ヵ月以内の人がほとんどを占め、半年や10カ月、1年という長期の人は少数派です。確かに期間が長ければ長いほど、英語は成長しそうな気がしますが、逆に気持ちがだらけてきてしまうということもありますので、TOEICやTOEFLの点数を目標にしている場合を除けば、1つの学校に3ヵ月という期間がベストではないかと思います。実際に4ヵ月近く留学していた著者も、3ヵ月を目安に疲れた、早く卒業したいと思うようになってきました。

最初はにぎやかで楽しいイメージがあるが…

フィリピン留学って最初は同じ日に入学してきたバッチメイトたちやルームメイトなどから交友関係を広げていくんですけど、留学期間が長いと次第に、周りが皆卒業していってしまい、寂しさも感じやすくなります。

留学生以外に学校外に週末に遊べる友達がいる、スタッフや先生とも仲良しなどの場合ならば楽しい、もっといたいと感じるかもしれませんので、人それぞれではあると思いますが、フィリピンに限らず留学中に孤独感を強く感じるのは、精神的にはあまりよい方向にはすすみません。

英語の成長が著しく感じる!?

英語学習については、2ヵ月や3か月目で楽しくなってきた時期を過ぎると、今度は成長を感じなくなる時期が訪れやすいです。英語は話せているけど、なんとなくわかるけど、そのレベルがずっと一定な気がするんです。

おそらく原因としては、本人の意欲のせいなのかはわからないですが、新しい英語を頭に定着できていないことにあるのではないかと思います。よって4か月を超える留学ならば、学校により多少授業や教え方も異なりますので、学校を替えることで、新しく頭にも入りやすくなるのではないかと期待できます。できれば、最初の学校とは異なる校風を選ぶ、コースを替えるなどの方が、より脳にはよい刺激になるのではないかと思われます。

ワーキングホリデー目的で半年留学なら

カナダやオーストラリアへのワーキングホリデーや2か国留学で、フィリピンへ半年間の留学を考えている方は、はじめは初心者向けの日系の学校で3か月勉強して、自習の癖をつけたり、基礎的な英語力を養い英語を話すことに抵抗をなくしたりします。

それらを学んで3ヵ月後にEOP(母国語禁止)やスパルタ式の学校に行くことで、メリハリのある生活の中で英語をより学習することが期待できます。EOP(母国語禁止)やスパルタ式の学校は英語漬けになれるのは良いのですが、英語初心者の場合は逆に辛すぎて挫折感を味わうこともありますので、少し英語に慣れている方のほうがよいのではないかと思います。

スパルタ式のおすすめ校

ビジネス英語で半年留学

初心者だけど英語を仕事に活かしたい人、仕事に使える技術を学びたい人は、はじめの3か月は1つの学校で初心者コース、(レベルが上がればビジネスコースに変更)で学び、残りの3か月は学校を替えて、IT技術を英語で学べるKredのような学校で、仕事に役立つスキルを実践して学ぶというのもおすすめです。

ビジネス英語おすすめ校