手つかずの自然というのは、その場所にいるだけで心が洗われるような気持になるものです。ニュージーランドには世界遺産を含め、北島、南島を通してさまざまな自然スポットが点在しています。「ニュージーランド留学で自然を楽しまなきゃ、もったいない!」私も身をもってそう断言できます。

中でも、都会の雑踏や日常生活のストレスから逃れたい、澄んだ川の流れや色とりどりの花を写真に残したい。シンプルに大自然の中に身を置きたい。そんな思いがあるならトレッキングがおすすめです。

ここではニュージーランドでのトレッキングについて、おすすめスポットや人気の理由を含めてご紹介しています。留学生活をワクワクさせる新しい発見、ひらめき、感動が見つかるトレッキングの魅力をさっそくご紹介していきましょう!

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.ニュージーランドライフを満喫しよう!トレッキングの魅力

日本でもにわかに人気が高まっているトレッキング。ニュージーランドでは健康的なライフスタイルを送る人には欠かせない気軽なスポーツです。まずは、トレッキングの魅力に迫ってみましょう。

目で耳で体で楽しむ5感スポーツ

日本でも花の咲き始める春や、紅葉が美しい秋の季節が訪れるとトレッキングや山登りに出かける人が多いですよね。トレッキングの魅力は一般的なウォーキングと比べるとはるかに心が抑揚する場面がたくさんあります。

まず、大自然の中を歩くことで美味しい空気が味わえる、色とりどりの花たちに出会えること、野鳥の声を聞くことができる、など「5感で楽しめる」ということが挙げられます。もっと素晴らしいのは壮大なスケールの自然を肌で体感できること!これこそ、ニュージーランドでトレッキングをする醍醐味でしょう。

初心者でも気軽に楽しめる

健康のためにスポーツを始めようと思っても、今までやったことがなかったり、そこまで体力になかったりすることはありませんか?それなら、初心者でも気軽に始められるトレッキングがおすすめです。ルールもほとんどなし、記録や勝ち負けも無論、無関係の世界です。

走ったり、ジャンプしたりすることだけがスポーツではないんですね。もっと気軽に、自由に、風景や仲間との会話を楽しみながら自分のペースで歩いていく…それがトレッキングの魅力なんです。気に入った風景をぜひ写真に収めて、日本にいる友達や家族に見せてあげてくださいね。

2.ニュージーランドでおすすめのトレッキングスポット【プチ・トレ情報もあるよ】

それではさっそく、ニュージーランドで人気のあるトレッキングスポットをご紹介しましょう。

<本核的トレッキング>

ミルフォード
おそらくニュージーランドで一番有名なトラッキングスポットです。場所はクイーンズタウンから2時間30分程度。150年以上にわたり、トレッキングファンを魅了してやまないベストスポットと言えるでしょう。壮大な氷河によって削られたフィヨルドは国内で一番の落差を記録する滝もあります。

ミルフォードは全長53㎞。透き通るような水で知られるテ・アナウ湖の北端からスタートします。板張りの橋や吊り橋が数か所あるのでスリルは満点!森、山、湖と手つかずの自然がどこまでも広がっています。ちっちゃな山小屋があるので、ぜひ見つけてみて下さいね!

ホリフォード
思わずため息が出るほど素晴らしい景色が広がるホリフォード。ミルフォードに続き人気の高いトラッキングスポットですが、「ここが一番きれい」と豪語する人が後を絶たないほど美しい場所です。

テ・アナウから2時間の場所に位置する前兆56㎞のホリフォードは初心者にはちょっときついかもしれません。どの情報誌を見ても上級者向けと記されているので、トレッキングに慣れている人向きだと言えるでしょう。港町であったマーティンズベイやかつて人が住んでいた集落の跡が見どころです。

ルートバーン
「空が近い!」そんなイメージのあるルートバーンはきらきらと輝くハリス湖をはじめ、コケやシダなどが見られる原生林が特徴的です。小さな板張りの遊歩道を歩きながら、山々の風景や美しいな緑をお楽しみください。

