パリは世界でもトップクラスの観光地で、“花の都”や“芸術の都”などたくさんの愛称を持っているフランスの首都になります。

イメージ通り、アートやファッションの最先端を行く街として、注目を集めています。そんなパリには、世界の三大美術館の一つである、ルーヴル美術館をはじめとして、たくさんの見どころがある観光地があります。

初めてパリを訪れる人にとっては、有名な観光地が多いからこそどこに行けばいいか迷ってしまう人も多いかも知れません。

そこで、今回の記事ではパリ観光で絶対に訪れるべき観光地を厳選してご紹介します!また観光地の紹介と合わせて、パリでの移動の方法や食事、お土産選びを解説していきます。少しでも参考になれば、幸いです。

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

パリ観光で絶対に訪れるべき観光地5選

花の都とも呼ばれるパリは、誰もが一度は観光したいと思う観光地のひとつです。
見逃せない素敵なスポットも多いですが、ここでは絶対にはずしたくない観光地を厳選してご紹介していきます。

ルーヴル美術館

まず最初に紹介したい観光地は、世界の三大美術館のひとつであり、かつ世界の最大級の史跡のひとつでもある、『ルーヴル美術館』です。
美術や芸術に興味がない人でも、一度は名前を聞いたことがあるのではないかと思われほどの知名度があるパリの名所。

美術館として最大規模を誇り、有名な「モナ・リザ」や「サモトラケのニケ」、ドラワロクの「民衆を導く自由の女神」なども展示されているのが特徴で、所蔵品は約38万点以上にも及ぶそうですよ。

パリ観光をする上でぜひ足を運んでおきたい観光地ですが、有名な分混雑は十分に予想されるので、事前に予約をしたり、パリ・ミュージアムパスを利用するのをおすすめします。

また美術館の面積は6万㎡とかなり広いので、初めて訪れる人が自分で回るにはなかなか難しいかも知れません。日本人のベテランガイドが案内しれくれるツアーもあるので、上手く利用するのもいいですね。

エッフェル塔

パリで思い浮かぶ観光地はどこ?と聞かれたら、必ず上位に来るでだあろう、『エッフェル塔』は、有名ですよね。

世界中で一番有名な塔とも言えるエッフェル塔は、パリのシンボル的な存在なので、ぜひ訪れて欲しい観光地になります。
営業は年中無休で、いつでも観光できるのは嬉しいです。

オペラ座(オペラ・ガルニエ)

パリのオペラ座は、「オペラ座の怪人」の舞台として有名です。

しかも、パリのオペラ座は9区の“ガルニエ”、12区の“バスティーユ”と2つありますが、歴史が古くて、シンボル的な存在となっているのは、9区のガルニエ宮です。年間を通して、オペラとバレエの公演がされています。

公演チケットは事前にサイトから予約が出来ますが、当日券を窓口で購入することも可能です。

また、公演チケットがなくても、夕方までは建物内部を見学することも可能(有料)。
建物の内装は、まさしく豪華爛漫で、劇場ホールや回廊、大階段、劇場ホールの天井画は、見る価値があります。

凱旋門

『凱旋門』は、パリのメインストリートである“シャンゼリゼ通り”の西端にあるシャルル・ド・ゴール広場にあります。
正式名は「エトワール凱旋門」と言い、圧倒的に知名度のあるパリのシンボルになっています。

凱旋門は登ることも可能で、パリの街並みを一望できます。
272段の階段を登れば、屋上展望台があり、そこから見えるパリの景色は見ものです。

エッフェル塔やアンヴァリッドなどの名だたる観光地の姿もはっきり眺められるので、パリ観光の最初のスタート地点として訪れることをおすすめします。

シャンゼリゼ大通り

『シャンゼリゼ大通り』は、ギリシャ神話で極楽浄土という意味を持っており、東はコンコルド広場から、西は凱旋門まで全長約3㎞にもおよぶマロニエ(マロンの木)の並木道が続いています。

ブティックやカフェが並ぶ華やかなエリアで、この場所こそが“花の都”を象徴しています。パリ観光の際は、散策しながら買い物、食事などを楽しんでみてください。

パリ観光中の移動方法

次にパリを観光する上での移動方法について解説していきます。

パリの移動方法には、市内全域を網羅するメトロを始めとして、RER(高速郊外鉄道)、バス、タクシーがあり、交通手段が充実しているので、ほとんど困ることはないと思います。

