自然豊かなニュージーランドにのんびり長期で留学したいけど、なかなか時間がとれない、費用が貯まらない…といったお悩みを持つ方は1週間からできる短期留学でもニュージーランドを楽しむことができます♪

1週間~1か月の期間別で格安費用の目安や、節約するためのコツ、学費を抑えられる学校などを紹介していきます。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.ニュージーランドの短期留学で格安留学が可能

ニュージーランドの留学は最短で1週間からでも可能です!3ヵ月以内なら申請不要の観光ビザで入国できるので、ビザ申請や延長に関する心配もありません。1か月以内の短期留学は留学を経験してみたいという人だけではなく、いずれ長期留学やワーキングホリデーを考えている人の下見としてもよい経験になります。

では気になる1週間~1か月にかかる費用の目安を見ていきましょう。(※為替レートは2017年11月現在1NZ$=78円で計算しています。なおレートは日々変動します)

1週間~1か月の格安費用の内訳

ニュージーランド短期留学でかかる最低限かかる費用の内訳では

  • 学費
  • 宿泊費
  • 食費
  • 海外旅行保険
  • 往復航空券

といったものがあります。(※その他必要に応じて、お土産代やアクティビティ参加代金などを各個人の留学に合わせて持参する必要があります)

1週間の場合は136000円から

  • 学費1週間/NZ$300~400(24000円~32000円)
  • 宿泊費1週間/NZ$100~300(7800円~24000円)
  • 食費1週間/NZ$40~100(3000円~8000円)
  • 海外旅行保険1週間/(2000円~3000円)
  • 往復航空券/10万円ほど

格安費用計136000円~167000円

2週間の場合は173000円から

  • 学費2週間/NZ$600~800(70000円~63000円)
  • 宿泊費2週間/NZ$200~600(16000円~47000円)
  • 食費2週間/NZ$80~200(6000円~16000円)
  • 海外旅行保険2週間/(4000円~6000円)
  • 往復航空券/10万円ほど

格安費用計173000円~232000円

3週間の場合は209000円から

  • 学費3週間/NZ$900~1200(70000円~94000円ほど)
  • 宿泊費3週間/NZ$300~900(24000円~70000円ほど)
  • 食費3週間/NZ120~300(9000円~24000円)
  • 海外旅行保険3週間/(6000円~9000円ほど)
  • 往復航空券/10万円ほど

格安費用計209000円~297000円

4週間(1か月)の場合は246000円から

  • 学費4週間/NZ$1200~1600(94000円~125000円)
  • 宿泊費4週間/NZ$400~1200(32000円~94000円)
  • 食費4週間/NZ$160~400(13000円~32000円)
  • 海外旅行保険4週間/(7000円~12000円)
  • 往復航空券/10万円ほど

格安費用計246000円~363000円

2.ニュージーランドの短期留学でできるだけ費用を抑えるためには

1か月以内の短期留学では、現地でアルバイトしてお金を稼ぐということができませんので、留学費用を少しでも抑えるためには、節約あるのみ!節約のポイントを紹介していきます。

学費

学費は安い学校では、1週間あたり2万円台のところもありますが、せっかくの貴重な時間とお金をかけた留学、ただ安いという理由だけで学校を選ぶのは、得策とはいえません。そのため、費用よりもあくまで勉強したいこと、体験したいことを優先して学校を選ぶことがおすすめです。また、学費の節約ならば、各学校やエージェントで学費の割引キャンペーンを開催していることがあるので、そういったキャンペーンを上手く活用するといった方法があります。

宿泊費

日本でも東京では物価が高いように、ニュージーランドも地域によって物価が異なるので、宿泊費を抑えるために物価が安い地域の学校を選ぶという方法もあります。例えば、オークランドやクライストチャーチなどの大都市は、家賃は高いですが、物流の便のよさから食品や日用品は安いです。その他の郊外では、家賃は大都市よりも安いですが、物価は大都市よりも高い地域もあります。一方で、リゾートエリアとしても有名なクイーンズタウンは家賃も物価も全体的に高い傾向がありますので、節約したい方はよほどクイーンズタウンの学校にこだわりがないならば、選択肢からは除外した方がよいかもいいかもしれません。

