永住権とは、ビザの更新や期限切れを気にしなくても、一生ニュージーランドにいてもよいという証明書みたいなものです。

ニュージーランド生活が気に入った方は、永住権を取るために仕事や学校、英語の勉強で奮闘している方も多いようです。果たしてニュージーランドの永住権とは、どのような方法で取得できるのでしょうか?

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.ニュージーランドの永住権はポイント制!?

日本よりもニュージーランドが好きになっちゃったという方は、永住権を取ることで、ニュージーランドにいつまででも住むことができます。じつは、永住権は普通のビザなどとは異なり、ポイント制となっています。永住権の仕組みやメリットなどを紹介していきます!

永住権を得るメリット

1度取れば永遠に使える
永住権を取ると、日本に帰国すると消えてしまうのではないか、別の国に行くことになると、もうニュージーランドに帰ってくることはできないのではないかと考える方もいるでしょう。

たしかに、多くの国は、永住権というものは、更新制で、その国を長期間離れてしまうと失効してしまうことがあります。しかし、ニュージーランドの場合は、1度永住権を取得してしまえば、一定期間経過後は、ほかの国に移住しても永住権は消滅しないのです。

極端なことをいえば、永住権をゲットしたあとに、日本でずっと暮らしてから老後にまたニュージーランドに行っても「おかえりなさい」って出迎えてもらえるということです。

実際に永住権を取得後に、ニュージーランドを出るという方も多いようですね。ずっと消滅しないなら、持っているだけで「いつでも帰ってこれるんだ!」という安心感があるからだと思われます。

切れる心配をしなくていい
ワークビザやワーキングホリデービザなど永住権以外のビザは有効期限があるので、期限が迫ると更新手続きをする必要があります。期限が切れてしまっては、不法滞在になってしまいますからね…。永住権は一度取得してしまえば、有効期限の心配をしなくてもよいのがいいです。

現地の人と同じ社会保障を受けられる
永住権を取ることで、現地の人と同じ社会保障を受けることができます。例えば、ニュージーランドの年金は日本とは異なり、税金で賄われていますので、受給年齢や居住年数等の条件さえ満たせば、年金保険料を支払っていなくても、年金を受給できるということになります。

市民権を得ればオーストラリアにも移れる
ニュージーランドの永住権を取得後に市民権を得れば、オーストラリアに移住することもできるようです。逆にオーストラリアの永住権を取ることで、条件を満たせばニュージーランドの永住権を得ることもできるようです。

2つの国は近いですから、両方住んでみて最終的に、どちらか好きな国に住むのもよいですね。ただし、オーストラリアの永住権はニュージーランドとは異なり、永住権は国外に長期間出ていれば切れてしまうので注意が必要です。

永住権の最低条件は

申請には、学校卒業や職歴、年齢などによってポイントがたまるポイント制が導入されています。ポイントが一定の基準に達すれば、申請できるというものです。なんだか難しそうなイメージですが、簡単なものでは、年齢が20~39歳というだけで30ポイント獲得できます。

ポイント以外にも最低条件はあります。それはニュージーランドで通用する英語力(IELTSやTOEFLなど)と犯罪経歴がないこと、健康であること、最低年収があることなどになります。次の章では永住権の種類についてみていきます。

2.永住権には5つの種類がある

投資家の方

ニュージーランドに投資をする投資家が申請できる永住権です。投資期間が3年、4年など必要になります。投資先は自分で決めたところではなく、移民局に指定されたところとなります。

お金のある方は、ニュージーランドは相続税がかからないようなので、節税対策にはよいかもしれません。ただし、その額日本円で2億円以上と一般人にはハードルが高いといえます。

起業家の方

ニュージーランドで起業をしたいという方は、起業家部門で永住権を取得することもできます。資金源として日本円でだいたい800万円以上と確固たるビジネスプランが鍵となります。

ただし、永住権を持っている人やニュージーランド人を何人雇ったか、年間の総売り上げがどれくらいかなど、ポイントの取得は容易ではないです。日本ではなく、海外でビジネスをしてみたいという方におすすめです。

技能を使った仕事をする方

学生ビザ、就労ビザやワーキングホリデービザなどで学校に通ったり、仕事をしたりしながら、永住権の獲得を目指すことができます。学校は大学のほかIT関連、調理師、介護士、経営などの専門学校があります。

