大学の夏休みや春休みなどの長期休暇に短期留学したいと思いませんか?こちらの記事では、フィリピンへの短期留学について2週間の場合と、3週間の場合についてそれぞれ費用やどのようなことが経験できるのか、といったことについて紹介しています。今後短期留学を考えている方は是非読んでほしい記事です。

「留学には興味があるけど…こんな状況だし…」
いま決める必要はありません。
でも、いま準備すると4つもメリットがあるんです!

海外で生活するってどんな感じ…?
「留学準備」3つのコツと進め方
留学のプロに相談!

色んなサービスやコンテンツがたくさん!

2週間や3週間のフィリピン留学で学べること

語学留学というと長い間を海外で過ごすイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実は2週間や3週間といった短期での留学も可能です。

フィリピン留学は、寮を持っている学校もあり、生活環境が用意されているほか、費用が安いので短期留学にオススメな国の1つです。社会人のように、長期で留学する時間はないけど、短期なら行けるという人はフィリピンを留学先に検討してみてはいかがでしょうか?

しかし、一方で数週間の短い留学で何ができるの?と思う人もいるかもしれません。そこで、ここではまず2週間や3週間の留学で何ができるのか?ということについて説明します。

①どの能力を伸ばすのか的を絞る(勉強する内容を限定する)

英語に必要な能力とされる「リーディング」「ライティング」「リスニング」「スピーキング」を短期間で全て学ぶには時間が足りません。また全てを勉強しようとすると、それぞれに割ける時間が少なくなるため、それほど英語力は伸びない可能性が高いです。

それこそ、日本で学んでいるのと同じという状況にもなりかねません。わざわざ時間とお金を使って海外に行くわけですから、それなりの成果がなければもったいないです。

そこで、ポイントとなるのが、多岐にわたる英語の中でも的を絞って勉強をするということです。フィリピンの語学学校ではマンツーマンレッスンを売りにしているところもあるので、授業の前に先生に特に勉強したいことを伝えておくようにするとより効果的な勉強が期待できます。

授業は、1日中英語漬けにすることもできますが、大学の授業のように空きコマを作ることもできます。的を絞ることが大切と言っても自分の無理のない範囲で行うことも大切なので、その点にも注意してください。

②宿題を積極的に活用する

日本の学校でも宿題が出るように、フィリピンの語学学校でも宿題が出ます。宿題と聞くと面倒だと思う人もいるかもしれませんが、短期間の留学では是非、積極的に活用してもらいたいものだといえます。

日本でもそうですが宿題を提出すると先生のチェックが入り、間違いがあれば指摘をしてくれます。この指摘をもらうことが勉強になり、自分の苦手な分野や間違いを知ることができます。そういった意味でも宿題の有効活用は短期の留学であれば活かさない手はありません。先生によっては全く宿題を出さない場合もあります。そういった時には、先生に何か宿題を出してもらうようにお願いしてみてください。

③現地でしかできない経験をする

ここまでは勉強に関することを紹介してきました。しかし、そうは言っても留学。勉強以外のことができなくなってしまうのは非常にもったいないことです。確かに大きな目的は勉強をすることかもしれませんが、せっかくの留学、海外でしか経験できないことをすることも大切です。

日本ではできないことを経験することが、留学後にも思い出として残り、フィリピン留学がより素敵なものとなるはずです。遊びと勉強のバランスをとりながら短い留学期間を過ごしてもらえればと思います。

ここまで、「勉強する内容を限定する」「宿題を積極的に活用する」「現地でしかできないことを経験する」という3つのポイントを紹介してきました。

2週間、3週間という時間は本当にあっという間に過ぎていきます。しかし、時間の使い方を工夫し、目的をしっかりと持ち、留学生活を全力で楽しむことができれば短期間であっても十分留学の効果を感じることができるはずです。

フィリピン留学費用(2週間/3週間の場合)

ここまで読んで、実際にフィリピンへ短期留学に行きたいと考えた人もいるかと思います。

留学する時に気にしなければいけないのは、留学費用です。フィリピンは欧米諸国への留学に比べて安いと言われているほか、短期間であるため、それほど費用はかかりません。

ここでは、実際にフィリピンにあるCIAという語学学校を例に2週間、3週間留学する場合にかかる費用を紹介したいと思います。なお、どの語学学校にもいくつかのコースがあるかと思いますが、ここでは、CIAの中でも基本を学ぶコースを取り上げます。

