留学の際、お気に入りの洋服やいつも使っている日用品、日本から持って行きたいものはたくさんありますよね。

でも、スーツケースには入りきらないし…。

そんなとき便利なのが小包配送です。今回は、日本からイギリスへの送付方法や、それに伴う注意点についてご紹介いたします。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.日本からイギリスに荷物を送る方法は3パターンある


日本からイギリスへ荷物を送りたい場合は郵便局から日本郵便を利用する方法と民間の運送会社を利用する方法と2週類あります。それぞれ簡単にご紹介いたします。

パターン①:日本郵便から送る

EMS(国際スピード郵便)
日本郵便の提供している国際郵便の中で最も早く届けてくれます。30kgまでの荷物が送れて、追跡サービスや損害賠償制度が充実しています。他のサービスに比べて少々割高ですがとても便利。
参考:EMS(国際スピード郵便) – 日本郵便

国際eパケット
インターネットで専用のラベル一式を印刷して貼付けると、国際書留付き航空小型包装物の料金が安くなるサービスで、2kgまでの荷物をEMSよりも安く、SAL便よりも早く送ることができます。

国際小包
国際小包は30kgまでの荷物を航空便、エコノミー航空便(SAL)、船便の3つから選んで送れます。EMSに比べて時間がかかりますが、重い荷物の場合は安くすみます。

パターン②:クロネコヤマトで送る

日本国内で宅急便と言えば、クロネコヤマトと言う程、言わずと知れた運送会社ですが、海外に荷物を送る際にもとっても便利なんです!自宅まで集荷を依頼することも出ますし、イギリスにも支店があるので日本語でスタッフが対応可能で安心です。ただ、場所にもよりますがイギリス国内からは提携している代行業者(不確かですがDHLなどの大手業者)が配達してくれます。

国際宅急便
日本にいる家族や友人から贈り物や商品を送ってもらう場合はこちらの国際宅急便をご利用ください。国際宅急便では「身の回り品」を送ることは出来ないので、そちらは留学宅急便で送ることになります。
参考:国別ガイド|ヤマト運輸

留学宅急便
身の回り品(別送品)の送付にはこちらの留学宅急便を使います。学生ビザやパスポート等のコピーを提示する必要がありますが、出国6ヶ月以内であればご家族が送ることも出来ます。
参考:留学宅急便 RYUGAKU-TAKKYUBIN | クロネコヤマトの海外引越

パターン③:その他の民間運送会社を使う

他にもFedexDHLも国際送付サービスを提供しています。

オススメな荷物の送り方はどれ?比較してみた


それではどの送付方法を選べば良いのでしょうか?

それでは、日本郵便が提供している各種サービスとクロネコヤマトのものを荷物の重さと予想所要時間で比較してみましょう。(2017年1月31日現在)

例①:東京から英国へ2kgの荷物を送った場合

送付方法 追跡 書留 料金 お届け日数
EMS 5,000円 2日
航空便 不可 3,065円 6日
航空便 不可 小型包装物 2,760円
小型包装物(国際書留付き)3,170円
国際小包 5,050円
6日
SAL便 不可 小型包装物 2,080円
小型包装物(国際書留付き)2,490円
国際小包 3,850円
2~3週間
船便 不可 不可 小型包装物 1,080円
国際小包 2,350円
1〜3ヶ月
クロネコヤマトの国際宅急便 3,200円 5日〜7日

例②:東京から英国へ3kgの荷物を送った場合

送付方法 追跡 書留 料金 お届け日数
EMS 6,600円 2日
航空便 不可 6,750円 6日
SAL便 不可 5,000円 2~3週間
船便 不可 不可 2,900円 1〜3ヶ月
クロネコヤマトの国際宅急便 5,350円 5~7日

例③:東京から英国へ15kgの荷物を送った場合

送付方法 追跡 書留 料金 お届け日数
EMS 23,100円 2日
航空便 不可 22,400円 6日
SAL便 不可 16,050円 2~3週間
船便 不可 不可 8,500円 1〜3ヶ月
クロネコヤマトの国際宅急便 16,450円 5日〜7日
クロネコヤマトの留学宅急便 28,000円 5日〜7日

例④:東京から英国へ25kgの荷物を送った場合

送付方法 追跡 書留 料金 お届け日数
EMS 36,100円 2日
航空便 不可 31,900円 6日
SAL便 不可 23,050円 2~3週間
船便 不可 不可 12,000円 1〜3ヶ月
クロネコヤマトの国際宅急便 30,450円 5日〜7日
クロネコヤマトの留学宅急便 34,000円 5日〜7日

日本郵便とは料金体系が異なりますのでクロネコヤマト料金表も合わせてご覧ください。

60cm以内2kgまで 80cm以内5kgまで 100cm以内10kgまで 120cm以内15kgまで 140cm以内5kgまで 160cm以内25kgまで お届け日数
国際宅急便 3,200円 5,350円 10,150円 16,450円 23,950円 30,450円 5~7日
留学宅急便 28,000円 31,000円 34,000円 10〜14日

注意:国際宅急便の場合は、別途関税等諸費用後日精算手数料がかかります(先払い可能)。

①早さなら...日本郵便のEMS

荷物の重さに関わらず断然、日本郵便のEMSが早い!(お届け予定の日数が、早すぎてむしろ本当にそんなに早く着くのか疑ってしまいます。)

②価格で選ぶなら...日本郵便の国際eパケット

2kgまでの荷物であれば日本郵便の国際eパケットが安いです。それより重い2kg〜15kgならEMSが安いですが15kg〜25kgはクロネコヤマトの国際宅急便に軍配が上がります。

ちなみに、この記事の後半でも書きますが、日本郵便から2kg以上の荷物を送った場合、イギリス国内で配送を担当するのはParcel Force Worldwideという悪名高い配送業者なので、なるべく小包は2kg以下におさえて、少し評判の良いRoyal Mailに配送してもらうのがオススメです。

③帰国時、衣類や身の回りのものを日本に送るなら?

