親日国で知られるマレーシア。スーパーマーケットに出かけると日本の商品が沢山あります。

海外生活が長くなるといつかは恋しくなる日本の味。

そんな時、マレーシアでは何が手に入り、いくらで売られているかご紹介します!

マレーシアでもおふくろの味が作れちゃうかも???

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

マレーシアの物価は安いの?

マレーシアの物価は安いと言われていますが、残念ながら日本の商品となるとお値段はちょっと高く感じてしまうものもあります。

例えば、日本の味が恋しくなっていざ作ろうとすると、まず必要になるのが調味料。

調味料は比較的高い印象です。とはいえ、醤油、出汁、みりん、鰹節など基本的な調味料は手に入ります。

具体的な金額は…
※1リンギット25-30円とします。

醤油1L

26.90リンギット=672.5-807円
33.68リンギット=842-1010.4円

日本で買うと300-400円くらい
かなり高め。

ほんだし(顆粒40g)

9.43リンギット=235.75-282.9円

日本だと150-180円くらい
やや高め。

みりん500ml

10.85リンギット=271.25-325.5

日本だと180円-250円くらい
やや高め。

鰹節

18リンギット=450-540円

日本だと10袋300円くらい
やや高め。

醤油の値段には驚きですが、やはりどれも日本で買うよりも高くついてしまいますね。

また、ラーメン、そば、うどんといった乾麺や、インスタントの麺、お味噌汁と言った商品も豊富にありました。

こちらの金額は、

カップラーメン

5.5-9.3リンギット=137.5-279円

日本とあまりかわらない。

乾麺(ラーメン、そば、うどん)

6-25リンギットくらい=150-750円

なかなか種類が豊富にあり日本とあまりかわらないものもあればかなり割高のものもある印象。

インスタントおみそ汁

8.5リンギット=212.5-255円

ちょっと高め。

日本でも簡単に食事を済ませたい時に(個人的に)よく食べるインスタント食品ですが、こちらも調味料同様に割高なものもありますが、比較的日本とあまり変わらない金額で手に入れることもできそうです。

節約の為に自炊…にするには割高になりますが、ふと日本の味が恋しくなった時には日本の味を手に入れることはできそうですね

マレーシア行くと感じる商品の安さ!

お水やコーラなどの飲料は比較的安く感じます。

但し、お酒は割高。

日本のビールだけでなく日本酒も手に入れられるところもあるのですが、お酒はあまり安く手に入れられなそうです。

コーラ

2.7リンギット=67.5-81円

ビール(サッポロ)

14リンギット=350-420円

また、驚くことに日本でお馴染みのお茶類も販売されています。

こちらも他の飲料に比べると割高ですが、お酒程ではありませんのでたまにはいいかも。

食事・レストラン

ちなみに、日本の味ではありませんが日本にもあるような大手ファストフードなどのお店もいたるところにあります。

こちらは日本に比べると割安か同じくらいの金額で利用できそうです。

でもやはり日本から出店してるお店(ラーメン屋、日本食レストラン)は他のローカルレストランなどと比べると割高です。

それでも日本食は人気なのかどこのレストランも賑わっていました。

まとめ

日本に比べ割高なものは多いとはいえマレーシアでは日本の食材は手に入りやすく、日本の味にも出会いやすい環境という印象です。

マレーシアに限らず現地の食生活を楽しむことも海外生活の醍醐味ですが、現地の日本食事情を楽しむことも海外生活ならでは。

また、現地での生活で外国人の友達ができたら、手に入るもので日本食を振舞ってあげるのも異文化交流につながりますね。

ぜひ、マレーシアでの日本食を楽しんでみてください。

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)