イギリスに住むなら必ず必要なSIMカード!どんなタイプにするかもう決まりましたか?

今回はイギリスで販売されてる日本とはちょっと違ったSIMカードのシステムについて「契約型やプリペイド型カードの違い」、「イギリスの通信会社比較」までどどっとまとめました!あらゆる留学生の為のSIMカード記事になってます♪全員必見!

もくじ

  • 渡英から必要!?イギリスのSIMカード購入前の事前準備とは?
  • イギリスのSIMカードのシステムと種類!
  • SIMカードはどうやって手に入れるの?どうやって使うの?

1.渡英から必要!?イギリスのSIMカード購入前の事前準備とは?

1.渡英から必要!?イギリスのSIMカード購入前の事前準備とは?

イギリスのSIMカードを使うならば「SIMフリー」機種が必要不可欠!

日本の携帯会社が販売しているスマホや携帯の殆どにはキャリア制限があり、イギリスのSIMカードは対応できないようになっています。そのため、イギリスのSIMカードを使うには必ず「SIMフリー」機種が必要になります!

「SIMフリー」について、または「SIMフリー」機種の購入方法をまとめた記事がありますので、まだスマホの準備していない人はこちらも参考にしてみてください♪
イギリス留学でのスマホ攻略術!現地のスマホ事情、購入方法まとめ

自分の家の近くにある携帯ショップを確認しておく

SIMカード自体は、空港や駅、スーパー、コンビニでも手に入れることができます。ですが何かSIMカードにトラブルがあったとき、またはスマホ自体を購入したいときには携帯ショップに行くのが一番手っ取り早いです。

何日もスマホが使えないのはかなり不便なので、自宅からなるべく近い携帯会社で契約しておくとよいでしょう。

ちなみにイギリスの大手通信会社は

  • EE(イーイー)
  • Vodafone(ボーダフォン)
  • Three(スリー)
  • O2(オーツ―)

と、この4社が有名どころです。また地域によって電波の良し悪しに差があるので、自分にどんな通信会社が適切なのか確認しておくとよいでしょう。(一番簡単なのは挨拶がてら、お隣さんや同居人さんにどこの携帯会社を利用しているか聞いておくとよいですよ♪)

イギリスの銀行口座を用意する

携帯利用を月額で契約する場合、必ず銀行口座が必要になります。イギリスでは銀行口座を開くために時間もかかるので、早くから月額契約をしたい場合は銀行口座も早めに用意しましょう。(但し短期滞在の場合や、ホームステイ先の方が住所を貸してくださらない場合などは銀行口座を開けないことがあります。)

SIMカードの月額契約については次の2で詳しく説明します。

2.イギリスのSIMカードのシステムと種類!

2.イギリスのSIMカードのシステムと種類!

SIMカードの利用システムとは?

イギリスでスマホを利用したい場合は、基本的に携帯ショップに出向いて申し込みをします。その際、SIMカードを貰うことで初めてインターネットや電話をすることができるようになります。

ただ携帯システムは日本と少し異なっており、月単位であらかじめ決められたいる「インターネットデータ量」「通話時間量」を選び使用するというものです。

例えば、「月2Gまでインターネット利用可能で、500分の通話時間がついている」というSIMならば基本的に1ヵ月間その制限内で利用可能で、万が一オーバーしてしまった場合は次の利用月まで利用できず、続けて使用希望の場合は通信会社に連絡することで追加のパケットや通話時間を購入することができます。

ちなみにイギリスでは月利用は月末締めではなく、はじめた日から1ヵ月間なのでいつから始めても損得なく利用できます!(例:11月10日から始めた場合、利用期間の考え方は毎月10日~翌月9日までとなる)

SIMカードの種類

イギリスで支流なSIMカードの種類は大きく分けて2つあります。

①月額契約型カード(Monthly)
日本の携帯利用プランのように、月の料金を銀行口座引き落としで契約するタイプです。携帯会社ではこのタイプを「Monthly」と記載してあります。

基本的には日本で携帯を契約するのと同じように携帯ショップに行くのですが、契約の際には銀行口座や身分証明書、住所証明の書類などの用意が必要になります。また携帯会社によっては無料の通話時間や端末台の割引を受けることができますが、1年以上の使用などの条件も付いてくるので必ずプラン内容を確認しましょう。

