今回は、2018年1月に新築オープンしたばかりのSMEAGスパルタキャンパスを訪ねてみました。SMEAGスパルタキャンパスは、Cambridge検定の公式試験会場にもなっています。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

SMEAGスパルタキャンパスの場所

SMEAGスパルタキャンパスは、2018年1月にタランバン地区からセブ島市内中心地のマボロ地区に新築移転いたしました。すぐ近くには、近年拡大を続けるITPARKやアヤラモールなどがあり、便利なロケーションです。

キャンパスは、400名以上の学生が収容可能です。

さすがのスパルタ校ですね!学校の周りにはバリケードが設置されています。ここが入口。。。

SMEAGスパルタキャンパスの入り口には、門番が常駐しているので安心です。外部から生徒や関係者が入る際には荷物などの検査が行われます。

SMEAGスパルタキャンパスを覗いてみた

キャンパスに入ってすぐのロビーです。

2018年1月にオープンしたとあり、非常に綺麗なキャンパスとなっております。

こちら受付には複数のスタッフがいるので、何かあれば気軽に相談出来ます。

共有の食堂で生徒同士のコミニケーションの場所でもあります。

食堂の前のラウンジの画像です。今回訪問した際には生徒は授業中でしたが、休み時間や食事の際、他にも授業後には学生同士で授業についてのお話などされています。

SMEAGスパルタキャンパスの特徴とは?

写真向かって左にいらっしゃるのがSMEAGスパルタキャンパスの日本人スタッフ岡本さん。

「スパルタキャンパスは、一般英会話コースが受講可能です。 スパルタキャンパスの特徴は、EOP(English Only Policy)を採用していることです。キャンパス内では所定の場所以外で母国語を話すことが禁止されているため、他キャンパスに比べて英語を話す環境が整っております。ランチやディナーなどの休憩時間にはEOP担当講師が見回っており、注意された生徒はその日の受講後にペナルティーとして延長授業が必須となります。台湾、ベトナムなど様々な国籍の方が集まるキャンパスですので留学中に国際交流したい方にもおすすめです!」

やはり2018年1月にオープンしたとあり、非常に綺麗なキャンパスとなっています。また、SMEAGスパルタキャンパスでは、EOP(English Only Policy)ルールがありますので英語以外の言語を話すことを禁じております。また、平日の外出は21:00までとなっておりますので、外部との接触をできるだけ避け、英語の学習に集中したい方に大変人気です。

留学生の国籍や人数

SMEAGスパルタキャンパスは400名の受け入れが可能で、比較的学校ルールが厳しいキャンパスとなっておりますので、高校生などの学生にも保護者が安心して留学へ行かせることが可能です。生徒の国籍は、韓国、日本、台湾、ベトナム、ロシアなどが多かったです、

教室はどんな感じ?

話題のスパルタ校舎の教室を見学してみましょう!マンツーマン教室は部屋ごとに先生が異なります。

こちらがマンツーマン教室!1日10時間以上の授業を行うまさに主戦場!

あいにく授業は行われていませんでしたが、グループ教室。

こちらは大グループ教室です。

マンツーマンクラスの様子。自分のペースで自分に合ったレベルの授業が展開されていました。また、厳しい環境もありますが、講師と生徒の距離感が一番近いキャンパスのような気がしました。

SMEAGスパルタキャンパスの滞在先は?

様々な種類の滞在先があり、今回は空きの関係で3人部屋を見学させていただきました。

それでは中に入ってみましょう。

部屋には冷蔵庫も完備!

トイレもそれなりのクオリティでした。

複数部屋ですが学習机もあり生活にはそこまで支障はなさそうです。

SMEAGスパルタキャンパスを動画で紹介

以上、SMEAGスパルタキャンパスのレポートでした。
セブの中でもスパルタ最大級にして不動の人気を誇るSMEAGスパルタキャンパス。短い時間で本気で英語を学習されたい方はおすすめの語学学校です。

かなりガッツが必要ですが。。。

▶さらに詳しく学校情報を知りたい方はこちら