①2週間の場合(内訳:授業料、寮費、食費、掃除、洗濯費用)

2週間の場合、かかる費用は840ドル〜1,200ドル(約9万4,000円〜約13万4,000円)となります。同じコースではありますが、費用に幅があります。これは、住む寮のタイプによって金額が変動しているためです。

フィリピンの語学学校では寮に住むケースが珍しくなく、CIAでもいくつかの寮を提供しています。部屋のグレードが高くなるほど費用も高くなります。ここで最も安い840ドルというのは3人部屋に住んだ場合で、1,200ドルは学校が提携しているコンドミニアム式の寮となります。

②3週間の場合(内訳:授業料、寮費、食費、掃除、洗濯費用)

3週間の場合、かかる費用は1,120ドル〜1,600ドル(約12万6,000円〜約18万円)となります。こちらも部屋のグレードによって値段が変動する形になっています。

これらの料金はあくまでも、一例ではありますが、短期留学の際のおおまかな目安となるのではないでしょうか?

ただし、注意して欲しいのは、費用の内訳をみてもわかるように、この料金には現地への航空券代や海外保険、空港から学校への送迎費、さらには現地で遊ぶ場合のお金などは含まれていません。実際にはもう少しかかると理解しておいてください。

詳しい料金見積が欲しい場合は下記より無料でお問い合わせ&見積発行できます。
無料:お問い合わせ  
お手軽なLINE相談はこちら

2週間や3週間の短期留学にオススメな学校3選

最後に、フィリピン短期留学にオススメの語学学校を3校紹介したいと思います。今回は、フィリピンの中でも観光地としてもセブ島にある語学学校に絞って紹介します。

① CIA

1つめは、先ほど留学費用の際にも触れたCIA(Cebu International Academy)です。この学校の特徴は、セミスパルタという形式を採用している点です。

セミスパルタ式は朝から晩までみっちりと授業があり、外出制限もあるスパルタ式に比べて、授業がしっかりと行われながらも自由時間もちゃんと確保されている形式になります。しっかりと勉強をしながらも、自由な時間を利用して遊ぶこともできます。勉強もプライベートも充実させることができるので、短期留学をする方にオススメです。

② QQ English


続いて紹介するのは、セブ島にあるQQ Englishです。この学校の特徴の1つが立地です。ご存知の方も多いと思いますが、セブ島は世界でも有数のリゾート地で、フィリピンの中でも比較的治安がいいとされています。

授業では英語を話す時間が長く、1日最大で12時間授業を受けることができます。QQ ENGLISHでは、カランメソッドという世界中で行われている英会話訓練メソッドを採用しています。このメソッドは、簡単にいうとテンポよく質問と回答を繰り返していくことで、英語を英語のままで理解できるようになる英語脳を身につけることを目指すものです。

また、講師の質にもこだわっていて、約850人の講師全員がTESOLという英語を外国人に教えるための国家資格を持っているプロの講師です。
英語もしっかり勉強したいけど、リゾート地での遊びも楽しみたいという方にオススメの学校です。

③ 3D Academy


最後に紹介するのは、同じくセブ島にある3D Academyです。3D Academyはセブ島の語学学校の中でも、2番目に歴史のある学校です。学校を経営しているのは日本人ということで、日本人スタッフも複数おり、何かトラブルがあっても日本語でのサポートを受けることが可能です。

周囲にはショッピングモールやカフェ、ショップ、スーパーマーケット、コンビニ(セブンイレブン)があるなど、非常に生活しやすい環境下にあります。
授業に関しては、多彩なコースが用意されていて、基礎的な英語を学ぶコースから、マンツーマンレッスンに特化したコース、親子留学コース、ビジネス、TOEICなどの試験対策コース、世界一周・ワーホリコースなど、1人1人のニーズに応えられるようになっています。

授業料に関してコスパの良さを売りとしていて4週間留学の場合の費用は129,000円(4人部屋、実践英語コース)となっています。
周辺環境、日本人がいる、多彩なコースがあるということで、初めて海外に行く方などにオススメの学校です。

今回は3つのオススメの学校を紹介しましたが、セブ島には多くの語学学校があるので、ご自身に合ったものを探して見てはいかがでしょうか。

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pedia公式ラインではあなたにぴったりの情報をお届けしています。
ぜひお友だち登録をして、準備に役立ててくださいね!

友達登録をする