フィリピン留学といえばセブやバギオ、クラークといった都市に語学学校が多いですが、最近注目となっているのは「ドゥマゲッティ」という地方都市です。治安がよく、立地も便利で、人も優しい、そしてセブやマニラからの交通もよし!ドゥマゲッティの魅力やおすすめの学校SPEAについて紹介していきます。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.フィリピンのドゥマゲッティってどんな町?

ドゥマゲッティはセブ島の隣、フィリピンの南部にあるネグロス島に位置しています。あまりフィリピン留学の中でなじみのない都市ですが、最近ではセブ島への留学生が増えたこともあってか、開拓が進みはじめました。

街なかにゴミが少なく、清潔感があるのでフィリピンの中でも指折りの美しい町と言われています。シリマン大学というフィリピンの中でも、唯一のプロテスタント系の大きな大学がある学園都市で、地方にありながら都会的な印象です。物価はセブやマニラに比べれば、安いのも人気の秘密です。

ドゥマゲッティへの行き方

マニラからドゥマゲッティまでは、国内線で1時間半といったところですから、日本からの場合はトータルで5時間半~6時間半ほどかかります。

一方でセブからは国内線で行く方法とフェリーで行く方法の2種類があります。セブから飛行機で行く場合は30分ほどなので、あっという間です。セブシティからフェリーを使った場合はだいたい4時間ほどかかりますが、 最南端のバドからネグロス島のダンビまでは20分ほどで到着します。少しハードスケジュールですが、セブからなら日帰り観光もしようと思えば可能でしょう。

ドゥマゲッティ空港から市内へは

空港といえばタクシーがあるイメージですが、ドゥマゲッティは小さな空港なためかほとんど見当たりません。しかし、空港周辺にはトライシクルがたくさんあり、町の中心地まで、10分くらいでいけます。6人以上の団体なら、シャトルバンを雇ってすぐに観光へ向かうという方法もあります。

2.ドゥマゲッティ留学の10の魅力

①治安のよさ

セブやマニラなどの都市部は、犯罪に巻き込まれやすいイメージもありますが、ドゥマゲッティは大学が多いこともあるためか、フィリピンの中でも治安は良いとされています。住んでいる人々も穏やかな印象で、トラブルに巻き込まれたという情報も少ないので、女性一人の留学やシニア留学、親子留学にもおすすめの都市です。

②南国な雰囲気

日本では観光地としてあまり知られていませんが、ドゥマゲッティはセブとはまた、一味違う南国な雰囲気があり、世界レベルでは有名な都市となってきています。ダイビングスポットも多くあり、ダイビング目的とした観光客も多く集まってきます。沖合には、スミロン島やアポ島、シキホール島なども有名で、さまざまな種類のサンゴや魚がいるので、シリマン大学の水中生物保護地域にもなっています。

③アクティビティや観光も楽しめる

ドゥマゲッティ周辺の海は綺麗なのでダイビングツアーやシュノーケルなどを楽しむことができ、ダイビング関係の店もちらほらとあります。そのほか、ドルフィンウォッチングやマングローブ鑑賞が楽しめるエリアもあり、海以外の観光としては滝や鍾乳洞、山などアクティビティが満載です。

アポ島
アポ島周辺はウミガメや熱帯魚のような綺麗な魚たちが見られるエリアとして有名なのでシュノーケルやダイビングにおすすめです。アポ島へはドゥマゲッティからは、定期船が出ていますので行くのも簡単です。

シキホール島
シキホール島へはドゥマゲッティからフェリーで45分~1時間半くらいです。伝統的な黒魔術が有名なミステリアスな島です。洞窟探検やウォーターホールなどのアクティビティも楽しめ、冒険気分を味わえます。

④景観が綺麗

景観を大事にしている街で、ゴミを捨てると罰金を払わなければいけないというルールがあるので、観光目的で行くときはご注意ください。西洋風の建物もあり、清潔感がある街並みはフィリピンらしさは少ないかもしれません。

⑤欧米人に人気なのでネイティブも多い

日本ならばフィリピンといえばマニラやセブといった場所が観光地や地名として思い浮かびやすいでしょうが、ドゥマゲッティは世界の中では、物価が安い、清潔、治安が良いなどの観点から住みたい町として注目が集まっています。

そのため街なかでネイティブを見かけることも結構あるようで、英語を学ぶには最適な町かもしれません。実際にフィリピン留学に行った人の中でも、ドゥマゲッティに来てハマったという人も珍しくなく、まさに知る人ぞ知る街です。

⑥気候もいい

気候はセブとあまり変わらず一年中穏やかで晴れの日が多い印象です。ただし、紫外線量は多いのでUVケアは必要になりますが、湿気は日本より少ないのでカラッとしています。雨期に行く場合は、レインコートや折り畳み傘を持参すると良いでしょう。

⑦医療設備もよい

マニラやセブといった都市ではないですが、大きな大学病院があるので、365日24時間、何か発生してもしっかりした医療行為を受けられますので安心です。

⑧地方ながらビザの発給もできる

フィリピン留学では最初は観光ビザで入りますが、31日以上の留学日数になると、ビザの延長手続きが必要になります。延長できる場所は、マニラやセブなど大都市に限られたイメージですが、ドゥマゲッティではイミグレーションがあり、街の中で発給できるのが地方都市としては珍しいです。

