マルタ留学が決まったけど、何を持っていけば良いのか分からない…と悩んでいませんか?

マルタ留学は夏シーズン(7月・8月)と冬シーズン(12月から2月)によって持ち物が変わってきます。

この記事では、マルタ留学の必需品と持っていったほうが便利なお役立ちアイテム、不要なものをまとめています。

ぜひ、マルタ留学前の荷物の準備にお役立てください。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

マルタ留学に必須の持ち物リスト

まずは、マルタ留学に必須の持ち物リストから要チェック!

パスポートとパスポートコピー

留学中はパスポートを持ち歩くのは紛失してしまうリスクがあるので、パスポートのコピーを携帯しましょう。

パスポートの有效期限は、渡航国・取得するビザの種類によって異なりますので、事前にご確認してください。 

航空券(Eチケット)

原則的に往復の航空券が必要となります。(渡航国・ビザの種類によっては片道でも可)

Eチケットの場合は、事前にプリントアウトしておきましょう。

ビザ関連の書類

留学期間、目的によってビザの種類が異なりますので、早めに準備をしておきましょう。

原則3ヶ⽉以上学校へ通う場合は学生ビザが必要となります。ビザの関連書類を忘れずに持参してください。

空港出迎えサービスの案内書類

空港で出迎えサービスをご利用される方は、お迎えの場所や緊急連絡先が記載されている案内書類をプリントアウトしておきます。

滞在先の資料

滞在先(ホームステイ、シェアハウスなど)の住所は⼊国カードに記載しますので、必ずプリントアウトして⼿荷物に入れておきましょう。

入学許可証

ビザの種類によっては入国の際に入学許可証の提示を求められることがありますので、必ず手荷物として持っていきましょう。

海外旅行保険証

海外旅行保険に加入すると、海外旅行保険証が発行されます。
  
留学中に海外旅行保険証を携帯しなければ、医療機関にて保険の適用がされません。

万が一のため、海外旅行保険証はいつも持ち歩くようにしてください。

常備薬

いつも飲み慣れている風邪薬、胃腸薬、便秘薬、酔止め薬、目薬などは現地調達は困難です。

留学中の体調管理のためにも日本から時間するようにしてください。

現金(ユーロと日本円)

はじめの生活費のために、日本にいるときに日本円3〜5万円くらいはユーロに両替しておくと良いです。

両替は日本の空港、マルタ国際空港、マルタの銀行でも両替することができます。

日本国内の両替所の方がレートが良いので、事前に準備しておくことをおすすめします。

帰国後は自宅に帰るまで日本円が必要ですから、現地で現金を使い切らないように注意しましょう。

クレジットカード

マルタでは、多くのお店やレストランではクレジットカードを利用することができます。

ブランドはVISA、MasterCardのそれぞれのクレジットカードを持参することをおすすめします。

現金を持ち歩くと紛失した時にリスクが高いので、普段の買い物はクレジットカードを利用すると良いでしょう。

国際キャッシュカード

国際キャッシュカードは、海外でもATMから現地の通貨を引き出すことができる便利なカードです。

国際キャッシュカードの裏面にPlusまたはCirrusのマークのが記載されていれば利用可能です。

両替するよりも手数料が安くなるので、お買い物やレストランなど出費が多くなる方は持っていくと良いでしょう。

残高証明(英文)

滞在期間やビザの種類によって、英文の残高証明が必要な場合がありますので、事前に用意して必ず持参しましょう。

国際学生証

国際学生証を取得すると、美術館や観光地の入場料など学割がきいて安くなります。

電子機器(スマートフォン、ノートパソコン、タブレット)

スマートフォン、ノートパソコン、タブレットは日本から持参しましょう。

海外ポケットWiFi

街中のカフェや学校には、無料Wi-Fiを使える場所は多くありますが、移動中や滞在先でもインターネット環境があると便利です。

事前に、海外専用のポケットWi-Fiをレンタルしておくことをおすすめします。

▶海外ポケットWi-FiならイモトのWi-Fi

モバイルバッテリー

外出中にスマートフォンやポケットWi-Fiの充電切れになってしまわないように、モバイルバッテリーを持っておくと安心です。

▶海外変換プラグ 4USBポート旅行充電器 A・O・BF・Cタイプ 電源変換プラグ

電子辞書

授業中や課題をする際には、電子辞書は必須アイテムですので忘れずに持っていきましょう。

▶カシオ 電子辞書 エクスワード コンパクトモデル JIS配列キー XD-C100E

コンセント変換プラグ

マルタのコンセントのタイプはBF、B3タイプと日本とは違いますので、変換プラグが必要です。

▶海外変換プラグ 4USBポート旅行充電器 A・O・BF・Cタイプ 電源変換プラグ

延長コード

滞在部屋によってはコンセントの数が少ないことがあるので、延長コードがあると便利です。

▶電源タップ 雷ガード 個別スイッチ ほこりシャッター付 6個口

変圧器

日本からヘアードライヤー、アイロン、電気シェーバーなどを持っていく方は変圧器が必要です。(海外対応の製品は不要)

