リゾート地として人気のセブ島は、語学学校も多く立地しているので、フィリピン留学の中でも、一番人気ともいえる地域です。

そんなセブ島での語学留学って英語の効果は?快適さは?留学生たちの口コミを集めてみましたので、セブ島への留学検討中の方は必見です。また、当サイトで口コミが多いセブ島の学校も紹介します!

1.セブ留学の口コミを15件集めてみた

 

①成長したいならセブ留学!

日本は経済的に発展しているものの、地球上では1つの小さな国にすぎません。インターネットやテレビで世界のことを知ることはできますが、海外に出て自分の目で見て体験することで、視野も広がり人間として成長できることが期待できます。フィリピンのセブへは安い価格で留学できますし、日本からも5時間前後と近いので、初めての海外でも挑戦しやすいです。

②物価が安い

セブは日本よりも物価が安いので、マッサージで1000円未満ということも珍しくありません。そのほか学校の授業料や食費、日用品なども全体的に安いので、セブ島の留学では他の留学先よりも滞在費を抑えることが期待できます。

③マンツーマンレッスンが良い

先進国に比べて授業料が安いにもかかわらず、生徒1人に先生1人のマンツーマンレッスンを受けることができます。大勢のグループレッスンだと周りの目が気になり恥ずかしくて話せないというシャイな日本人でも、マンツーマンレッスンなら、話せるようになったということでセブ留学は人気があります。また、ニュージーランドやオーストラリア、アメリカなど英語圏への留学を控えている方の事前学習としても人気があります。

④セブでも日本の携帯が使える

今は日本でも格安SIMフリー携帯を使う人が使うが増えてきましたが、海外では日本以上にメジャーとなっていますので、SIMフリー携帯を日本から持参、セブで契約してもよいかと思います。また、トラブル用(スリ、強盗用)に現地で安い携帯電話を購入するという留学生もいます。

日本人が持つスマートフォンは、セブで高く転売できることもあり、人混みなどで狙われやすいので、気をつける必要があります。長期ではない限りはスマートフォンを持って行って学校内や、ショッピングモールなどのwifi環境で繋げば十分かと思います。

⑤現実は甘くない

4週間たったらペラペラになるかなあ、とも思ったのですが、無理ですね。

引用:nariのぶろぐ

セブ留学のウェブサイトで、短期間でも効果を実感できる、ペラペラになる!といったようなコピーが掲載されていることもありますが、現実はそんなに甘くはないです。

初心者でも1か月では多少わかる、話せるようになるかもしれませんが、ペラペラを目指すなら、1年以上はかかりそうです。人それぞれ留学に掲げる目標は異なると思いますが、手の届く範囲の目標が挫折しにくく、継続しやすいかと思います。

⑥英語への抵抗がなくなる

間違ってもいいからとりあえず英語を使うことができない日本人の抵抗感を払拭するにはぴったりの環境だと思います。

引用:NEZU.log

日本人は基本的に座学で英語を学習してきた人が多いこともあり、実践的に英語を話す、聞くということが苦手な人が多いです。また、失敗や恥をかくことにおそれを抱く人も多いのではないでしょうか。

セブ島留学では、周りが同じく英語がネイティブではない留学生たちとの生活や、優しいフィリピン人の先生に囲まれてマンツーマンレッスンや少人数のグループレッスンを行うことにより、英語への抵抗がなくなってきやすいです。英語に抵抗感を持ち続けていると、上達もしにくいので、セブ留学でそれらを払拭することができれば、英語が伸びやすくなると思います。

⑦リゾート地としても有名

セブ島はリゾート地としても有名なところなので、ダイビングに挑戦してみるのも面白いと思います。

引用:フィリピン語学留学ブログ

セブ島は語学学校も多いですが、リゾート地としても有名なので、観光客も年間たくさん訪れます。海のアクティビティを体験するのにもぴったりでダイビングやアイランドホッピング、シュノーケルなど週末や時間外に楽しんでリフレッシュしてみましょう。

ときどき息抜きをした方が勉強の効率もよいですし、セブで学校以外の思い出も作れちゃいます。学校によっては、自分で手配しなくても、学校主催で週末にアクティビティを行っていることもありますので、それらも上手に活用しましょう。

⑧ハードながらもリラックスできる

授業は一日8コマでけっこうハードなのですが、10分間の休み時間にカフェテリアに出て海を見ながら風を感じていると、すごくリフレッシュできます!

