「私、運動が苦手だから、とくにアクティビティには興味がないんです」そんな声が聞こえてきそうですが、アクティビティといってもスポーツのように体を思いっきり動かすものから、軽い運動のもの、またカルチャー系のものまで、種類は多岐に渡ります。

ニュージーランドは海に囲まれた島国で、四季を通して美しい大自然が楽しめるのも特徴ですよね。マリンスポーツやウインタースポーツはもちろん人気が高いですが、それ以外のアクティビティもたくさんあるんですよ。

ここではニュージーランドでアクティビティが盛んな語学学校を挙げながら、ニュージーランドならではのアクティビティと合わせてご紹介したいと思います。高さ数十メートルの高さから真っ逆さまに落下する、あのニュージーランド名物も登場しますのでお楽しみに。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.ニュージーランドの語学学校にあるアクティビティ

ニュージーランドの語学学校には学習の場だけではなく、豊富なアクティビティも揃っています。最初に、どのようなアクティビティがあるのがご紹介しましょう。

遊ぼう!騒ごう!アクティビティの種類

滞在中にぜひとも体験していただきたいのが「ニュージーランドだからこそ楽しめるアクティビティ」です。季節によってチャレンジできるアクティビティは異なりますが、スケールの大きな舞台で思いっきり体を動かすという点では共通しているかもしれません。

夏に楽しめるアクティビティならサーフィン、ダイビング、シュノーケル、ボート、ヨット、ジェットスキー、ブギボードなどのマリンスポーツ、冬ならスキーやスノーボードです。最高の波、最高の雪を追い求めて世界から多くの旅行客が訪れるんですよ。

その他、季節を問わず楽しめるニュージーランドならではのアクティビティなら、ご存じバンジージャンプ、ワイナリー巡り(ワイン・テイスティング)、ブローカート、BBQパーティ、乗馬、ラグビー観戦、クリケット観戦、マオリ文化の学習(絵画や歴史を学ぶ)などがあります。

ローカルとの交流会なども人気があるので、留学生活が一段と忙しくなりそうですね。勉強ばかりが留学ではありません!アクティビティに夢中になりすぎない程度に、ぜひとも息抜きをして欲しいです。

日帰り旅行や遠足もある!

語学学校で楽しめるアクティビティでも、週末を利用したものもあります。たとえば、トレッキングやハイキング、ピクニックなどの日帰り旅行や、観光地に遠足で出かけるなんていう企画もあります。

リラックスしたムードで国際交流ができる上、ニュージーランドで有名な観光地を訪れたり大自然に触れることができるのは本当に最高の気分でしょう。日帰りでどこかに出かけたいけど「一緒に行く人がいない」「滞在先で時間を持て余している」という人にもおすすめですよ。

2.英語+アクティビティコースのある語学学校【費用の目安付き】

留学の目的は勉強が基本ですが、机に向かっているばかりじゃつまらないですよね?ニュージーランドには質の高い語学学校が数多くありますが、中でも英語+アクティビティコースは人気が高いんですよ。

Coromandel Outdoor Language Centre(公式サイト

オークランドから2時間、美しい花と緑に囲まれた街コロマンデルにある人気の語学学校です。学生数はおよそ50人と少数。先生と生徒の距離が近く、アットホームな雰囲気であるのが特徴です。

世界各国から多くの留学生が集まりますが、学習面や生活面で不安のある時は経験豊富なカウンセラーが親身になって相談に乗ってくれます。ラウンジ、図書館、キッチン、PCルームなど学校内にある設備も充実しているので、安心して留学生活を送ることができます。

英語+アクティビティコースは10月から4月に開講。テニス、アーチェリー、ゴルフ、乗馬、ブッシュウォーク、つり、バトミントン、卓球、バイク、カヤック、ジェットボートなどのスポーツ系から、市内観光、ステンドグラス、焼きもの、彫刻、料理などのカルチャー系も豊富に揃っています。自分が「これだ!」と思うアクティビティを選んでくださいね。

英語+アクティビティコース費用 週420ドル

Rotorua English Language Academy(公式サイト

オークランドから車で3時間。間欠泉や温泉で有名なロトルアにある学校です。街の中心から徒歩5分に位置し、のんびりとした落ち着いた環境に校舎があります。設立は1993年と比較的新しいですが、アクティビティの豊富さと恵まれた環境が手伝って国内でもトップクラスの人気校となりました。

