LCCや格安航空券などの安い航空チケットが、ある一定の期間を除いてほとんど年間を通して安く購入できるようになりました。留学プランがまとまり、ビザの準備が進んだら、次に考えたいのが渡航に必要な航空券の予約です。

航空券にはいくつかの種類があり、また報復航空券にもそれぞれ特徴のあるチケットのパターンがあります。留学の期間や留学後のプランによっておすすめの航空チケットが異なりますので、ご自身の留学スタイルに合わせて賢く購入したいものです。

ここでは航空券の種類、往復航空券のチケットパターン、LCCや格安航空券が購入できるサイトを中心いご紹介しています。ぜひ、留学準備の参考にしてみてください。

1.種類は4つ!海外航空券の種類と特徴

はじめに、海外航空券の種類を特徴と合わせてご紹介しましょう。予備知識として知っておくと良いと思います。

正規航空券

ノーマル航空券のことです。有効期限は一で、利用する航空会社は自由です。予約便の変更、エアラインの変更も手数料を払うことなく変更することができます。キャンセル対応が可能で、払い戻しもしてくれます。

クリスマスやGWなどの繁忙期、また閑散期による料金の変動はありません。エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラス、それぞれの予約が可能ですが、料金は他の航空券と比べて高いです。

ペックス航空券

正規割引運賃の航空券のことです。エコノミークラス限定の航空券で、一旦予約を入れるとフライトの変更ができません。正規航空券と比較するといくつかの制約がありますが、料金的には安価であるのがメリットです。

格安航空券

定期便の飛行機は、たとえ空席があってもテイクオフしなければなりません。そのため、空席が多ければ多いほど、エアラインは赤字になってしまいます。そして、その赤字率を下げるためにエアラインは空席を安値で旅行会社に提供し、その空席を安値で個人客に売っているのが格安航空券です。購入は旅行会社のみになり、キャンセルをするには一定の手数料がかかります。

LCC正規航空券

Low Cost Carrierの略称です。LCCは必要なコストをできるだけ抑えることで誕生した新しい格安航空券で、IATAに加盟していないのが特徴です。

徹底的に安さを追求するならLCCがおすすめですが、不便な点として、キャンセルができないこと(払い戻しができない)、フライトの変更ができないことが挙げられます。しかしながら、留学費用をできるだけ抑えたい人にはおすすめで、制約の多いチケットながらも人気は衰えていません。

2.目的に合わせて選びたい!往復航空券のチケットの種類

「往復で航空券を購入したいけど、自分にあった航空券がわからない」という人もいると思います。往復航空券には3つの種類があり、それぞれ特徴があります。

OPENチケット

ある決まった有効期間内に限りますが、自由に復路のフライトが変更できるチケットです。これに対してあるのがFIXチケットです。

FIXチケット

FIXチケットは復路の日程が指定されているチケットです。フライトの変更ができないので、帰国日が定まらない場合はOPENチケットの方が無難だと言えるでしょう。復路の変更ができないという条件から、価格もOPENチケットより安値です。

FIX/OPENチケット

OPENチケットとFIXチケットの間に位置するチケットです。条件はFIXチケットよりは緩め、しかしながらOPENチケットよりもちょっと固めで、復路便を一回だけ変更できるのが特徴です。

3.どの航空券がおすすめ?留学スタイル別おすすめ航空券

ニュージーランド留学といっても、留学スタイルや期間はさまざまです。自分の状況にあった航空券を選んでいきましょう。

短期留学をする人は

3ヶ月以内の語学留学、趣味留学、専門留学、ホームステイ留学をする人には、格安航空券やLCCがおすすめです。短期留学の場合は帰国日の予定を見通すことも比較的容易なので、「安さ」という面からもやはりオトクと言えるでしょう。

格安航空券やLCCを購入する時の注意点は復路の予定日を繁忙期やクリスマスなどにぶつからないようにすることです。予約を入れるのが困難になることもあるので気を付けましょう。

長期留学をする人は

大学留学やワーキングホリデー留学などの長期留学に行く人は、半年以上、もしくは一年以上を現地で過ごすことになると思います。ワーキングホリデービザの嬉しい特徴は、滞在中に国外に渡航できること。オーストラリア、インドネシア、パプアニューギニアなど、近隣国に気軽に足を伸ばすことができます。

一年以上の長期留学の場合、復路航空券をどうしようか迷ってしまいますよね。帰国日が決まっていない人は片道航空券を取得して、帰国予定日が近づいた時点で復路の予約をする場合が多いです。最近では格安往復航空券よりも安く手に入れることができます。

もう一つはOPENチケット、FIX/OPENチケットの購入です。復路のフライトが変更できるチケットなので、FIXチケットのように「復路の変更をすることができない!」というようなストレスもたまりません。

2都市以上を周遊する予定の人は

2都市以上の複都市に滞在する予定の人は、周遊航空券がおすすめです。観光を中心に留学を検討している人にはお得な航空券です。ただし、周遊をする目的がはっきりしていない人は最終的に無駄になる可能性もあるので気を付けましょう。

4.格安航空券を購入するならココ!5つのおすすめサイト

最後に、格安航空券をゲットできるおすすめサイトを5つご紹介しましょう!

Skyscanner

世界に広がる1,200社以上のエアライン、トラベルエージェンシー、ホテルなどの空席や空室、予約状況などの情報がリアルタイムで検索できます。国内各所、世界各国、どこでも行きたい場所が検索できるほか、どこに行きたいか決まっていない人でも「すべての場所」から航空券の安い順番に表示してくれる機能があります。

一ヶ月先、一年先の情報がすべて入手できるため、長期で留学を考えている人にも使いやすいのが魅力です。シンプルで見やすく、海外渡航が初めての人でも簡単に利用できます。

DeNA Travel

Skygate=スカイゲートから名称変更をしました。国内航空券、海外航空券、海外ホテル、海外ツアーの予約ができ、使い方もシンプルで簡単です。新春セール、半額情報、ハワイ旅行プレゼント企画、写真投稿キャンペーンなど、旅行に出かけたい人がワクワクするような楽しい情報が豊富に掲載されています。

楽天トラベル

国内・海外の航空券、レンタカー、ツアー、高速バスなどの予約ができます。日付、地図上の両方から検索でき、最安値情報も簡単にゲットできます。海外留学や海外旅行で知っておきたい外務省の安全ホームページ、海外旅行登録システム(たびレジ)、電子渡航認証(eTA)、海外感染症情報などの情報も網羅しています。

TripAdvisor

格安航空券で人気のあるサイトです。海外航空券、海外ホテル、現地ツアーなどの予約がdけいます。「よくある質問」のコンテンツでは、海外旅行が初めての人が疑問に思うような質問と答えがわかりやすく解説してあります。

海外格安航空券で「は特選!キャンペーン」をチェックしてみましょう!条件はありますが、留学先にマッチした格安航空券があればかなりお得なプライスで航空券がゲットできます。

航空チケットの種類はいろいろありますが、できるだけ自分にあったモノを選びたいですね。ニュージーランド留学に限らず、留学先では生活費や学費などで費用がかかります。少しでも節約したいなら、やっぱりLCCや格安航空券がおすすめです。

LCCや格安航空券を購入するときは、キャンセルができるかどうか、またフライト変更の有無をしっかり確認しておきましょう。ニュージーランドへは成田ーオークランド線の直行便が出ています。そこから国内線に乗り換えする人は、目的地までの国内線の予約も忘れないようにして下さいね。夢を叶えるための大切なチケット、賢くゲットしましょう!