就学期間は1年のコースもあれば3年や4年のコースもあります。学校やコースによって永住権のポイントが異なり、ポイントとしては、だいたい40または50といったところです。

学校によっては、学生ビザで週20時間までの就労も可能です。ワーキングホリデービザは1年働くことはできますが、就学制限があるので、語学学校は行けても、こういった専門性のある学校は厳しいかと思います。

リタイアメントの方

年齢が66歳で、移民局指定の投資先への投資、十分な生活資金源などがあれば申請できます。ただし、有効期限は2年間となります。以前は永住権がある子供がいれば、親も永住権を申請することができたようですが、現在は停止中のようです。

配偶者が現地の人または永住権保持者

ニュージーランド人と国際結婚した、またはニュージーランドの永住権保持者のパートナーであるなどの場合に申請できます。その場合は、2人が同棲していることがわかるものや、メールのやりとり、子供の出生証明書などのパートナー関係が証明できるものなどが必要になります。

3.留学から永住権につなげるためには?

留学やワーキングホリデーがきっかけで永住権を取得したいと思ったなら、技能を身につけ現地で仕事に結びつけることが一般的です。この永住権は専門学校や大学で専門的なことを学んで、就職からつなげることを目指すのですが、学校選びでは、ニュージーランドで必要とされている職業が近道です。

看護師やSEなど日本でも経験があるものなら、さらに就職への道は開きやすいかと思われますので、ニュージーランドで行う職業を決めてから学校選びをしていくとよいかもしれません。ただし、どの職業でも、永住権のポイントがつくわけではないので注意が必要です。

ニュージーランドで必要とされている職業についてはこちらのサイトで確認できます。
Skill Shortage List Checker – Immigration New Zealand

4.永住権を取得するための注意点

英語力が必要

IELTSで6.5以上の英語力が必要になりますが、それ以前に大学や専門学校に行くためにも入学時に相当の英語力が必要となります。ちなみに6.5は英検で言えば準1級または1級相当です。TOEICなら900点近くといったところです。

英語力に自信のない方は、まずは語学学校などで英語力を鍛えることからはじめましょう。ニュージーランドに行く前に、マンツーマンレッスンが格安で受けられるフィリピン留学もおすすめです。

フィリピン留学についてはこちらへ
フィリピン留学に必要な全ての情報

お金がかかる

一般的によく目指される永住権は技能分野が多いようです。技能でのポイントを取得するためには、一定レベルの大学や専門学校などに行く必要があります。それにはやはり学費や生活費などのお金がかかることが想定されます。卒業後もすぐに就職できるかもわからないので、余裕資金で挑む必要があります。

簡単にとる方法はあるのか

家族関係の永住権の取得にあたっては、2人の関係を証明できるものなどの証明書類が多数必要になるので、それならば独身で永住権を技能系で申請した方が集める書類などの手間は少ないかもしれません。ただし、技能系も決して簡単ではないといいますか、昔よりも厳しくなっていますので、どの方法が一番早いか、簡単かと言われると難しいところがあります。

人によっては時間がかかる

永住権を取得しようと思って3年ほどで取れた人もいれば、5~10年以上かかる人もいます。永住権へのポイントを稼いでいる間にも、条件が変わったりすることあるので、一般的なビザと異なり、取得には長期間かかることを覚悟しましょう。

永住権は申請してから結果が出るまで数カ月かかったという方もいるようなので、ビザが切れるギリギリの方は、就労ビザ等を更新してから永住権の申請をした方がよさそうです。

最初は仮永住権である

永住権は一回取得すれば、永遠に有効と書きましたが、最初に発行されるのは仮永住権となります。仮永住権は2年有効のもので、有効期限切れるときにニュージーランドに滞在していないと切れます。(有効期限切れる前にもニュージーランドに一定期間の滞在が必要)本当の永住権の申請には、この仮永住権の有効期限の切れるころに申請可能となります。

以前よりも難しいものに

ニュージーランドに移住する人が増え続けているためか、永住権の取得は以前よりも、難易度が上がりました。今後も取得の条件は厳しくなる可能性もあるので、ニュージーランドの永住権を考えている方は、タイミングをみての行動がおすすめです。