フィリピンの人気リゾート地であるセブ島は、観光も楽しめますが、語学学校も豊富にありますので、英語を学びたい方にぴったりの環境です。美しい海を見ながら、英語のレベルアップを目指してみませんか?セブ島へ語学留学した場合の費用を1か月でシミュレーションしてみました。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

なぜフィリピン留学で『セブ島』が選ばれるの?

フィリピン南部に位置するセブ島は、エメラルドグリーンの海や語学学校の豊富さから観光と勉強が両方楽しめると留学生たちに人気の地域です。

また、治安も首都マニラよりはよいので、その点でも初めての海外留学の方でも安心して生活できることができます。観光と勉強を両方味わいたい方におすすめのセブ島、語学学校に留学した場合の費用を1か月で想定してみていきます。

セブ島の語学学校、1か月の費用はいくら?シュミレーションした。


セブ島に数ある語学学校から人気のある5校の、1か月にかかる費用をシミュレーションしてみました。

QQ Egnlish( ITパーク校、シーフロント校)

入学金 ¥15,000
費用 ¥189,800(別途バンクチャージ¥3,000必要)

QQ Egnlishはセブの経済特区地区であるITパークと、海がすぐに隣にあるシーフロント校の2校があります。スタンダードプランでは、マンツーマン×6時間、大グループクラス×2時間、小グループクラス×2時間の計10時間もの授業をうけることができます。

Kredo

入学金 ¥15,000
費用 ¥253,000

Kredo はITに関するレッスンを全て英語で受けることができますので、英語能力だけではなく、就職や仕事にも役立つITスキルも同時に取得することができます。英語とビジネスに役立つスキルの両方をゲットしたい方におすすめの学校です。

CG

入学金 ¥11,729($100)
費用 ¥170,063( $1,450)

CGは広々としたリゾート型のキャンパスですが、その見た目とは裏腹にスパルタ式の学校で、生徒の自主性を尊重した学校です。英語レベルは基礎から上級者まで幅広く対応しています。

3D academy

入学金 ¥15,000
費用 ¥145,000

3D academyの実践英語コースでは、マンツーマン4時間、グループ3時間、加えて無料オプションを2時間追加することで最大9時間のカリキュラムを組むことができます。そのうえで、ほかセブの語学学校と比べても、格安の設定なので、費用にこだわる方におすすめです。

English Fella 1

入学金 ¥17,593($150)
費用 ¥187,656($1,600)

English Fella 1のESL-4コースではマンツーマン4時間、小グループ2時間、大グループ2、オープン1の授業が可能です。オープンは自由参加の授業で、映画を題材にした授業や、日本語を使った基礎文法などを学ぶことが可能です。

1ヶ月のセブ島語学留学、トータルは30万円程度


学校での費用は一番格安の3D academyで16万円でした。そのほか、セブ島留学では、学校の授業料や入学金以外にも航空券や保険、現地での費用が別途必要になってきます。その結果、1か月で30万円は必要ということがわかりました。授業料や入学金以外にかかる費用の内訳をみていきます。

航空券(7万円)

航空券はLCCと呼ばれる格安航空券ならば往復4万ほどから可能です。また、少しでも費用を抑えたい方は乗継便や、早めに予約することで少し安くもなります。

全日空やフィリピン航空利用では費用はだいたい12万~20万前後ほどになります。今回は格安航空を使ったとして、7万円でシュミレーションしてみました。ちなみに日本からセブ島までは、4時間~5時間半ほどかかります。

海外旅行保険(13,000円)

保険料は1か月分ならば、7,000円~20,000円ほどで申し込み可能です。今回は間をとって、13,000円でシュミレーションしてみました。

現地支払い(25,000円)

ビザは4週間までは無料、ACR I-Cardも8週から必要になるのでかかりません。しかし、1か月の留学でもSSP(就学許可証)の費用が15000円ほどかかります。
ほかは各学校によって、電気代や、管理費用、デポジットなどがかかります。デポジットは問題さえなければ退寮時に返ってきます。電気代やデポジットなどの現地支払い費用を3D academyを例にすると下記のようになります。

3D academyの場合の現地費用

  • SSP:14300円
  • 電気代:660円~3300円
  • 管理費:600円
  • デポジット:5500円
  • 教材費:2200円
  • 帰国時に空港で支払う出国費用:1650円
  • 合計:24910円~27550円

なお3D academyで、途中で授業を追加する際には、1週につきマンツーマン4400円、グループレッスン2,200円がかかります。

生活費など(30,000円)

せっかくのセブ島への留学、1か月の間、学校にずっとこもっているのも、もったいないですよね。せっかくだから外食や旅行といったおでかけも楽しんでほしいと思います。(おそらく毎日学校の食事だけでも飽きてくると思いますので…)

セブ島での食事はファストフードならだいたい150ペソもあればお腹いっぱいになります。日本円で330円ほどですね。中流のレストランなら日本のファミレスくらいの値段で700円~2,500円くらいで楽しめます。

高級レストランなら5,000円くらいでしょうか。そのため週末に中流レストランやファストフードでの外食を2回楽しんだとしたら、だいたい1か月で10,000円~13,000円ほどといったところでしょうか。

また、娯楽ではマッサージは1,000円くらい、映画は300~500円くらいで楽しめます。日用品では、トイレットペーパーやお菓子などだいたい200円もあれば買えます。

アクティビティとしては、ダイビングならば12,000円くらい、アイランドホッピングならば3000円~7000円ほどで楽しめますので、だいたい1か月3万~4万もあれば、アクティビティや外食も十分に楽しめる生活がおくることができるでしょう!

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pediaでは「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供した留学のご相談を受け付けております。家族や友だちと一緒でもOK! まずは↓からご予約下さい、お待ちしております!

» 無料でプロに相談する