年末年始や長期休暇に合わせて、海外旅行を計画している方もいることでしょう。また海外旅行の準備は、日用品や資金だけではありません。海外旅行保険の加入及び契約について、準備をしているでしょうか?海外でケガや病気になった場合は、国内のように3割負担になることはありませんから基本は10割もしくは数10~100万円単位の負担となります。

しかし、1回の診察料で大きな負担になりますから、保障が効く海外旅行保険の加入が必要になります。

そこで今回は、海外旅行保険t@biho(タビホ)の概要をはじめ、料金から保障内容について、ご説明します。海外旅行を検討の方は、この機会にt@biho(タビホ)を検討してみてはいかがでしょうか。

t@biho(タビホ)特長とは?

t@biho(タビホ)とは、ジェイアイ傷害火災保険株式会社が販売している海外旅行保険の名称です。また、ジェイアイ傷害火災保険株式会社は、旅行代理店大手のJTBグループと大手保険会社のAIGグループの合弁会社でして、大手企業が運営しているといえるでしょう。

t@biho(タビホ)は海外旅行中に、以下のような事象や状態になった際に補償されます。

  • 後遺症が残る傷害
  • 傷害由来による死亡
  • 怪我や病気による治療費
  • 病気由来による死亡
  • 歯科治療
  • 携行品の盗難や破損被害
  • テロなどが発生したことによる追加出費

他にも弁護士費用など、海外旅行で起こり得るあらゆるトラブルに関して保障しています。また、t@biho(タビホ)の特長は、保障範囲だけではありません。保険内容を自由に設計できるフリープランにも注目です。

海外旅行保険に限らず、保険商品の中には予め定められたプランのみしか加入できないケースも珍しい話ではありません。

t@biho(タビホ)の場合は、インターネットもしくはスマホアプリ内で、補償プランをカスタマイズできます。ですから、保障してほしい内容だけをプランに組み込むことができるため、柔軟性の高さが魅力です。

また、インターネット完結型の海外旅行保険を追求しており、どこでも手軽に保険加入申し込みが可能となっています。

t@biho(タビホ)サポートラインはこんなに便利

<注意点>

  • 各国・地域の通信事情等により、ご利用できない場合があります。(携帯電話からの通話など)
  • 該当国・地域以外からのご利用はできません。(例:アイルランドからイギリスにかける場合など)
  • ホテルや携帯電話からのご利用の場合は、サービス料等が課金される場合があります。
  • フリーダイヤルがない国またはフリーダイヤルが繋がらない場合には一般(有料)ダイヤルへのお電話となります。

t@biho(タビホ)サポートラインの詳細はこちら

t@biho(タビホ)の詳細と料金

t@biho(タビホ)の保険期間は、観光や商用目的ですと旅行から最大31日まででして、留学やワーキングホリデーの場合は1年以内になっています。

申し込み期間は、旅行当日から3か月前までであれば、24時間365日いつでもネットで申し込み可能です。t@biho(タビホ)の保険加入可能年齢は、18歳以上で上限はありません。また、海外旅行保険のt@biho(タビホ)に興味がある方や、既に検討している方の中には、まだ年齢・人数別の保険料について確認していないのではないでしょうか。

旅行先ごとに保険料が異なりますから、確認せずに加入するのはリスクがあります。そこで次の項目からはt@biho(タビホ)の保険料をハワイとシドニーのケース、そして年齢と人数別に比較紹介していきます。

後述でもご説明しますが、t@biho(タビホ)は保険料の安さも大きな特長ですから保険料も確認してみてください。

保険料について

t@biho(タビホ)公式サイトでも解説していますが、選ばれている理由の1つが保険料の安さにあります。保険に掛かる経費と運営に掛かるコストを削減していることから、受け取る保険料を減らさず提供できています。

また、海外の各地域で保険料が異なりますから、今回はハワイとシドニー(オセアニア)を例に保険料をご紹介します。

ハワイ
t@biho(タビホ)の保険料プランは各地域で分かれており、ハワイ州単体で区分されています。公式サイト内で簡単試算ができまして、1人の場合に支払う保険料を確認できます。

