イギリスの居酒屋「パブ」!昼間はランチを楽しめ、夜になればお酒も味わえるお店に♪

イギリス留学中は友人たちと訪れることも多くなる「パブ」について、今回は楽しみ方や利用方法をご紹介したいと思います☆

現地で様々なパブが味わえるよう、ここで基本情報をゲットしておきましょう♪

1.イギリス人の憩いの場♬パブで友人たちと食事をしよう♪

Pub(パブ)は簡単に言うと、日本の居酒屋のようなお店です。基本的には食事やお酒を楽しむことができ、場所によってはお昼にランチやアフタヌーンティーを味わえるところもあります。イギリス人はよく友達と食事をするときやお酒を飲みたいときはパブに行くことが多く、大きなパブになるとダンスやパーティも一緒に楽しむことができます。

「パブ=憩いの場」というくらいイギリス人の生活には欠かせないもので、田舎の小さな村でもスーパーはなくともパブだけは大概1件くらいは見つけることができるほどです。場所によって店内イメージが異なる所もイギリスパブの魅力ですので、旅行記行ったときにも休憩がてらパブに是非足を運んでみてください♡

hammoayaさん(@hammoaya)がシェアした投稿

2.利用方法♪イギリスでパブを楽しもう!

ここでは、イギリスパブでの注文の仕方や利用方法などを簡単に説明したいと思います♪

週末や人気店は事前に予約を♪

イギリスのパブは国内に5万数千軒あると言われているが、その中でも人気で予約を取らないと席さえ座れない店舗も存在します。また週末ともなれば、どこのパブも若者から家族連れまで多くの人々であふれかえっています。

観光客などで賑わう人気店はもちろんですが、もし週末にパブを利用する場合(特に食事時間帯の場合)は基本的に事前に予約をしておきましょう。また大人数で利用する際も、曜日に関わらず予約をしておく方が良いでしょう。

まずは席に着く

パブに着いたら少々驚くかもしれませんが、ほとんどの場合、パブのウェイターさんは席への誘導はしてくれません。まずは自分で好きな場所を選んで、席を確保します。店内はテーブル、カウンター、立ち飲み場に分かれており、立ち飲みスタイルもイギリスでは結構人気です!!(予約をした場合は、名前が書かれた予約札が席についています。)

また閉店が近い時間帯やお客さんが少ない時には、掃除等の理由により座れる場所を制限していることがあるので注意しましょう。

料金の目安やセット価格について

料金ですが、もちろん店舗や地域によって異なりますが、ただ、「イギリスの食事は基本的に日本より高い」というイメージを持っておいた方が良いです。

南イギリスの参考金額

  • ビール1杯:£4.5(630円)
  • カクテル1杯:£5.5(770円)
  • フィッシュ&チップス:£7(980円)
  • チョコレートケーキ:£4(560円

私はイギリスの中では比較的物価が安い地域に住んでいますが、それでもそれなりの値段です。更にロンドンやマンチェスターなど都会に行けば、値段ももう少し高くなります。酒税の影響で、特に食事よりも酒類の方がお金もかかるようになっています。飲み放題などもほとんどない為、お酒をかなり飲んでしまうと一人£50(7,000円)くらいになってしまうこともあるので注意してください。

パブを格安で済ませたい場合は、大学内やその周辺を狙うと学生向けのパブが多く集まっているので値段も手ごろなことが多いです。また時間帯によって値段が変わる店もあったり、2杯の料金で3杯もらえるメニューを実施している店舗もあります。(筆者の家の近くのお店は、閉店が23時なので21時以降アルコールを2杯注文すると1杯分の値段にサービスしてくれます。)

ちなみに、よく耳にする「ハッピーアワー」と呼ばれる飲食店のサービスタイムですが、残念ながらイギリスでは近年アルコール依存症等の問題を懸念し廃止してしまいました。
参考:世界のニュース:英国パブで“サービスタイム”制度を禁止

またチップに関してですが、基本的に高級店以外は払わなくてもよいというマナーにはなっていますのでご心配なく★

ウェイターさんが来ない場合もある

最後に、パブでの注文の仕方ですが、席にウェイターさんが来ないことも良くあります。それはウェイターさんが仕事をしていないのではなく、そのパブの仕組みが「自分でレジに注文しに行く」スタイルになっているからです。

もし席にウェイターさんが来ない場合は、自分が着席したテーブルに番号などが書いてあったりするので、その番号を覚えて直接レジにて注文をします。またレジで注文するスタイルのお店は基本的に先払いなので、お財布もお忘れなく♪

レジで注文をした後は、その場で飲み物を準備してくれることもあるので飲み物はそのまま受け取りましょう。食べ物に関しては、伝えた番号の席まで運んできてくれるので会計だけ済ませてしまえば大丈夫です。

3.出会いの場♡パブで友達を作ろう!

