イギリス留学を考えている人から「イギリスってそもそも物価が高いんじゃないの?」という言葉をよくききます。では実際どうなのか・・・?

私自身がイギリスに住んで感じたリアルなイギリス物価事情をいくつか紹介したいと思います。

イギリス出発前に是非参考にしてみてくださいね♪

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.スーパーに行くと感じる商品の安さ!!

確かにイギリスは消費税が20%で、それだけでも日本人からすると物価が高くて生活するのは大変なんじゃないか!と感じるかもしれませんが、私が思うに買うものを選べばそんなに高い感じはしません。

というのも、イギリスでは医療は基本的に無料で、高速料金もなければ、美術館・博物館も入場料はタダ!!これだけでも私としてはかなり衝撃を受けました。

しかし、更に驚いたのが「食品の安さ」です。先ほども言ったように、イギリスの消費税は2017年2月現在で20%と日本の2倍以上ありますが、実はこの消費税は日用品や食品にはかからないようになっています。

第1項でもちょっと話しましたが、毎日食べる野菜や果物、牛乳やバターなどの乳製品、1人暮らしには欠かせない冷凍食品などなど・・・基本的なものは日本より安く手に入り、物によっては日本の半額以下の物もたくさんあります。

値段の目安としては

  • リンゴ10個200円
  • 牛乳2リットル145円
  • 鳥の胸肉1キロ400円

※2017年2月のレートからの計算

わかりますか、この安さ!!!イギリスでは自炊さえしていれば、食費は日本よりもかなり抑えられることは間違いありません!イギリスに留学が決まったら、自炊は節約の基本になりますので料理の知識も忘れずに持ってきてくださいね♪

2.逆に日本よりも高いものとは?

逆に日本よりもイギリスではどんなものが高価なのでしょうか・・・?

1番はやはり家賃!ロンドンはもうすでに家が高いといことは世界の常識になりつつあり、イギリスの若者もこの家賃の高さに頭を悩ませており、ロンドンで1人暮らしをしたいならそれなりの収入がなければ難しいと言われています。

また地方も、バースやケンブリッジなどそれなりに土地が高い場所が多く、地方留学をしたい人は家賃をきちんと確認した上で決めた方がよいです。

またレストランやパブなで楽しむ外食も日本より高い!マクドナルドでさえも、日本よりはやや高め印象を受けます。普通のレストランだと1人あたり2,000円が相場でしょうか・・・正直毎日外食は家計が破産してしましますね。

他には交通費は少々高め。特に特急列車や高速バスは、窓口にて直接切符を買うとびっくりするぐらいの値段だったことがありました。(基本はネットからチケット予約をしましょうね!)ガソリンも年々高騰しており、2017年2月現在1リットルおおよそ175円くらいです。今後、交通費に影響してこないか心配なところですね・・・

3.年々変わり続けるイギリスの物価事情

イギリスでは様々な政治的要因を受けて、毎年物価事情は変わり続けています。それは私たち日本人にも影響があり、特に去年はEU離脱を決定したこともあって、£1が200~180円だったのが、EU離脱決定後は£1=120円代まで下がってしましました。

また、レートではなく筆者がわかる範囲でもガソリン、航空チケット、輸入商品などの値段が上がってきており、来年2018年に、実際EUを離脱した際にはイギリスの経済状況がさらに変化することを考えると、私たち日本人が受ける影響は少なくありません。

ポンド安が続くことは、日本円で生活している留学生にとっては有難いことですが、これからも様々な要因によってイギリスの物価事情は変化し続けるであろうことを忘れないようにしましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pedia公式ラインではあなたにぴったりの情報をお届けしています。
ぜひお友だち登録をして、準備に役立ててくださいね!

» 無料でプロに相談する