⑨立地がよい

人口12万人の小さな都市ながら、大きなモールやレストラン、マッサージ店など必要なお店は充実してしますので、立地がよいです。また、野菜を育てている高山地帯とも近いので、新鮮な食材を手に入れることができます。

⑩優しい人が多い

大学があるからか若者が多い印象のある町です。治安もよいためか優しい人が多く、安心感もあります。世界中から人が集まっていますので、友達も作りやすそうです。

3.フィリピンのドゥマゲッティにある語学学校「SPEA」とは

ドゥマゲッティ自体にはまだまだ語学学校の数は少ないですが、語学学校自体の評判は街とともに高い方です。学校数はこれから増えていくのではないかと予想されますので、生徒数が少ない今のうちにドゥマゲッティの学校を体験してみてはいかがでしょうか?おすすめのドゥマゲッティの学校「SPEA」について紹介していきます。

SPEAの特徴

SPEAは、定員が50名とアットホームな学校です。実践体験学習という独自の授業を取り入れ、マンツーマンレッスンでインプットしたあとに実践体験を行うコースが個性的です。実践体験とは、なんと街に飛び出して通りすがりの人などに英語で話しかけること!

まるでテレビの英会話番組のコーナーのようですが、実践を経ることで自信をつけ、より英語を楽しく勉強することを目的としています。ドゥマゲッティは街の人たちも優しいので、まさにこの街の特徴を生かした学習方法だといえるでしょう。 実践学習はワーキングホリデーや、二ヶ国留学を考えている人ならば、現地に行く前の練習にもなりますのでおすすめです。

健康にもこだわりがある

日系の学校も増えたのでフィリピン留学では日本人向けのメニューを提供している学校は珍しくありませんが、SPEAの場合は健康面を重視し、化学調味料を排除、またベジタリアン向けのメニューも提供していますので健康を重視している方や、フィリピンの食事に不安を感じている方も安心して留学をすることができます。また洗剤なども天然素材の物にこだわっていますので、お子様連れの方におすすめです。

選べる4つのコース

マンツーマンコース
マンツーマンコースでは 4・6・8コマの1対1のレッスンにプラス、グループコースが2コマあります。オーダーメイド式のカリキュラムで12科目の中から授業を選ぶことができ、入学時のレベルチェックやヒヤリングから、1人1人に合ったカリキュラムを作ってくれますので、英語力の伸びが期待できます。日本人は自分からは授業のアレンジを提案するのが難しい人もいますが1週間ごとに見直しやカリキュラムの変更をすることができるので安心です。

1か月 95000円~

親子コース
今や日本人でも英語は喋れて当たり前の時代もやってくるかもしれません。子どもたちには、将来的に世界とも渡り合っていくために英語力が必要となってくることを考えると今のうちに、親子で一緒に留学して英語力をアップさせてみましょう。

親子それぞれで3時間のベーシックコースでのんびり勉強する方法もあれば、6時間ずつのゴールド、プラチナなどさまざまなプランを用意しています。食事も毎食ついていますし(土日は朝食のみ)ランドリーサービスや清掃サービスもあるので、忙しいお母さんも英語を勉強する時間がしっかりとれます。

1週間 88000円~

ど短期コース
忙しいビジネスマンなどで時間があまりとれない方は、マンツーマンレッスンのみのど短期コースで、集中的に英語を勉強することも可能です。マンツーマンレッスンの数は10コマ、12コマの中からお好きなコースを選んでください。

一般的なコースでは初日にレベルチェックから行われますが、ど短期コースに関しては初日から授業が行われますし、祝日も授業があるので(通常はお休み)、時間を無駄にすることがありません。

1週間 60000円~

実践体験型学習コース
他の学校にはないSPEAならではのコースです。担当の先生とマンツーマンレッスンでミッションを選択し、英語のインプットを開始します。月曜から木曜は一般的な授業を行い、金曜日には外に飛び出して実践学習を開始!町を歩いている人やお店の人などに話しかけていきます。

初心者向けがおわったあとは上級者編となり、銀行口座開設や裁判の傍聴、旅行ブログ作りなどユニークなミッションの中からさらに選んでいくことになります。目安としては初心者用ミッションで1か月のクリアを目標としていますので、上級者用ミッションにまで行きたいならば、留学期間は3か月以上は欲しいとことろです。また、このコースではミッション以外に金曜日にプレゼンテーションを行う授業も入っていますので、社会人や就職活動を控えた学生にもおすすめです。

1か月 149000円~

周辺環境

住まいは本校舎の寮かゲストハウスを選択することができます。本校舎は自然に囲まれており、遊びの誘惑が少ないです。街の中心地まではトライシクルで15分ほどで、町の中では、病院やレストランなどがあります。寮ではドライヤーやタオルは貸出、自習室やライブラリなどがあります。

一方で追加料金を支払ってゲストハウスに宿泊することも可能です。ゲストハウスは日本人比率が少ないので、英語環境に24時間浸りたい人におすすめです。ただし日本人は5組限定なので早めに予約をした方がよいでしょう。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)