また、パリ市内は、ほぼ東京の山手線と同じ面積になっていて、主な観光地は簡単に移動することが出来ます。

地下鉄メトロとREP

パリのメトロ(地下鉄)は、世界で一番シンプルな作りでわかりやすいのが特徴で、駅の数も多いため移動にとても便利な交通手段となっています。

パリの市内を中心に走る地下鉄が「メトロ」で、パリ市内から郊外のイルドフランスまで走るのがREP(高速郊外鉄道)。

メトロの運営はRATP(パリ交通公団)、REPの運営はSNCF(フランス国鉄)と会社は違いますが、パリ市内なら、メトロとREPの乗り換えは自由となっています。

同じゾーン内の移動なら、どの駅で降りても料金は均一で、区間内なら同じ切符で乗り換えも可能になっています。

またメトロの切符は、種類が豊富なので、移動の目的に合わせて便利な切符を上手に使いこなせば、移動や観光がもっと便利になりますよ。

バス

パリ市内を入るバスは、ライトグリーンで統一されている、パリ交通公団RATPが運行する市バスになります。メトロより路線が細かいので多少複雑な作りですが、数多くの路線があるため、ピンポイントで目的地に行くことができ、使いこなせると移動の幅が広がり、移動を楽にすることが出来ます。

平日の昼間は10~15分の間隔で運行されていて、夕方以降や土日は本数がグッと減るので注意が必要です。

さらに渋滞すれば、その分待ち時間は前後するので、頭に入れておきましょう。RATPの公式サイトで、バスの路線図が確認できるので便利です。

タクシー

パリのタクシーは、メトロやバスに比べると割高になりますが、日本より料金がリーズナブルなので、移動の際には上手に利用するのもありです。

荷物が多かったり、人数が多い場合は割ればメトロやバスより安くなる可能性もあり、目的地に直接行けるのメリットと言えるでしょう。

ただし注意が必要で、正式な許可を受けたタクシーとは別に、不認可のタクシー(白タク)も存在するので、トラブルを避けるためにも利用しないようにしましょう。

正式に許可を受けているタクシーは車の上に必ず「Taxis Parisies」が表示を掲げています。パリはほとんど個人タクシーなので、車種もカラーもバラバラですが、表示を目印にしましょう。表示が青い時は空車で、赤い時は乗車中になります。

街歩きの楽しみ方

シャンゼリゼ通りには、おしゃれなカフェやレストラン、可愛い雑貨屋から高級ブランドまであり、時間がたくさんあっても足りないほどです。

パリならではの歴史あふれるおしゃれなカフェでお茶したり、ショッピングを楽しみましょう。ウィンドウショッピングだけでも十分に満足できます。

パリを動画でご紹介

アクティビティの選び方

パリ観光でのおすすめしたいアクティビティのひとつに、気球に乗って上空300mからパリの街を一望できるという素晴らしいものがあります。

エッフェル塔などから見下ろせますが、気球ではまた違った楽しみ方が出来ますよ。
天候によりますが、基本的には年中無休、アンドレ・シトロエン公園から乗ることが出来ます。

パリ市内の景色が見えるだけでなく、パリを流れるセーヌ川に建つ自由の女神やサクレクール、天気が良ければ郊外まで見渡せるのは魅力的。

食事の選び方

パリは花の都・芸術の都であり、“美食の街”としても有名です。

ミシュラン3つ星の高級レストランから、庶民的なレストランまで、美味しいフランス料理が食べられるレストランがたくさんあります。
そこで、どこで食事をするのか迷った時には、ひとつの候補としてフードコートもおすすめです。

パリのフードコートは、百貨店の中や有名な観光地の近くにあります。

選択肢の幅があり、雰囲気もおしゃれです。
自分が好きなメニューを目で見て選べて、量も調節することが出来るのは、フードコートの利点になります。上手く利用して、観光やお買い物の時間やお金を確保してみるのはどうですか?

お土産の買い方

旅行につきもののお土産選びは、楽しい反面、難しくてすごく悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

パリのお土産には、美味しいものから文房具、美容グッズなど魅力あふれるものがたくさんあります。そこで、今回はそれらがすべて揃っているお土産を買うおすすめのお店をご紹介します。

それはオペラ地区にある、『ギャラリーラファイエット百貨店パリオスマン店』です。
ヨーロッパで最大級のデパートで、本館、紳士館、メゾン&グルメ館の3館構成で、シャネルやルイヴィトンと言った高級ブランド品や書籍、日用雑貨、食料品、お土産までのあらゆるものが揃っています。

パリに住んでいる地元民はもちろん、世界各国の観光客が訪れていて、1日の利用客数はおよそ10万人におよぶそうです。
ここだけでお土産がすべて揃えることが出来ますよ。

シーズンならではの楽しみ方

パリ観光は、街全体が芸術的なので年中いつでも楽しむことができますが、特に秋がおすすめです。夏にはバカンスのため休業するお店がありますが、秋にはそんなことはありません。

10月には『ブドウ収穫祭』や『サロン・デュ・ショコラ』という世界各地のチョコレートを楽しめるイベント、競馬の凱旋門賞などがあり、さらにはパリを楽しめるイベントが盛りだくさん。

パリの秋は、曇りの日も多くて、木の葉が色づき薄めのコートを羽織りだす時期ですが、そんなところもパリらしくておすすめ。
▶フランスでワーキングホリデーする方法【準備・費用・ビザ・手続き】

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)