最近、日本でも飛躍的にポピュラーになったクレジットカード。携帯するのに便利な上、使い方もシンプルとあって、現金を使うより使う頻度が高いという人も多いと思います。ご存じのとおり、海外ではかなり前からクレジットカードの利用が定着し、ショップやレストラン、ガソリンスタンドや公共料金の支払いなど、クレジットカードの活躍はごく日常的です。

留学をする前に準備しておきたいアイテムの一つでもあるのがクレジットカードです。「現金で支払うからクレジットカードは必要ない」と思う人でも、留学先では思わぬ場面で重宝することもあるでしょう。

ニュージーランド留学でおすすめのクレジットカードを中心に、国内のクレジットカード事情、クレジットカードを使うメリット、ATMでのキャッシング方法などを含めてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

1.留学の必須アイテム!クレジットカードを使うメリット

ニュージーランドをはじめ、世界各国で利用できるクレジットカード。まず、そのメリットを挙げてみましょう。

ニュージーランドはカード社会

以前の日本は世界の中でも「クレジットカード後進国」と言われていました。クレジットカードが広まりつつありながら、まだまだ「現金主義」という人が多く、店によってはクレジットカードが使えないところもありました。しかしながら、急速な国際化を迎えたことや、使いやすいという点でもクレジットカードの利用がグンと増えました。

ニュージーランドは欧米諸国と並んで、日本よりもかなり前からクレジットカード社会が発展してきた国です。現在でも多くの人がほとんど現金を持ち歩かず、ショップやレストランなどの支払いをクレジットカードで決済します。数十ドルの買い物でも気軽にクレジットカードを利用するようなイメージです。

ニュージーランドはカード社会です。留学生活をスムーズに送るためにも、クレジットカードはあった方が断然便利です。留学前にしっかり準備をしておきましょう。

現金を持ち歩くのは危険・不便

ニュージーランドは世界の中でも「治安の良い国」として知られていますが、100%犯罪がないとは言い切れないのが現状です。人の多く集まる場所、都市の中心部、夜の街中などで、現金を狙ったひったくりや置き引きの被害に遭う人も多くいます。中でも海外から旅行者や留学生をターゲットにする場合もあるので、多額の現金の持ち歩きはとても危険なのです。

加えて、支払いを現金で行う場合は清算時に多少時間がかかったりしますよね。おつりの受け渡しでバタバタ、小銭が不足していしまってオロオロ…とクレジットカードでの支払いに比べてもちょっと不便です。何といってもクレジットカードなら携帯するのもラクというのが魅力的です。

現金よりもクレジットカードの方が安心

現金が盗まれた場合は保障はありませんが、クレジットカードの場合は盗難や紛失の際、カードの利用停止や支払いを止めることができます。インターネット上で利用状況が確認できたり、明細書をチェックすることができるので、お金の管理もスムーズです。

お金に対して「安心」は不可欠。クレジットカードなら現金よりも安心に利用できるため、「落としたらどうしよう」「盗まれたら一貫の終わり」という心配もありません。本来の目的である学習に最も集中することができるように、できるだけ安心の数を増やして留学生活を送るようにしたいですね。

ポイントやマイレージが貯まる

クレジットカードを利用するもう一つのメリットとして、クレジットカードについてくる特典が挙げられます。個人的にも思うことですが、人と言うのは「ポイント加算」「特典」「プレゼント」という言葉に弱いものですよね。利用して得をする感覚があるのは、クレジットカードの大きな魅力でしょう。

溜まったマイレージで航空券が無料になったり、レストランやホテルでの優待を受けるという嬉しい特典もあります。ワクワクしながらクレジットカードが利用できるのも、現金とは異なるメリットと言えるでしょう。

2.賢く利用しよう!クレジットカード・キャッシングの利用方法

突然「ニュージーランドで現金が必要になった!」ということもあるかもしれません。現地でのキャッシング利用方法を、利用時に注意したい点と合わせてご紹介します。

2つのネットワーク「Plus」と「Cirrus」

キャッシングは銀行のATMを使って現金を引き出すことです。まず、確認したいのはATMの横に記載されているマーク「Plus」と「Cirrus」です。これがあればキャッシングできます。

PlusはVISA系のクレジットカード、CirrusはMaster系のクレジットカードに対応しています。銀行が提携しているネットワークによって、PlusかCirrusのどちらが利用できるかが異なります。キャッシングを頻繁に行う予定の人は、VISAとMasterの両方を持っていく方が良いでしょう。実際に、クレジットカードを2枚持参する留学生も多いです。

ニュージーランドならオークランド、ウェリントン、クライストチャーチなどの主要都市ならほとんど利用ができるので便利です。郊外やリゾートにあるATMの場合は、キャッシングができない場合があるので、必要な場合はあらかじめ都市部でキャッシングを行っておきましょう。

ATMでキャッシングをする方法

ATMでPlusやCirrusのマークを確認したら、さっそくキャッシングを行いましょう。

  1. クレジットカードをカード挿入窓口に挿入します。
  2. 表示画面にて、クレジットカードの暗証番号(4桁)を入力します。
  3. 引き出しボタン「Withdraw」の箇所を選び、プッシュします。
  4. 希望の引き出し金額を入力します。

その後、現金が出てくるので金額を確認して下さい。キャッシングをすることで頭がいっぱいで、カードの返却に気づかずそのまま置いて帰ってしまうことがあります。最後にカードの受け取り忘れないようにしましょう。