料金としては£10(1,300円)からと一番安く済みますが、書類の用意や契約条件などを考えると1年以上の長期留学者向けになります。

例:EEの基本月額料金プラン(2016年11月現在)

月料金 データ量 通話時間(分) ネットスピード
ポンド      
£9.99 ¥1,299 250MB 250 Up to 20Mbps
£12.99 ¥1,689 500MB 500 Up to 20Mbps
£14.99 ¥1,949 1GB 1000 Up to 20Mbps
£17.99 ¥2,339 2GB 無制限 Up to 60Mbps
£19.99 ¥2,599 2GB 無制限 Our fastest 4G
£21.99 ¥2,859 5GB 無制限 Up to 60Mbps
£22.99 ¥2,989 4GB 無制限 Our fastest 4G
£25.99 ¥3,379 8GB 無制限 Up to 60Mbps
£26.99 ¥3,509 7GB 無制限 Our fastest 4G
£30.99 ¥4,029 12GB 無制限 Our fastest 4G
£39.99 ¥5,199 30GB 無制限 Our fastest 4G

※ 円金額は£1=130円で計算しています。
引用元:EE “PAY MONTHLY PHONE SIM ONLY PLANS”

②プリペイド型カード(Pay as you go)
こちらは①より料金が少しだけ高くなりますがそもそも契約自体がなく、わざわざ書類を集めたり携帯ショップに出向く必要がありません。近くのコンビニやスーパー、空港などに売っている「Pay as you go」と書かれたSIMカードを購入するだけでOKです!!それをスマホに差し込めばすぐに使うことができます。(もちろん携帯ショップでも購入可能です)

使用期間は1日間~1ヵ月までと幅広く、料金は£1(130円)からで1ヵ月だと£15(1,950円)程度でそれなりの容量が備わっているものがあります。

こちらの方が手っ取り早く、申し込みなどの手間が省けるので楽チンです。また短期留学の方は自分に合った期間のSIMカードが選べるのでこちらのプリペイド型をオススメします♪ちなみに筆者は長期滞在者ですがこちらのプリペイド型を使用しています。

例:EEのプリペイド料金(2016年11月現在)

月料金 使用期間 データ量 通話時間(分) ネットスピード
ポンド        
£1.00 ¥130 7日間 100MB 10 Our fastest 4G
£10.00 ¥1,300 30日間 なし
(別料金により
パケット追加可能)
250 Our fastest 4G
£10.00 ¥1,300 30日間 500MB 150 Our fastest 4G
£10.00 ¥1,300 30日間 1GB 100 Our fastest 4G
£15.00 ¥1,950 30日間 2GB 500 Our fastest 4G
£15.00 ¥1,950 30日間 4GB 250 Our fastest 4G
£20.00 ¥2,600 30日間 3GB 750 Our fastest 4G
£25.00 ¥3,250 30日間 5GM 1000 Our fastest 4G

※ 円金額は£1=130円で計算しています。
引用元:EE “GET A PAY AS YOU GO SIM”

3.SIMカードはどうやって手に入れるの?どうやって使うの?

3.SIMカードはどうやって手に入れるの?どうやって使うの?

SIMカード購入方法

イギリスについてすぐSIMカードが必要な場合は、とりあえずプリペイド型のカードを空港や駅で購入するとよいでしょう。(プリペイド型カードはスーパー、コンビニ、家電量販店やデパートなどなど様々な場所で売られています)差し込むだけで使用できる為、滞在先への電話や日本の家族への連絡もすぐに行えます。

また、後に契約型のカードに変更する場合でも使用中の番号をそのまま移行することができるので、何かあったときの為にとりあえずプリペイド型を買っておいても問題ありません。(基本的に他社から他社でも番号の引継ぎ可能です)ただしプリペイド型から他のプリペイド型カードへの番号移行はできません。

急ぎでない場合はキャンペーンを行っている場合もあるので、プラン内容や料金確認がてら、とりあえず一度携帯ショップに足を運んでみましょう。もし月額契約を考えているようでしたら銀行口座、身分証明書、住所証明書(口座開設をした銀行でもらえます♪)などの準備もあるので必要書類の確認も忘れずに!