以下に用途・旅行期間別の保険料を挙げています。(旅行期間は1日~31日まで1日ずつ設定可能です。)また、保険料節約プランの場合です。

5日間 10日間 15日間 31日まで
観光 1970円 3780円 6380円 12800円
商用 1970円 3780円 6380円 12800円
留学 2050円 3820円 6380円 12690円
駐在 2050円 3820円 6380円 12690円
ワーキングホリデー 2050円 3820円 6380円 12690円

今回紹介した保険料の年齢については、ワーキングホリデーが18歳~32歳、他4種類は10歳~49歳で定められています。

シドニー
シドニーは、オセアニア地域に区分されており、t@biho(タビホ)の場合もオーストラリアはオセアニア地域で、保険料を設定しています。

前述と同じく公式サイト内の簡単試算にて算出された保険料を、以下に挙げていきます。また、1人旅行の場合で、保険料節約プランの保険料です。

5日間 10日間 15日間 31日まで
観光 1670円 4330円 6610円 13720円
商用 1670円 4330円 6610円 13720円
留学 1750円 4370円 6610円 13610円
駐在 1750円 4370円 6610円 13610円
ワーキングホリデー 1750円 4370円 6610円 13610円

保険料節約プランでは、旅行期間6日までの場合ですとシドニーの方が安い傾向にあります。ただ、フリープランの方が自由に設計できますから、実際は状況によって保険料が変わります。

年齢別比較

ここでは、ハワイとシドニーの保険料を年齢別に比較していきます。今回は1人の海外旅行で旅行期間10日、保険料節約プラン・観光目的にて以下にご紹介します。

ハワイ シドニー
0歳から9歳 6180円 6950円
10歳から49歳 3780円 4330円
50歳から59歳 5220円 5900円
60歳から69歳 6140円 6910円
70歳から79歳 11730円 13010円
80歳以上 29700円 32640円

年齢別で見ると分かりますが、どの地域に海外旅行に行くとしても10歳から49歳のプランを安く設定しています。これは、t@biho(タビホ)の方針でもあるのですが、年齢別にリスク細分を設定しているため、保険料に変動があります。

また、一般的な海外旅行保険に年齢別リスク細分を設けていないため、独自方針ということが分かります。

人数別比較

ここではt@biho(タビホ)の保険料を1人・2人・3人といった、人数別に比較紹介します。場所はハワイとシドニー・ヨーロッパ・北米、プランは保険料節約プランとしまして10歳から49歳の年齢です。また、2人・3人のプランは、家族の場合に加入した保険料としています。

ハワイ シドニー ヨーロッパ 北米
1人旅行 3780円 4330円 3550円 3780円
2人旅行 7560円 8660円 7100円 7560円
3人旅行 11340円 12990円 10650円 11340円

t@biho(タビホ)の複数人契約は、契約者を除いて2名から10名までは同一の保険料で加入します。また、同一の旅行ルート、つまり同じ場所に旅行する必要があります。

t@biho(タビホ)保障内容について

t@biho(タビホ)は海外旅行保険でして、これから海外旅行の予定がある方の中には、既に知っているケースもあるでしょう。また、初めてt@biho(タビホ)を契約する方に向けて、保障内容について以下に整理します。

【補償概要】

  • 傷害死亡、疾病死亡:海外旅行中のけがや病気による死亡の場合
  • 緊急歯科治療:海外で歯科治療を受けた場合
  • 治療、救援費用:けがや病気による治療や入院の場合
  • 傷害後遺障害:海外旅行中の事故及びけがによって後遺障害となった場合
  • 個人賠償責任:他人の所有物や備品を破損させてしまった場合
  • 寄託手荷物遅延:航空会社に預けていた荷物が、到着後6時間以内に届かず追加出費が必要な事態になった場合
  • 弁護士費用:海外旅行中に事故に遭い、損害賠償請求を行った場合の弁護士費用
  • テロ等対応保険金:テロなどによって空港や交通機関が使用できず、追加出費が必要になった場合
  • 携行品損害:自身の身の回り品が海外旅行中に盗難やひったくりされた場合

t@biho(タビホ)では、上記の補償項目を自由に組み立てられます。また、オプション保障として、旅行キャンセル費用や中断費用・航空機遅延に関する補償が用意されています。