宿泊方法はホームステイやシェアハウス、学生寮などの選択肢があります。宿泊費を安い順で並べるとシェアルーム<ドミトリー<学生寮<ホームステイといったところで、都市部ほど高く、郊外ほど安い傾向があります。

一番安いのは、シェアルームですが、1週間や2週間といった短期留学では契約するのがなかなか難しいので、短期留学で節約したい方は学生寮つきの学校を選ぶのがおすすめです。また、少し割高にはなりますが、ホームステイやファームステイはニュージーランドの文化や、生活を間近で体験することができますし、朝晩は家族で食べるということが多いので、英語の学習や食費の節約になります。

各宿泊費の目安

  • シェアルーム/1週間8000円~
  • ドミトリー/1週間13000円~
  • 学生寮/1週間16000円~
  • ホームステイ/1週間24000円~
  • ホテル/1週間22000円~

食費

節約のためには自炊がよいですが、時々は外食をしてニュージーランドフードを楽しむのも留学の醍醐味!一般的なカフェやレストラン、ファストフードならば1000円以下で楽しめるお店も多数あります。

シェアハウスならば友人たちと食事をともにしたり、自炊したりすることで、週6000円~と抑えることも期待できます。また、外に飲みに行くよりも家の中で皆で飲むことで楽しみながら節約にもなります。

ホームステイならば、食費は毎日のランチ代くらいなので、1食300~800円ほどで抑えることができれば1週間で1500円~4000円ほどにすることも可能です。

分からない部分は当サイトのカウンセラーがお答えできますのでお気軽にお問合わせください。
無料:カウンセリング申込
お手軽なLINE相談はこちら

海外旅行保険

海外旅行保険は安いものなら1週間で、2000円台でも入れますので、あまり節約する必要はなく、節約よりも補償を大切にしてもらいたいです。留学中に思わぬ病気や事故に遭遇した際に、海外旅行保険に加入していないと、全額自腹負担となり、多額の治療費がかかるおそれがあります。

海外旅行保険を選ぶ際には、疾病や傷害に対する治療費用が十分にある保険に加入するようにしましょう。また、少しでも海外旅行保険を節約したい人は、海外旅行保険が付帯したクレジットカードを作るという方法もあります。ただし、各カード会社で、万が一の時の支払いの条件や、金額、期間などが異なりますので、よく確認したうえで留学に望みましょう。

往復航空券

ニュージーランドでは、1週間~1か月の留学ならばビザは必要はないのですが、入国時に帰りの航空券の提示と滞在日数+3ヵ月のパスポートが必要になります。(※帰りに日本以外の国へ行く場合は、ビザが必要な国の場合はその国のビザの提示も必要)

日本からニュージーランドまでは片道で11時間~12時間ほどで、航空券の費用は時期によっても変動しますが、直行便なら往復航空券で13万円前後~20万円ほどといったところです。航空券を節約するためには、直行便ではなく、経由便を上手く使うことで10万円前後に抑えることも可能です。

さらに、節約するには早めに予約をするようにする、観光客が少ないシーズンオフを狙う、格安航空券の比較サイトなどを使ってお得な航空券をゲットするといった方法もおすすめです。

持ち物

短期だからこそ、できるだけ日本から持っていけるものは持参して、現地での日用品や雑費の買い物を減らして節約することができます。日本の100円ショップで買えるものが、意外とニュージーランドで買うと高いということもありますので、持っていくべきものは厳選しましょう。

交通費

節約のためには、タクシーは高いのであまりおすすめはしません。ニュージーランドのほとんどの都市では、バスを上手く活用することが節約のポイントです。バスは現金やICカードなど都市によって異なりますのでお得なカードを使いましょう。また、ホームステイ先などで、自転車を借りることができれば交通費をさらに節約することもできます。

遊び場

自然豊かなニュージーランドは、トレッキングやフルーツピッキング、スキーなど多彩なアクティビティを楽しめます。しかし、アクティビティ参加も計画的に行わないと、参加費や交通費が多額にかかることにもなりかねません。

