留学したい人に嫌でも付いてくるのがやはりお金の問題。日本の大学でも奨学金を使う人が半数とのことですが、海外へ留学に行こうものならさらに高額の費用が必要になってきます。

けれども最初から諦めてしまうのは少し早いのではないでしょうか。なぜなら以外に知られていませんが、海外に使える奨学金は結構数多く有ります。今日は、そんな奨学金を紹介したいと思います。

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。

海外留学に行く際は奨学金を活用したい

海外留学に行く際は奨学金を活用したい

留学費用が高いからといって、そもそも留学を考えない人も多いと思います。
しかし、以外に知られていない奨学金も多く、探せばいろいろ使える奨学金があるのです。

せっかく受け取れるチャンスが有りながら、それをないがしろにしてしまうのはもったいない話ですよね。留学を諦める前に、留学を申し込む前に、しっかりとリサーチをしてからステップを進んでいきましょう。

現地の留学制度を利用するのも手

現地の留学制度を利用するのも手

まず、前提として奨学金は日本国内の団体や財団から受けれる奨学金と現地の大学から受けれる奨学金とが有ります。

以外に知られていないのが後者の制度。

アメリカの大学にとっては、奨学金を使って進学するのはもはや良い学生を集めるための常套手段になっています。

大学によっては海外からの留学生を多く受け入れたいがために、アメリカの外からくる日本人に奨学金を出してくれる大学が有ります。
そのような大学金をリスト化し、奨学金の取得を目的とした留学を実現するサービスも出てきています。

大学が奨学金が出してくれることを前提に留学できるため、日本の大学などど併願しながら、進学先を決めれる事で現在、注目を受けています。

>米国大学の奨学金取得を『成果報酬』でサポート<

留学に対しても奨学金を貸与・給付している機関とサイト

留学に対しても奨学金を貸与・給付している機関とサイト

とは言え、日本人の多くが対象になっている奨学金制度のチェックは必須です。

思い立ったらすぐ行動!ということでまずはすぐに調べられる奨学金を貸与、あるいは給付している機関とその案内を行っているサイトをまとめてみました。

・独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)

こちらは海外留学へ行く全ての日本人向けに奨学金の案内を行っている機関のサイトです。ここが直接支援を行っているものだけでなく、外国政府の奨学金の案内や、そのたの機関の奨学金の案内も行っているため、まずはこちらのサイトをチェックしてみることをおすすめします。

・トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム

こちらも学生限定になってしまいますが、ついこないだの2014年から始まった民間と政府が共同で行う奨学金プログラムということで、最近注目の集まっている奨学金プログラムです。

充実した給付型プランや事前事後の研修など、さすがに官民共催だけあってかなりしっかりとしたシステムが適応されており、信頼度では日本でもトップクラスかと思います。

派遣留学生や支援企業との独自のコミュニティも用意されているということで、留学中の横のつながりだけでなく、日本や世界を股にかける縦のつながりにも期待が持てるプログラムですね。

>>トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム

・TOMODACHI住友商事奨学金プログラム

これは北大、東大、早慶、中央大学、同志社大、琉球大など対象の範囲は絞られますが、この奨学金はとても有り難いです。アメリカの大学に交換留学する学部生に180万円を支給してくれるもので、住友商事が主催しているものです。

>TOMODACHI住友商事奨学金プログラム<

・ICCコンサルタンツ

こちらも学生だけでなく社会人向けの奨学金の案内をわかりやすく紹介してくれています。メールやスカイプ、電話での相談のほか、オフィスが各地方に点在しており、オフィスへ直接足を運んでの無料相談を受けられるため、自分に合った奨学金を一緒に探してもらうことも可能です。

>ICCコンサルタンツの奨学金情報<

おトク情報?!意外にも奨学金を申請する人は少ない…?

3.おトク情報?!意外にも奨学金を申請する人は少ない…?

ここ数年になって、日本でも奨学金プログラム、それも給付型の留学生向け奨学金プランはかなり増えてきたように思います。

筆者のまわりにも給付型の奨学金を受けてフランスへ行った友人がいますが、奨学金について聞いてみると「案外あっさりともらえた」という話を耳にしました。

これは詳細なデータがあるわけではないのですが、奨学金を受けたことのある人たちの話を聞いてみると、意外にも奨学金を申請している人は少なく、ものによっては定員割れをしているプログラムもあるらしく、きちんと申請の手続きさえ行えば、かなりの確率で奨学金を受け取ることが可能なようです。

おそらく奨学金といえば「返さなければならない借金」というイメージがかなり横行しているため、調べないままとりたがらないという人がまだまだ多いということが考えられます。

奨学金において「給付型」といえば返済の必要のない奨学金のことを指しています。

どうせ語学留学じゃ奨学金はもらえないだろう、あるいは審査は通らないんだろうと考えている方も、まずは応募だけでも、あるいは無料カウンセリングだけでも受けてみると、自分にあった奨学金が見つかるかもしれませんよ。

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。