フィリピンの語学学校では、学校内で母国語禁止を掲げるEOP( English Only Policy)ルールを徹底している学校もあります。

24時間ずっと母国語禁止なので、自分を追い込んで英語の上達を目指す方におすすめです。しかし、このEOPにはメリットだけでなくデメリットもあり、とくに英語初心者の方には注意してもらいたいと思います。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.フィリピン留学では母国語禁止!?

フィリピンの語学学校のサイトをみていると、時々「EOP制度」という言葉をみかけることがあります。これはEnglish Only Policyと言い、母国語を禁止して学校内では、授業以外も英語でコミュニケーションしようといったものです。これは、当然のことながら外国人との会話だけではなく、日本人同士でも英語で話すということになります。

日本人同士で英語を話すことに最初はちょっと恥ずかしさや抵抗を感じることもありますが、慣れれば平気になってきますし、自信もついてきます。学校によっては、EOPルールといいながらも、日常的に母国語が飛び交っているゆるい学校もあれば、徹底させるため、違反すると罰金や退学にもなりかねない厳しい学校もあります。母国語禁止にすることで、果たして英語力はアップするのか!?メリット、デメリットとともに私なりの体験も交えて説明していきます。

2.フィリピン留学における母国語禁止のメリット

日本語を封印できる

母国語禁止ルールの最大のメリットは、やはり耳も口も日本語を封印できることでしょう。日本にいながらでは、日常的にできることではないので、留学ならではのメリットとも言えます。これにより頭の中では、はじめは言いたいことを日本語から英語に変換、聞いたことを英語から日本語に変換していたことが、少しずつ英語を英語で理解できる英語脳に変わることが期待できます。

英語が伸びやすい

自信のなかった英語が伝わった瞬間や、英語を使った会話のキャッチボールができるようになることで、英語で伝えあう喜びや自分の英語に自信がつくようになります。すると座学で学習したことも、どんどんアウトプットして使いたくなり、インプット&アウトプットのバランスが日常的にできるので、頭にも英語が定着しやすくなり、短期間でも英語のレベルアップが見込めます。

3.母国語禁止のデメリット

ストレスがたまる

授業以外でも伝えたくても英語の表現が思い浮かばない、相手に英語の簡単な言葉で伝えられても、深くまでは理解してもらえないと思うと日々ストレスがたまりやすくなります。また、相手の言っていることも理解が上手くできないと、それもストレスになることが想定されます。

そこで、今伝えられなかったこと、わからなかったことを次までに調べてきて再チャレンジするぞ!と意気込める人や、もどかしくてさらに勉強を頑張れる人、正確まではいかなくても、さまざまな別の表現に変換できる人ならば、ストレスも向上心や適応能力に変えることができるかもしれません。しかし、ただただEOPによってストレスがたまるという人は、逆にモチベーションが低下したり、体調を崩したりするおそれもあります。

逆に何も話せなくなるかも

日本人は失敗や恥をかくことをおそれる人が多く、EOPを意識するあまり頭の中で話すことを考えても、口から英語に変換するさいに自信が持てず、無口になってしまう人もいます。

実際に私自身、日本語では話せても、絶対英語のEOP!となると無口になってしまったという経験があるので、EOPは自分の性格や英語のレベルも考えて挑戦した方がよいかと思います。英語が初心者レベルでも、一生懸命に英語で話そうとする人ならば、EOPはスピーキングやリスニング能力があがるメリットとなるでしょう。

4.フィリピン留学で母国語禁止ルールを生かすには

EOPは英語初心者には話せない、伝わらない、わからないということでストレスがたまりやすく、メリットよりもデメリット面の方が強くなりやすい傾向があります。そのため、初心者レベルの人がはじめから厳しいEOPルールがある学校に行くことはあまりおすすめしません。はじめからEOPが徹底した学校に行くなら、すでに英語を話すことにあまり抵抗がない中級者以上ならば、効果もみこめるかと思います。

英語初心者は

初心者の場合は、自信がついてきたらEOPの校舎に変更できる学校や、EOPにチェレンジできる学校がよいでしょう。また、EOPがない学校でも、自分の意識次第によって自分ルールで普段のコミュニケーションを英語に変えることだってできます。

ただし、この場合は、日本人の英語初心者同士ではEOPを意識することとともに同じレベルでは上達も厳しいので、EOPに厳しいと評判の学校よりも、多国籍な学校を選び、積極的に外国の留学生と交流することがおすすめです。

韓国や台湾の生徒は、日本人と同じ英語初心者でも、教育環境やモチベーションの違いから、日本人より英語を話すことが上手い生徒も多いです。もしも、学校が日本人ばかりの環境ならば、先生に空き時間も積極的に話しかけたり、学校外に友達を作ってみたりすることもよいでしょう。

英語の上達を目指すなら、自分よりも少し英語が上手い人と会話するのがおすすめです。理由としては、自分より下手な人や、自分と同じくらいの人では、お互い無言になってしまったり、同じ単語ばかり使ってしまったりしてレベルアップがしにくいことが想定されるためです。

逆に自分よりもうますぎる人では、上達は見込めると思いますが、自分がついていけないこともあるかもしれませんし、相手がストレスを感じてしまうおそれもあります。

5.母国語禁止やEOPにチャレンジできる学校5選

母国語禁止のルールを徹底している学校やEOPにチャレンジできる学校を5選紹介していきます。

CG

日本人比率も低く、スパルタ系のCGは、母国語禁止ルールも徹底しています。毎日の単語テストや、ライティングを伸ばすためのエッセイのクラスもあり、会話力を上達させたい方にはおすすめの学校です。周りは自然豊かで、1人部屋も多いので静かな環境で勉強にも集中しやすいです。

C21

フィリピンの首都マニラにある学校で、フィリピンの中でも最高峰とされるフィリピン大学の付近に位置しているアカデミックな学校です。アットホームな雰囲気ながらも、母国語禁止ルールも厳しくなっています。ルールを違反すると1回につき100ペソ~と罰金が発生し、回数を重ねるごとに金額が増えていきます。

SMEAG Sparta

セブにクラシック・キャピタル、スパルタの3つの学校を持つSMEAG。母国語禁止ルールの徹底ならば、罰金も発生するスパルタ校がおすすめです。スパルタ式なので母国語禁止だけではなく、授業数も多めで、平日は外出禁止でまさに英語漬けの環境です。キャピタル校やクラシック校でも、EOPを生徒たちにすすめてはいますがスパルタよりは罰金もなくゆるめです。

CIP(Clark Institute of the Philippines)

クラークにあるアットホームな学校で、ネイティブ講師が多いのが特徴です。全体的なEOPルールはありませんが、希望者はEOP Challengerといった母国語禁止ルールプログラムに参加し、一定期間自主的にEOPに取り組むことができますので、英語初心者の方でも自信がついてから挑戦できるので安心です。

CIA

EOP Policeと呼ばれる監視役の先生が、日々校内をチェックし、生徒たちが母国語を話していないか確認しています。だいたい監視する時間や場所は決まっているようで、監視場所はテラスや教室がある廊下が中心、朝から夕方6時半くらいまでの時間が基本となっているようです。校内に貯金箱がいくつか設置されており、違反者は貯金箱に5ペソを入れることになり、集まったお金はボランティア団体に寄付されています。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)