アクティビティは費用を考えて計画的に参加しつつ、メリハリをつけるため学校帰りは、お金のかからないショッピングモールや図書館などを利用する、または自然が豊かなので、のどかな田園を散歩するなどお金をかけない生活を楽しみながら節約してみるのもおすすめです。

3.ニュージーランドにあるおすすめの格安学校5選

当サイト内から、安い&おすすめの学校を5選、短期留学期間別の費用や特徴とともに紹介していきます。※レートは2017年11月現在1NZ$=78円で計算(レートは日々変動)しています。

①:Aspire2 International (アスパイア2インターナショナル)

Aspire2 International は、ニュージーランド2大都市ともいえるオークランドとクライストチャーチ、2つの都市に立地しており、南米やアジアの生徒を中心とした国際色かな学校です。英語コースだけではなく、仕事に直結する本格的なバリスタコースや、カクテルコースなどがありますので、飲食関係の仕事でグローバルに働きたい方におすすめです。また、就職のサポートも行っていますので、ニュージーランドで働きながら学びたい方に向いています。

期間:一般英語コースの費用

  • 1週間//NZ$300(23400円)
  • 2週間/NZ$600(46800円)
  • 3週間/NZ$900(70200円)
  • 4週間/NZ$1200(93600円)

無料:カウンセリング申込
お手軽なLINE相談はこちら

②:Ara Institute of Canterbury(アラ インスティチュート オブ カンタベリー)

Ara Institute of Canterburyはクライストチャーチにある100年以上の歴史を誇る学校です。大学付属の学校ということもあり、健康や看護、アートやスポーツなど専門的な勉強をしたい方におすすめです。

期間:一般英語コースの費用

  • 1週間//NZ$395(30810円)
  • 2週間/NZ 790(61620円)
  • 3週間/NZ$1185(92430円)
  • 4週間/NZ$1580(123240円)

無料:カウンセリング申込
お手軽なLINE相談はこちら

③:Alpha Educational Institute(アルファエドュケーションインスティチュート)

Alpha Educational Instituteは、クライストチャーチ中心部からバスで20分ほどのところにある治安がよい閑静な住宅街に立地した学校です。夏休みや春休みを利用した子供用のホリデープログラムや、ニュージーランドの高校に留学したい方のための進学準備コースも充実していますので、親子留学を含めたお子様の留学におすすめです。

期間:一般英語コースの費用

  • 1週間//NZ$380(29640円)
  • 2週間/NZ$760(59280円)
  • 3週間/NZ$1140(88920円)
  • 4週間/NZ$1520(118560円)

無料:カウンセリング申込
お手軽なLINE相談はこちら

④:The Campbell Institute(キャンベル インスティチュート)

オークランドにもあるThe Campbell Instituteは、市内中心部に立地し、周辺にはショッピングや飲食店も多く利便性がよい学校です。ニュージーランドの名門国立ヴィクトリア大学へ進学するための、進学準備コースがあるので、真剣に勉強をしたい方におすすめです。

期間:一般英語コースの費用

  • 1週間//NZ$410 (31980円)
  • 2週間/NZ$820(63960円)
  • 3週間/NZ$1230(95940円)
  • 4週間/NZ$1640(127920円)

無料:カウンセリング申込
お手軽なLINE相談はこちら

⑤:ABC College of English(エービーシーカレッジ オブ イングリッシュ)

ABC College of Englishは治安がよくリゾート地として有名なクイーンズタウンにあり、周辺を南アルプスの自然に囲まれた美しい学校です。学校周辺の環境と同じく学校内はアットホームな雰囲気で、クラスの平均人数は6人ほどなので話すことが苦手な人でも馴染みやすいです。英語とスキーやスノーボード、ゴルフといったスポーツを組み合わせたコースは、ニュージーランドのアクティビティを満喫したい方にピッタリです。

期間:一般英語コースの費用

  • 1週間//NZ$395(30810円)
  • 2週間/NZ$ 790(61620円)
  • 3週間/NZ$1185(92430円)
  • 4週間/NZ$ 1580(123240円)

無料:カウンセリング申込
お手軽なLINE相談はこちら