ルートバーンはクイーンズタウンから45分、テ・アナからおよそ1時間程度に位置し、マウント・アスパイアリングとフィヨルドをつなげるトラッキング・ルートになっています。

マウントクック
アオラキ=Aorakiの愛称で親しまれているマウントクック。日本人の観光客にもとても人気の高いツーリストスポットです。特徴は何とっても万年雪。年間を通して雪化粧が楽しめる他、多くの氷河が見られるので、絶好の撮影スポットにもなっているんですよ。中でも前兆27㎞に及ぶタスマン氷河は「動く氷河」として有名!岩肌を削る音が、今にも聞こえてきそうです。

スイスの山々を彷彿とさせるようなアルプスの風景は、「ずっと眺めていたい…」と長時間足を止めてしまうほど。3000mを超える壮大な山々が23以上あり、周囲には数々の高山植物やミルキーブルーの湖もあります。宿初施設も充実しているので、日帰りじゃなくても大丈夫!週末のトレッキングにはピッタリです。

<プチ・トレッキング>

マウント・イーデン
マウント・イーデンはオークランドに位置する小さい山。標高は196mでオークランド市内が一望できる死火山の一つです。ペトロリンクバスで20分程度で到着するので、日帰りのプチトレッキングにはピッタリ!初心者でも気軽にチャレンジできる上、山の東側には格調高い英国庭園もあるんですよ。

気軽な服装でスナックと飲み物を持ってどうぞ出かけてみて下さい。

3.備えあれば患いなし?トレッキングで必要なアイテムリスト

トレッキングで必要なアイテムと持っていくと便利なものをご紹介します。

リュックサックは中サイズがベスト

持ち物を入れるリュックサックは小さすぎず、大きすぎず、中くらいのサイズのものを選ぶようにして下さい。シンプルに小さ過ぎると必要なものが全部収まらず、また大き過ぎても歩行の邪魔になることがあります。容量的にもちょうどいい大きさであるのが「中サイズ」ということなんですね。

トレッキングで必要なアイテム

  • フード付きレインコート
  • トレッキング用ブーツ
  • 保湿性のある下着
  • 防寒着
  • ニット帽
  • 厚手の手袋
  • 厚めの靴下
  • 虫よけスプレー
  • 日焼け止め
  • 水稲
  • 携帯電話(カメラ)

トレッキングで持っていくと便利なアイテム

  • 絆創膏
  • 筆記用部
  • ガイドブック
  • 靴の中敷き(靴擦れや摩擦を防ぐ)
  • 歩行用の杖など

4.快適な時間を過ごすために!トレッキングで確認しておきたいこと

最後に、トレッキングに出かける前のチェック項目をご紹介して締めくくりたいと思います。初心者でも、また年齢に関係なく気軽にチャレンジできますが、トラブルを防ぐためにもこれだけは気をつけるようにして下さい。

あなたは、今健康ですか?

トレッキングを楽しむためには、心身共に健康であることがとても大切です。「トレッキングは簡単だから、ちょっとくらい風邪を引いていても平気」という考えは間違いです。

トレッキングは普段から山道を歩きなれた人だけが参加できるような過酷なスポーツではありませんが、自分が今現在健康で体力にもある程度自身があるという人でないと、途中で体力が消耗しきってしまうこともあります。

トレッキングの予定を立てていて、当時、急に気分が優れなくなってしまったら、日程をずらしたりして調整をするのが賢明です。ニュージーランドの大自然を心身ともに健康な状態で楽しむためには「無理は禁物」ということを知っておきましょう。

ニュージーランドの自然は何といってもスケールが違います。まるで絵画のよう…なんていうレベルじゃありません!「自然に飲み込まれる」「言葉が見つからない」と、今まで見たこともないような風景と感動に包まれます。

トレッキングは年齢を問わず、誰でも楽しむことができるので、カメラを片手に美しい花々や緑を思いっきり楽しんで下さいね!