図書館、PCルーム、ラウンジ、自習室など設備も充実。英語+アクティビティーコースの他、ワーキングホリデープログラム、シルバーエイジコースなど魅力的なコースも揃い、質の高い「外国人のための英語教育」を実践しています。

英語+アクティビティコースは午前中に英語、午後にアクティビティを行うプログラム。ゴルフ、乗馬、カヤックをはじめ、季節にあった楽しいアクティビティから自分の好きなものを選択して下さい。

英語+アクティビティコース費用 週550ドル(テキスト代別途100ドル)

ABC College of English(公式サイト

こちらもアクティビティの種類に定評のある学校です。ABC College of Englishは国内屈指のリゾート地・クイーンズタウンにある小さな語学学校で、周囲には街の名物ワカティップ湖とその背景に美しい山々が広がるという、まさに最高の環境にあるのが特徴的です。

生徒数は40名前後。先生やスタッフはとてもフレンドリーで、英語クラスのカリキュラムも文法、語彙、発音、スピーキング、リーディング、リスニング、ライティングとバランスよく配置されているのが魅力です。一つたりとも欠けている項目はありません。

英語力が効果的に上がる様に、学習で行き詰った生徒には個人面談を行うなど適切なケアも行っています。リゾート地にある学校ならではの、無料ドリンク(コーヒー、紅茶)も大好評!PCルーム、キッチン、自習室もしっかり整っています。

英語+アクティビティコースは6月中旬から9月初旬まで開催。ウィンタースポーツの代表格であるスキーとスノボを楽しみましょう。コース期間は2週間からで、週3回と週5回の設定があります。

英語+スキー・スノボ週3回 週715ドル(英語15時間)、週770ドル(英語19時間)
英語+スキー・スノボ週5回 週800ドル

3.放課後・週末のアクティビティが盛んな語学学校

授業が終わったら仲間と過ごすのも楽しいですよね。緊張もほぐれて笑顔も倍増!放課後・週末に行われるアクティビティが盛んな学校をご紹介します。

Dominion English School(公式サイト)

オークランドにあるドミニオン・イングリッシュ・スクールは1969年に創立された歴史ある語学学校で、世界30か国以上から留学生を迎え入れています。ドミニオンには一般英語コースやビジネス英語コースはもちろんのこと、IELTS、ケンブリッジ、TESOL、TESCOL、J-Shineの設定もあり、効果的に実力を挙げたい多くの学生から選ばれています。

英語+アクティビティコースでは平日の放課後や週末に行われるアクティビティでは、日頃、クラスでなかなか話すことが友達と近づけるチャンスですよ。

アクティビティの種類はワイナリーツアー、乗馬、ビーチ散策、ニュージーランドの固有種カウリの木巡り、ロード・オブザ・リングの撮影地への日帰り旅行、ロトルア・ワイトモ・コロマンデルへの週末旅行など盛りだくさんです。

4.人気のアクティビティスポット!【バンジージャンプ、スキー・スノボ、乗馬編】

最後にニュージーランドで人気のアクティビティを3つ挙げて、それぞれのおすすめスポットをご紹介したいと思います。「ニュージーランドにいるんだ」と感じることができるアクティビティばかりなので、滞在中にぜひチャレンジしていただきたいです。

度胸試ししてみない?バンジージャンプ

これぞ究極のスリル!そう呼ばれて久しいのがバンジージャンプです。ニュージーランドはバンジージャンプ発祥の地。1980年代にリゾート地で知られるクイーンズタウン周辺にある川で初めてバンジージャンプがスタートしました。

国内外のメディアでバンジージャンプを見たことがある人も多いと思いますが、命綱となる太いゴム紐を足首に直接くくりつけて、橋の上から「ジャンプ!」するという何ともエキサイティングなスポーツ。

かなり勇気がいりそうですが「もう一度やってみたい!」という人も多いほど、クセになるとも言われているんですよ。種類もジャンプ、スウィング、スライドといくつかあります。

<国内のバンジー・スポット>
クイーンズタウン・Shotover Canyon
ここではターザンロープのように高いところから反対側へシューっと移動するキャニオンフォックスと、200mの間を振り子のように揺れて楽しむキャニオンスイングがあります。

クイーンズタウン:Kawarau Bungy
高さ43メートルのカワラウ橋からジャンプ!落下後は川の水に触れることができるという、スリル満点のバンジージャンプです。

