フィリピンは物価も安いので、保険に入るよりも自費の方がお得なのでは?と思う方や、私は日本でもいままで体調崩したことないし、保険なんてかける方がもったいない!という方もいるかもしれません。しかし、保険はそもそも万が一を想定して加入するもの、日本だって国民健康保険に基本的に全員加入しているから医療費の負担が少なくかんじるだけで、すべて自費で払えば結構な金額になります。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.フィリピン留学で海外旅行保険には必ず入るべし

私自身、身体が弱い方ではないのですが、フィリピン留学中は病院まではかからずにすんだものの、水が合わないことやストレスなどで体調を崩したことがありました。加えて、日本でも熱中症になんてかかったことがなかったのに、はじめて熱中症にかかる体験もしました。また、それは私だけではなく、周りの留学生も思わぬケガや病気で病院に行く方を何人かみました。病院にまで行かなくても体調不良にかかったという人は留学前に想像していたより、多かったです。

そのため、私は大丈夫と思っている方でも、保険には加入しておいた方がよいです。保険は、現地でなにかあってからでは遅いのです。また、海外旅行保険は身体だけではなく、パソコンやデジカメなどの携行品の保障もつけることができます。フィリピンは日本に比べて治安もよいとはいえないですし。私は大丈夫でしたが、ほかの留学生や先生から盗難にあったという話もきいたので、そうゆう事態に備える意味でも保険は私たちを助けてくれます。

2.フィリピン留学用にどのような保険を選ぶべき?

保険を扱っている会社は多く、1つの会社でもプランが多数あります。また、中には自分で保障金額を設定できるオーダーメイド型のものもあります。しかし、すべての保障を金額いっぱいつけると高くなりますし、逆にまったくつけないと保険の意味がないような気がします。

保険を選ぶ際には、海外留学保険と海外旅行保険がありますが、短期なら海外旅行保険で十分、海外留学保険は、住まいの保障もついている分高めに設定されています。フィリピン留学では学校と寮が一緒になっており、デポジットも支払っています。また不安な場合は、賠償責任の特約を海外旅行保険にもつけることができます。

重視すべきは治療費用

留学中に一番怖いのは、病院にかかったときの費用だと思います。海外旅行保険では、病気やケガの治療費として、だいたい500万~3000万の保障額がありますが、フィリピンは物価も安いのでその点は、1000万ほどついていればまずOKかと思います。

入院したとしても、個室で1日8000円ほどなので、日本で入院したときよりも少し安いほどです。しかし、手術の可能性なども考慮すると、治療に最低500万はあった方が安心です。死亡保障については、独身ならば最低限つけるかつけなくもよいなら「なし」でもOK、結婚していて家族がいる方は日本で加入している保険と合算して必要かどうか考えてみましょう。

携行品保障

フィリピンでは、日本製のスマートフォンやカメラは狙われやすいです。日本では盗難は犯人が大人のイメージですが、フィリピンでは子供に盗まれる可能性もあります。とくにバスや人混みなどは要注意しましょう。携行品補償は自分の持っている品物の金額に合わせてつけることをおすすめします。

万が一盗難にあった際には、警察に届けて盗難証明書をもらう必要がありますが、スマートフォンやクレジットカードを紛失した場合は、すぐに専用ダイヤルに連絡して停止手続きを依頼しましょう。そうしないと、使われた代金が自分にかえってくる可能性があります。そのほかの救援者保障や手荷物遅延、航空機遅延については、不安な方はつけ、あまり気にしない方はなしでもよいかと思います。

キャッシュレスが使えるところがいい

キャッシュレス対応の保険ならば、その場でお金を用意しなくても保険会社が支払ってくれますので、請求の手間が省けますし、現地で大金を用意しなくてもよいので安心です。学校から留学生にすすめる病院は、日本人ヘルプデスクが対応している病院が多いので、症状がうまく英語で伝えられなくても、代わりに通訳してもらえるので心配ありません。

3.フィリピン留学でおすすめの保険会社5選

おすすめの保険会社を5つ、1か月で試算したシュミレーション保険料や特徴なども合わせて紹介していきます。

①:保険Times

【31日:6610円内訳】

保険料 14,350円
傷害死亡 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円
治療・救援費用 1,000万円
緊急歯科治療費用 あり
疾病死亡 1,000万円
携行品損害 30万円
航空機寄託手荷物遅延 10万円
賠償責任 1億円
弁護士費用 100万円
テロ等対応費用 10万円

LINEで渡航前のプラン選びから渡航後サポートまで実施していただけ、
保険会社への問い合わせは国際電話料金がかかる場合もある中無料問い合わせはありがたいというお声が多数ございます。
ビザ申請、学校からの補償内容の指定などに合わせて、保険Times独自の保険プランも保有しており、利用者満足度が高いです。

②:AIG損害保険株式会社

 【31日:14,380円内訳】

治療・救援費用 2000万円
傷害死亡 1,000万円
傷害後遺障害 30万~1,000万円
疾病死亡 500万円
賠償責任 1億円
携行品損害 20万円
航空機寄託手荷物遅延 10万円
航空機遅延 2万円

 
海外旅行保険を扱う会社の中でも老舗中の老舗です。プランはシンプル、ブロンズ、シルバー、ゴールドの中から選ぶことができます。(上記はシンプルプランの場合)少し保険料は高い気もしますが、安心や信頼が高い会社です。

