フィリピン留学を経験して思えたことは、良くも悪くも学べたことがたくさんあったということです。

学んだ内容は英語の勉強に関することから、留学生活に関することまで、多岐にわたります。これからフィリピン留学を考えている方のために、著者が学んだことを10個にまとめて紹介していきます!

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.フィリピン人の英語は意外と綺麗である

フィリピン留学では、ネイティブ講師がいる学校もいますが、基本的にはフィリピン人講師から指導を受けることになります。そのため、留学生の中には、フィリピン人講師は発音が悪いのではないか?自分の発音も悪くなるのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。

たしかにフィリピン人は母国語が英語ではないので、中には独特の訛りを持っている人がいるのも事実です。しかし、フィリピン人は英語をビジネスとして使い、ネイティブと渡り合っている人が多いのもまた事実です。たとえば私たちが中学生や高校生のころ、ALTの先生と英語の先生があまり通じ合っている気がしないと感じたことはありませんでしたか?フィリピンの語学学校では、ネイティブ講師とフィリピン講師がお互いにコミュニケーションを取れていますので、ちゃんと伝わっているのだなと感じました。

それにネイティブといってもアメリカにはアメリカの、イギリスにはイギリスの発音があるので、ネイティブ発音というのは、一概に判断できないかなと思います。ある意味で、フィリピン人の発音の方が聴きとりやすいという留学生も多いので、初心者にはまずフィリピン人講師の発音が聞き取れるところから始めた方がいいでしょう。

個人的には、しっかりした大学を出たフィリピン人講師や学校ごとに研修をしっかりしているところもあるので、発音が綺麗な先生が結構いるイメージです。気になる方は各学校のウェブサイトで、授業模様の動画を掲載しているところがあるので、確認してみるとよいでしょう。学校によっては、日本でオンラインレッスンを開講しているところもあり、オンラインレッスンで気にいったからとフィリピン留学をはじめる生徒さんもいますよ。

2.語学学校にはいろんな人がいる

英語を学ぶという大きな目標は1つでも、語学学校にはいろんな人が集まるので、その人たちの動機や今後、何をするのかなどの話を聞くのはなかなか楽しいですし、勉強になります。

フィリピンの語学学校には、日本人以外には、韓国、台湾、ベトナム、タイ、中東、ヨーロッパなど多くの国々の生徒と出会えるチャンスがあります。年齢は10代後半~30代の学生が多い印象ですが、60代以上のシニア層や、10歳未満のお子様と語学留学をしているママさんなどもいます。職業も現役の会社員から、仕事を辞めてきた人、学校を休学してきた人、起業家などミックスしています。

語学学校を卒業したあとも、日本で就職活動する人から、他の国へワーキングホリデーや留学に向かう方から世界一周に向かう方までさまざまです。一期一会かもしれないので、いろいろな人と英語を使って交流してみましょう。中には、生涯の親友やパートナーを見つける人もいますよ。なかなか知らない他の国の文化や社会について学べるチャンスがあります。

その反面、自分たちは知っているようで日本のことを案外知らないということもあります。フィリピン留学の前に日本の社会や歴史についても日本で少し勉強してみるといいです。日本のことを紹介するのは、ほかの留学生や先生とのコミュニケーションだけではなく、グループレッスンやプレゼンテーションなどでも役立ちます。

あなたの希望に合う学校は無料でご提案できます。お気軽にお問い合わせください。
無料:カウンセリング申込

3.治安はあまりよくない

フィリピンの治安は残念ながら、日本に比べてよいとは言えません。実際に私が留学していた時も、スマートフォンやお金をバスやモールでスラれたという人も何人かいましたし、私自身、友人とトライシクルという乗り物に乗った時に値段交渉でもめたこともありました。

中には、夜、道を歩いていたら、ピストルを突きつけられたというケースや、女性の方は強姦にあったという被害もありますので、深夜の少人数での外出はしない方がよいです。日本人は見た目だけでお金を持っているように見えるみたいなので、あまり高価そうな装飾品や時計、服は身に着けない方がよいです。服などは、何回も着ていて、新しくないものや、現地で買ったものがよいでしょう。

鞄や貴重品について

カバンはリュックでは、いつの間にか開けられて中身を抜き出されるということもあります。前に斜め掛けできるタイプでお腹や腰など、目や手がすぐに届くところに荷物を入れるタイプのものの方が安全です。また、ファスナーがついているものを選ぶようにしましょう。

街中に出ると、撮影したいものもいっぱいあって、ついついスマートフォンをすぐに取り出せるポケットに入れてしまいがちですが、周りからもすぐに取り出せる状況は危険ですので、鞄の中に入れるようにしましょう。お金については、必要な分だけ持ち歩き、残りは寮に置いておきましょう。できるだけ万が一に備えて分散していることが大切です。