クイーンズタウン:The Nevis Bungy
バンジージャンプで最も高い位置から挑めるのがここNevisです。134メートルの高さから急降下する感覚は、まさに鳥肌が立つほどのスリル。度胸試しもここまでくると、本当にすごいと思います。

オークランド:The Auckland Bridge Bungy
青い空に大きくまたぐオークランドブリッジ。そこからジャンプする、まさに都会版のバンジージャンプです。港でのバンジースポットとしては世界初なんですよ。

ゲレンデで主役に!スキー・スノボ

スキー天国と言うくらい、ゲレンデで颯爽と板を滑らせる姿はカッコいいですよね。ニュージーランドには北島・南島それぞれにスキー場が数多く点在し、世界からパウダースノーに魅力された多くのスキーヤーが足を運んでいます。

ニュージーランドのスキー場にはゲレンデまでの行き来がとてもラクであるのが特徴。ロッジやスキー小屋などの宿泊施設が充実しているので、長期が滞在する人も多いです。

タウポ郊外(市内から2時間程度)

ファカパパ スキースクールが充実。国内でもトップレベルの広大な面積を誇る。
トゥロア どちらかと言うとファミリー向け。初心者から上級者まで楽しめる。

クライストチャーチ近郊エリア(市内から車で1時間20分~2時間程度)

マウントハット 初心者から上級者まで楽しめる。
ポーター ファミリーやグループが多い。
クレイギーバーン・バレー サザンアルプスの中央にある人気のスキー場。

クライストチャーチ郊外(市内から3時間程度)

オハウ・スノー・フィールズ あまり混んでいないので穴場。
マウント・オリンパス 湖と山のハーモニーが美しい!最高のパウダースノーが楽しめる。
マウント・ドブソン 上級者におすすめ。

クイーンズタウンエリア(市内から30分程度)

トレプル・コーン 南島で最も大きなスキー場。
リマ―カブル 景色、なだらかなスロープ、とにかく美しさが自慢。

優しい瞳に胸キュン!乗馬

日本で乗馬と言えば高級なスポーツというイメージがありますが、ニュージーランドでは子供から大人まで、気軽に楽しめる日常的なアクティビティになっています。郊外に行くと馬と一緒に生活をしているファミリーも多く、砂利道や森林を馬と一緒にウオーキングしている姿も頻繁に見られます。

留学生におすすめなのが、デイ・ライドや乗馬ツアーです。料金はおよそ1時間60ドル、半日コースでも100ドル~200ドル程度です。

オークランド:Pakiri Beach Horse Rides
デイ・ライド、キッズ・ライド、オーバーナイト(2日間)サファリなどのプランがある乗馬スクールです。初心者でも気軽に始められる他、慣れてきたらWarrior Trail(5日間)などのアドバンスプログラムもあります。

ビーチ沿いを優しい馬とテクテク歩くのは本当に気持ちが良いものです。都会の喧騒を忘れて、無心で馬と触れ合うことができますよ。

クライストチャーチ:Waimak River Horse Treks
川や湖、森林の中を馬と一緒に歩くリバーウォークコ―スや、バーをまたいだりする本格的乗馬コース、子供たちのためのホリデープログラムと多彩に揃っているのが特徴の学校です。クライストチャーチ中心地から車で15分のところに位置しているので移動もラクですね。

クイーンズタウン:Dart Stables
100エーカーの大草原を馬と一緒に豪快に散歩してみませんか?経験豊富なトレーナーとともに、初心者の方でも不安なく乗馬が楽しめます。料金は140ドルから。

ニュージーランドで自然を満喫しないなんて本当にもったいない!学校の勉強を頑張ったら、ぜひ自分の好きなアクティビティを楽しんでほしいです。ニュージーランドは自然がギッシリと詰まったネイチャー・ランド、何より自然のスケールが違います。

おすすめは英語とアクティビティがセットになったコース!午前中に英語の学習をして、午後にアクティビティに参加できるので、身体のリフレッシュにも効果的ですよ!

もちろん、ニュージーランドにある語学学校では放課後や週末に開かれるアクティビティも豊富にありますので、積極的に出かけてみて下さいね!尻込みしていたら絶対に損です。文武両道とは言いますが、ニュージーランド留学でもぜひ実践してみて下さいね。