引用:QQEnglish

セブ島には海に近い語学学校もありますので、窓の外には美しい海が広がっているということもあります。たとえ、学校の勉強がハードだったとしても空き時間に、海の景色や潮風を感じるだけで、日本にはないリゾート感を感じることができ、勉強へのモチベーションも上がりそうです。

⑨もっといたい!と思える

セブは日本に比べると食事や環境に不満が出ることはたくさんあります。しかし、それらも日本に帰れば笑える思い出へと変化!また、セブにまた行きたいと思う留学生も多いです。1週間~1ヵ月ではもの足りないと感じやすく、やっと慣れてきたのにといった気持ちになりやすいので、おすすめは2ヵ月や3か月の留学で英語漬けになることです。

⑩治安は意外と悪くない

セブは治安が悪いとイメージする人は多いですが、基本的に平和な日本と比べれば、ほとんどの海外の国は治安が悪いと言えると思います。そのため、一概にセブが悪いわけではありません。今後、海外で仕事や留学を考えている人は、物価が安く、日本から近いセブは初めての場所としてよいかと思います。日中の外出ではスリやぼったくりに気をつけ、夜は強盗の危険性もあるので、外出はしない方がよいでしょう。

治安の不安な方は、セブならばITパークという地域では、入口にガードマンがいることもあり治安が良いと言われています。セブ以外の地域なら山間部に位置するバギオは治安がよいと言われていますが、行くまで時間がかかる、気温がほかの地域と違いすぎるということで、情報をよく確認してから選んだ方がよいでしょう。

⑪準備と継続が大切

可能な限りの準備と、帰国後の継続が英語の力をさらにグンと伸ばしてくれるのだと思います。

引用:English Hangout

セブ留学は現地に行けばなんとかなる!こともあるかもしれませんが、事前に日本で可能な限り文法やフレーズ、単語をインプットしてくるだけでも効果は変わると思います。

セブ留学はアウトプットや独学でやってきた勉強法を改善するには良い環境なので、日本でできる学習は最低限中学卒業レベルはやってくることをおすすめします。また、在学中だけではなく、卒業後の学習も大切となりますので、卒業後もオンラインレッスンなどで継続した学習ができると良いです。

⑫親子留学にも最適

子供が楽しんで勉強できて、帰る時にまた行きたいと言ったので私としては満足でした。

引用:セブナビドットコム

グローバルな将来を考えてお子様には、国際感覚を身につけてほしいと願う親御さんも多いので、親子で一緒に勉強できるセブ留学はピッタリです。留学といえばお子様が単独で行くイメージも強いですが、セブ留学では親子や家族で留学するケースも珍しくないですし、親子留学専用コースがある学校も多くあります。(15歳未満の単独入国ができないこともある)

学校によっては学習に早いお子様のために、ベビーシッターサービスを行っており乳幼児のお子様を預けることもできますので、お母さんも勉強に集中することができます。また、食事やランドリーサービスがついている学校も珍しくないので、家事からも解放され大人の夏休み気分を味わいながら、お子様と思い出を作ることができます。

⑬必死になれる

セブ留学には、リゾートタイプやスパルタタイプなど学校の校風を選ぶことができます。スパルタタイプでは、時間外でも母国語禁止ルールや、平日外出禁止、毎日や毎週テストやスピーチ、プレゼンテーションを行っている学校もあります。

そのような環境なので、時間外に遊んでいる余裕はあまりありません。スパルタタイプなら自分1人で勉強が難しい人も、周りにつられて必死で勉強しなきゃという環境に追い詰められますので、意思の弱い方におすすめです。

⑭時間外も楽しめる

セブの語学学校は先生との距離が近いので、授業以外の時間外にも遊んだり食事に行ったりということもできます。また、学校内に寮がありそのほかジム、プール、スポーツコートなどがあるところも多く、夜や週末に友人同士でスポーツやバーベキューなどを楽しめます。

⑮日本より虫が出ることも

思い返してみれば温暖な気候ということもあり、日本より大きめの虫が多かった気もします。学校にもよりますが、部屋で蟻やゴキブリ、蚊が出ることはありますし、食堂や外に行けば、ハエが飛び回っている環境ということもあります。

