海外留学にかかる費用を抑えたい方には、マレーシアの大学を要チェック。

マレーシアの大学は、学費と物価の安さにより、コストパフォーマンスは最高の条件が揃っています。

マレーシアの大学は格安なだけでなく、授業の質が高く、充実した設備と環境が整っており、近年は人気急上昇中です。

海外の大学留学は学費の高さで諦めていた方は、一度マレーシアの大学を検討する価値はありますよ。

今回は、マレーシアの大学の費用相場、おすすめの大学厳選5選をまとめてご紹介しましょう。

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。

マレーシア留学はいくらからできるの?

マレーシアの大学費用の相場は、私立大学の場合、年間80万円、国立大学の場合は30万円です。

アメリカの大学へ留学した場合、学費だけでも年間250万円以上かかりますので、マレーシアの場合は3分の1以下で留学が実現します。

マレーシアの大学費用の相場(年間)

私立大学の学費 80万円
国立大学の学費 30万円
生活費 60万円
3年課程 200〜300万円
4年課程(工学や医学部) 390〜500万円

マレーシアの物価は、日本の約3分の1程度と安いため、学費だけでなく生活費用も抑えられるのが嬉しいポイント。

マレーシアの大学留学にかかるトータル費用は、年間120万円が目安となります。

マレーシアの大学は、学部の履修期間の場合は3年課程となり、卒業までの留学費用の総額が安くなるのです。

私立大学に3年間留学しても、学費は約180万円〜250万円です。

工学や医学部は4年間で修了となりますが、それでも日本や欧米の大学に比べるとトータル費用は格安といえます。

マレーシアの東大と呼ばれる国立大学「マラヤ大学」は、大学授業料が年間30万円です。

留学生はキャンパス内外にある学生寮やアパートをレンタルする方が多く、1人部屋の相場は、月3万円程度とリーズナブル。

2人部屋や3人部屋をシェアすると約1.5万円程度に抑えることができるので、コスパは最高といえます。

多くの学生寮費には、光熱費やクリーニングサービス、共有スペースの清掃などが含まれています。

食費は100円から300円程度と安いため、努力しなくても節約できる環境にあるのがメリットです。

従来は、海外の大学へ行きたい気持ちがあっても費用がかかりすぎて現実的ではないと諦めてしまった方は多いかと思います。

アメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリスなど英語圏は首都圏の物価が年々上がっており、コスト面が大きなネックとなっています。

留学費用は長期間生活をしていくために、学費だけでなく、物価や生活費、滞在費などトータル費用を考える必要があります。

マレーシアの留学費用は日本の大学へ通うよりも低予算で実現できるので、検討してみる価値はあるでしょう。

マレーシアのおすすめ大学5選

ここからは、マレーシアのおすすめ大学5選をご紹介しましょう。

Sunway University

周辺にはサンウェイピラミッドショッピングモール、アミューズメントパークのサンウェイラグーンなど、生活しやすい環境が整っています。

施設内には無料シャトルバスがあり、施設内だけで快適な暮らしができる住環境が人気のポイント。

サンウェイ大学はマレーシアを代表する大企業が運営しているため、自社運営のリゾートホテル、グローバル企業、マレーシア大手企業などで研修を受ける機会が多くあります。

イギリスの名門校「Lancaster University(ランカスター大学)」の学位を同時取得できたり、フランスの「Le Cordon Bleu(コルドン・ブルー)」の学位を同時取得できるダブルディグリープログラムも人気です。

Taylor’s University

静かで近代的なレイクサイドキャンパスは落ち着いた雰囲気の中で学業に励むことができます。

学校内にショッピングモールを始めとする商業エリアがあるので、快適な学生生活を送ることができるでしょう。

テイラーズ大学は、アメリカ、イギリスなど欧米の有名校と提携しており、同時に学位が取得できるダブルディグリープログラムを採用しています。

アメリカの大学へ転校する「アメリカ大学編入プログラム(ADTP)」もあり、アメリカ留学も視野に入れている方におすすめです。

KDU University

毎年、マレーシアの人気大学ランキングに選ばれており、アメリカの大学への編入プログラムを最初に取り入れた大学としても知られています。

グローバル化する社会で生き残るスキルを身に付ける国際的なカリキュラムが充実しています。 

ホスピタリティーや観光学には定評があり、世界でもトップクラスの質と評判です。

キャンパスは3つに分かれており、大学入学準備コース、パートナー大学によるアメリカ・カナダの大学編入プログラムを用意。

クリエイティブメディア系学部は、最新のテクノロジーや設備を整えて、実践的な教育を提供しています。

世界の有名大学と提携しているので、マレーシアの国外の学位を取得したい方は要チェックです。

Monash University

アメリカ大学編入プログラム(ADTP)や海外大学の学位が取得できるツイニングプログラム、オーストラリアにあるモナッシュ大学のキャンパスに半年間留学できるインターキャンパスプログラム制度があります。

高校卒業時点での成績が、学士課程への入学基準を満たしていない人のために学部編入準備プログラムがあります。

高校の成績の入学基準が学士課程より低くても、条件を満たしていれば、1年後に学士課程の2年次へ編入できるプログラムです。

Heriot Watt University

ヘリオット・ワット大学は、イギリスでも伝統的な教育機関の一つであり、マレーシアキャンパスでは世界150か国から集まる留学生が学んでいます。

ヘリオット・ワット大学は、スコットランド、ロンドン、マレーシア、ドバイなど世界中にキャンパスがあり、国際的な視野に基づく教育を行っているのが特徴です。

特に、物理、数学、マネジメント、エンジニア、構築環境の分野においては優秀な成果をあげており、スコットランド議会より受賞を受けています。

まとめ

東南アジア屈指の大都市であるクアラルンプールはマレー系、中華系、インド系といった様々な民族が集まっている国際都市です。

マレーシアの大学は留学先としての認知症はまだまだ低いのですが、日本人留学生も少なく、低予算で海外留学が叶うおすすめの留学先です。

これからグローバル化が急速に進む中で、国際感覚を身についた人材が求められていきます。

ぜひ、この機会に留学先はマレーシアの大学を検討してみてはいかがでしょうか。
▶マレーシア大学留学情報まとめ【費用・評判・入学条件・大学一覧など】

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。