アイルランドに長期滞在する留学生、移住者は現地の医療機関や医療費が気になるのでは?

現地生活は安心して過ごせるように、万が一の病気や怪我に備えて、万全な体勢で渡航したいですね。

そこで今回は、アイルランドに長期滞在する方に向けて、現地の医療事情と医療保険の大切さを解説します。

アイルランドの医療制度が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

アイルランドの医療事情について

アイルランドの医療水準は先進国の医療レベルを満たしており、高品質な医療を受けることができます。

アイルランドの医療制度は国営保険サービス「HSE(Health Service Exective)」の管轄によって管理されています。

アイルランドの医療機関は、公営(Public)医療とプライベート(Private)医療の2種類です。

医療機関にかかる時は、まずはかかりつけ医となる一般開業医「GP(General Practitioner)」を受診します。

風邪や体の不調を感じた時は、どんな症状であってもまずは最寄りのホームドクター「GP」へ行きましょう。

「GP」は予約なしで対応しているウォークインもありますが、ほとんどは電話での予約が必要です。
  
※GPにかからないで直接診てもらえる専門医は歯科医のみです。

病状によっては、専門医による診察や治療、手術や入院が必要な場合もあり、GPから紹介状が出されます。

専門医にかかる場合は、必ずGPの紹介状が必要になりますので、かかりつけ医に登録しておきましょう。

かかりつけ医に登録せずに、紹介状なしで大きな病院へ行って診察してもらう場合は、admission feeとして250ユーロ(約29,000円)もかかるので要注意です。

※緊急事態の場合は,救急車を呼んで、紹介状などは必要なく、優先的に救急病院に向かいます。

アイルランドでは医薬分業制度が採用されており、医師から薬の処方があった場合には処方箋を薬局に持っていき、処方薬を実費で購入します。

世界の医療事情 アイルランド | 外務省
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/europe/ireland.html

公営医療の特徴

公営医療はHSE(Health Service Executive)が運営する医療サービスです。

入院する場合は一定の費用を支払いますが、国公立病院・医療機関は基本的に無料、または低料金となります。

公営医療はpublic health serviceとも呼ばれ、アイルランドに1年以上合法的に滞在する場合は外国人でも受診が可能です。

公営医療は小児に対する予防接種及び定期検診、妊娠期間中、産後6週間の女性の受診も無料となっています。

ただし、公営医療は低価格なゆえに、常に患者で混雑しており、専門的診療を受診するまでに数か月待たされることも少なくありません。

プライベート医療の特徴

その一方で、プライベート医療(private health service)は診療費や検査代などが全て自己負担となります。

プライベート医療の医療費は高額ですが、プライベート医療保険や海外旅行傷害保険が適用されます。

日本の国民健康保険が適用になることもあるため、前もって確認しておきましょう。

プライベート医療は公営医療よりも待ち時間が少なく、スピーディーに診察を受けることができます。

患者が自由に医療機関や専門医を選択することができるのもメリットです。

アージェント・ケア・GP(Urgent Care GP)とは?

GPが時間外や休診日のときは、かかりつけでなくても対応してもらえるアージェント・ケア・GP(緊急ケアGP)にかかりましょう。

平日:午後6時〜午前10時

休日:午前10時〜午後6時

電話で名前や生年月日などの基本情報と病気や怪我の症状を伝えてください。

HSEのホームページから地域別のアージェント・ケアを探すことができます。

HSE:https://www.hse.ie/

West Doc:http://www.westdoc.ie

South Doc:http://www.southdoc.ie

アイルランドの医療費っていくら?

アイルランドでは緊急時以外のどんな症状・怪我でも、まずはかかりつけのGP(General Practice)に行きます。

診察料は施設によって異なりますが、1回あたりの相場は60ユーロ〜80ユーロ(約7,000円〜9,400円)です。

GPに登録せずに初診で紹介状なしでGPへ行く場合は数万円になり、初診料は高額になるので要注意。

GPから専門性の高い治療、手術・入院が必要だと言われた場合、紹介状を持って、専門医のいる大きな病院へ行きますが、無料と有料の場合があります。

初回の診察はすでにGPで医療費を支払っているため、診察やレントゲンは無料となります。

専門医の病院に予約を取って、紹介状を持って行っても待ち時間が長いことも多いのがネックです。

医療保険に加入していれば、有料の治療費が戻ってきますが、保険の種類によって金額は異なります。

無職の人、給料が一定金額に満たさない低所得者はメディカルカードが発給され、診察を無料で受けることができます。

アイルランドで医療保険に入れるの?

アイルランドでは留学生に対して、医療保険に加入することを義務付けています。

私立病院へ行くと、比較的早めに診察を受けることができますが、医療費が高くなるので、医療保険に入っておくことが必要不可欠です。

万が一、急に体調が悪くなったり怪我をして救急車を使った場合、緊急受診料と救急車費用が発生します。

アイルランド永住者の方も専門的な処方箋や歯医者・眼科の場合は自己負担額が大きいためになるため、民間の保険に入っておくことが大切です。

公立病院は低料金ですが、予約が3ヶ月から1年先になってしまうケースもあるので注意しましょう。

短期の留学で持病がある方は、渡航前にかかり付けの病院で検査を受けて、薬をもらっておくと安心です。

保険には加入しておくべき理由

アイルランドは外国人留学生に対して、医療保険の加入を義務付けています。

アイルランド国内にある学生向けの医療保険は年間150ユーロ(約17,500円)から加入することができます。

ワーキングホリデーの方は、滞在期間中のすべての期間をカバーできるワーキングホリデー保険(旅行傷害保険)への加入が義務化されています。

ビザの申請時に、ワーキングホリデー保険への加入証明書の提示が必要です。

日本にいる時から国内で学生向けの医療保険、ワーキングホリデー保険に加入しておくと安心です。

まとめ

アイルランドの医療事情は世界水準を満たした清潔感のある医療機関が揃っています。

アイルランド長期滞在中に体調が悪くなった時はホームドクターとなるGPへ行くと、無料または低料金で受診可能です。

ただし、さらに高度な治療が必要な場合は専門医に診てもらうことになり、最低でも50ユーロはかかります。

アイルランドに長期滞在する方は万が一の病気や事故に備えて、医療保険に加入しておきましょう。

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)