ここではパブをさらに楽しむために、食事以外にパブで出来ることを2つ紹介したいと思います♪

パブで友達を作ろう♪

パブは友達を食事やお酒を楽しむ場でもありますが、その他にも「出会いの場」として用いられることもあります。語学学校などの理由で留学した場合は、学校内だけだとイギリス人の知人もできにくいので、このような場所を利用して交友を深めるのもいいと思います♪

お酒の席なので注意も必要ですが、気さくに声をかけてくれる方もたくさんいらっしゃいますし、もちろん自分からどんどん話しかけるのもOKなので、パブで友達を作ってみるのはどうでしょうか?

パブでサッカー観戦をしよう♪

パブによっては、サッカー観戦ができるようにテレビを備え付けてあるところもあります。特にチームをもつ地域では、サッカーへの応援も熱を帯びているので、サッカー好きの人は楽しめると思います♪

もちろん純粋にお店のお客さんとサッカー観戦を楽しむのも良いのですが、知り合いを作るきっかけとしてサッカーを利用するのもいいと思います。自分からはなかなか声をかけられない人でも、スポーツ観戦という盛り上がった中でだったらもう少し気軽にイギリス人と話すタイミングも見つけやすいと思うので、サッカーに興味がない人でも一度行ってみると面白いと思います♪

4.一度は行ってみたい!イギリスのおすすめパブ3店舗♪

最後に、イギリスに住んだら一度は訪れてみたいパブを3店舗紹介したいと思います!もし旅行で訪れることがあればぜひ足を運んでみてください♪

①The Sherlock Holmes(ザ・シャーロック・ホームズ)

A V E R Yさん(@a.evry)がシェアした投稿

こちらはロンドンにある観光客の中でも有名なパブ♪名前の通り、イギリスの有名なシャーロック・ホームズ関係の品が店内に並び、2階はあのベーカーストリートのシャーロック・ホームズの部屋を再現しておりファンにはたまりません♡

立地も駅近でロンドンの中心地に位置している為、ロンドン観光がてら立ち寄りやすいパブになっています。

住所 10 Northumberland St, London WC2N 5DB
電話番号 020 7930 2644

②The Elephant House(ザ・エレファント・ハウス)

スコットランドのエディンバラにあるこの何気ないパブ。実はこのパブ、別名「ハリー・ポッターが生まれたパブ」と言われており、作者のJ・K・ローリングが第1作「ハリー・ポッターと賢者の石」を書いた場所として知られています。

今やすっかり有名になって並ぶこともあるパブとなりましたが、ハリー・ポッターファンなら一度は訪れてみたい場所ですね!

住所 21 George IV Bridge, Edinburgh EH1 1EN
電話番号 0131 220 5355

③The Dove(ザ・ダブ)

テムズ川沿いにあるイギリスらしいおしゃれなパブ。17世紀からずっとロンドン市民の憩いの場として営んでいる、歴史あるお店です。

ここにはイギリスで最も小さいと言われる立った2.39メートルのバーがあり、パブでありながらおいしい食事を楽しめるということで人気もあります。ちょっとこじんまりとしたおしゃれなパブを楽しみたい人には、是非おすすめです♪

住所 19 Upper Mall, Hammersmith, London W6 9TA
電話番号 020 8748 9474

5.まとめ

昔からイギリス国民に愛されているパブ。留学中にパブを知るということは、ある種イギリス人の文化を知ることでもあります。

最近、日本でもイギリス風のパブができ始めましたが、イギリス留学中はぜひ自分色のお気に入りパブを現地で見つけてみてください♪

※£1=140円にて計算。