変圧器は240V(イギリスと同じ)を用意しましょう。

スマートフォン、パソコン、カメラに関しては国際対応なので変圧器は不要です。

▶海外旅行用 変圧器 2000W 10A ハイパワー 変換プラグ+ 2つUSBポート

日本語の参考書や単語帳

文法や構文などで分からないことがあったら、日本語で解説されている参考書が役立ちます。

参考書は重くてスーツケースの中でかさばりますが現地では入手できないので持参しましょう。

▶︎毎日の英単語 日常頻出語の90%をマスターする

衣類・下着

衣類・下着・靴下は一週間分を目安に準備すれば十分に間に合います。

足りない分は現地調達できるのでたくさん持っていかなくても大丈夫です。

マルタは7月と8月は日中40度まで上がり、かなり暑いので、水着、日焼け止め、サングラス、帽子もお忘れなく。

冬シーズンの11月から2月は意外と寒く、海からの風が寒く感じます。

ウィンドブレーカー、冬用ジャケット、ブーツなどの防寒具も必要です。

留学中にパーティーやカジノに行く場合は、フォーマルな服装が求められるので、綺麗めの服装も1セット持参すると役立ちます。

足元もカジュアルなスニーカーの外にもドレスアップ用の靴も用意しましょう。

マルタ留学に持っていった方がお役立ちグッズ

ここからは、マルタ留学に持っていった方がお役立ちグッズをご紹介しましょう。

使い慣れている文房具・ファイル

使い慣れているペンや書類を入れるファイルなどがあれば、日本から持参すると良いでしょう。

文房具は海外よりも日本の方が種類が多く、高品質なものが多いです。

洗濯用品

長期留学する方は、洗剤、洗濯ばさみ、ハンガー、洗濯ネットなどの洗濯用品は持っていくと便利です。

洗濯ばさみやハンガーは部屋の中で下着や水着を乾かすときに便利です。

▶︎ニッコー 洗濯物ハンガー ブルー 幅41X奥行5X高さ44cm

コンタクトレンズ

コンタクトレンズは現地で購入するよりも日本から必要な分だけ持参することをおすすめします。

コンタクトレンズの洗浄液はマルタの薬局やスーパーでも購入することができます。

▶︎ワンデーピュアうるおいプラス 【BC】8.8【PWR】-4.50 96枚入

インスタントの日本食

 
マルタには日本食レストランが多くあり、寿司、天ぷら、鉄板焼、すき焼き、たこ焼き、蕎麦屋などが揃います。

自炊で日本食を作るならば、アジアンマーケットにいくと大体はマルタで手に入ります。

インスタントの味噌汁、お茶パック、お箸などは輸入品となり高くなるので持参すると良いです。

▶カップめん Aセット 12種類セット 詰め合わせセット

マルタ留学に持っていかなくても良いもの

ここからは、マルタで現地調達したほうが良いもの、日本から持っていく必要がないものを見ていきましょう。

日用品や消耗品

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、
歯ブラシ・歯磨き粉、生理用品などの日用品や消耗品は現地調達できます。

日本から持っていくとスーツケースが重くなるので現地で購入しましょう。

敏感肌の方は、いつも使っているスキンケア化粧品は持参すると安心です。

アイマスク・耳栓

寮やルームシェアに複数人で部屋に滞在する場合はアイマスク・耳栓があると便利です。

まとめ

今回は、マルタ留学に必要な持ち物リストをご紹介しました。

基本的には、荷物はコンパクトにまとめて、現地では購入できないものだけを厳選することをおすすめします。

行きの荷物よりも帰りの荷物の方が重くなりますので身軽にまとめましょう。

ぜひ、理想的な留学を実現させてくださいね。

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pedia公式ラインではあなたにぴったりの情報をお届けしています。
ぜひお友だち登録をして、準備に役立ててくださいね!

» 無料でプロに相談する