いざフィリピンへ留学しよう!と思っても、海外留学にはいろいろとお金がかかりますよね。

当記事では、留学に必要な費用項目とそれらが無料になる方法をご紹介いたします。これからフィリピンへの留学をお考えの方はぜひ読んでみてください!

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.フィリピン留学にかかる費用って?

1.フィリピン留学にかかる費用って?

留学をするには、「お金」という大きな壁が立ちはだかります。日本の学校に普通に通うのとは違い、留学には学費以外にも様々なお金が必要になってきます。

留学をする前にきちんと計画を立てておかなければ、予想外の出費に後悔したり、期間を短くしたり、最悪の場合はフィリピンへの留学を諦めなければならない事態に発展してしまうこともありえます!

そんなことにならないためにも、事前にしっかりとお金の計画を立てて、楽しく満足度の高い理想的なフィリピン留学を実現させましょう。

では実際にフィリピンへ留学する場合に、どのような費用が必要になってくるのかを検証してみましょう。

①.渡航に必要なお金

まずは日本からフィリピンに辿り着かなければなりません。そのために必要なのが航空券です。フィリピンに入国するためには必ず往復の航空券が必要となりますので、忘れずに帰りの飛行機のチケットも購入するようにしてください。

もし、二カ国留学をする場合は、フィリピンから次の国への航空券を購入しておけば問題ありません。もし、フィリピンでの留学期間を定めていないのであれば、捨てチケットを用意しなければなりません。

大事なのはフィリピン出国の航空券を持っているかどうかです。それがなければ、入国を拒否されてしまいます。

フィリピンの現地空港から学校や寮などの滞在先までは無料送迎をおこなっている語学学校がほとんどですが、中には空港までの送り迎えが有料のところもありますので、事前にきちんと調べておきましょう。

次にパスポートやビザの発行が必要となります。パスポートを持っていない人はもちろん新規でつくらなければなりませんが、もうすでにパスポートをお持ちの方も有効期限を確認する必要があります。フィリピンに入国するために必要な有効期限はあなたのフィリピン出国日までです。有効期限が足りていない場合は、パスポートを更新する必要があります。

さらにフィリピンで語学を勉強するためには、フィリピン政府が発行しているSSP(Special Study Permit=特別修学許可証)が必要です。こちらも基本的には語学学校が代行申請をしてくれます。申請に必要な費用、代行費用を含めて6,500ペソが相場となっています。

②.現地での生活費

使う費用はちょっとずつでも、毎日かかると頭を悩ませるのが現地での生活費です。こちらはどのような生活スタイルを望むかでまったく金額が変わってくるので、自分の希望する留学生活と照らし合わせながら考えて行きましょう。

食費は基本的には学費に含まれている学校が多いですが、平日のみの用意やランチの提供はなしなど、学校によって条件が違います。また、毎日3食学食が用意されている場合でも、友人たちと外食をする可能性もあります。その際は1食500円程度をひとつの目安としてお考えください。

次に必要なのが交際費・遊興費、つまり遊びに使うお金です。いくらフィリピンへ語学留学に来たとは言え、毎日学校の敷地内から一歩も出ないなんてことはないと思います。週末にクラスメイトと遊びに出掛けるのが息抜きになり、逆に勉強に集中しやすくなることもあります。金額は滞在地域の物価や遊びに行く頻度にもよります。

そして意外と高くなってしまうのが交通費です。繁華街へ遊びに行くのにバスやタクシーを利用しなければならない場所に学校がある場合はとくに高くなりがちです。1回1回は高額ではありませんが、回数が多くなればなるほど金額も膨れ上がり、こんなはずではなかった!となる留学生もいます。

③.授業料

学校にかかるお金は高額になりがちですが、事前に調べられるものばかりなので、契約書やパンフレットにしっかりと目を通して準備をしておきましょう。

まず、授業料と一言で言っても、そこに含まれているものが学校によって違うことがよくあります。こちらが確認すべき費用項目です。

  • 授業料
  • 入学金
  • テキスト代
  • 施設利用費

2.「無料」でフィリピン留学ができる?!

2.「無料」でフィリピン留学ができる?!

