「TOEICスコア〇〇点以上希望します」就職の際、企業が提示する応募条件で目にする項目です。英語は外資系や海外部門のある大手企業、また海外と取引のある商社などが求める能力。その英語力をはかるために積極的に採用しているのがTOEICのスコアです。

近年では海外から多くの人が日本を訪れ、ホテルやレストラン、観光地などでも英語の必要性に迫られるようになりました。英語力の証明=TOEICスコアの方程式も日本では当たり前のような風潮になりつつあります。

ここではニュージーランド留学で受講できるTOEICコースを中心に、語学学校情報や費用、さらにニュージーランドでのTOEICコースを受講するメリットなどをご紹介していますので参考にしてみて下さい。

1.日本ではなくニュージーランド留学でTOEICコースを受講するメリット

ニュージーランドでTOEICコースを受講するメリットとは?

100%英語環境である

日本の書店をのぞくと、TOEICの試験対策本がたくさん並んでいますよね。耳からも学習できるようにCD付きのものがあったり、試験に出る単語や文法を紹介したものなど豊富に揃っています。スクールでもTOEICコースを開催しているので、日本でもTOEICの勉強をすることはできます。

しかしながら、電車の中、社内、友達との会話など日常生活で聞こえてくるのはほとんど日本語なので、どうしても思う通りに英語の環境にひたることはできませんよね。TOEICの勉強に打ち込みたいと思っていても、周りのあちこちで日本語が飛び交って入るので、なかなか集中できない…ということが考えられます。

それに比べてニュージーランド留学を通してなら100%英語環境で勉強することができます。さらに、生活の中で聞こえてくるのは英語ばかりなので、自然と英語脳が鍛えられることが期待されます。英語環境を利用すればモチベーションもアップして、TOEICの勉強にも力が入ることでしょう。学習環境はとても大事です。

短期間で集中して学習ができる

ニュージーランドの語学学校で受講できるTOEICコースは短い期間で一気に学ぶ短期集中型のコースがほとんどです。社会人の方で長期の休みが取れないという場合でも、短期間なら参加できる可能性もありますよね。

また、性格的な部分でも「長期でコースを受講するとダラダラとしてしまう」ということもあるでしょう。短期間なら集中力も持続して効果的な学習ができますし、授業内容もポイントや重要箇所をおさえて進めていくので、無駄がありません。忙しい日本人には期間的にもおすすめだと言えます。

留学経験を通して視野が広がる

TOEICコースを受講することと同時に、海外留学を経験することで新しい発見や将来への視野が広がることも魅力的です。直接的にはTOEICスコアに関係ないかもしれませんが、ニュージーランドで将来の夢や新たな思いが生まれるかもしれませんよね。そして、そんな新しい気持ちがTOEICへの学習意欲へつながることもあるかもしれません。

世界屈指の教育レベルを誇るニュージーランドではTOEICコースの講師陣もベテランばかり。フレンドリーな講師も多いので気軽に英語力アップのコツや国内での教育事情などについて聞いてみましょう!雑談を交えて世界感や将来への視野も広がっていくことでしょう。

2.ニュージーランド留学でTOEICコースを設けている語学学校と費用

ニュージーランド留学で受講できるTOEICコースを開設している語学学校を費用とあわせてご紹介します。

Worldwide School of English

オークランドの中心街にある語学学校です。ワークショップや学生同士の交流、放課後のアクティビティが盛んです。

費用 395ドル/週

Crown Institute of Studies

ニュージーランドのTOEIC公式試験センターにもなっている語学学校です。短期のTOEICコースが人気。経験豊富な講師陣が実践的な授業を展開しています。オークランド市内に位置しアクセスも便利です。

費用 410ドル/週

DYNASPEAK

オークランドにある語学学校で、ニュージーランドのTOEIC公式試験センターにもなっています。国際色が豊かでバランスも良好。活気ある授業展開で生徒に人気があります。

費用 395ドル/週

NZLC New Zealand Language Centre

オークランドとウェリントンにキャンパスがあります。TOEIC試験対策ではスピーキング、ライティング、リスニング、リーディングそれぞれに力を入れています。

費用 400ドル/週

AUT International House


 
オークランド工科大学付属の英語学校です。TOEICは一般英語コース受講での選択科目として追加ができるシステムになっており、初級レベルから受講が可能です。

費用 400ドル~435ドル/週

費用やコース設定は変更になる場合がありますので、必ず語学学校か留学エージェントに確認をするようにしましょう。

3.ニュージーランドの大学進学に必要なのはTOEICではなくIELTS

日本ではTOEICが最も一般的な英語資格ですが、ニュージーランドではちょっと事情が異なりようです。

TOEICは日本国内で重視、ニュージーランドではIELTが必須

日本で通用する正式な国際英語資格としては英検やTOEICが有名ですが、ニュージーランドではTOEICよりもIELTSが最も採用される英語資格になります。大学やポリテック進学でも英語力を示すための書類としてIELTSスコアが求められる場合がほとんど。イギリス文化に影響されているニュージーランドやオーストラリアでは、TOEICの影はなく、TOEFLやIELTSの色が濃いことを理解しておきましょう。

大学進学に必要なIELTSスコアは6.0

ニュージーランドの大学やポリテックに進学予定の人は必要なIELTSのスコアが気になるところですね。一般的に応募条件に記されているIELTSのスコアは平均的に6.0となっています。これから進学を希望する人は、IELTSの試験準備も進めていきましょう。

TOEICは日本国内では絶対的な信用と採用頻度を誇ります。大学生でこれから就職活動を始める人、キャリアアップや再就職で外資系や商社を狙う人はTOEICのスコアは大きな武器になると言ってよいでしょう。

ニュージーランド留学では自然に囲まれた素晴らしい環境でTOEICコースを受講することができますよ!就職活動で自信をもって「自分は英語が得意です」とアピールするためにも、TOEICスコアアップを目指しましょう。