潔癖症の方は、できるだけホテルに近いタイプの学校がよいかもしれません。蚊は病気を媒介してくることもあるので、虫刺されの薬や虫よけグッズの持参がおすすめです。

2.セブ留学口コミでおすすめの語学学校8選

当サイトで口コミが多い学校を口コミ、特徴とともに8校紹介していきますので、セブの学校選びの参考にしてみてくださいね。

①QQ English IT Park

QQ English IT ParkはITパークという治安のよい地域にあり、日本人経営なので、日本人留学生たちに人気の学校です。オンライン英会話も提供しているので、留学前の準備や留学後の継続学習にもおすすめです。また、軍隊式のカランメソッドは英会話の瞬発力を上げたい方にぴったりで、評判も高いです。

参考となる口コミ抜粋

「カランメソッドが良かった!」

「ITpark内なので安心。きれい。ホテルからも近い。」

②Kredo(Kredo IT abroad)

Kredoはセブ島で唯一英語でITを教えている学校なので、英語力とITスキルを同時に鍛えられます。教師の質やカリキュラムにこだわり、ITクラスは少人数制を採用しているため、初心者でも安心してIT留学にチャレンジできます。学校で放課後や週末は教室を自習スペースとして開放していて、寮である高級コンドミニアムではKredo専属の家政婦さんが掃除もしてくれるそうです。快適な留学生活の中で勉強にも集中できるでしょう。生徒層は学生から社会人まで幅広く、目的意識の高い人が多いので、質の高い環境で刺激を受けながら自分を成長させたい、という方におすすめです。
参考となる口コミ抜粋

「今の自分に合うように日本人スタッフの方や英語の先生と一緒に学習内容を考えることができた。」

「IT授業は少人数グループだったので、わからないところを質問しやすかった。」

③English Fella 2

広大なキャンパスを誇るスパルタ式の学校のEnglish Fella 2は、勉強に集中したい方におすすめの学校で授業や先生に関しての口コミが良いのが特徴的です。一方で、食事や寮内の環境においては合わない生徒も多いようなので、潔癖な環境を求める人には向いていないかもしれません。

参考となる口コミ抜粋

「勉強したい学生にもってこい。」

「wifiが使えない。」

④First English

日本人経営なので、日本人向けの英語教材や授業、食事などを提供しているFirst Englishは国際色が、低めながらも日本人が多いということで安心感を抱く生徒も多いようです。口コミとしてはスタッフさんの評判は良いながらも、先生に関しては質がバラバラという口コミもありました。また、周りは自然豊かで遊びの誘惑が少ないという口コミも特徴的でした。

参考となる口コミ抜粋

「自然、勉強に集中できる環境」

「先生は、いい先生と悪い先生がかなり混合しています。」

⑤MBA

社会人専用の語学学校であるMBAは、授業や講師の質だけではなく、周りの生徒たちも質が高いので、英語を学びながらさまざまな仕事をしている人たちと出会えるチャンスがあります。唯一の欠点をあげるとすれば、食事は各自で用意しなければならない点くらいで、社会人の短期留学におすすめです。

参考となる口コミ抜粋

「カリキュラム・講師の質に関しては、想像以上であり他の生徒も同様の意見。」

「お昼と夜を自分で用意しないといけないのがちょっと面倒」

⑥CG

CGはセブ郊外にあるスパルタ式の学校で、日本人の割合は低めです。先生や授業は質が高いと評判がよい反面で、食事が合わないという生徒や環境が合わなかったという生徒の口コミもあります。遊びよりも勉強に集中したい方向けの学校です。

参考となる口コミ抜粋

「基礎からしっかり教えてもらえた。」

「遊びを含めて考える人には少し都会から離れているので不便もあるかもしれません。」

⑦NILS(Newtype International language school)

NILSは施設内が綺麗、食事がおいしいと日本人に人気のある学校です。治安の良いITパークの大通り沿いにあるのでレストランやショッピングモールなども近く、立地がよいです。ただ一方で、勉強に集中したい方は、自分でルールを作って勉強しないと周りの雰囲気によっては、遊び方面の誘惑に負けてしまいそうです。

参考となる口コミ抜粋

「校則がない分、バケーション感覚の人も多かった。」

「キャンパス内はとても綺麗」

⑧FEA セブシティ校

FEAセブシティ校はホテルを学校や住まいと使っているので、清潔な環境に留学したいという方におすすめの学校です。また、街の中にあるのでレストランやコンビニエンスストアなどのお店が近くて便利な反面、騒音で勉強できないという口コミもありました。

参考となる口コミ抜粋

「ホテルの周りが騒がしい。」

「立地が良いので、食事や買い物に困らない。」