留学費用と言ってもその中には実に様々な費用項目があることがお分かりいただけたかと思います。すべての項目をざっと計算してみただけで頭が痛くなる…なんて思った方にぴったりの情報があります。それはなんと「無料」でフィリピンへ留学できるというものです。

▶詳しくはこちらへ

①.「アーグスイングリッシュアカデミー」とは

無料のフィリピンへの留学、「0円留学」を実施しているのは、フィリピン政府公式認定語学学校の「アーグスイングリッシュアカデミー(AHGS English Academy)」です。学校の所在地は、留学先としても人気のリゾート地・セブ島の中心地にあり、日本領事館と同じビルに入っているので、治安やセキュリティも心配ありません。

授業はすべてマンツーマン方式ですし、教科ごとにレベルに合わせたカリキュラムを組んでくれますので、自分の現在の英語力に合った授業が受けられます。

また、豊富な選択授業から好きなものを選ぶことができますため、興味のある分野、学びたいことを勉強できます。日本人専用の語学学校のアーグスイングリッシュアカデミーでは、現地での悩みなどにも日本語で対応してもらえる安心感があります。

②.0円留学はどこまでが無料?

0円留学と言っても、留学費用のすべてが無料なわけではありません。無料になるのは、学費と滞在先となるホテルの宿泊費です。その他の金額は自己負担となります。具体的に必要となる自己負担項目と金額は以下の通りです。

  • 入学金    15,000円
  • 空港お迎え代 600または1,000ペソ
  • SSP/SWP代 10,000ペソ
  • ID代     200ペソ
  • 水道光熱費  600ペソ/週
  • 教材費    700ペソ/冊
  • デポジット  5,000ペソ

※金額はすべて税抜き金額ですので、別途消費税が必要になります。

③.なぜ無料で留学できるの?

これだけ魅力的な学校でありながら、無料で語学留学ができるのには理由があります。アーグスイングリッシュアカデミーでは、授業を受けながら1日のうち数時間、学校と同じビルの中にあるグループ会社のコールセンターで簡単な仕事を任されます。主な業務内容は以下の通りです。

  • 大手インターネット通信事業者の業務委託によるサービス案内や問い合わせ受付
  • 大手通販会社の業務委託による商品説明
  • スマートフォンやアプリ関連の提案ソリューション

受け答えは日本語でおこなうため、英語力は必要ありません。コールセンターでの勤務経験がなくても、きちんと研修がありますし、マニュアルも用意されているため、あまり難しく考える必要はないでしょう。

3.0円留学のメリット・デメリット

3.0円留学のメリット・デメリット

どんな留学先や学校にもメリットとデメリットは存在します。今回はアーグスイングリッシュアカデミーのメリットとデメリットをしっかりと検証したうえで、ご紹介いたします。

①.フィリピン無料留学のメリット

まずはなんといっても、学費と滞在費が無料になることです。留学にかかるすべてのお金が無料になるわけではありませんが、留学費用のうち高額を占める学費と滞在費が無料になると、自己負担がかなり減るため、海外留学のハードルがぐっと下がりますよね。

また、学費が無料ながらすべての授業がマンツーマン方式でおこなわれ、レベル分けもきちんとしてくれるため、個人個人の英語のレベルに合わせた指導をきちんと受けられます。

日本人が苦手なスピーキングの力を上げる発音矯正のクラスやビジネス英会話、TOEIC対策コースなども用意されているため、それぞれの留学の目的のニーズを満たしてくれるところも満足度が高い理由のひとつです。

次に立地がいいことですね。セブ島はフィリピン屈指のリゾート地ですが、語学留学先としても非常に人気が高く、たくさんの語学学校があります。そのような環境の中でも、日本領事館と同じビルに学校があるのはここだけでしょう。治安やセキュリティが心配の方や、留学初体験の方、女性の方には特におすすめできます。

また学校だけでなく滞在先の環境がいいのも魅力的です。アーグスイングリッシュアカデミーはセブ島内のホテルと提携しているため、きれいな場所で寝泊まりができます。ホテルから徒歩5分の位置には現地の人気大型スーパーがあり、生活に困ることはありません。

