わくわくしながらやってきたフィリピン留学、しかし自分の思っていた学校と違った!最初はよかったけど、途中でモチベーションが下がってきた…。

そのようなときはエージェントと相談して転校も可能です。ただし、注意点もたくさんあるので、転校のメリット&デメリットをまず知ることからはじめてみましょう。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.フィリピン留学では転校も可能

フィリピン留学では、事情があれば途中で転校が可能ですし、日本にいる段階から、2~3か月周期で学校を変えると、あらかじめ計画を立ててやってくる留学生たちもいます。

じつは私自身、実際に実行に移さなかったものの、学校が想像していた環境と異なっていたので、来たばかりで転校を考えたことがあります。フィリピン留学で転校したいと思う理由としては、下記のような原因が考えられます。

学校が合わない

食事面を含めた環境や学校の校風、授業など学校が合わないという理由から転校したいと考えるものです。フィリピン留学へ期待や願望が大きいほど、陥りやすいです。

気分を変えたい

ずっと同じ学校にいて同じ生活を送ってくると、はじめは刺激的だった毎日もマンネリ化し、勉強のモチベーションも低下気味になってくることがあります。とくにマンネリ化は、3か月経過したあとくらいから感じる人が多く、いったん転校して、リセットしたて心機一転また勉強したいという願望が現れてくるようです。

これ以上この学校にいても伸びない

学校に慣れすぎて、毎日楽しいけど、ふと自分はもう、この環境にいても英語自体は伸びないのではないかと思った瞬間に、向上心から転校して、自分を高めたいと思うものです。

※転校が気になる方は当サイトのカウンセラーがお答えできますのでお気軽にお問合わせください。
無料:カウンセリング申込
お手軽なLINE相談はこちら

2.フィリピン留学で転校する3つのメリット

①:気分を変えられる

フィリピン留学では、はじめの1~2週間は不安や刺激を感じますが、そのあと徐々に生活に慣れてくると授業も授業外の時間も、楽しめるようになってきて、同時に英語へのモチベーションもアップする生徒は多いです。

しかし、その状態がずっと続くわけではなく、3か月くらいしてくるとモチベーションが低下してくる生徒が増えてくるように、自分や周りをみていると感じました。転校は新しい刺激に出会い、モチベーションを上げるためにはよいことでしょう。実際に、気分を変えるために、ほかのフィリピンの学校から来た留学生に出会うこともあれば、卒業したらほかの学校へ転校を決めている留学生も珍しくありません。

②:新しい出会いがある

学校自体が変わるので、先生も周りの生徒たちも360度変わり、新しい出会いも期待できます。1つの学校以上に2つの学校を通すことで、先生や生徒たちとより、たくさんの出会いが期待できます。

③:新しいカリキュラムやルールに出会える

学校によって、先生によって授業のやり方には違いがあります。せっかくなら前の学校と違うコースに挑戦し、新しい学習方法を身に着けていければいいかと思います。

また校風やルールも変わるので、たとえば最初の学校では、セミスパルタや一般の学校で、徐々に英語を身に着けながら、時々友人たちと遊びも楽しんで思い出をつくるとします。

そして次の転校先の学校では、スパルタやEOPの厳しい(母国語禁止)学校に行き、遊びよりもより英語の勉強に集中することで、無理なくレベルアップすることが期待できます。(英語初心者がいきなり、スパルタ式やEOP重視の学校に行くのは、なかなか精神的に厳しいものがあります。)

3.フィリピン留学で転校する6つのデメリット

①:費用がかかる

学費をすべて納めたあとでの転校では、返金がほとんどないということも珍しくありません。転校の可能性も考えるのならば、半年以上の留学を計画している方は、学費は一気に支払わず、とりあえず3か月分払って様子を見た方がよいでしょう。

また、就学許可証(SSP)も学校が変われば取り直しになるので、その分の費用(1万5000円ほど)も用意する必要がありますし、テキストも異なりますので買い直しをする必要があります。

②:手続きが面倒

転校をするということは、日本で行った学校選びの手続きを、転校前の学校の授業と並行しながら、エージェントや学校と相談して決める必要があります。また、転校するときに、ビザが切れるタイミングならば、自分でビザの延長手続きをする必要があります。

