フィリピンでの留学生活に携帯は必要なのでしょうか。

現地で契約した携帯を持っていない場合、友人とのやりとりはWi-Fiの環境下のみでしかできません。学校にいる日中であれば不便はしませんが、放課後遊びに出る時や、休日の旅行など、外出時にはどうしても不便になります。

電話だけでなく、スマートフォンがあれば外出時にインターネットにも接続できます。フィリピンの街の情報や飲食店もその場で調べることができ、非常に便利です。

日本で契約している携帯をそのまま使うこともできますが、発信で75円/分。着信で155円/分と、高額な料金がかかります。

通話料金を気にしながら不便な思いをするよりも、現地で携帯を契約してしまった方が確実に得で便利なのです。

※個人差がありますが、1ヶ月以内の短期留学の場合は不要です。

「留学には興味があるけど…こんな状況だし…」
いま決める必要はありません。
でも、いま準備すると4つもメリットがあるんです!

海外で生活するってどんな感じ…?
「留学準備」3つのコツと進め方
留学のプロに相談!

色んなサービスやコンテンツがたくさん!

フィリピンに到着してからSIMフリーの携帯電話を購入&契約する方法

フィリピンに到着してからSIMフリーの携帯電話を購入&契約する方法

フィリピンについてから、実際にどうやって携帯電話を購入し、契約していくのか順を追って紹介します。

端末の購入→SIMカードの購入→ロードカードの購入という手順になります。

ステップ①:まずはスマートフォンを購入しよう

携帯を契約するにあたって、携帯端末から先に用意するようにしましょう。なぜなら、購入した携帯によってSIMカードのサイズが異なり、先にSIMカードを買ってしまうと使えない可能性があるからです。

スマートフォンはショッピングセンターで購入できます。フィリピンで売っているスマートフォンは、すべてSIMフリーになっています。2,000円ほどの値段なので購入しておきましょう。

また、一台SIMフリーのスマートフォンを持っていれば、フィリピン以外でも海外旅行に行った際にそのまま使うことができるからです。一台持っていて損はありません。

ステップ②:SIMカードを購入しよう

SIMフリー端末が手に入ったら、次はSIMカードです。

SIMカードとは、携帯の中に入れるチップの様なもので、携帯が通信をするために必ず必要になります。

SIMカードも端末と同じくショッピングセンターで手に入ります。フィリピンで主流な通信会社はSMARTとGlobeです。どちらのSIMカードも100円程度で購入できます。

SIMカードを手に入れたら、カードからチップを取り外し、スマートフォンの中に入れましょう。

ステップ③:ロードカードを購入しよう

次はロードカードというものが必要です。ロードカードとは、購入したSIMカードにお金を入金するプリペイドカードの様なものです。日本の携帯だと契約が必要となりますが、フィリピンはロードカードでお金を入金していくのが主流なので、面倒な手続きは不要です。この記事でも「契約」という表現をしていましたが、実は契約することはありません。

ロードカードはSIMカードを購入する時に同じお店で購入できます。値段は100ペソ・300ペソ・500ペソの3種類です。為替にもよりますが、1ペソは約2円の計算なので、最高でも1000円のチャージとなります。長期滞在の場合は500ペソのカードを買ってしまいましょう。この時に、SIMカードの会社とロードカードの会社が違うものにならないように注意しましょう。

ロードカードの裏の銀色の部分を削ると、PINコードが出てきます。スマートフォンにSIMカードを挿した状態で、「1510+ロードカードのPINコード」を入力し発信します。うまくいくと、通信会社(ここではSMARTかGlobe)からSMSが届き、SIMカードに購入分のお金がチャージされます。

注意点:SIMフリースマートフォンを既に持っている場合

日本のスマートフォンも、2015年6月以降に発売されたものや、iPhone6s以降のシリーズは日本でSIMフリーにすることができます。もしくは、以前海外で買ったSIMフリーの携帯を持っている人はSIMカードとロードカードのみを用意しましょう。

この場合、ショッピングセンターではなく空港で用意することができます。マニラの空港にもセブの空港にも、SMARTやGlobeの特設ブースの様なお店があります。空港で購入できればフィリピンについてすぐに携帯が使える様になり便利です。さらに空港での手続きの場合、ロードカードのチャージの手続きなどもスタッフがやってくれるケースが多いのでおすすめです。

フィリピン留学中の携帯料金の目安

フィリピン留学中の携帯料金の目安

気になる利用料金の目安は以下の通りです。

  • 国内通話:16円/1分
  • SMS:約2円/1通
  • ネット接続:約12円/5分

500ペソのチャージをしていれば、電話だけでも約1時間。SMSなら500通。ネット接続は約7時間できる計算になります。これだけ使えれば十分ですね。

ここまでかかった費用はSIMフリー端末:2000円、SIMカード:100円、ロードカード:1000円、の計3100円です。この値段で不便なく電話とネットが使える様になるので、フィリピンで携帯は買った方が得です。

「携帯の購入」と聞くと、どうしても日本の携帯の契約のイメージが先行し面倒で大変なものだと思いがちです。

しかし、フィリピンでの手続きは驚くほど簡単。少しの手間であなたの留学生活が便利になりますので、是非試してみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pedia公式ラインではあなたにぴったりの情報をお届けしています。
ぜひお友だち登録をして、準備に役立ててくださいね!

友達登録をする