先ほど述べました通り、アーグスイングリッシュアカデミーは日本人スタッフが常駐しているので、英語に自信のない方でも安心の留学生活が送れます。英語初心者でなくても、トラブルに巻き込まれたり、体調が悪くなったりした時に自分の状況を英語で説明するのはかなりの勇気と根気が必要になります。その点、アーグスイングリッシュアカデミーではそのような状況でも日本語で対応してもらえるのが嬉しいですね。

コールセンター勤務でもメリットはあります。こちらではビジネスマナーや基本的な電話応対を学べるだけでなく、パソコンスキルの研修もあるため、留学後の就職などでそのスキルを活かすことができます。

また、アーグスイングリッシュアカデミーを卒業したあともサポートが続いており、就職や進学、インターンシップの紹介もしてくれます。具体的には、

  • アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの就職やインターンシップ
  • フィリピンやアジア各国での就職
  • 日本での就職
  • フィリピンの大学への進学   など

海外留学を終えてみたものはいいものの、その後の進路に迷ってしまう方はたくさんいらっしゃいます。卒業後までサポートしてくれるのはかなり大きなメリットと言えます。

アーグスイングリッシュアカデミーの0円留学は、金額以外にもメリットがたくさんありますね。

②.フィリピン無料留学のデメリット

では、逆にアーグスイングリッシュアカデミーの0円留学のデメリットとはいったいなんでしょう?

まず、「0円留学」とうたっていながら、実際には航空券や現地での生活費など自己負担金額があることです。そのため、毎日の食事は自分で用意しなければなりません。セブ島にはたくさんのレストランやカフェがありますが、慣れるまでは滞在先のホテルのすぐ近くに大きなスーパーがあるため、そこで購入するのがいいでしょう。

次に日本人専用の語学学校なので、授業以外ではどうしても日本語を使ってしまう可能性があります。また、フィリピンの多くの語学学校で導入されている英語以外の言語を使用した会話禁止ルールのEOP(English Only Policy)がゆるいため、日本人同士の会話でも英語を使うのはかなり固い意志でないと難しいかもしれません。

そして、一番のデメリットがコールセンターでの勤務でしょう。無料のフィリピン留学を実現するために、コールセンターの勤務が必要となります。スケジュールは、

  • 一日のうちの4時間授業、4時間勤務が毎日続く
  • 週のうち2日8時間授業、2日8時間勤務、1日は授業と勤務が4時間ずつ

どちらかのパターンになることが多いようです。原則として、一週間のうち20時間授業を受け、20時間コールセンターで仕事をします。

コールセンターでの勤務に慣れるまでは研修を受けたり、業務を覚えたり、するべきことが多いため、なかなか勉強のための時間を取れないという留学生もいるようです。授業でも宿題や予習が必要なため、時間が足りなくなってしまい、精神的に疲れてしまうこともあります。

③.フィリピン無料留学はこんな人におすすめ

では、アーグスイングリッシュアカデミーの0円留学はどんな人が向いているのでしょうか?

  • 海外留学に興味があるけれど、お金がない
  • 働きながら勉強するのが楽しそう
  • 人とコミュニケーションを取るのが好き
  • 初めての海外留学だから、安全なところがいい

こんな風にお考えの方には、ぜひ0円留学をおすすめします。

コールセンターでの仕事は電話で人とのやり取りが必要になるため、そういうのが苦手な方にこの留学方法はあまりおすすめできません。仕事でうまくいかないと気分が落ち込んでしまい、勉強が手につかなくなってしまっては本末転倒だからです。

また、せっかくフィリピンに留学するならどっぷり英語漬けになりたい!という方は0円留学をしても、満足度の高い留学経験になる可能性は低いでしょう。

自分には0円留学は向いてなさそう…と思っても、他の留学方法もたくさんあります。アーグスイングリッシュアカデミーは0円留学だけでなく、お金を払う「ガチ留学」や、社会貢献をしながら英語が勉強できる「ボランティア留学」もあります。また、0円留学でフィリピンへやってきて、途中からガチ留学に変更することも可能ですので、ぜひ検討してみてくださいね。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)