著者は海外に行くときは、ジーパンなどのベルト部分にチェーンで財布を取り付けるタイプのものを使っていました。これならポケットに財布を入れながらも、盗まれにくく、また、すぐに取り出せるのでおすすめです。総合していえることは、日本とは違う場所なんだ、常に油断してはいけないという意識を持つことです。

4.留学すればなんとかなるってもんじゃない

英語の環境に留学すれば、日本語を話さないから意思の弱い自分でも自然に英語が飛び出すようになるはず!と留学に憧れる方もいるかもしれません。しかし、頭に英語がそもそもインプットされていないのに、英語がわかる、スラスラ出てくるということは、ほぼありません。もし、そのような方がいれば、英語を今まで忘れていただけで学生時代に基礎をしっかり頭に叩き込んでいたのだと思います。

自分の経験や周りの留学生たちを見ていて、フィリピン留学で後悔していること、ナンバー1だと思うこと、それは「日本でもっと勉強すべきだった!」という嘆きです。フィリピン留学はマンツーマンレッスンが売りではありますが、中学生レベルの単語も身についていないようでは、まず先生が何を言っているかわからず、また、聞き取れたとしても単語の意味がわからなくて苦労します。先生はもちろん、わかるくらいまでレベルを落としてくれるものの、インプットさえしっかりできていれば、マンツーマンレッスンはもっと効果を発揮できるものになると思います。

5.環境にはあまり期待しないこと

住まいについて

東南アジアのフィリピンはリゾート地で、綺麗な海に囲まれながら、日本にいるような清潔なホテルに滞在というイメージを持つかもしれません。たしかに、セブのリゾート地やホテルを寮として使っている学校はそのような環境も可能かもしれません。しかし、その代わり、格安のフィリピン留学にしては高い費用を支払うことを覚悟する必要がありますので、バカンスと勉強、費用のバランスを考える必要があります。

だいたいの学校では寮制となっており、学校の敷地内にありますので、空き時間に行き来がすぐにできる楽さがあります。また、施設内にはジムやスポーツコート、プール、売店、食堂などを持っている学校が多いです。各学校によって思ったより、綺麗という口コミもあれば、汚かったという口コミがあることがあり、全体的にはあまり期待しない方がよいです。部屋によってはアリや蚊、ゴキブリといった虫が発生することもありますが、現地で対策用品が売られています。可燃式ではない虫よけスプレーや虫刺されの薬は、日本から持っていった方がよいでしょう。

食事について

フィリピン留学では学校内で、平日、土日も3食食事がついている学校も珍しくなく、韓国系でも以前よりも日本人でも食べやすいと感じる学校が増えてきています。できるだけ食事のストレスを感じたくない方は、日系の学校がおすすめです。食事は学校にもよりますが、フィリピン料理や韓国料理、日本料理、中華といったものがローテーションで出る形になります。

韓国資本や韓国人留学生が多い学校だと、少し辛いと感じる料理も多いかもしれません。飽きてしまうこともありますので、カップ麺やみそ汁など軽い日本食を持参するとよいでしょう。体調不良時こそ食べられるものが少なくて困るので、粉のイオン飲料やレトルトのおかゆなどもよいかと思います。

外では、屋台のものは長時間、日光にさらされていたものもあり衛生的にはおすすめしません。しかし、日本にもあるようなファストフードやレストランなどならば、まだ安心して食べられるでしょう。(レストランでも魚介類や生ものには注意)フィリピンには日本料理店や中華料理店、ベトナム料理の店など、日本と同じくフィリピン料理以外の国の料理も楽しむことが出来ます。

6.授業時間は長ければよいというものではない

スパルタ式の学校では、夜まで授業漬けという学校も珍しくありません。また、スパルタ式ではなくても、マンツーマンレッスンを好む日本人向けに学校によっては、マンツーマンレッスンが1日8時間~10時間のスペシャルコースを実施している学校もあります。

マンツーマンレッスンが多ければ多いほど、英語が伸びるはず!と思う人も多いでしょう。しかし、著者としては授業数が多いのは、1週間などの短期間留学ならばよいかもしれませんが、1か月以上ならばあまりおすすめしません。英語を頑張るぞと思っても、日本で、そもそも1日中英語環境だった人はほとんどいないでしょう。それが突然、1日中英語ばかりの環境に入ると、はじめから楽しんで学習できる人ならばよいかもしれませんが、環境の違いによるストレスも加わり体調を崩してしまうこともあります。

時間外も宿題や予習などにも追われますし、複数人部屋ならば、1人になれる環境もなかなかありませんので、リラックスはしにくいです。授業数を増やすことは、現地に着いてからでも、追加料金を支払って可能なので、はじめは1日4~6コマくらいの授業数にしておいて、環境や勉強の仕方に慣れてきたら、授業数を増やす方がストレスになりにくいでしょう。

