Spiceup Academy はインドの南部にある経済と教育の中心地、バンガロールにある唯一の日本人経営の語学学校です。

インドといえば、首都であるデリーや日系企業の進出が著しいチェンナイやムンバイなどの都市があげられると思います。

また、日本のメディアでは「インドは治安が悪い」「年中暑い」などというイメージがあるかと思います。ですが、バンガロールは外国人が多く住んでいるため治安が良く、高原気候にあるため年中涼しく日本人にとって住みやすいという点でバンガロールにSpiceup Academy を作りました。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

Spiceup Academyの場所

NAACのAランクに評価されているクライスト大学や多くの大学があるため、学生が多い地区に当たるKoramangalaにあります。

バンガロールのケンペゴウダ空港から南へタクシーで1時間ほどの場所にあります。

Spiceup Academyを覗いてみた

大きな建物がSpiceup Academyとなります。それでは実際に中に入って行きましょう!

授業と授業の間の休み時間や、授業終了後に生徒たちがご飯を食べたりトランプでゲームをして休憩をとっています。

校内にはこのようなリラックスペースも存在します!

学校の特徴

Spiceup Academyの現地日本人スタッフの中野裕美さん。

2018年よりバンガロール統括責任者として学校運営から新規事業立ち上げに参画しており、ビジネスアップ/IT知識セミナー講師を努めています。

インド留学のMISAOはビジネス都市グルガオンとIT都市バンガロールを拠点とするインド唯一の日系の留学エージェントです。日本人の受け入れは、MISAOが運営するSpiceup Academy南インドのバンガロール校のみとなっております。

語学留学では、インド人を始め多くの外国人生徒が在籍しているため、多様性にあふれた学校となっています。過去にフランス人やチベット人、タイ人など20ヶ国以上の生徒を受け入れてきました。

授業の様子

英語留学では、日本人が特に苦手意識を持っているスピーキングに特化した授業を行なっています。

入学時にテストを受け、英語力に応じてElementary, Pre-intermideitate, Intermidiateの3つのクラスに分けれらます。なので、入学に当たる英語力の基準もなく、英語初級者も安心して授業を受けることができます。

インターナショナルなバックグランドをもつ英語教師によるフレキシブルできめ細やかな対応かつレベルに合わせた学習方法で、集中して効率的な英語学習ができるプログラムを提供しています。

IT留学では先生1人に対して生徒2-3人の少人数レッスンで行います。スクールタイムは常に先生が近くにいるため、気軽に質問できスピード感のある学習が可能です。また、他国のIT留学は10名弱のグループレッスンが多いのに対して、少人数での授業は1人1人に目が行き届くため確実に実力が付けられます。

学校の生徒の声

中村さん(東京工業大学大学院二年生)

英語留学3ヶ月とIT留学2ヶ月(PHP)を終了しました。写真左

インド留学を決めた理由は、
大学の友人は、アメリカやヨーロッパへ交換留学や正規入学をする人が大半でした。旅行でヨーロッパなどは行ったことがあり、誰も行かなそうなところと行ったらインドと思いつき留学を決めました。

また、実際にインドに来てみて思ったのは、やはり面白い人が多く集まっていました。日本に留まっていると繋がることができない人と繋がれたことが一番良かったことです。

現地のインド人と同じ生活基準で生活してみたいという思いがあったので、最初の頃は、ほぼ三食屋台で本場のカレーを食べていました。

お腹を下したこともなかったですし、飲み水に気をつければ、インドだからと言って危ないとは思いませんでした。時々断水や、停電が起こることもありましたが、日本と同じ生活基準は最初から求めていなかったので、あまり生活には困りませんでした。

インドでの留学はどうでしたか?

留学前は、リーディング、ライティングは出来ましたが、リスニングとスピーキングに苦手意識を持っていました。

3ヶ月の英語留学で、授業中に日本人が特に苦手と言われているLとRの発音の矯正をしてもらいました。インド人の英語の先生が熱心に指導してくれたため、今では街中のインド人に話しかけられても臆せず話すことができるようになりました。

卒業後の進路について

本当は、英語を5ヶ月学び、その後インドの大学に入学しようと考えていました。ですがスタッフの方からアドバイスをいただき、PHPを学ぶことにしました。大学で建築を専攻していて、建築にしか興味がありませんでしたが、英語PHPを学んだことで、一気に世界が広がりました。

そのおかげもあり、インド留学中に起業をするという選択肢が出て来ました。大学院卒業後に、建築関係のマッチングサービスを自作し、友人と起業しようと思っています。

インド留学を悩んでいる方に一言お願いします!

プログラミングは、どの分野にいてもゼロから始められ、誰もが努力次第でできるようになると思います。プログラミングに一切関係ない人こそ、自分に付加価値がつくので、学ぶことおすすめします。MISAOで留学をすると、周りがモチベーション高く勉強していて、いつでも先生に気軽に質問できる環境は、プログラミングの入り口としてはすごくいいと思いました!

Spiceup Academyを動画で紹介

課外活動

週末は多くの生徒が小旅行に出かけます。休日の過ごし方として、近くの観光地のバンガロール宮殿やカボンパークに行ったり、寝台列車にのってマイソールに出かける、MeetUpでインド人と遊ぶなど様々な選択肢があります。
最近は、日本のJリーグに当たるISLというリーグでバンガロールFCの試合観戦に行きました!

以上Spiceup Academyバンガロール校のインタビューでした。

インドにしては、年中涼しく過ごしやすい気候で治安もよく日本人が過ごしやすい環境です。
今後、インドの人口は世界一になる予定で、ビジネスや教育といった様々分野で話題となっています!

そんな話題のインドで唯一の日本人経営学校、英語とITを学ぶことはとても貴重な経験になりそうです!

▶さらに詳しく学校情報を知りたい方はこちら