③:損保ジャパン日本興亜

 【31日:10,810円内訳】

治療費用 1,000万円
傷害死亡 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円
疾病死亡 1,000万円
救援者費用 1,000万円
賠償責任 1億円
携行品損害 30万円
航空機寄託手荷物遅延 10万円
航空機遅延 なし

上記はPAタイプと呼ばれる保険料を抑えたい方向けのプランですが、オーダーメイドでの保険も対応しています。ちなみに、オーダーメイドで、死亡保障などを外すとだいたい9000円前後といったところでした。保障期間は92日まで対応していますので、2~3か月の留学生が多いフィリピン留学に向いています。

④:三井住友海上

 【31日:11,690円内訳】

治療・救援費用 2000万円
傷害死亡 なし
傷害後遺障害 なし
疾病死亡 2000万円
賠償責任 なし
携行品損害 なし
航空機寄託手荷物遅延 なし
弁護士費用 100万円

保障を最小限にしたい方、クレジットカードですでに保障をもっている方用に上記のようなシンプルなプランが自分でオーダーメイドしなくてもすでにあるので楽です。オプションでペットをホテルなどに預けて旅行される方には、帰国日が延期になってとき用に「ペット預入延長費用」のオプションを追加することも可能です。

⑤:ジェイアイ傷害火災保険

 【31日:13,720円内訳】

治療費用 1,000万円
傷害死亡 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円
疾病死亡 1,000万円
救援者費用 1,000万円
緊急歯科治療 10万円
賠償責任 1億円
携行品損害 30万円
航空機寄託、手荷物遅延 1万円
弁護士費用 100万円
テロ対応 日額1万円

現代に対応したテロ対応などほかの保険会社ではあまりみないタイプの保障がついています。歯科治療は、保険適用対象外が基本なので、こちらも保障がついているのは珍しいです。ちなみにオーダーメイドプランで携行品、疾病治療、賠償責任、歯科治療のみにすると11000円ほどでした。1年の長期まで対応しているので、3か月以上の留学を考えている方におすすめです。

4.クレジットカードに保険がついているものもある!

留学に1枚はもっていきたいクレジットカード、じつはすでにあなたの持っているクレジットカードには、ショッピング機能やキャッシング機能だけではなく、海外旅行補償もついている可能性があります。海外旅行保険付きのクレジットカードの特徴とおすすめのクレジットカードを紹介していきます。

自動付帯と利用付帯がある

クレジットカードについている海外旅行保険は、持っているだけで補償される自動付帯タイプと、クレジットカードで渡航費などを支払った場合に補償される利用付帯があります。自動付帯のものについては、年会費がかかるカードに多いですが、条件次第で翌年以降に無料にできるものもあります。利用付帯付については、現地で使えそうか渡航前に条件を確認しましょう。

保障内容や期間

クレジットカードの保険期間は長くて90日までのものが多いので、3か月以上の留学の場合には、一般の海外旅行保険に加入した方がよいです。ただし、中には1か月や2か月しか対応していないカードもありますので、よく確認しましょう。

保障内容については、カードのメインは買い物を軸とした、保険はあくまでオプションサービスなので、あまり高い保障がついていることを期待しない方がよいです。疾病には対応していないケースもありますので出国前に調べておく必要があります。金額が低い場合は、複数枚のカードを持つことで保障を上乗せすることも可能です。カードを新たに作成してもよいかもしれませんし、一般のオーダーメイド保険にカバーしてもらうという方法もあります。

おすすめのクレジットカード5選

①:JCB EIT

年会費が無料のカードで、自動付帯の海外旅行保険がついています。家族会員も保障を受けることができるのがうれしく、カードデザインも豊富、死亡については最高2000万の保障、携行品は20万分ついています。ただし支払いがすべてリボ払いとなるので注意しましょう。また、国内ブランドのJCBなので、海外では使えないケースもありますので、メインやサブカードとしてではなく、あくまで保険だけの目的として持っていくことをおすすめします。

②:エポスカード

海外でほとんど使えるVISAブランド、年会費無料で自動付帯です。疾病治療が270万、携行品が20万ついており、日本語ヘルプデスクも24時間対応しているので安心です。また、カードの盗難にあった際には、61日前までさかのぼって、不正使用の申し立てができます。

③:KCカード

自動付帯で海外と国内の旅行補償がついています。疾病治療、傷害補償ともに200万円ずつついています。海外アシスタンスサービスもやっておりますので、海外での急なトラブルも安心です。初年度は年会費が無料で、翌年以降は2100円の年会費がかかりますが、条件を満たせば翌年以降も無料利用できます。

④:横浜インビテーションカード

ジャックスが提供する年会費無料カード、盗難保険や海外、国内保険がついています。疾病、ケガともに200万まで補償、発症から48時間以内に治療を受けた場合などの細かい条件もあるのでよく確認しましょう。

⑤:三井住友VISAカード

三井住友VISAクラシックカードは、旅費を支払うことで使える利用付帯制です。疾病やケガは50万づつ、死亡は2000万まで補償しています。ゴールドやエグゼクティブカードの方は、疾病やケガが100万~300万とさらに高い保障がついています。