コースによっては、朝や夜に無料の自由参加型のオプション授業を受講することもできますので、そういった授業にも参加していれば、案外コマ数は少なくてもちょうどよいかもしれません。授業自体についてはマンツーマンレッスンのスピーキングやライティング、発音の授業は役に立ったと思いました。しかし、マンツーマンレッスンのリスニングや文法、リーディングは自分でもできるので、別の授業に変えてもよかったかなと思います。

7.留学期間は3か月くらいがいい

留学期間をどれくらいにしようかよいか迷う人も多いかと思いますが、英語初心者ならば、おすすめは3か月くらいがよいかと思います。1か月だと、環境に慣れることだけで終わってしまったり、2ヵ月だともうちょっといたかった!と思うような方も多いのです。

それなら長ければ長いほど良いってことだから4カ月以上や半年以上の方がよいのでは?と思う方もいるかもしれません。それについては、3ヵ月を越えた辺りから、マンネリ化を感じたり、疲れを感じたりしてくる人が自分を含めて結構いる様子だったのであまりすすめません。半年の人については、留学期間を後悔していた人もいました。

疲れがたまりやすくなる原因としては、英語や環境だけではなく、人間関係もあるかなと思います。語学留学では、1週間から1か月、3か月と皆期間はバラバラです。はじめはコミュニケーションに積極的でも、時間が経過するにつれて、仲のよかった子達がどんどん卒業していきます。

もちろんまた新しい留学生たちが入ってくるのですが、バッチメイトなどでグループがもうできていたりもして、新しい友達はルームメイト以外で作りにくくなってきますし、作っても自分より早く卒業してしまうことを考えると、その繰り返しに疲れてしまうのです。そのため、留学期間の長い方は、先生や学校外でフィリピン人の友達を作った方が精神的にも楽ですし、楽しめると思います。

もしも、3ヵ月以上の留学を考えている方は、気分転換も兼ねて途中で別の学校に転校する、コースを変更するなどして、英語への意欲をなくさないようにすることが大切です。期間が決まらないという方は、はじめに決めた学校に2、3ヵ月で申し込みをして、気にいればあとで、追加で費用を支払って1か月や2カ月延長手続きをとってもよいでしょう。

8.自習が大事!

フィリピン留学中、予習や宿題でいっぱいいっぱいになってしまうこともありますが、一番大事なのは復習をすることだと思いました。人間の脳は覚えた瞬間から忘却がすでに開始しているみたいなので、少しでも脳に忘れない、思い出す、覚える指示を出すためには、これ大事だよー!と復習することが大切です。

ただ、予習や宿題、また、基礎力がない人はそっちの自習を優先することになり、復習の時間が後回しになった結果、取れなくなってしまうことがあります。予習・宿題・復習は当然ながら授業数が多いほど多くなりますので、そういう意味でも、授業数は、そういった時間外の学習を考えたコマ数にすることをおすすめします。

ちなみに宿題についてはライティングで日記を書いて先生に添削してもらうという宿題が個人的によいかと思いました。言いたいことを正しい文章で学ぶというのは、ライティングだけではなくスピーキングでも役立ちますし、文法や語彙力も同時に伸ばすことができます。とはいっても、毎日勉強ばかりしていたら、日記に書くようなことはあまりなく、短文で終わった日もありましたので、もっとニュースをみて、思ったことを書くなど工夫すればよかったなと今になっては思います。

9.英語への抵抗がなくなってくる

個人差があると思いますが、英語環境にいると上手い、下手はともかく英語に次第に抵抗がなくなってきます。恥ずかしさを感じることや間違いを気にしたりして、笑ってごまかしてしまうこともありましたが、もう、ダメでもいいやと開き直ることで英語を話すことを怖れなくなってきます。

その結果、英語が通じればやっぱり嬉しい、相手の話がわかれば楽しいということで、次第に英語への抵抗がなくなってきますし、モチベーションもアップします。日本にいたままでは、なかなかこのような気持ちになれないので、これはやはりフィリピンの英語の環境にいるからこそ学べることかなと思います。

10.目標を持った方がいい

英語をもっと話せるようになりたい、わかるようになりたい!ということを目標にする人も多いかもしれませんが、こういった目標は、抽象的で達成感がわかりづらく、成長できているのか不安にも感じやすいです。

目標は持った方が勉強にプラスにはなりますが、できるだけ「TOEICで200点以上アップを目指す」、「原稿を見ずに3分間英語でスピーチができるようになる」など目標が明確なほど、成長しているということはわかりやすいです。

最後になりますが各留学生によって、フィリピン留学で学ぶことはさまざまなので、この記事はあくまで参考程度にして、あなたならではの「学び」をフィリピン留学で発見してもらえればいいなと思います。

▶フィリピン留学でかかる期間別にかかる生活費は?【節約のコツ8選】

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pediaでは「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供した留学のご相談を受け付けております。家族や友だちと一緒でもOK! まずは↓からご予約下さい、お待ちしております!

» 無料でプロに相談する