色々と買っているつもりは無くても確実に荷物は増えているので、帰国時すぐに使わない洋服などの荷物を日本に送るのがオススメです。そんな時は欧州ヤマト運輸が提供している国際宅急便がオススメです。予約をすれば自宅まで集荷に来てくれてとても便利です。

詳しくは、欧州ヤマト運輸|国際宅急便(別送品)をご覧ください。

3.知っていると便利!イギリス国内のParcel Force Worldwideとは?


日本郵便を使い2kg以上の荷物を送った場合、イギリス国内ではParcel Force Worldwide(パーセル・フォース・ワールドワイド)と言う民間業者が配送を担当します。実はこの業者、日本人の基準からするとかなりサービスの質が悪いです。

荷物の扱いが雑なのは当たり前ですが、ちゃんと配達されなかったり、隣の家の人に預けたり、高額の関税を請求したり、苦情を言おうもんなら罵倒されたなどなど良く聞く話です。とりあえず、日本の運送事情とは全く異なりますので、トラブルになるリスクを出来るだけ減らすためにも荷物を送る際は、以下の点に注意しましょう。

①送れないもの

送れないものが荷物に入っていると、チェックをするのに時間がかかったり、日本に送り返されてしまうので注意しましょう。

現在イギリスには食料品は送れません。その他にも危険物電池貴重品なども送れないので事前にしっかりとチェックしましょう。これを怠ると税関などで足止めされ、最悪の場合送り返されてしまいます。例えば、電池を使用する電化製品を送る場合は必ず電池を抜き、その旨を送り状の記入欄に書いておくなど、適切に対処しましょう。

詳しくは運送会社にお問い合わせください。

②梱包は厳重に

イギリスの配送業者は基本的に荷物の扱いがかなり雑です。荷物を落とされたり投げられたり、上になにかをのせられたりしても耐えられるくらいの梱包をすることをお勧めします。また、雨に濡れても大丈夫なように最後にビニール袋でカバーするとなお良いです。

③送り状を書く時のポイント

送り状を書く時のポイントは、とにかく細かく中身について書くことです。例えば洋服を送るのであれば、洋服の種類(コート、シャツ、ズボンなどの品名)と枚数を記入します。値段も細かく書かなくてはいけないのですが、あまり高く書くとその分、関税が高くかかってしまいます。逆に安く書くと万が一の時に保証してもらえる額が小さくなってしまうので自己判断で書きましょう。

④新品は関税対象になりやすい!?

送り状に不備があったり、運が悪いと荷物が開封されることもあるので洋服や化粧品など、箱に入っていたりタグがついていると転売目的と見なされ関税が課せられます。出来ればタグなどは外し “used(中古)” 又は “for personal use(個人使用目的)”と明記すると関税を課せられるリスクは減るようですが100%では無いようです。

ちなみに美術大学に通っていた知り合いは、制作に使うペンを数十本、日本から送ってもらった際、新品と分かるような包装をしていたためか£30程の関税を請求されたそうです。

⑤VAT支払請求が来たら...

日本から送られた荷物を受け取る際、関税とVAT(付加価値税)を請求されることがあります。これは基本的には送り状に記入してある荷物の値段から算出されるものですが、不思議と請求される場合とされない場合があります。その法則はランダムなのではないかと思うほど掴めないので、必ず回避できる方法はご紹介できませんが、あまりに高額な金額を記入しない方が良いでしょう。

受取人が学生であったり、中身に付加価値が無いなどということが証明できれば減税の対象になる可能性もありますがParcel Force及びイギリスのカスタマーセンターは全般的に対応があまり良くないので、数十ポンドのことならおとなしく払ってしまった方が不要なストレスを感じなくて良いかもしれません。

⑥不在届けにご用心!

日本では受取人が不在だった場合、当たり前にきちんと再配達がされますが、イギリスの場合はそう簡単にはいかないケースが多々あります。特にParcel Forceから不在票が入っていたら警戒しましょう。

まず不在届けが入っていたら、速やかに電話で再配達をお願いするか荷物がどこにあるかを確かめて、集荷場や郵便局に取りに行くことをオススメします。再配達をお願いするのであればイギリスの場合、時間帯指定はあってないようなものなので、一日家にいられる時に指定した方が良いかもしれません。2回不在の場合は送り返されるようなので必ず、受け取れる日を指定しましょう。

場合によっては小包を玄関付近に置いて行ったり、近所の人に預けることもあるので、それも注意しましょう。

最後に、日本からイギリスに荷物を送るのは予想以上に大変な思いをすることがあるのでなるべく必要最低限の量、どうしても必要なもののみを送るのが良いと思います。そして、少しでもこの記事が参考になれば幸いです!

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pediaでは「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供した留学のご相談を受け付けております。家族や友だちと一緒でもOK! まずは↓からご予約下さい、お待ちしております!

» 無料でプロに相談する