キャッシングをする時に注意したいこと

キャッシングは手持ちのクレジットカードで現金が引き出せる気軽で画期的な方法です。しかしながら、キャッシングを含むクレジットカードの利用では年率で計算された利子が加算されます。キャッシングは留学中にはとても便利な機能と言えますが、あくまで「お金を借りている」という概念を見失わないようにすることが大切です。毎月の利用額を把握できるように、明細書は必ず保管するように心がけましょう。

3.クレジットカードを上手に選ぶ3つのポイント

クレジットカードにはそれぞれ個性的な特徴があります。自分自身に最も適した会社を選ぶためのも、いくつかのポイントを押さえながら選んでいきましょう。

年会費がかかるかどうか

クレジットカードを作るときに最も気になるのが「年会費」があるかどうかです。クレジットカード会社やクレジットカードの種類によっては年会費がかかる場合があるので、申し込む前にしっかり確認しておきましょう。

年会費のかからないクレジットカードは若い年齢層や留学生にもピッタリですが、シなプルな決済が特徴という以外、付帯するサービスもとくにありません。月に利用できる額もそれほど低くはないですが、「クレジットカード利用でもらえる特典」は期待できません。

年会費2,000円以上のクレジットカードの場合は、海外旅行保険がついてきたり、空港にあるラウンジの無料利用ができます。2,000円の年会費なら月170円程度。個人的に私も海外旅行保険が魅力で、最初はこのレベルから入会したのを覚えています。

年会費が10,000円以上の場合は収入の安定している社会人向きでしょう。ゴールドカード、プラチナカードになると、さらにラグジュアリーなサービスがついてきますが、学費や生活費を節約したい留学生にはちょっと不向きかな?という気もします。

ポイントの還元率を比較する

どのクレジットカードにも利用額に応じて加算される「ポイント還元」の特典がありますが、クレジット会社によって、またクレジットカードの種類によって大きく異なります。一般的にはおよそ0.5%程度の還元率がほとんどですが、今では1.5%~4%以上の高い還元率を提供するクレジットカードも登場しています。

ショッピング好きの人なら楽天市場やLOHACOなどのオンラインショッピングを利用することもあると思いますが、これらのオンラインショッピングサイトでは高ポイントを獲得できるのが魅力です。「クレジットカードはどれも似たり寄ったりでよくわからない」という人も多いと思いますが、ポイントの還元率を比較してみると、どのクレジットカードがポイント面でオトクなのかが少しずつ見えてきます。

どの国際ブランドを選ぶか

留学生におすすめのクレジットカード選びの一つに「どの国際ブランドを選ぶか」ということが挙げられます。国際ブランドとはVISA、Master、AMEX、JCBなどを指しますが、それぞれ提供している機能やサービスが多少異なります。

留学中ではクレジットカードの紛失や盗難に遭遇することも考えられます。そのような緊急の場面で電話での緊急対応が即可能なのか、カード自体のセキュリティ体制はどの程度整っているのか、またクレジット利用に関するサポート内容は充実しているのか、これらの項目中心に確認しながら、自分で納得の行くブランドを選ぶことをおすすめします。

4.ニュージーランドで使えるクレジットカード

ニュージーランドに留学するのですから、国内でどのカードの使い勝手が良いのか知っておきたいですよね。さっそく、一般的なニュージーランドのカードの利用事情をまとめてみました。

VISA・Masterカードは普通に使える

世界の2大トップブランドとも言えるのがVISAとMasterです。この二つのカードなら、ニュージーランド国内のほとんどの場所で問題なく利用することができます。ニュージーランド留学で初めてクレジットカードを作る予定で「どれを選んでよいか、わからない」という人は、VISAやMasterを選ぶのが無難と言えるでしょう。

AMEX・JCBはお店によって使えないところもある

AMEXやJCBも大手のクレジット会社です。日本国内ではどちらもポピュラーで、ほとんどどこでも利用できます。ただし、ニュージーランド国内に目を向けてみると、郊外やリゾートエリアでこれらのクレジットカードが利用できない場合があります。もともとこれらのクレジットカードを所有している人は、念のため留学前にVISAやMasterのどちらかを作ってことをおすすめします。決済だけが目的なら年会費が無料のカードでも大いに役立ちますよね。

ダイナースカードは空港やホテルなら利用可能

ダイナースカードは国際空港内やホテルならほとんど利用ができます。大型ショッピングモールや都市部のレストランなら利用することができるところもあります。こちらもAMEXやJCBと同様に、できればVISAやMasterのどちらかのクレジットカードを追加で持参した方が便利と言えます。

「クレジットカードは不安だから使いたくない」私もかつて、クレジットカードの利用に躊躇していた一人でした。「支払いはやっぱり現金!」という私が、クレジットカード派に転身したのは、海外での生活を経験してからです。やっぱり、海外では現金よりもクレジットカードが台頭しています。

ニュージーランド留学を機に、自分が納得するクレジットカードを作ってみて下さい。年会費が無料のものから、年会費が2,000円程度でも得点が豊富についてくるものまで、色々あります。総体的に見て、留学生なら年会費2,000円程度のクレジットカードがよいのでは?と思います。

クレジットカードを作るには書類の記入、申請、受け取りまで1週間程度かかります。留学前は準備などでバタバタとしがち。時間に余裕をもって、クレジットカードの申し込みをするように心がけたいですね。