English Fella 2(イングリュシュフェラツー)はフィリピン・セブ本島の北東部に位置するタランバン地域に位置しています。セブのスパルタ校としては最大級の語学学校です。そんなEnglish Fella 2(イングリュシュフェラツー)に取材に行ってきました。

English Fella 2の場所

徒歩10分の場所に別キャンパスのEnglish Fella 1(イングリュシュフェラ)があります。English Fella 2(イングリュシュフェラツー)の徒歩8分以内には自然が多く特段何もございませんが、その分治安が良いので安心です。

English Fella 2(イングリュシュフェラツー)の入り口には特徴的な大きな門があります。早速中に入ってみましょう!

他校と比べてもかなり大きいサイズで、大学並みのスケールを感じました。

中にはこんな小洒落た共有スペースもあります。

プールもあるので暑い日などはリフレッシュが出来ますね。

English Fella 2(イングリュシュフェラツー)を覗いてみよう

English Fella 2(イングリュシュフェラツー)の受付はこんな感じ。学校内を見学させてもらいました。

こちらは食堂で、食事時にはワイワイと賑やかな場所です。

校内には売店もあるので、スパルタカリキュラムで平日外に出れなくても困りません。

男性陣にはうれしい、体育館内にジムが完備されています。

ランドリースペースもあるので非常に生活がしやすい環境ですね!

プールを別の角度から 笑
こんな感じでコミニケーションの場にもなったりするようです。

English Fella 2(イングリュシュフェラツー)の特徴とは?

名古屋出身の秋山です。生徒さんからはMickeyさんと呼ばれているそうです。
アメリカ、ロンドンで留学を経験し東京でアパレル会社にて勤務。皆さんと同じ目線に立ってサポートさせていただきたいと思います!「学校で見かけた際は気軽にMickey!と声を掛けてください!」

同校はスパルタ校舎ですが、日本人向けのスパルタ規則(月・火・木のみ外出不可)と本格スパルタ規則(平日外出不可で土曜午前と日曜夕方から授業等有)から、自分に合ったスパルタスタイルを選べる点が人気です。200名強の定員の同校はセブの英語学校で最も敷地面積が広いキャンパスタイプの学校です。個室も35室ご用意していますが、全国籍を通じて一番人気のお部屋タイプは3人部屋です。コースも一般英語に加え、TOEIC・TOEFL・IELTSの各試験対策コースもちろん、、一般英語+TOEIC、一般英語+IELTSと一般英語も試験対策も両方学びたいという方にもオススメです。更に親子留学コース、法人研修校としても人気な同校自慢のビジネス英語コースもございます。キャンパスタイプの同校は敷地内に大型プール、売店、本格的なカフェ、学食、ジム、体育館、自習室と充実の施設を誇ります。

留学生の国籍や人数

他の国籍は時期により中国・ベトナム等がいます。他校に比べても圧倒的に日本人は少ないですね。

教室はどんな感じ?

授業行っていたので、許可をもらって内容を見学させてもらいました。

グループレッスンもとても楽しそうな感じ!

こちらはネイティブの先生の授業。

授業後には自習室で遅い時間まで勉強が出来る環境が整っています。

English Fella 2(イングリュシュフェラツー)の寮

こちらはプレミアムのお部屋、別の部屋よりも大きい!

2人部屋も広々使えて個人的にはおすすめです!

人気の3人部屋も自習机が完備されています。

English Fella 2(イングリュシュフェラツー)の食事は?

多国籍の生徒様がいらっしゃるため、各国のお食事と栄養バランスを考えた食事が提供されています。朝食は2種類のパンとごはんの日が約半分づつでドリンクバーもございます、昼食と夕食にはフルーツポンチ、サラダには3~4種類のドレッシングが常時提供され、食器も国籍に合わせて2種類をご用意するという徹底ぶりです!

授業後の課外活動も充実

毎月決まったスケジュールで次のアクティビティが実施されていますので、ご希望の方は現地で学校に直接お申込みのうえご参加頂けます。
第1週め土曜=アイランドホッピング、第2週め土曜=市内観光&ディナー、第3週め土曜=孤児院訪問ボランティア、偶数月の最終週金曜には無料焼肉パーティーと、友達をつくる機会にも溢れています。

English Fella 2(イングリュシュフェラツー)を動画で紹介

以上、English Fella 2(イングリュシュフェラツー)のレポートでした。
English Fella 2(イングリュシュフェラツー)は2008年にオープンし伝統ある常に人気が高い学校なため、寮のお部屋が満室でお申込みができないこともしばしばあるようです、ご出発時期の遅くとも5ヶ月前までにはお申込みされることをお勧めします。生徒の国籍も韓国・日本・台湾が平均しており、どの国の生徒様にも同校の正社員が現地でのサポートをしてくれますので、安心です。多くの大手上場企業が同校を法人英語研修の指定校として常に一定数のビジネスマンを派遣が多く、まじめに勉強されたい方には1人1つの自習室指定席もありますので、最高の環境と言えるでしょう!

▶さらに詳しく学校情報を知りたい方はこちら