ILSC(ILSC Education Group)は1991年、カナダのバンクーバーで創立した語学学校です。現在は、カナダをはじめ、アメリカ、インド、オーストラリアと世界4ヵ国(全9ロケーション)に広がっています。

アメリカにはニューヨークとサンフランスシコにそれぞれ学校があります。今回は、2014年に創立したニューヨーク校を訪れてみました。

「留学には興味があるけど…こんな状況だし…」
いま決める必要はありません。
でも、いま準備すると4つもメリットがあるんです!

海外で生活するってどんな感じ…?
「留学準備」3つのコツと進め方
留学のプロに相談!

色んなサービスやコンテンツがたくさん!

ILSCの場所

マンハッタンのダウンタウンに位置します。すぐ近くにニューヨーク市庁舎や世界貿易センター跡地のグランドゼロがあり、地下鉄の駅も近くて便利なロケーションです。
 


ビルの外壁に「ILSC」のロゴがあるのですぐにわかります。
 


学校はビルの4階です。早速中に入ってみましょう。
 

ILSCを覗いてみよう


ILSCの受付。オープンして3年、きれいで明るい雰囲気です。
 


ラウンジでは、学生らが授業の合間を利用してクラスメートと話をしたり、宿題をしたりしていました。
 


清潔なキッチンも完備。電子レンジや大型の冷蔵庫もあります。
 


廊下に置かれているコンピュータ(6台)は無料で使えます。

ILSCの特徴とは?


ILSCでスチューデント・アドバイザーおよびマーケティング・コーディネーターをしている堀田麻美(ほったあさみ)さん。日本では留学斡旋会社で、ニューヨークでは別の語学学校で働いていたこともあり、留学業界では計13年の経験があるそうです。
 

堀田さんに学校の特徴を聞きました。「当校に通っている学生は皆さん真剣に英語の勉強に取り組んでいます。また、学生がいつでも相談しやすいようにオフィスのドアはオープンポリシーです」。

また、インドのニューデリー校以外のすべてのILSCに、日本人カウンセラーが常駐しており、学生のバックアップにも長年の経験を生かしているといいます。「クラスを変えてほしいというリクエストがあった場合は、単にクラスを変えてほしいのではなく学生や先生と馴染めなかったり、英語での生活に慣れていないことが根本的な問題だったりします。そういう学生が学校環境や英語環境にすぐに慣れるように、注意深くサポートするようにしています」。

緊急の場合は24時間いつでも連絡が取れるようになっているそうで、学生にとっては慣れない異国での生活が心強いでしょう。

またILSCは特定の大学と提携しており、ILSCの学生は条件付きで入学することができるそうです。

留学生の国籍や人数

ILSCの学生数は平均100人以上で、特に夏季は150人を超えるそうです。

国籍は週やシーズンによって異なりますが、取材で訪れた時点ではブラジル、コロンビア、チリ、メキシコなどの中南米が4割、そのほかはトルコ、タイ、イタリア、スイス、ドイツ、中国などが多いそう。日本人は全体の15%でした。

教室はどんな感じ?


教室は全部で16。どれも全面ガラスで開放感があります。
 


クラスの平均人数は10〜12人前後、最大人数は15人とのこと。いくつか授業を覗いてみました。先生はフレンドリーで、皆楽しそうに勉強していました。
 


コンピュータを使った授業の様子。

ILSCの生徒の声(口コミ情報)

授業の合間に生徒にも話を聞いてみました。

ブラジルからの留学生、ペドロ・デ・ルカさん


同校に通ってもうすぐ3ヵ月になるペドロさんは、大学入学前の時期を利用し、アメリカに短期留学中です。現在ILSCで、TOEFL準備クラスと国際ビジネスのクラスを取っています。

この学校について、「毎月違う先生、違うクラスメート、違うサブジェクトだから新鮮でいろんな友人ができ、さまざまなトピックスを勉強できるのが楽しいですよ」と推薦してくれました。

将来は弁護士になりたいそうで、7月にはブラジルに帰国し、大学に入学するそうです。

日本からの留学生、マツバラ・エリチカさん


同校に通って9ヵ月になるマツバラさん。ニューヨークに来たばかりのころは英語がよくわからなかったけど、最近やっと聞き取れるようになったと言います。

「授業中、意味がわからなくても手を挙げて聞き返すのが恥ずかしかったけど、クラスメートはお構いなしにどんどん質問するので、自分もそれに慣れ、今ではその都度聞くようにしました。先生に質問をすると『わかる人は説明してみて』とほかのクラスメートに指示を出します。このように、みんなが勉強になる仕組みもいいと思います」。

これまでは、オペラを通して歌の基礎を学んできたというマツバラさん。今後はニューヨークでR&Bやヒップホップなど別の歌のジャンルに取り組んでみたいと、夢を語ってくれました。

授業後の課外活動も充実

ILSCでは、入校初日に「ネイバーフッドツアー」といって、学校があるエリアに慣れるように近所に連れて行ってくれます。またそのほかも、セントラルパークやロックフェラーセンター、美術館などの観光名所に行ったり、サッカーやダンスなど、スクールアクティビティーが毎日行なわれています。


ブルックリンのプロムナードで開催したBBQパーティーの様子(写真:ILSC提供)
 


(写真:ILSC提供)
 

学校が作成した映像

このように学生にとって心強いサポートが充実しているILSCでなら、充実した留学生活を送れそうです。

以上、 ILSCのレポートでした。この学校の最大のポイントは、世界4ヵ国にネットワークがあり、日本人カウンセラーが常駐しているということ。また、ニューヨーク校はマンハッタンのダウンタウンにあるので、学校での勉強が終わったら、買い物や食事などに気軽に出かけられる至便なロケーションも大きなポイントです。

※2018年の3月よりアメリカ校舎は閉校になっています。

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pedia公式ラインではあなたにぴったりの情報をお届けしています。
ぜひお友だち登録をして、準備に役立ててくださいね!

友達登録をする