フィリピンへの親子留学に興味はありますか?

当記事ではフィリピン親子留学の費用相場をはじめ、おすすめの語学学校の親子留学のコース内容と期間別の費用をご紹介いたします!これからフィリピンへの親子留学を考えている方は必見の記事です。

「留学には興味があるけど…こんな状況だし…」
いま決める必要はありません。
でも、いま準備すると4つもメリットがあるんです!

海外で生活するってどんな感じ…?
「留学準備」3つのコツと進め方
留学のプロに相談!

色んなサービスやコンテンツがたくさん!

フィリピン親子留学費用相場

shutterstock_256626130

近年注目を集めている親子留学ですが、その中でもフィリピンは日本からも近く、留学費用が欧米に比べ安いことから人気が高いです。では、実際にフィリピンへ親子留学をした場合、どれくらいのお金が必要になるのでしょうか?

費用相場は親子合わせて1週間で20万円程度と言われています。この価格には、授業料、滞在費、食費、現地での交通費などが含まれています。この他には往復の航空券とパスポート取得代などが必要となります。

しかし、費用相場と言っても、どの地域・学校にどれくらいの期間通うのかで価格はまったく変わってきます。今回はフィリピンの中で親子留学のコースが用意されている語学学校を厳選して3つご紹介いたします。

Kredo Kids(クレドキッズ)

地域:セブ

Kredo Kidsはセブ島で唯一の親子留学専門学校を構え、親子留学と乳幼児のバイリンガル教育に力を入れた学校です。
乳幼児のレッスンは専用のカリキュラムで0歳から母子分離でレッスンを行い、母子と同じプロセスで学習出来ます。

また通常カリキュラムも個人個人のレベルに合わせたカリキュラムにより、保護者の方も楽しんで英語を勉強できます。また、ベビーシッター制度があるため、0歳児からの留学が可能です。

コース内容

Kredo Kidsに設置されている親子コースの内容(一例)は以下の通りです。

  • 小学生~大人コース マンツーマン授業×4、グループレッスン×1
  • 未就学児コース グループレッスン×3

1コマ50分の授業を受けることができます。授業はお昼過ぎには終了するため、親子ともにあまり負担を感じずに、フィリピン留学を楽しむことができます。

期間別の費用

Kredo Kidsの親子コースの学費は下記の通りです。

【ライトプランの場合】
1週間 57,000円
2週間 75,400円

1コマ50分の授業を受けることができます。学費に含まれているのは授業料と寮費です。その他、登録料($150≒16,500円)、教材費、管理費などが必要となります。

※学費は参考価格です。コース内容および価格は予告なく変更になる場合がございます。ご了承くださいませ。

Universe English School Cebu(ユニバースイングリッシュスクールセブ)

地域:セブ

セブの中心地であるフエンテサークルすぐに立地している日本人経営の語学学校です。一人の先生からずっと習える担任制制度、午後に課外授業を選択できるのが特徴で、勉強漬けにならない、内気な子供さんでも楽しく学べる授業プログラムとなっております。徒歩圏内にはショッピングモールや飲食店が立ち並んでおり非常に利便性がよく、ホテル滞在やホームステイプログラムがあるのもポイントです。

30-70名の小規模な学校だからこそのアットホームな環境で、担任の先生以外の先生とも気軽に話せて質問が出来る環境が整っています。日本人スタッフが常駐しており、現地生活をサポートしてくれます。時間割のカスタマイズも柔軟に行えますので、お子様の様子を見ながら次の日の時間割を調整することができます。親が付き添いのコース、託児コースもあります。

コース内容

Universe English School Cebuのコース内容は以下の通りです。

  • 午前 マンツーマンレッスン×4
  • 午後 コミュニケーションレッスン×2(あるいは マンツーマン授業×2)

※8時10分~スタートの場合

1コマ50分の授業が合計6コマあり、1日最大で8コマまで受講できます。授業開始時間は8時10分~、9時10分~、10時10分~の3種類から選べます。教室でのマンツーマン授業と課外授業であるコミュニケーションレッスンはいつでも変更が可能です。一日6時間の授業がお受けできそうであれば、入学にあたって年齢制限はありません。(2歳のお子様の受け入れ実績あり)授業はすべてフィリピン人講師によっておこなわれます。

期間別の費用

滞在ホテルにより料金が異なります。親子留学でもっとも人気のあるデラックスホテル、リーズナブルなスタンダードホテル滞在の場合の金額は以下の通りです。

【デラックスホテル滞在の場合】
1週間 178,000円
2週間 320,000円

【スタンダードホテル滞在の場合】
1週間 142,000円
2週間 256,000円

学費に含まれているのは授業料とホテル滞在費です。その他、入学金、教材費、送金手数料などが必要となります。上記は親子2名様が留学される場合の価格です。

Howdy English Academy

地域:セブ島・マンダウエ市

セブ・マクタン空港から15〜20分程度の場所にあり、セブ市内中心部へも同程度の距離にあります。ダウンタウンから離れている住宅地に立地しているため、治安も良く、ショッピングモールが併設された非常に便利なロケーションです。ショッピングモールには、食料品スーパーのほかレストランやカフェ、薬局、美容室、両替所まであり非常に便利 。生活に必要な物はここで全て手に入ります!

清潔な宿泊施設、日本人シェフが作る美味しい食事。お子様にとってストレスのない環境でご滞在いただけます。授業は教育学部卒業の講師が担当し、飽きのこない授業構成をさせていただきます。 小さなお子様には専用の教室を用意しており、また、学校内にはいつも日本人スタッフが複数名いるため、万が一の時でも日本語で丁寧にフォローいたします。

コース内容

  • 3-5歳 グループクラス 5コマ/日
  • 6-8歳 グループクラス 6コマ/日
  • 9-15歳 マンツーマンクラス 6コマ/日

期間別の費用

  • $1,194/1週間
  • $2,088/2週間
  • $2,982/3週間
  • $3,576/4週間
  • $5,364/8週間
  • $7,152/12週間

学費に含まれているのは授業料と寮費です。その他、登録料($100≒11,000円)、テキスト代、電気代などが必要となります。

番外編:ママの為のセブ島留学『ママ留学』とは?



ママ留学.com
子育てのストレスを解消し、フィリピンのセブ島でやりたかった英語が勉強できる

産後うつでツライ。
すべての日本のママをニコニコママへ。

そんな理念のもとに運営されているママ留学プログラムをご紹介します。子育て中の主婦のみなさまは、次のような悩みをお持ちではないでしょうか?

  • 睡眠不足でいつも十分に休めなかった
  • 夜遅くまで寝かしつけに苦労した
  • 少し子供と離れる時間が欲しい

こういったストレスを抱える主婦のみなさまを救うプログラム、それがママ留学です。現在は4週間以上のお客様にはモニター募集で20%オフとなっております。

さて、フィリピンの親子留学の費用相場、そして語学学校の親子留学コースのカリキュラム内容と期間別の費用をご紹介いたしました。フィリピンの中でもセブは安全性や豊富なアクティビティによりとても人気が高い留学先です。これを機に親子でバイリンガルを目指してみてはいかが?

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pedia公式ラインではあなたにぴったりの情報をお届けしています。
ぜひお友だち登録をして、準備に役立ててくださいね!

友達登録をする