ビザの手続きは面倒な上に、時間にして半日は覚悟した方がよいかと思います。そして、実際に転校先の学校に行く際は、場所にもよりますが、場合によっては新しい学校まで自力で行く必要がでてくることも想定されます。

③:環境に慣れるまで大変かも

転校前の学校でも環境に慣れるまで1週間かかったという人もいれば、1か月かかったという人もいます。同じフィリピンでも、学校によって雰囲気やルール、人間関係に慣れるまでは、元の学校と同じくらい、もしくはさらに時間がかかることもあるかもしれません。

④:人間関係の再構築

毎日顔を合わせる先生は徐々にあなたのことがわかったうえで、あなたにあった授業を提案してくれたり、雑談してくれたりして、少しずつ信頼関係をつくっていきます。

転校すれば先生たちとの関係もリセットされるので、また少しずつ時間をかけて関係をつくっていく必要もあります。また、友人作りも前の学校では容易にできたのに、次の学校ではなかなかうまくいかないという可能性もあります。

⑤:新しい学校が合うとは限らない

学校が合わないと思って転校したのに、前の学校の方がよかったと後悔するケースもあります。原因としては、新しい学校選びにあまり時間がかけられなかったり、前の学校のよさに気付けていなかったりということが考えられます。

すると英語に対してのモチベーションはさらに低下してしまい、フィリピン留学自体後悔してくることにもなりかねません。学校選びは、日本にいる間から慎重に時間をかけて行うようにしましょう。

⑥:勉強時間が減るかも

新しい学校までの移動や、オリエンテーション、テストなどを想定すると、その分授業を受ける日が減ります。また、元の学校にいる間に、新しい学校探しやエージェントとやり取りをする分、自習時間が減ってしまうので、英語と触れ合う機会が減ってしまいますし、勉強に身が入らないおそれもあります。

4.まとめ:転校がおすすめな人とは

転校はメリットよりも、時間、費用、精神面で考えるとデメリットの方が多いので、転校を考えた方がいい人は、下記にあてはまるような人がよいのでは?と思います。

留学期間が5か月以上になる人

モチベーションを上げるために、転校先では前の学校と違うコースや、違う校風、環境のところがおすすめです。半年なら2つの学校で3か月ずつ、5か月なら3か月と2か月でわけるのがちょうどいいでしょう。

留学期間が4か月の人ならば転校よりも、学校を変えないままでコースを変える、部屋を変える、新しい目標を最後につくるなどの方が、費用も時間も無駄にせずによいかと思います。

英語初心者だけど高い目標がある人

最初の学校では初心者用のコースで、英語に慣れることからはじめ、次の学校では、所定の試験対策コースや、ビジネス、スパルタ式の学校でさらに自分を追い込むといったものです。しかし、1か月未満の短期間ならば環境に慣れるまでだけで疲れてしまうおそれがあるので、短期間の留学ならば転校はあまりおすすめしません。

長期留学の方は、日本にいる間から転校のことを視野にいれて、エージェントに相談しておいた方がよいでしょう。できればすでに期間が長期と決まっているなら、はじめから2つの学校で相談しておいた方が費用も時間も無駄になりにくいです。

現地で次の学校先を決めたい方は、費用は早めの納入で一括払いは、お得なことが多いですが、2,3か月とりあえず納入して、あとは現地で延長するか決める方がよいでしょう。

フィリピン留学の時間と費用を無駄にしないためにも、学校選びは自分の条件をしっかりと把握しながらじっくりと選び、万が一、現地に着いてから「合わない」というときは、突発的に次の転校先を決めずに、生活に慣れるまで少し待ってみてはいかがでしょうか。

時間を無駄にしたくないということで焦って転校を考えてしまうかもしれませんが、最初は環境に驚いただけで、徐々に学校のよいところが見えてくることもあります。時間が経過してからも、やはり環境を変えたいと強い意思があるならば、それまで合わない環境で頑張った分、転校によって成功する可能性も高いかと思います。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)