平日の午前中などは比較的空いている携帯ショップも多いので、そういった時間帯を狙ったほうが契約はスムーズに行きます。逆に土日は1時間近く待たされることもしばしば・・・。

どのプランがピッタリ?必要なインターネットデータ量と通話時間

SIMカードを選ぶ際に困ってしまうのがインターネットデータ量。

おおよそですが・・・

  • ~1GB:日常的に動画の視聴やゲームアプリをすることはない。ほとんどがメッセージやメールの送信と時々ブラウザ検索をする程度の人
  • 2GB~3GB:動画を見たりゲームをするのは時々だが、メッセージに加え毎日SNSなどをチェックする人
  • 4GB~9GB:メッセージに加え、動画の視聴やゲームアプリまたはSNSチェックを毎日する人
  • 10GB~ :メッセージに加え、動画の視聴やゲームアプリの使用、またスカイプやラインなどのネット回線を使った通話を頻繁に行う人

メッセージやメールの量によりけりですが、このくらいを目安にしていただければいいかなと思います。動画、ゲームアプリ、ナビアプリ、ビデオ電話などはデータ量が大きい為、極力Wi-Fiを使用したほうが得策です。(ちなみイギリス国内はフリーWi-Fiエリアがいたるところに備わってます♪)

ちなみに筆者はメッセージを送ったりナビアプリを使うくらいで、動画やスカイプはWi-Fiのある家でしかやらないので毎月2GB以下で収まってます。

通話時間に関しては個人差もありますが、現在ではラインやスカイプなどでインターネット回線を使った通話ができるため、月300分(約1日10分)程度あれば基本的に問題ないでしょう。

料金の支払い方法

契約型カードの場合、基本的に料金は口座引き落としとなる為、口座にお金が用意されてさえすれば特になにもする必要はありません。

プリペイド型の場合はTOP-UP(チャージ)を行えば使用期間を過ぎてもまた使うことができます。方法としてはオンライン支払、通信会社へ電話、携帯ショップでの直接支払い等があります。

ほかにも簡単な方法として、スーパーやコンビニなど「TOP-UP」と書かれたお店に行く方法があります。金額と通信会社名を伝えることでTop up voucher(トップ・アップ・バウチャー)というものを購入でき、そのあと各社指定の番号に電話してそのvoucherに書かれた12桁の番号を入力すればTOP-UPが完了します!

会社によってはTOP-UP CARD(トップ・アップ・カード)と呼ばれるものがSIMカード購入時に付属してあり、それをスーパーのレジなどにあるカード端末に通すだけでよりスムーズにTOP-UPを済ますこともできます。

イギリスの4大通信会社とその特徴

1で紹介したイギリスの通信会社EE(イーイー)、Vodafone(ボーダフォン)、Three(スリー)、O2(オーツ―)についてそれぞれ特徴をまとめてみました。

①EE(イーイー)
通信会社の中では1番といっていいほど電波の範囲が広いです。田舎での留学や、すこし辺鄙な場所に住まわれる方はEEがおすすめです!

②Vodafone(ボーダフォン)
EEと並ぶほど電波の立ちがよいです。またヨーロッパ各国に対応している為、国際通信の分野でも強みを持っています。イギリスに限らずヨーロッパのあちこちへ行く予定のある方はVodafoneがおすすめ!

③Three(スリー)
Threeの強みはなんといっても料金の安さ!特に月額契約プランはどの会社にも負けません。電波に関してはロンドン内であれば基本的にそう悪くはありませんが、郊外の場合は電波確認が必要です。

④O2(オーツ―)
もともと国営ということもありイギリスの最大手会社ともいわれています。加入者が多く、信頼性もたいですが料金はやや高め。しかし実績がある分、サポートはしっかりしています。

4.まとめ

まとめ

イギリスはプリペイド大国と言われるほど、SIMカードを簡単に手に入れることができます。日本とは勝手が違うイギリスのSIMカードですが、仕組みさえわかれば日本より料金が格安な分とても魅力的です!

最初は留学中どの程度携帯を使うかわからないものですが、あまり使わないなと感じたら、ちゃちゃっと買い替えて賢くSIMカードと付き合っていきましょう♪
▶イギリスでWi-Fiルーターをお探しの方はこちら