» t@biho(タビホ)をお申込みの方はこちら

メリットについて

t@biho(タビホ)の概要や保障内容については、理解できましたらメリットも覚えてみましょう。主に4つのメリットがありまして、利用メリットを中心に分かりやすく解説します。

安い保険料

t@biho(タビホ)を利用するメリット1つ目は、海外旅行保険の中でも安い保険料で設定されている点です。特に49歳までのプランで、保険料を安く抑えています。また、ただ単に保険料が安いのではなく、保障内容が充実していて自由に設計できる上での安さに大きなメリットがあります。

リピーター割が適応される

t@biho(タビホ)を利用するメリット2つ目は、リピーター割と呼ばれる割引が用意されている点でしょう。

リピーター割とは、過去3年以内にt@biho(タビホ)を利用した契約者が、再度利用する場合に保険料の3%を割引されますこちらは、海外旅行や駐在勤務の頻度が高い方にとって、特にメリットとなるサービスです。

クレジットカードでの決済が可能

t@biho(タビホ)を利用するメリット3つ目は、クレジットカードによる決済に対応しているだけでなく、クレジットカード付帯の保険との併用ができる点でしょう。

文字通りクレジットカードによる支払いが可能でして、VISAやJCB、AMEXなどに対応しています。

また、クレジットカードには、付帯している海外旅行保険が多い一方で、保障内容に不足している点もあります。t@biho(タビホ)は、クレジットカード付帯の海外旅行保険に加入していても、新たに加入できるため併用が可能です。従って、クレジットカード付帯の保険で不足している項目だけ、t@biho(タビホ)で補えます。

独自のアプリケーションがある

t@biho(タビホ)を利用するメリット4つ目は、独自のスマホアプリをリリースしているところです。

契約者専用のアプリでして、Android版とiOS版どちらにも対応しています。

主に以下の機能が用意されています。
t@biho(タビホ)のサポートセンターへアクセス可能
t@biho(タビホ)キャッシュ提携病院を検索できる
アプリ内でケガや病気の症状について翻訳できる(英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語、日本語)

他にも様々なコンテンツや機能を用意しており、様々な場面で役立ちます。

世界18都市にある現地デスク

デメリットについて

t@biho(タビホ)に加入検討している方は、気を付ける点があります。そのポイントは、保険料と年齢の関係でして、人によっては割高になる可能性があります。それでは、t@biho(タビホ)を利用する場合に、デメリットとなるポイントを解説します。

年齢によっては保険料が高くなる

t@biho(タビホ)を利用することでデメリットとなるポイントは、年齢によって保険料が変わるところでしょう。

主に10歳から49歳の保険料については、海外旅行保険の中でも安く設定されているのですが、50歳以上の場合ですと比較的割高となります。

また、旅行場所の安全性によって保険料が上下する点や、複数人契約時に割引されない点も、人によって割高と感じるでしょう。

まとめ

海外旅行保険のt@biho(タビホ)は、49歳までの契約ですと保険料が安くプランの自由度も魅力的です。

また、観光だけでなく駐在や留学など、目的に合わせたプランが用意されており幅広い保障内容についてもメリットといえるでしょう。しかし、50歳以上の保険料は割高な傾向になるため、プラン内容から改めて判断することをおすすめします。

ネットによる申し込み・契約が完了するスピーディさも魅了的な、t@biho(タビホ)の加入を検討してみてはいかがでしょうか。

» t@biho(タビホ)をお申込みの方はこちら